キッチン カビキラー。 カビキラーアルコール除菌キッチン用とは?!使い方や評判を徹底調査!

カビにはハイターとカビキラーのどっちが良いの?成分等の違いは?

キッチン カビキラー

例えば、フマキラーでは下記表示です。 以上です。 以下補足です。 因みに消毒に用いるエタノールの殺菌効果の至適濃度範囲は、 日本薬局方(局 方) では 76. 9~ 81. 5 ~ 71. 従って、高濃度タイプは日本の局法の濃度には及びませんが、WHO基準では消毒効果範囲にあります。 重さではアルコールは水の約0. 参考までに下記修士論文もご覧ください。 長くなりました。

次の

カビにはハイターとカビキラーのどっちが良いの?成分等の違いは?

キッチン カビキラー

カビキラーやカビハイターを使ったことはありますか?カビキラーだけ使ったことがある、カビハイターだけ使ったことがあるという方は多いと思いますが、どのような違いがあるのか、効果的なのはどちらなのか気になるでしょう。 お風呂場やキッチンの水回りなど毎日掃除をするのは大変です。 掃除をする時間が取れずにいると気づいたら黒カビが生えていたということもあるでしょう。 カビの掃除をしようと頑張ってこすったりしたり掃除の方法を間違えるとカビが入り込みやすくなったりしてせっかくの掃除が逆効果になってしまいます。 そんなときに活躍するのがカビキラーやカビハイターです。 今回はカビキラーとカビハイターについて、それぞれの違いや使い分け、使用する際の注意点について紹介していきます。 危険な薬液でもありますので、取り扱いには十分に注意してください。 基本的な使い方はノズルの出と書かれている部分を印に合わせてスプレーします。 使用後はノズルの止と書かれている部分を印に合わせてボトルを立てた状態で冷暗所で保管しましょう。 カビキラーはカビ汚れから15cm程離してスプレーします。 カビハイターはカビ汚れから10cm程離してスプレーします。 高い場所にある汚れにはスポンジや雑巾などに液をつけてから塗布します。 その後数分時間を置いてからしっかりと水で洗い流します。 汚れがひどい場合には数十分置いておくと効果的です。 軽いカビ汚れなら5分程、しつこいカビ汚れなら15分~30分程置きましょう。 カビキラーもカビハイターも数分時間を置いて水で洗い流すと記載されていますが、実際のカビ汚れはそれだけで落ちていないことが多いです。 しっかりと乾燥させることが大切ですのでスプレーする前にスポンジなどで軽くこすった後乾燥させましょう。 使用したい場所が乾いていないと効果が十分に得られませんので気をつけましょう。 スポンジでこすってぬめりなどを取りますが、このときに強くこすってしまうとカビが奥に入り込んだり傷がついてカビが入りやすくなるので注意しましょう。 お風呂場には 強力カビハイターがおすすめです。 お風呂場は毎日水に濡れる場所ですので湿度も高くカビも発生しやすいです。 カビキラーも効果的ですが、液だれするので壁などに使いにくかったりします。 強力カビハイターなら泡持ちがよく液垂れがないと評判がいいです。 お風呂場に使う際にカビ汚れがひどい場所はスプレー後長時間置いておかないといけません。 スプレー後にラップをかぶせて半日程度置いて洗い流す方法でもいいです。 お風呂場に使用する際にはカビキラーもカビハイターも使えます。 使用する前にしっかりと乾燥させてスプレーした後にこすらないようにしましょう。 カビ汚れがひどい場合にはスプレーしてキッチンペーパーをし、さらにスプレーをしてラップをしてみてください。 その後半日程度置いておきます。 黒カビは空気に触れていると残ってしまいますので、長時間ラップでパックして死滅させます。 使用後はしっかりと水で洗い流しましょう。 カビキラーもカビハイターもスプレーして数分時間を置いたら水で洗い流すと記載されていますが、それだけでは落ちていない場合が多いです。 その際に便利なのがラップです。 スプレー後にキッチンペーパーなどを使って液だれしないようにして、その上からラップをして乾燥を防ぎつつ時間を置いていきます。 お風呂場の壁などつるつるしている面だと泡がたれていってしまいますので、泡がその場にとどまってくれません。 そこでキッチンペーパーとラップを使えばしっかりとカビ汚れに泡がとどまるのでカビ汚れに染み込みやすくなります。 スプレー後にラップだけでも密着してカビ汚れに浸透しやすくなります。 これだけでも効果的のようですので試してみてください。 詰め替え用を違う容器に移さないようにしましょう。 違う容器に詰め替えることで他の薬液と混ざってしまい有毒ガスが発生する恐れがあります。 また、他の容器だとノズルの噴射がしっかりできなくなる恐れがあり危険です。 カビキラーとカビハイターなら同じ塩素系漂白剤で成分もほとんど同じなので混ぜても問題ないと思われるかもしれませんが、危険ですのでやめましょう。 薬液を移し替える際に液に触れてしまう恐れもありますし、違う製品のものでは粘性が違ってノズルがしっかりと働かなかったりチューブの長さが違ったりします。 カビキラーやカビハイターが残っているので 液体だけ詰め替えたいという方もいるかもしれませんが、これも危険ですのでやめましょう。 薬液を移す際に液に触れてしまう恐れもありますし、皮膚や洋服に飛んで付着する恐れもあります。 カビキラーやカビハイターの詰め替え用の製品は触れずにノズルだけ取り付けができるようになっています。 ボトルごと詰め替えできるので液だけを詰め替えるのは危険です。 スプレーの破損にもつながりますし、そのスプレーを使うのも液漏れや皮膚につく可能性が出てきますので危険です。 容器の破損にも気をつけてください。 カビキラーやカビハイターの容器はプラスチック製で作りはそれほど頑丈というわけではありません。 ノズル部分が破損したり壊れてしまった際にはそのまま使わずに買い替えてください。 予想していない場所から液漏れが発生したり、噴射したい場所以外に飛び散って危険です。 液が残っているともったいないと思われるかもしれませんが危険ですので本体ごと買い替えてください。

次の

カビキラーアルコール除菌キッチン用とは?!使い方や評判を徹底調査!

キッチン カビキラー

気になるところにサッと吹き掛けるだけで、カビをキレイに除去してくれる「カビキラー」。 しかし、このカビキラーを使用しても、完全に落ちない頑固なカビはいます。 ゴムパッキンやタイルの目地の、しつこいカビに悩まされている人も多いのでは? そんな頑固なカビをキレイに落とす方法を3つ、ご紹介します。 方法1:カビキラーを正しく使う カビキラーのパッケージには、下記の使い方が記載されています。 カビ汚れから約15cm 離して、直接スプレーします。 数分後、水で充分に洗い流します。 しかし、 説明書通りの使い方では、効果を十分に発揮しません。 カビキラーの効果を高めるには、表面が乾いた状態でスプレーしてください。 カビの周りが濡れていると、水分がカビキラーの濃度を薄めてしまい、浸透力が落ちます。 しっかりと水分を拭き取ってから、カビキラーを使用しましょう。 また、スプレーしたら5~10分ではなく、20~30分くらい放置すると、効果が高まりますよ。 我が家のカビは、これで落ちました。 カビの水分を拭く• カビキラーを吹き掛ける• その上にキッチンペーパーを当てる• またカビキラーを吹き掛ける• ラップで覆う• 通常、カビキラーは30分ほどで完全に蒸発してしまい、それ以上の効果を発揮しません。 しかし、 キッチンペーパーやラップで表面を覆うことで、カビキラーを長時間ゆっくり浸透させることができます。 1時間したら、水で流して終わりです。 方法3:超強力なカビ取り剤を使う 上記2つの方法でもカビが落ちないのなら、より強力なカビ取り剤を試してください。 おすすめのカビ取り剤は、強力密着ジェルタイプの「カビトルデス」。 価格はちょっと高めですが、効果の高さは購入者の評価を見ればお分かりいただけるでしょう。 多くのユーザーから、絶大な高評価を得ています。 一度、ご覧ください。 「カビキラーではもうムリ」と、あきらめているあなたにおすすめします。 まとめ カビキラーでカビが落ちないときの3つの解決策を紹介しました。 カビキラーが手元にあるなら、まずは、カビの周りの水分を拭き取ってからスプレーしてください。 その上から、キッチンペーパーやティッシュを当て、さらにスプレーをすると効果的です。 それでもカビが取れない場合は、強力なカビ取り剤「 」を試してみてください。

次の