あめ が あがっ たよ 歌。 かわいいコックさん

6月の歌は何がある?高齢者施設の梅雨は歌声で吹き飛ばせ! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

あめ が あがっ たよ 歌

高齢者施設で6月に流す曲やレクリエーションで用いる歌に困っている方、多いのではないでしょうか?? 6月といえば梅雨ということで、梅雨や雨、そのほかにも6月に多い蛍やカタツムリなどをキーワードに、高齢者の方達に喜んでもらえる歌を選んでご紹介していきます。 6月は雨が多く、ただでさえ外出機会の少ない高齢者施設でさらに外に出る機会が減ってしまいます・・・ そこで大事になってくるのは、室内でのレクリエーションです。 その中でも特にオススメなのは、歌を用いたレクです。 梅雨時期でジメジメした空気を吹き飛ばすには、思いっきり歌うのが一番!! 今回は、6月という季節にふさわしい歌を紹介していきます。 是非雨にも負けず元気に歌ってもらえればと思います。 6月のキーワードは? 季節ごとの歌を考えるうえで大事なのはキーワードです。 6月といえば、梅雨です。 そこで今回は、 『雨』『梅雨』『カエル』 等 雨に関連したキーワードを考慮した歌選びを行いました。 どれも名曲ばかりなのは言うまでもないのですが、それ以上に聞くだけで 梅雨だな~ もう6月か と思いを馳せる曲になっています。 歌レクの一番いいところは、体が不自由で、毎日ベッドでの生活をしている方であっても一緒に参加できることです。 これが体を動かすレクだったならばなかなかそうはいきません。 たとえ外出できない体調の方であっても一緒に歌い、音を楽しむことはできます。 歌を通して梅雨の風情を感じたり、雨に打たれるような気持ちに触れてもらえたらなと思います。 6月に関する歌7曲 それでは、早速紹介していきます。 今回紹介するのは 6月に関する歌全7曲です。 歌いやすい長さの歌を選んではいますが、中には4分を超える長い曲もあります。 そういった曲は歌うのではなく、あえて聞くだけにしてもいいかもしれません。 昔この歌をよくカラオケで歌ったのよ~ 懐かしいな、青春の歌だよ なんて言葉が高齢者の方達の中から口々に聞こえてくるはずです。 歌レクだからと言って歌うことにとらわれる必要はありません。 歌うことも、名曲に耳を傾けることも立派なレクリエーションの時間なのです。 カエルの合唱 梅雨といえば、カエル!! そして、カエルを連想させる曲の大定番といえばこの1曲ですよね。 子供から大人まで聞いたことのある名曲です。 歌詞を覚えている人も多く、施設で歌う際には多くの方がメロディーに合わせて楽しく歌うことができます。 お孫さんなどと一緒に歌うこともできますので、家族会などでも活用してもらえたらと思います。 ほたるこい ほーほーほーたるこい 独特のフレーズが印象強く、また穏やかな曲調から人気のこの一曲。 カエルと同じく初夏の風物詩として古くから親しまれている『蛍』について歌った曲です。 淡い光が幻想的な蛍、水のきれいなところにしか住めないため最近は住む場所も減少しているのだとか・・・ この曲を高齢者の方歌いつつ、美しい蛍の光を思い起こしていただければと思います。 でんでんむし こちらも上2曲と同じく童謡なのですが、梅雨時期を代表する名曲として紹介させてもらいます。 古くから親しまれているこの曲、実は 1911年、つまり今から100年以上前に作曲された歌なんです!! 日ごろからよく耳にする歌ではありますが、こうした歴史を聞くとなんだかすごい名曲のように思えてしまいます。 長崎は今日も雨だった 私の働いている施設や実習に行った施設では高齢者の方たちに大人気だったのがこの名曲。 1969年2月1日に発売された内山田洋とクール・ファイブのメジャーデビュー曲であり、最大のヒット曲でもある曲です。 実は、同バンドのデビュー曲は1977年に発表された同じくヒット曲『西海ブルース』のはずだったんです。 しかし、 大人の事情により急遽差し替え・・・ そうして出来上がったのがこの『長崎は今日も雨だった』なのです。 思わぬアクシデントが、この大ヒット曲の誕生へとつながっているのです。 この曲をレクに使う際には、ぜひそこら辺の詳しい事情も一緒に説明してもらえたらと思います。 団塊の世代の方達を中心に、この曲を好きな方達にはたいへん受ける話題です。 歌レクの時間は、こういった盛り上がるお話を混ぜつつ楽しい時間を提供してもらえたらと思います。 雨ふり あめあめふれふれかあさんが~ こちらも子供向けの童謡です。 意外と知られていませんが、 実は5番まであるんです。 この曲が作られたのが1925年、なんと大正時代の曲なんです!! 童謡というとなんとなく子供向けの単純な曲というイメージが持たれがちですが、90年以上の歴史を誇る梅雨を彩る名曲の一つです。 雨ふりお月さん ほかの童謡に比べるとやや聞き覚えのない曲かもしれません。 ですが、 こちらも90年以上前に作られた、国民みんなに愛されている名曲です。 もともとは1番しか作られていなかったそうですが、のちにレコードを出すために2番が作られたそうです。 アカシアの雨がやむとき 1960年に西田佐知子さんが発表した曲で、1960年から1962年にかけて2年間のロングヒットを記録した名曲です。 1962年にはそのロングセールスが高く評価され、 日本レコード大賞特別賞も受賞しています。 ちなみに、 西田さんはこの曲を最初はうまく歌えなかったそうです。 ですがこの曲を作詞した水木かおるさんからのアドバイスを受け、 パリの風景をイメージして歌うようにしたこところ、私たちも知っているあの素晴らしい歌声となったそうです。 舌で紹介している動画は、 ちあきなおみさんという歌手の方がカバーしたものです。 紹介した5曲の童謡は、 名前こそ子供向けの歌ですが大人でも存分に楽しんで歌える名曲です。 是非、梅雨のジメジメした空気に負けないくらいエネルギーを込めて歌っていただければと思います。 また、 『長崎は今日も雨だった』と 『アカシアの雨がやむとき』の2曲は歌いなれている人でないとやや難しく感じてしまうかもしれません。 もし歌うのが難しい場合には、 梅雨時期にバックミュージックとして流してもらえればと思います。 名曲は聴くだけでも十分その素晴らしさを堪能できます。 まして、若いころから聞いてきた方も多いはず。 この曲をネタにした思い出話にも花が咲くことでしょう。 今回紹介した曲が高齢者の方達が楽しく梅雨を過ごす手助けになってくれれば幸いです。 最後に、 季節関連のレクリエーションをまとめた記事を紹介しています。 季節の歌・クイズ・レクリエーションをすべて取り揃えるのを目標に少しづつ更新しています。 是非参考にしてみてください!!

次の

♪にじのむこうに〈振り付き〉

あめ が あがっ たよ 歌

Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。 粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。 これでかなり取れます。 しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。 上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。 )胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。 (深く息を吸って、はッ!と吐く感じです) 仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。 単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。 お大事にされてくださいね。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... Q 先週の金曜日に、最終面接を受けました。 『結果は、月曜日までに連絡します」と言われたのですが、 未だに連絡が来ず、明日で面接から1週間が経ちます。 「日にちを聞き間違えたのかな?」っと思ったり、 「不採用の場合は連絡しないと言う事?」と考えたり。 その点を、ちゃんと確認しなかった私にも非があるのですが。 面接でも緊張のあまり、自分の意見は、支離滅裂みたいな。。。 やる気ぐらいしか伝えられませんでした。 接客販売業なのに。 「結果が出るまでの間に、何かありましたら連絡して下さい」 と名刺も頂きまして、 合否について、問い合わせすべきか悩んでいます。 ちなみに会社は、少々有名な企業です。 CMでも見掛ける 今年卒業ですが、中途採用での就職活動中の身です。 指定期日に連絡が来なかった場合、不採用なのでしょうか? どのぐらいまで待つ見込みがあるものなのでしょうか? 教えて頂けると幸いです。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...

次の

雨のうた 雨に関する民謡・童謡・音楽

あめ が あがっ たよ 歌

スポンサードリンク 『あめふり』歌詞 1. 雨雨 ( あめあめ ) ふれふれ 母 ( かあ )さんが 蛇の目 ( じゃのめ )で おむかひ うれしいな ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン 2. かけましょ 鞄 ( かばん )を かあさんの あとから ゆこゆこ 鐘 ( かね )が 鳴 ( な )る ピッチ ピッチ チャップ チャップ ランランラン 3. あらあら あの子は ずぶぬれだ 柳 ( やなぎ )の 根 ( ね )かたで 泣 ( な )いている ピッチ ピッチ チャップ チャップ ランランラン 4. 母さん 僕 ( ぼく )のを 貸 ( か )しましよか 君君 ( きみきみ ) この 傘 ( かさ ) さしたまえ ピッチ ピッチ チャップ チャップ ランランラン 5. 僕なら いいんだ 母さんの 大きな 蛇の目に はいってく ピッチ ピッチ チャップ チャップ ランランラン ひらがなバージョン こどもが歌いやすいように ひらがなバージョンです。 あめあめ ふれふれ かあさんが じゃのめで おむかひ うれしいな ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らんらんらん 2. かけましょ かばんを かあさんの あとから ゆこゆこ かねがなる ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らんらんらん 3. あらあら あのこは ずぶぬれだ やなぎの ねかたで ないている ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らんらんらん 4. かあさん ぼくのを かしましょか きみきみ このかさ さしたまえ ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らんらんらん 5. ぼくなら いいんだ かあさんの おおきな じゃのめに はいってく ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らんらんらん 言葉の解説 歌詞の意味です。 「じゃのめ」 蛇の目傘(和傘の一種)のことです。 蛇の目とは、同心円を基調にした模様で、ヘビの目のように見えることから名付けられています。 「ねかた」 「根方」木の根もと。 根のあたり。 のことです。 「おむかひ」 「お迎い」のことです。 昔は「い」を「ひ」と書きました。 「はいつてく」 「入ってく」のことです。 昔は小さい「っ」を 大きな「つ」と書きました。 日本の歌百選 2007年(平成19年)に 日本の歌百選の1曲に選ばれました。 北原白秋の歌詞は、はしゃぐ子供の様子や、雨に濡れている別の子供を気遣う様子、母親に慕う心情まで見事に表していますね! 曲の歌い出しは雨音のように弾け、まるで子供がスキップをしているかのようです。 自然の情景の中を流れるようなこのメロディーは晋平節と呼ばれ、中山晋平の作品の特徴の1つとなっています。 おわりに 日本を代表する詩人と作曲家が手がけた名曲です。 百選に選ばれるのも納得ですよね! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の