ウェザー ニュース 番組 表。 【ウェザーニュースLiVE】生放送スタジオをリニューアル、7月8日から放送開始

檜山沙耶

ウェザー ニュース 番組 表

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、 24時間生放送の気象情報専門チャンネル「ウェザーニュース LiVE」のスタジオをリニューアルし、 7月 8日より、新スタジオからの放送を開始しました。 今回のリニューアルでは、スタジオ面積を 3倍に拡張し、計 3つのスタジオセットを、シーンに合わせて使い分けて放送ができるようになったほか、スタジオ全面に取り付けた LEDライトによる自由自在なライティングで、季節や時間帯に合わせた照明演出が可能になりました。 番組では、スタジオに併設する予報センターからの最新の気象・防災情報をリアルタイムでお伝えし、今回新たに設置した大型モニターを用いた、さらに詳しいライブ解説を配信します。 地震や災害発生などの緊急時には、詳細情報をどこよりも速く正確にお伝えするとともに、専門家の生の声で、詳しい解説や防災上の注意点をいち早くお伝えします。 また、番組内容もリニューアルし、現代の課題にゲストとともに向き合う特集企画がスタートします。 ウェザーニューズは、「ウェザーニュース LiVE」を通じて、最新の気象・防災情報を、迅速かつ的確にお伝えするとともに、気象専門会社ならではの、天気に関連する幅広い情報を発信していきます。 今後も更なるバージョンアップを進め、視聴者にとってよりわかりやすく、親しみやすい番組作りを目指します。 世界各国、計 44市場に展開する気象情報会社ならではの専門的な気象解説や、天気に関連した幅広い情報、緊急時の防災情報などを、迅速かつ的確にお伝えするため、予報センター併設の生放送スタジオをリニューアルし、本日 7月 8日より、新スタジオからの放送をスタートしました。 <スタジオを 3倍に拡張、 3つのスタジオセットをシーンに合わせて使い分け> 今回のリニューアルでは、スタジオの面積を 3倍に拡張し、それぞれ、メインテーブル、大型モニター、 2面モニターを備えた計 3つのスタジオセットを開設しました。 気象予報士による天気予報の解説や、スマホアプリ「ウェザーニュース」を通して全国から寄せられる天気報告の紹介、視聴者とのチャットを通したコミュニケーション、ゲストを招いたトークなど、シーンに合わせてスタジオセットを使い分け、よりわかりやすく情報をお伝えします。 また、スタジオセット全面には 7色に変わる LEDライトが取り付けられ、自由自在なライティングが可能になりました。 季節や時間帯に合わせた照明演出で、視聴者の皆さまのライフスタイルに寄り添う、より親しみやすい番組作りを目指します。 <予報センター併設のスタジオから最新情報を発信、地震発生など緊急時も専門家がいち早く解説> 新スタジオには、ウェザーニューズの予報センターが併設し、番組では、最新の気象・防災情報をリアルタイムで配信します。 予報センターに設置された特設カメラからは、現場の担当気象予報士が最新の天気予報を解説し、スタジオ内では、大型モニターを用いたさらに詳しいライブ解説を行います。 地震や災害発生などの緊急時には、詳細情報をどこよりも速く正確にお伝えするとともに、専門家の生の声で、詳しい解説や防災上の注意点などをいち早くお伝えし、詳しい情報の把握や防災・減災のための行動にお役立ていただけます。 番組内の解説動画はニュースとしても配信され、各ニュースプラットフォームでご覧いただけます。 さらに、番組に寄せられる全国からの天気報告は、予報センターへその場でフィードバックし、天気予報の精度向上へ繋げています。 放送時間帯に合わせた天気情報やトピックス、季節情報など、おなじみのコーナーがバージョンアップするほか、気候変動や環境問題、ライフスタイルの変化などの現代の課題にゲストとともに向き合う特集企画がスタートします。 特集企画では、様々な分野の専門家をスタジオに招き、いま私たちが抱える課題についてお話いただきます。 番組の中で様々な角度から現状を知り、課題への向き合い方を考え、ゲストの方とともにヒントを見つけていきます。 特集企画は月~金曜日、 22:00~ 23:00に放送予定です。 ウェザーニューズ本社、予報センター内の特設スタジオから、 24時間 365日、生放送で最新の気象・防災情報をお届けしており、「 YouTube」や「 LINE動画」「ニコニコ動画」「 FRESH」など各動画プラットフォームから、全国の皆さまにご視聴・ご参加いただけます。

次の

コミチャン番組表

ウェザー ニュース 番組 表

ウェザーニュース weathernews Always WITH you! (どんなときでもあなたとともに! ) 基本情報 略称(愛称) WNI 運営(番組供給)事業者 株式会社ウェザーニューズ 放送(配信)開始 ジャンル 気象情報 放送内容 気象情報専門チャンネル 衛星基幹放送(BSデジタル放送) 放送事業者 株式会社ウェザーニューズ 独立データ放送 Ch. 910 (データ2) BS-15ch 放送開始 放送終了 24時 特記事項: 2015年3月現在、BSデジタル放送で唯一の単営独立データ放送局。 ウェザーニュース 基本情報 運営(番組供給)事業者 株式会社ダブリュエックス二十四 旧チャンネル名 インテリジェント・ウェザーニューズ 放送(配信)開始 放送(配信)終了 ジャンル ニュース 放送内容 日本全国の気象情報及び関連番組を放送。 (標準画質) 放送事業者 株式会社ダブリュエックス二十四 チャンネル番号 Ch. 744 放送開始 放送終了 (放送終了) 放送事業者 プラネット・コミュニケーションズ株式会社 チャンネル番号 Ch. 501 放送開始 放送終了 目次• 過去放送されていたチャンネル [ ] [ ] Ch. 501「インテリジェント・ウェザーニュース」• 12月1日放送開始。 2000年放送終了。 運営はウェザーニューズ。 (現:スカパー! プレミアムサービス) [ ] Ch. 744「ウェザーニュース」• 2000年放送開始。 2007年放送終了。 終了時時点では、5:30 - 10:00及び災害警戒時は無料放送を実施していた。 () [ ] 「ウェザーニュース」• 論理チャンネル枠番号 : 31(データ:Ch. 論理チャンネル(3桁): Ch. BS910• (非公式): データ2• 受信機局名表記: WNI・910、受信機表示アイコン: WNI(ウェザーニューズの社章を表示)• 24時間放送(0:00基点)で無料放送。 静止画• 暗号化 非実施(カード不要)• 定時更新 1時間毎に1回、不定期更新有り• 毎正時1番組で実質的には番組表は無かったが、から番組毎EPGに移行• 伝送方式 、マルチパート・マルチモジュール(zlib圧縮)• 伝送帯域 動画音声 1. データフォーマット ATD STD-B4• イベント イベントトリガー起動・一部モジュールのみ更新• (所要時間は受信機の処理能力や電波状況により異なる。 受信機機種判定による独自仕様を全く含んでおらず、全てARIB STD-B24規格のみに準じているため、データはなど暗号化しない受信機で容易に取り出す事ができる。 バイナリテーブルデータフォーマットはBML中にコメント付きでスキーマが定義されており、天気情報の取得は非常に容易であり、同チャンネルから天気情報や動画を引き出して表示するウイジェット等も存在する。 コンテンツは日本全国の地域情報を完全に含んでおり、全国波でありながら地域毎のコンテンツを自動的に表示する。 その為、チューナーだけで地域毎の再送信もできる。 さらに専用の再送装置を必要としないため、小規模のケーブル局や、ビル内放送といった所でも、チューナーで受像した映像の再送が行われている。 5Mbpsに変更、同時に4:3のが付加された。 放送の『』より、「SOLiVE24」の化を実施したが、BSデジタル放送では放送帯域の都合上、HDTVではなく、標準画質のワイド画面 による放送となっている。 また、ワイド画面への変更に伴い、画角情報の付加を止めている。 2010年にデータ放送をリニューアル。 データ放送画面は動画表示部分は16:9SD、それ以外は16:9の画面となった。 インターネットによる通信機能を拡張し、チャットの閲覧や雨雲レーダー等天気概況の地図画面表示の選択が可能になった。 更に同年未明に再リニューアルし、動画表示部分の拡大や検索によるピンポイント天気予報機能復活 、同年11月10日深夜に『MyCh. 』・『衛星Ch. 』などが追加された。 BSデジタル放送の周波数(BS-15ch)をの衛星放送2波 (・)と共用している関係 で、の放送機器メンテナンスに伴う、停波の際は当チャンネルも同時に停波(休止)する場合がある。 ISDBの仕様により、単独データ放送の録画を禁止する信号が送出されており、内蔵のレコーダーでは直接録画することができない(動画部分のみ外部端子で別のレコーダーを介するなどの録画は可能)。 データ放送機能非搭載の簡易BSデジタルチューナーでは、当チャンネルを視聴することはできない。 同社のフォーマットが、後に地上デジタルのワンセグ放送の標準スタイル・標準フォーマットとして採用される。 同社は自社フォーマットに対して特許を設定していない為、WNIフォーマットのデジタル放送は無料で放送に使用できる(ただし郵便番号によるピンポイント天気はWNIとNHKの共同特許となっておりこれは使用許諾が必要)。 沿革 [ ]• (2年) - ウェザーニューズととセンチュリー・リーシング・システムの3社の共同出資で、ダブリュエックス二十四会社設立。 (平成3年)10月 - 通信衛星(スカイポート)を利用したCATV向け気象情報番組「お天気チャンネル」の全国配信サービス開始。 以後、ウェザーニューズとの吸収合併までの沿革はを参照• (平成22年) - 株式会社ダブリュエックス二十四を株式会社ウェザーニューズが吸収合併。 これにより特別衛星放送(BSデジタル放送)における委託放送事業者がウェザーニューズに再移行。 2011年(平成23年)6月30日 - の改正施行により、特別衛星委託放送から衛星基幹放送となり、ウェザーニューズは委託放送事業者から衛星基幹放送事業者へ移行。 2016年(平成28年)9月30日 - 同日24時を持って、BS910chでの放送を終了。 これにより、BSの単営独立データ放送局は全て消滅した。 番組内容 [ ] 現在の放送番組編成は2009年5月1日より実施されている。 BSデジタル910ch向けの内容 [ ] 2009年4月27日からウェザーニューズが運営するインターネットでの24時間生放送の番組『SOLiVE24』(現『ウェザーニュースLiVE』)がスタートしたのに伴い 、同年5月1日16:00から「SOLiVE24」のサイマル放送(生放送)が開始され、毎週月曜(日曜深夜)2:25頃から10分程度を除き(2013年4月30日 - 2016年9月30日)、「SOLiVE24」のサイマル放送を実施している。 民間事業者であるが、は一切放送されていない。 詳細は「」を参照 2009年4月まで放送された番組 [ ]• なお日本にが接近している場合は、海水温分布と雨雲レーダーの間に、台風情報が入る。 震度4以上の地震が発生した場合及びが発表された場合は、地震情報や津波情報が随時挿入される。 このローテーションは2007年午後から放送を開始した。 これまでの映像がSkyPerfecTV! 向け映像のサイマル放送だったのに対して、この映像は6月からの番組改編に備えて新たに製作された映像で、従来の映像よりも画質が改善して分かりやすくなった。 2007年からは携帯サイト「wni. tv」の終了に伴い、動画部分以外の内容が一部変更されて、ウェザーリポート募集案内やウェザーニュース携帯サイトのURL(2008年2月19日以降はURL表示部分が、後述のトピックス表示部分の一部となる場合がある)などが表示される様になった。 また、画像切替の合間にウェザーリポートを1件ずつ放送する様になった。 また、2007年11月頃からは「雪マーク」のデザインも変更(ピンポイント天気表示時は水色地にの周りに4個の雪の結晶、週間天気表示時は水色地に雪だるま)されている。 2008年2月4日からはウェザーリポート募集案内に替わって、ウェザーニュース携帯サイトや季節の話題のトピックスが常時表示される様になった。 2007年7月 - 2009年3月27日の間放送• 朝のウェザーニュース• 昼もウェザーニュース• 夜はウェザーニュース 2007年7月 - 2009年の間放送• ウェザーニュースUpdate(全国版・地域版、全国版は土・日のみ放送)• 天気のチカラ 2007年5月まで放送された番組 [ ] 解説付天気予報(お天気物語) SkyPerfecTV! 744ch、BSデジタル放送910ch、ケーブルテレビで下記の時間に放送されていた。 月 - 金• 朝(5:55 - 9:55の間、毎時05・15・25・35・45・55分放送)• 25分と55分は詳細予報(季節の話題・概況と全国の天気予報、5分間)、それ以外は概況予報(季節の話題・概況のみ、2分30秒)を放送。 夜(18:25 - 22:55の間、毎時25・55分放送)• 詳細予報を放送。 22時台の放送では、番組の最後に「おやすみなさい」の挨拶が入った。 朝(5:55 - 11:55の間、毎時25・55分放送)• 詳細予報を放送。 9:55までの間は上記の放送時間に加えて、毎時05・15・35・45分に概況予報を放送。 昼(12:25 - 17:55の間、毎時25・55分放送)• 12・13時台は詳細予報を放送。 14時台以降は、全国の天気予報と「Weekend ウェザーアルバム」 を放送。 夜(18:25 - 22:55の間、毎時25・55分放送)• 詳細予報を放送。 22時台の放送では、番組の最後に「おやすみなさい」の挨拶が入った。 解説番組以外の番組内容• SkyPerfecTV! 744ch(2007年頃)• 3分割の画面で気象情報が表示される。 画面左上は全国を9エリアに分けたきょう - 明日の天気・気温、週間予報、レーダー、気象衛星画像、天気図、ケータイサイトの案内が表示される。 画面右は全国9都市の天気予報と最高気温が表示される。 画面左上の表示と対応し、表示されているエリアの文字の色が反転する。 画面下は文字情報で天気概況、気象警報の発表状況、地震情報、津波情報が表示されている。 画面左上の日付の右側には、ウェザーニューズが独自に設定した災害レベル(M1 正常 - M3 警戒 )が常時表示される。 BSデジタル放送910ch• 動画は画面右上に小さく表示され、SkyPerfecTV! 744chと同じ内容が表示される。 ただし、画面下の文字情報は表示されない。 「マイウェザー」ではチューナーに登録された地点の、「ピンポイント検索」では郵便番号で指定された地点の3時間ごとの天気と週間予報が表示される。 「天気コメント」では天気概況が表示され、この他にケータイサイトの案内がある。 画面左上の日付の右側には、SkyPerfecTV! 744chと同じく、ウェザーニューズが独自に設定した災害レベルが常時表示される。 番組BGM 開局からしばらくは月替わりで時間ごとにコンセプトを設けた選曲が行われていたが、現在は特にコンセプトもなく、曲名も公開されていない。 2004年頃まで放送された番組 [ ] 開局から2004年頃まではウェザーニューズ所属の気象予報士が生放送で解説を行う多様な番組があった(記述のないもの以外5分、CMを含む場合もあった)。 1事業者に1つずつ割り当てられた枠の番号で、「0」から「39」まである。 論理チャンネルの上2桁が、テレビ放送は「枠番号」、ラジオ放送は「枠番号+30」、データ放送は「枠番号+60」となる。 ただし、枠番号「30」以降はデータ放送(Ch. ただし、0:00基点の24時間放送となっている関係で、『』はEPG上では連続した2番組扱い(23:00 - 0:00、0:00 - 1:00)となっている。 非対称DII DSMCC:同社がARIB STD-B24規格をベースに、データフォーマットを変える事無く応答性能・帯域効率を改善する為に開発した技術。 コンテンツ毎の占有帯域に応じてカルーセル中のモジュール送信頻度を変える事により、限定された帯域で応答性を高めている。 特にDIIは1モジュール毎に送信されており、カルーセル受信開始を任意のタイミングで開始できる為、従来の方式に比べて最大255倍高速に受信できる。 2002年末に同社の放送に使われ、後にこの技術はISDB-Tで標準化された。 帯域が限られるワンセグ放送で一般的に使われる。 2009年7月17日までは300kbps。 データ放送画面自体は画面アスペクト比16:9であるが、動画表示部分についてはデータ放送画面のフォーマットの関係で、2010年6月2日までは16:9HD画面の両サイドを少しカットして、画面サイズ13:9で放送されていたが、同日に実施したデータ放送のリニューアル以降は、画面フォーマットの大幅な変更により、画面サイズ16:9での放送となっている。 2010年4月22日放送「weathernews LiVE」より。 2010年6月2日放送『weathernews LiVE』より。 株式会社ウェザーニューズ 2010年6月3日• なお、6月2日 - 6月24日未明の間もネット(LAN)接続機能非搭載のデジタルチューナーでは郵便番号検索によるピンポイント天気予報を利用する事が出来た。 2010年6月23日深夜(6月24日未明)放送『weathernews LiVE』より。 株式会社ウェザーニューズ 2010年11月11日• 2011年3月31日まではNHKの衛星放送3波(BS1・・)。 2007年11月26日未明までは、BS-13chにて放送。 ・などと周波数を共用していた。 2010年10月31日深夜(11月1日未明)1:00 - 5:00、2010年11月28日深夜(11月29日未明)1:00 - 5:00、2011年3月31日深夜(4月1日未明)1:00 - 5:00など。 『』 株式会社ウェザーニューズ 2010年10月28日• 株式会社ウェザーニューズ 2016年8月24日• 株式会社ウェザーニューズ 2009年4月23日• 株式会社ウェザーニューズ• ウェザーニューズ携帯サイトのウェザーリポーターから送られてきたリポートから一週間のお天気を振り返るミニ番組。 関連項目 [ ]•

次の

ウェザーニュースLiVE

ウェザー ニュース 番組 表

『 SOLiVE ミッドナイト』(ソライブ ミッドナイト)は、がから「」で配信している、気象に関連する視聴者参加型番組。 までは、『 ソラマド ミッドナイト』の番組名で配信されていた。 本稿では、この2番組を同一番組として扱う。 番組運営リニューアルに伴い2018年4月16日より『 ウェザーニュースLiVE・ミッドナイト』(ウェザーニュースライブ・ミッドナイト)と番組タイトルが変更された。 ただし、23:00 - 6:00が実質上のミッドナイトとなったことや、9:00 - 10:00・16:00 - 17:00 と共通化する形で、番組名が当てられていない。 概要 [ ] ウェザーニューズの24時間動画生放送「」で配信の番組。 は、スクロール表示で随時伝えられる。 2009年(深夜)開始。 当時は3:00-4:00の1時間番組であった。 番組開始時は、全編()910ch「」での動画を実施していなかった。 かつては、チャットで参加できるコーナー 「ミッドチャット」 があったが、2012年9月の改編で終了したため、実質直後に放送される『』までのとなっている。 沿革 [ ] 以降、放送日は暦日表記とし、実際の放送は前日付けとなる。 2009年10月6日 『ソラマド ミッドナイト』 番組開始 2010年4月5日 「SOLiVE24」春の改編に伴い、番組名が『 SOLiVE ミッドナイト』に改題。 2010年11月16日 オープニングで流れるアニメーション・そして同時に流れるジングルが一新。 タイトル表示については、紫色とオリーブ色のグラデーションカラー表示に加え、星と就寝中のフクロウを描いたデザインとなる。 2011年1月3日 元前枠番組の『SOLiVE Asia』が2010年12月31日放送分を持って終了したのに伴い、前枠を吸収する形で3時間に拡大する。 この際に下段スクロール表示のリニューアル も行なわれ、右端に「SOLiVE24」と番組名の交互表示が開始された。 当番組の文字カラー表記は濃い紫色である。 2011年2月9日 2時台と3時台前半のコーナー順が変更となり、同日より「ミッドチャット」を2時台に、「ウェザーニュースNews」・「今日のソラボタン 現在は終了 ・ソラキャンバス」は3時台前半に進行順が変更された(またこれに伴い、BS910Chの同時放送時間も変更される。 後述参照)。 2011年4月12日 オープニングナビゲートが前番組に引き続き、weathernews LiVEキャスターによる生放送で行われる事になる。 2011年8月16日 1時台後半の「予報センター ソラヨミフィードバック」のコーナーが終了 し、翌日より3時台前半の「ウェザーニュースNEWS」・「今日のソラキャンバス」のコーナーが繰り上がった。 これに伴い、「Report100連発」の時間が3時台すべてになる。 2012年1月9日 weathernews LiVEキャスターによるオープニングナビゲートが廃止される。 2012年1月10日 「ウェザーニュースNEWS」のコーナーが終了したことに伴い、「今日のソラキャンバス」のコーナーの枠が拡大した。 更に、2時台のコーナー「ミッドチャット」の後半ブロック終了後にも最新気象情報を伝える事になった為、後半ブロックの実施時間が約7分短縮となった(2:30 - 2:48頃。 前半ブロックに影響はなく、現行通りの時間に実施)。 2012年9月25日 オープニングのアニメとジングルが変更。 合わせて1時台後半のコーナーは「厳選リポート写真館」、2時台は「全国ライブカメラリレー」に変更。 また3時台は「Report100連発」が「Thanks for Weathr Reporter」改題。 これに伴い「今日のソラキャンバス」、「ミッドチャット」は終了となる。 2013年4月30日 『』担当キャスターによるオープニングトークが再開。 2018年3月1日以降は、OPは流れていない。 2018年4月16日の番組改編に伴い、大幅なリニューアルが実施されたが、同番組はタイトルが『ウェザーニュースLiVE・ミッドナイト』と変更になったのみ。 ただし、17日より番組名を外した形で放送している。 ソラマドアプリとBS910chとのサイマル放送の中断 2011年2月8日までは2:30から3:30まで、同年2月9日から2012年9月24日までは2:00から3:00まで、同年9月25日から2013年4月29日までは2:13〜3:17頃まで、同年4月30日以降はソラマドアプリのメンテナンスを実施する毎週月曜(日曜深夜)2:25頃から10分程度配信が中断される。 緊急時の対応 異常気象や地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、もしくは不明の場合)は番組を中断し、幕張テクノガーデンB館23階にあるウェザーニューズ・グローバル予報センター(通称:予報センター)から最新情報を伝える。 異常気象や地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、若しくは不明の場合)等は、内容(予定・進行)変更の場合がある。 予報センター ソラヨミフィードバック(2011年1月3日 - 3月11日、3月26日 - 8月16日)• 予報センターから生中継。 まず、前日朝のブリーフィングのVTRを紹介し、実際の天気の変遷からソラヨミを検証し、振り返る。 ウェザーニューズNEWS(2011年1月3日 - 12月18日、12月31日、2012年1月3日 - 1月9日)• 12月19日〜30日はスタジオリニューアルのため放送は休止していた。 その日に公式サイトのウェザーリポートCh のウェザーリポートの中からピックアップされたものを紹介。 ナビゲーター• 月曜 または• 火〜土曜• 日曜 、 隔週交代• 東日本大震災特設サイト振り返り(2011年3月13日 - 3月25日)• 2011年3月11日14時46分頃、福島県沖を震源とし最大震度7・M9. 0と日本最大級の大地震「」が発生したことを受けて開設された「東日本大震災特設サイト」の当番組放送前日までの1日の動きを振り返る。 ナビゲーターは平日月曜〜金曜が木島由利香、土曜・日曜は「SOLiVE ムーン」担当キャスター。 今日のソラボタン・ソラキャンバス• ミッドチャット 1:00〜1:05頃 パジャマトーク• 当番組の直前に放送されていた『SOLiVE ナイト』のキャスターによる同番組の振り返りを兼ねた、パジャマトーク。 なお、『SOLiVE ナイト』番組休止時はこのコーナーも休止となる。 担当キャスター• 月曜 日曜深夜 村田泰謁• 火曜 月曜深夜 江川清音• 水曜 火曜深夜 横町藍• 木曜 水曜深夜 山岸愛梨• 金曜 木曜深夜 眞家泉• 土曜 金曜深夜 井田朱音、宇野沢達也• 日曜 土曜深夜 今田佐和子 特別番組 [ ] 荒天時 [ ]• 異常気象により、ウェザーニューズが規定している災害レベルがM3(警戒)体制となっている場合、原則として当番組は休止、幕張テクノガーデンB館23階にあるウェザーニューズ・グローバル予報センター(通称:GPEC)から最新情報を伝えるほか、災害の規模によっては、BSデジタル放送とのサイマル放送が実施される。 地震発生時 [ ]• 地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、もしくは不明の場合)は番組を中断し、予報センターからの速報がなされる。 地震の規模に応じて、そのまま当番組は休止となり、速報番組が継続する場合があれば、地震速報終了後、当番組に戻る場合とがある。 BSデジタル放送とのサイマル放送については、荒天時と類似した対応が取られる。 流星特番 [ ]• 放送日• 全国7箇所からオリオン座流星群観測の模様を生中継しながら通常のチャットで番組を進行。 放送日 2009年• 放送日 2009年• 放送日 流星観測カメラの生中継を、各地ローテーションで放送する。 チャットのテーマは設けられないが、チャットで番組に参加するスタイルは変わらない。 チャットに寄せられた流星群の感想などが随時テロップ表示される。 「ふたご座流星群」の際には、取材チームが画面内に流星を捕らえられたかどうか(番組内では、の試合になぞらえ「ゴール」と呼ばれる)について、判定結果が文字テロップで伝えられた。 「しぶんぎ座流星群」の際は、ゴールの際、『weathernews LiVE』(現:『SOLiVE スター』)で使用しているゴール専用テロップを加工した画像テロップが流れた。 なお、流星特番は、原則として、BSデジタル放送とのサイマル放送が行われていた。 放送時間の変遷 [ ]• 2009年10月6日 - 2010年12月31日 月曜 - 日曜 3:00 - 4:00• 2011年1月3日 - 2月8日 月曜 - 日曜 1:00 - 4:00• 2011年2月9日 - 2017年2月19日 月曜 - 日曜 1:00 - 4:00• 2017年2月20日 - 2017年10月31日 月曜 - 日曜 1:00 - 5:00• 2017年11月1日 - 2018年11月30日 月曜 - 日曜 0:00 - 6:00• 2018年12月1日 - 月曜 - 日曜 0:00 - 5:00 毎時25分(頃)から30分、55分(頃)から00分 3時台前半を除く まではまでは流星特番を除き、原則としてインターバルとなり、ウェザーニューズ・グローバルセンター屋上に設置されているを背景に天気予報がスクロールテロップで表示される(但し、変更有)。 5:00 - 5:26のみのキャスターが兼務している。 放送に関する備考 [ ]• 2010年の放送は、前枠番組『(現:SOLiVE Asia)』 出演者の体調不良により、2:30で早終了した事に伴い、当番組を急遽30分拡大・繰り上げスタートさせる処置を行った。 2010年は、SOLiVE24の化に伴う放送機器メンテナンスのため、放送休止。 該当時間帯はインターネット・BSデジタル放送は『ウェザーニュース』やウェザーニューズ・グローバルセンター屋上に設置されている、お天気カメラからの映像を放送、YouTubeは配信停止となった。 2010年の放送は諸事情により、前枠番組『SOLiVE Asia』が2:00で早終了した事に伴い、当番組を急遽1時間拡大・繰り上げスタートさせる処置を行ったが、の一部地域での大雨と・での大雨による交通機関への影響の恐れにより、ウェザーニューズが規定している災害レベルがM2(注意)体制となったため、2:15で打ち切り。 残りの時間(本来の放送時間である、3:00 - 4:00を含む)は予報センターからの『最新大雨情報 』に充てられた。 2010年の放送は諸事情により、前枠番組『SOLiVE Asia』が2:00で早終了した事に伴い、「5周年記念! SOLiVE ミッドナイト 感謝の2時間拡大スペシャル! 」と題して、1時間拡大・繰り上げスタートさせる処置を行った。 2010年は、この日の前々枠にて放送された、『』の模様をまとめた、『SOLiVE スター プレイバック』を放送した為、放送は休止となった。 2010年は、配信システムのメンテナンスを行う為、放送は休止となった。 2010年の放送は諸事情により、前枠番組『SOLiVE Asia』が2:00で早終了した事に伴い、1時間拡大・繰り上げスタートさせる処置を行った。 2010年は、・()近海で発生した地震に伴い、・が発表された事に因る、特別番組放送の為、放送休止となった。 は夢特番『みんなの夢LiVE』を0:30 - 4:00に放送した為、当番組は休止となった。 2011年は前枠番組『SOLiVE Asia』が2010年放送分を持って終了した為、当番組を2時間拡大・繰り上げスタートさせる処置を実施。 1:00 - 1:30は「SOLiVE24 番組振り返り 」、1:30 - 4:00は「新春ミッドナイトスペシャル ライブ2. 4」を放送した。 2011年は、夜からの降雪の影響に伴い、ウェザーニューズ規定の災害レベルの最大値であるM3(警戒)での体制をとり、雪関連の最新情報を優先した為、当番組は休止。 前枠の『weathernews LiVE』から当番組を「最新雪情報」として放送(進行は原田健成)。 尚、雪情報自体は後枠の『SOLiVE トワイライト』、後々枠の『SOLiVE モーニング』でも継続した。 2011年午後に発生した『 』の影響に伴い、この地震発生直後よりウェザーニューズ規定の災害レベルが最大値のM3となった為、同年以降より当番組は速報体制による特別編成となり、一時放送を見合わせていた。 同年18時、減災レベルは本震発生後以降発表されていた津波注意・警報も解除となり、落ち着きも取り戻しつつあることから、1段階下げたM2(注意体制)へと変更。 同年22時58分頃、M1へと変更。 なお、今後も度重なる余震が懸念されていることから、同年4月頃までは東日本大震災体制が継続されていた。 2011年から翌は、前枠の『weathernews LiVE』から当番組を「最新台風大雨情報」として放送(進行は、原田健成 29日 と喜田勝 30日 )。 2011年は、3:00から皆既月食特別番組を放送するため、1:00 - 3:00までの1時間短縮して放送された(但し、BS910Chは1時台のみ放送)。 2011年から翌は、前枠の『weathernews LiVE』から当番組を「最新台風大雨情報」として放送(進行は、喜田勝 2日 と 3日 )。 2011年は、皆既月食特別番組を1:30まで放送したため、1:30 - 4:00までの30分短縮して放送された。 2012年は、夢特番『みんなの夢LiVE』を0:15 - 4:00に放送した為、当番組は休止となった。 2012年は、新春特別番組体制として通常の番組内容を変更。 1:00 - 1:30は「Report100連発」、1:30 - 4:00は「バシライブ2. 4」を放送した。 2012年は、からの台風4号の影響に伴い、ウェザーニューズ規定の災害レベルの最大値であるM3(警戒)での体制をとり、台風関連の最新情報を優先した為、当番組は休止。 前枠のから当番組を「台風4号 最新見解として放送(進行は原田健成)• 2012年は、『』金星食特番を2:00から2時間放送したため、1:00 - 2:00の1時間短縮版として放映された。 は、お正月特番『みんなの「やる気」2013』を1:00 - 5:00に放送したため、当番組は休止となった。 2013年1月2日は、新春特別番組「バシライブ2. 4」を0:00 - 2:30に、「一夜限りのミッドチャット」を2:30 - 4:00まで放送したため、当番組は休止。 2013年12月15日は、直前に放送していた『SOLiVE スター』が0:14頃に終了した後、引き続いて始まったため、通常より放送時間が拡大した。 は夢特番『年始特番 : 〜初日の出ライブ 新年あけおめーる特番〜』を0:15 - 5:00に放送した為、当番組は休止となった。 2015年1月2日は、新春特別番組「バシライブ2. 4」を1:00 - 3:30を放送したため、当番組は休止。 は新春特別番組 SOLiVE オールナイト[URL]lって何?特番0:15 - 5:00を放送したため当番組は休止となった。 2016年1月2日は、新春特別番組「バシライブ2. 4」を1:30 - 4:00を放送したため、当番組は休止。 2017年1月2日は、新春特別番組「バシライブ2. 4」を1:30 - 4:00を放送したため、当番組は休止。 BGM [ ] 「ソラマド-」時代は、の「」で番組が始まり、以降は、shu-tの「Aqua 」などがローテーションで流れていた。 「ソラマド-」から「SOLiVE」に改編された際、BGMは一新された。 当初1曲の無限ループであったものが、後に数曲に増えた。 なお、「しぶんぎ座流星群」特番では、通常のBGMではなく『weathernews LiVE』の流星特番で使用しているBGMを全編で使用した。 脚注・出典 [ ] []• 携帯公式サイトの担当(出演者)欄には「主役はあなた! 」と掲載している。 制作の業務用著作権ロイヤリティフリー音楽 NSC-SC-7011。 2010年3月22日付の『weathernews LiVE』のゲストタイム「バシの部屋」にて発表。 変更点は番組タイトルやBGMのみで、番組内容は改編以前と同様である• 『見ているだけじゃ物足りない、天気は参加して楽しくなるもの! なお、実際にリニューアルが行なわれたのはの大晦日年越し番組「Weathernews 10大ニュース」から。 但し、『』放送時は行われない• ただし、後半部の気象情報のコーナーは現在も残っている。 2011年12月19日〜30日のスタジオ工事期間中、「ウェザーニュースNEWS」のコーナーが放送されなかったため、一時的に当コーナーの枠が拡大されていた。 かつて佐伯が担当していた時は出演していたが、前夜の「SOLiVE イブニング」に出演しない場合は、その日の代行キャスターが担当していた。 木島が前夜の「weathernews LiVE」に出演しない時は前日の「SOLiVE イブニング」キャスター(喜田勝、のいずれか)が担当する。 前夜に「SOLiVE サタデー」を放送した場合。 なお、場合によっては「」に出演したキャスター(小野英美・横町藍・山田泰葉の3人のうちいずれかであるが、土曜日の『SOLiVE サンセット』に横町が出演することは殆どなく、実質小野か山田のどちらかとなる。 )が担当する場合があったり、山岸が出演できない場合はその日担当した「SOLiVE ムーン」のキャスターが担当する場合がある。 前夜に「SOLiVE イブニング」を放送した場合。 2011年3月11日 10日深夜 までのこのブロックは「予報センター ソラヨミフィードバック」が組み込まれていた。 2010年8月12日夜から13日深夜にかけて放送された「SOLiVE スター」以降は、公式チャンネルにて閲覧可能、および流星中継放送自体が、流星中継開始から翌日の深夜1時前までとなった為、当番組でもあまり触れられなくなった(チャット参加者が、チャットコメントで発言する(書き込む)程度)。 2011年1月現在は前後者何れも終了済み。 正常状態 M1 での番組休止は初。 ただし、2010年11月18日も正常状態 M1 で番組が休止になったが、急遽変更となったため、例外とされる。 進行は本田竜也予報士が担当した。 2010年12月7日放送の『』番組終盤にて、司会のが説明した。 このコーナーのみBSデジタル放送でも同時放送した。 なお、1:50頃に行われている予報センターの最新天気情報は行われず、1:30以降は4:00まで途中インターバルを挟まずノンストップで放送された。 当番組の終盤で、アメリカ・ニューヨークの担当役員が空席に伴う補完で渡米することを石橋が視聴者やサポーターへ伝え、さらに番組改編の内容を伝えた。 進行役は、2011年・2012年に続き村田泰謁・須田浩子の2名が担当。 SOLiVE24Ch. より、ダウンロード可能であったが、現在はできない。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 04:00 - 06:00 2009. 5~2010. 05 前番組 番組名 次番組.

次の