ご無沙汰 し て おり ます 返信。 ご無沙汰しておりますと上司から突然のメール。どう返信したらいいの!?

「ご無沙汰しております」の意味と目上の人への使い方・敬語・例文

ご無沙汰 し て おり ます 返信

手紙や挨拶などで久しぶりに会う人によく使われる「ご無沙汰」という言葉。 特に目上の人に対して使う印象があります。 普段当たり前のように使っていますが、どのような意味があるのでしょうか。 また、 どのような人に対して使うのか、どのような意味があるのか調べてみてみました。 どのような意味があるの? では「ご無沙汰」とはどのような意味があるのでしょうか? 「沙汰」とは、消息や便りの事を表す言葉で「ご無沙汰」とは連絡や便りが無い事を意味します。 連絡や便りがないという事は礼儀に反する事として「ご無沙汰して申し訳ありません」という 謝罪の意味で使う事が本来の使い方のようです。 ですが現在は、「ご無沙汰しております」と久しぶりに会う事に対し、感慨の気持ちを表す使い方が一般的になっています。 ご無沙汰とお久しぶりの違いは? ご無沙汰とは、便りもせず申し訳ないという意味から、目上の人を敬う敬語とされ、 目下の人が目上の人に対して使う言葉とされています。 ですが、 通常の丁寧語としても使う事ができ、その時には立場関係なく使う事が出来るそうです。 また同じ意味合いとして「お久しぶりです」がありますが、こちらは自分と同格の相手や友人などへ使う言葉なのだそうです。 最近では「お久しぶり」も丁寧語と考えられてきており、目上の人にも使えるとされていますが、印象的な事もあり、 目上の人には「ご無沙汰しております」同格の人には「お久しぶりです」と使う事が多いようです。 相手やシチュエーションによって適切な言葉を使い分けられると素敵ですね! ビジネスメールでの使い方は? 今ビジネスシーンでも頻繁に使用されるようになったメール。 基本的には文書と変わりませんが 内容を簡略化して送る事が多いです。 ですが、 「ご無沙汰しております」など挨拶はきちんと書きたいものですね。 いくつか例文をご紹介します。 長らくご無沙汰しており、申し訳ございません。 ご無沙汰しておりますが、お変わりないでしょうか。 大変ご無沙汰しております。 などがあります。 簡略化されてきているビジネスメールですが、 読む相手の気持ちを考えて、受け取って気持ちの良いメールを目指したいですね。 どのくらいの期間あいたときに使うのか では「ご無沙汰」とはどのくらい相手との間が開いたときに使うのでしょうか。 イメージとしては、 半年以上、というイメージがありますが、実は特に決まった期間はないとのこと。 ですが、さすがに数日などの短期間はおかしいので使いませんね。 数か月単位という人もいるし、数年単位と言う人もいます。 個人の感覚によるところが大きいみたいですね。 どのように返信したら良い? 「ご無沙汰しております」といただいたら、なんと返せばよいのでしょうか。 特に目上の人からだと余計に悩みますね。 失礼にならないように どう返したらよいか分からず、悩みすぎて返事を出すのが億劫…。 なんていう事もあるのではないでしょうか。 返信としては、 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」と返すのが正しいようです。 そのあとに、 「お変わりありませんか?」など相手を気遣う一言や季節の事柄、近況報告などを続けると話や話題が続けやすいみたいですよ。 最低限のマナーを守るようにして、あとは相手の気持ちを考え自分なりに心を込めればよいのではないでしょうか。 普段何気なく使っていた「ご無沙汰しております」という言葉。 調べてみると興味深い事がたくさんありました。 そう言われると良く分からないなー?と思う事も解決できたでしょうか。 正しい日本語を正しく使う、とても大事なことだと思います。 他の言葉もいろいろ調べてみるとおもしろいかもしれませんね!.

次の

ご無沙汰しておりますの意味とメールや手紙、目上の人への返事での使い方は?

ご無沙汰 し て おり ます 返信

はじめてご連絡いたします。 はじめてご連絡いたします。 お久しぶりです 昨年の懇親会でお会いして依頼でしょうか。 お久しぶりです。 ご無沙汰しております ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました。 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか ご無沙汰しておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 お世話になっております 日頃は大変お世話になっております。 いつも大変お世話になっております いつも大変お世話になっております。 いつもお心遣いいただき、まことにありがとうございます。 いつも温かいお心遣いをいただき、まことにありがとうございます。 いつもお心にかけていただき、深く感謝申し上げます 平素よりなにかとお心にかけていただき、まことにありがたく存じます ご連絡ありがとうございます。 さっそくご返信、ありがとうございます。 さっそくお返事をいただき、うれしく思います。 ご多忙のところ早速メールをいただき、とてもうれしく存じました。 お気持ちの大変こもったメール、うれしく拝読いたしました。 何度も申し訳ございません。 何度も申し訳ございません。 先ほどお伝えし忘れましたが、私は来週一週間出張に出てしまいます。 立て続けのご連絡で失礼いたします。 立て続けのご連絡で失礼いたします。 先ほどお送りしたメールの内容が一部誤っていました。 失礼ながら重ねて申し上げます。 失礼ながら重ねて申し上げます。 先週までにとお話いたしまして、お見積りの提出をお願いいたします。 ご不在でしたのでメールにてご連絡いたします。 先ほどお電話させていただきましたが、ご不在でしたのでメールにてご連絡いたします。 先ほどはお電話をありがとうございました。 先ほどはお電話をありがとうございました。 次回のアポイント日程について、念のためメールでもご連絡いたします。 書き出しの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 はじめまして• はじめまして• はじめてご連絡いたします。 突然のメールで失礼いたします• 突然のご連絡で失礼いたします 久しぶり• お久しぶりです• ご無沙汰しております• ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか いつもどうも• お世話になっております• いつもお心遣いいただき、まことにありがとうございます• いつもお心にかけていただき、深く感謝申し上げます 連絡ありがとう• ご連絡ありがとうございます• さっそくお返事をいただき、うれしく思います• お気持ちの大変こもったメール、うれしく拝読いたしました 返信ありがとう• ご返信いただきありがとうございます• 早速のご返信、誠にありがとうございます• ご多忙のところ、早速メールをいただき、ありがとうございます 続けて送ります• 何度も申し訳ございます• 失礼ながら重ねて申し上げます.

次の

「ご無沙汰しております」と言われたら

ご無沙汰 し て おり ます 返信

「ご無沙汰」とは、わかりやすく言うと「連絡がない」状態を指します。 「沙汰」は「便り」や「知らせ」という意味であるため、「ご無沙汰」は便りや知らせがない状態のことを表しています。 「ご無沙汰しております」という表現は、最近連絡をとっていなかったことに対するお詫びの気持ちを表したことばです。 久しぶりに会う相手と交わす最初のことばとして、あいさつの役割を果たします。 同じような意味を表すことばとしては「お久しぶりです」がありますが、「ご無沙汰しております」のほうがより丁寧な言い方です。 「お久しぶりです」を使っても間違いではありませんが、ビジネスでのやり取りや目上の人に対して使うときは、「ご無沙汰しております」を使うことをおすすめします。 「ご無沙汰しております」を使うタイミング 「ご無沙汰しております」ということばを使うのは、メールなどで久しぶりに連絡をとるタイミングです。 しかし、ここで疑問をもっている人もいるのではないでしょうか。 それは、どれくらい期間が空いたら「久しぶり」に当てはあるのかということです。 これは、人それぞれの感覚にもよりますが、一般的には2~3ヶ月以上間が空いたときに使うのが好ましいです。 人によっては1ヶ月程度で使用している場合もありますが、一度「ご無沙汰しております」を短い期間の間隔で使ってしまうと、次に使うときも同じようにしなければならなくなってしまうので注意しましょう。 なかには少しくらい間隔が空いたとしても、使い分けをするのが面倒だという理由から常に「お世話になっております」しか使わないことにしている人もいます。 一般的な使われ方を考慮しつつ、自分に合った使い方を身につけていくことが必要です。 「ご無沙汰しております」のメールでの使い方 メールで「ご無沙汰しております」ということばをつかうにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。 ここではその基本的な使い方について説明します。 また、目上の人に対して使う場合やビジネスで使用する場合の注意点についても触れていきます。 「ご無沙汰しております」は相手に配慮するために使うことばでもあるため、使い方に気をつけて相手との関係性を向上させられるようにしましょう。 基本的な使い方 「ご無沙汰しております」という内容のメールを送る際は、このことばを冒頭のあいさつとして用い、文章を書き始めましょう。 内容的にも、久しぶりの連絡となってしまって申し訳ないといった趣旨を含めるようにすると全体がうまくまとまります。 なお、一般的に「ご無沙汰しております」ということば自体に謝罪の意味が含まれていると認識されているため、「ご無沙汰しております」のあとに「申し訳ございません」や「心よりお詫び申し上げます」といった言い回しを続ける必要はありません。 また、かなり親しい間柄である相手であれば「お久しぶりです」と言い換えても問題ないこともあります。 しかし、基本的には「ご無沙汰しております」を使うべきです。 丁寧な言い回しをされて嫌な気分になる人はいないため、迷うときには必ず「ご無沙汰しております」を使うようにしましょう。 目上 目上の人に対しても、「ご無沙汰しております」ということばはそのまま使用することができます。 「ご無沙汰しております」はそれだけ丁寧な言い回しだということです。 目上の人に対して「ご無沙汰しております」というメールを送るときは、とくに最近連絡を怠っていて申し訳ないという気持ちが伝わるような文面になるよう気をつけましょう。 自分の近況について説明するだけでなく、相手の体の状態をいたわるような内容をメールに盛り込むことも忘れないでください。 ビジネス ビジネスメールで「ご無沙汰しております」という文言を使うのは、たいてい久しぶりに何か用事が発生したときです。 「用があるけれど、久しぶり過ぎて連絡がしづらい」といったときに、ぴったりのあいさつだと言えます。 特別に親しい間柄であれば別ですが、ただビジネス上のつながりがあるといった程度の関係性では、「用はないが、近況が気になった」という理由でメールが送られてきても、相手は困惑してしまいます。 誰でも仕事の関係者から連絡があれば、忙しくてもどうにか時間を見つけて確認しようとするため、主だった用がないのに連絡を入れるのは迷惑になる可能性が高いです。 メールでの「ご無沙汰しております」と「お世話になっております」の使い分け 基本的な考え方 「ご無沙汰しております」を使うとなると、いつも「お世話になっております」や「お世話になります」というあいさつを使用している場合、使い方に悩むかもしれません。 「ご無沙汰しております」を使うときは、基本的に「お世話になっております」や「お世話になります」というあいさつは使用しなくて構いません。 「ご無沙汰しております」があいさつの代わりとなり失礼にはあたらないため、安心して「ご無沙汰しております」を使いましょう。 書き出し 「ご無沙汰しております」を使うときには、これを書き出しに使用します。 そのあとに自分の名前を続けて名乗るのようにします。 なかには自分の名前を名乗ってから、「ご無沙汰しております」というあいさつを入れる人もいるため、自分が使いやすい使い方をすれば大丈夫です。 「ご無沙汰しております」のメール例文 次に、「ご無沙汰しております」を使った実際のメールの例文を見てみましょう。 はじめに、メールで「ご無沙汰しております」ということばをつかうときのポイントについてお伝えします。 使い方のポイント すでに説明しましたが、「ご無沙汰しております」を使うときには、冒頭のあいさつには「お世話になっております」「お世話になります」使う必要はありません。 「ご無沙汰しております」をあいさつとして使い、そのあとですぐ自分の名前を名乗るようにしましょう。 また、本文は自分の近況を伝えつつ、相手の状況が気になっていることが伝わるような文面になるように工夫してください。 そのようなちょっとした気づかいが、最近連絡をとっていなかった相手と円滑なコミュニケーションをとるための潤滑剤となります。 例文 ここまで、誰かに自分から「ご無沙汰しております」という内容を盛り込んだメールを送るときの方法について見てきました。 次は、自分が「ご無沙汰しております」といった内容のメールを受け取った場合の返信方法についてです。 久しぶりに連絡を取る相手であれば、自分の返信メールにも「ご無沙汰しております」というあいさつを入れればOKです。 「こちらこそご無沙汰しております」としても構いません。 まれに、自分としてはつい連絡をとったつもりの相手が「ご無沙汰しております」という文言を用いたメールを送ってくることもあります。 その場合、違和感があるようであれば通常どおり「お世話になっております」といった返信をしても大丈夫です。 それが目上の人からの連絡であれば、相手に合わせて「ご無沙汰しております」と返信したほうがいいこともあります。 メール件名に「ご無沙汰しております」を使う時のマナー メールの件名に「ご無沙汰しております」と表記する際はどのような点に気をつければいいのでしょうか。 失礼にあたるケース 件名にあいさつや文章を書く人は少なくありませんが、なかにはそれをよしとしない人もいます。 そのような人は、メール件名は単語であるべきだと考えています。 また、「ご無沙汰しております」をタイトルに入れてしまうと、メールの内容がよくわからなくなってしまいます。 「久しぶりに連絡を取りたかった」というだけの場合でも、何かしらメールの具体的な内容となるようなことがあるはずです。 以上のことから、メールの件名はできるかぎり、メールの趣旨をまとめてあらわすようなことばにしましょう。 使ってもよいケース 最後に「ご無沙汰しております」を正しく使用するために、敬語としての使い方を解説します。 相手を気づかう意味を含んだことばですが、使い方を間違うとその意味も半減してしまうため、使い方には細心の注意を払いましょう。 書き出し ここまで見てきたとおり、「ご無沙汰しております」は文章の書き出しで使用するのが一般的です。 この言い回し自体が丁寧なことばづかいの敬語表現であるため、このまま目上の人やビジネス上の取引相手に対して使用することができます。 文中 目上の相手に対して使うときや、久しぶりの連絡となってしまったことに対してお詫びの気持ちが強いときには、文の書き出しで「ご無沙汰しております」を使ったあと、再度文中でその気持ちを伝えることも可能です。 「ご無沙汰しており、申し訳ございません」「ご無沙汰しており、失礼いたしました」など、お詫びの気持ちが強いときには謝罪のことばを付け加えても構いません。 ただし、いつでもこのような表現を使ってしまうとメールを読んだ相手も恐縮してしまうため、どうしてもお詫びしたいという気持ちが強いときにのみ使用しましょう。 「ご無沙汰しております」を上手に使おう.

次の