ふくらはぎ が だるい 肝臓。 それ「肝機能低下」の症状かも!肝臓と疲れのつながりについて

肝臓は症状で分かる?病気に気付く7つのサイン

ふくらはぎ が だるい 肝臓

ふくらはぎがだるい時の即効対処法 ふくらはぎがだるいのは筋肉が疲れていることが大きな原因です。 夜になると疲れが出るように、足も夜に疲れがどっと出るもの。 お風呂に入ったんだから疲れは取れているはずですなのに・・ 実は休むことににも体力が必要なのです。 お風呂は疲れを取る場所ですが、体力も消耗する場所でもあるのです。 今日のあなたは疲れすぎているのでしょう。 そこで眠りを妨げるこのだるさを緊急で取る方法をご紹介しますね。 湿布 市販の湿布薬を貼ります。 この場合は冷湿布の方が効果的です。 買い置きがない場合は保冷剤をタオルで包んでふくらはぎにあてがうのも効果があります。 でも、 冷たいのが苦痛な時は無理をせず温湿布をして下さい。 冷湿布の時も足先や太ももを冷やさないように気を付けましょう。 ストレッチ ふくらはぎは筋肉の集中しているところです。 疲れで固まっていると筋肉はだるくなったり痛みが出ます。 こんな時はふくらはぎのストレッチで足をほぐして下さい。 この場合はアキレス腱を意識したストレッチが有効です。 ではふくらはぎのストレッチをひとつご紹介しましょう。 壁に両手を伸ばしてつけます。 片方の足を一歩後ろに下げます。 ゆっくり腰を下ろします。 気持ちいい位置でキープ。 足を交互に変えて数回行って下さい。 ただし、これはやり過ぎると却って痛くしますから気を付けて下さいね。 マッサージ 次におすすめなのマッサージ。 ふくらはぎのだるさの原因には血行不良があります。 ふくらはぎの筋肉は血行のために日夜がんばっているところ。 ふくらはぎが疲れていると血行が悪くなると血が溜まってだるくなります。 そこで血行を良くするためのマッサージをご紹介します。 膝を立てて、膝裏から足首までていねいに両手を使って押すように撫でます。 これをお風呂上りに数回しましょう。 マッサージクリームを使うと温まって気持ちいいですよ。 また、リンパを流すのも効果があります。 座った状態で足を曲げ、足首の内側に両手親指を当てます。 軽く揉み押しするように膝の下までマッサージします。 ツボ ツボにも即効性があります。 足の不調を取るツボは 足三里(あしさんり)です。 覚えたらいつでも押さえらますから、これは動画で確認してもらいましょう。 これでふくらはぎのだるさは解消できると思いますよー でもこの場では治ったけど、次の日もその次の日も痛い場合があります。 そんな場合はただの疲れじゃないかもしれません。 治療の必要な病気かもしれないのです。 病気の時は早期発見が治す近道です。 では、病気の場合の兆候をお伝えしましょう。 Sponsored Links ふくらはぎがだるいのは病気? ふくらはぎのだるさの原因の第一は筋肉のこりです。 こりは筋肉の使い過ぎでおこりました。 また、血行不良でもこりはおこります。 今回の血行不良は冷えが原因でしたね。 これは誰にでも起こる可能性のある不調です。 でも、その血行不良が病気が原因のことがあります。 その病気と徴候をお伝えしますので、チェックしてみて下さい。 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう) 女性に多い病気です。 足の静脈には血が逆流しないように弁が付いています。 この弁が壊れると血がうまく流れなくなるのです。 これを 下肢静脈瘤といいます。 だるさ• 足に血管が浮き出てでこぼこになる• 足が痛い といった症状が出ます。 目に見える症状なので判りやすいでしょう。 閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう) こちらは動脈の流れが悪くなる病気です。 高血圧やコレステロールの摂り過ぎが原因になります。 だるさ• 歩くのがつらく、休みながらにしか歩けなくなる などの症状が出ていたらこの病気を疑いましょう。 肝臓病 沈黙の臓器と言われる肝臓そのものには痛みなどがなかなか出ません。 しかし、肝臓の働きが悪くなるとだるさとして症状が出ることがあります。 だるさ• かゆみ• 黄疸(白目が黄色い時は要注意) なんて症状に気が付いたら受診を考えて下さい。 では、こうした症状を踏まえてかかるべき医療機関についても押さえておきましょう。 ふくらはぎのだるい時は何科にかかる? 毎日のようにふくらはぎがだるくて眠れない場合にかかると良い医療機関はどこでしょうか? 疲れが原因と分かっている場合は 整体院やサロンなどのような場所でも有効です。 さらに 整形外科でも診断してもらえるでしょう。 特に痛みを伴うような症状では 整形外科、または接骨院もいいですよ。 また、静脈瘤のある場合も 整形外科がカバーしてくれます。 ご紹介した閉塞性動脈硬化症や肝臓病の場合は 内科でまず診てもらうといいでしょう。 病気の場合はそれぞれの病気をドクターの指示に従ってケアして下さいね。 でも、ふくらはぎが筋肉の疲れですぐだるくなるのは自分で予防ができるんです。 その方法もお伝えしておきますので、ぜひ実践してみて下さい。 筋肉を鍛えてだるさ解消! 筋肉がたくさんある人は疲れにくいのをご存じでしょうか? 坂道を歩いていても筋肉が足についていると平気で長い距離を歩けるんですよ。 これは筋肉が付いている方が 血行が良くこりにくいからですね。 また、高齢になるとだんだん筋肉が痩せてきて、歩くことがおぼつかなくなってしまいます。 これは筋肉そのものが減ることで足の骨を支えられなくなるためです。 今から足の筋肉を鍛えてこうした不調を寄せ付けないようにしましょう。 筋肉を鍛えるには適度な負荷を与えるのがよいようです。 ウォーキング これは手軽に足の筋肉を鍛えられますよ。 しかし、これは続けなければ効果が出ません。 一日30分のウォーキングでも毎日続けることで筋肉はかなりつきます。 そしてその際 コースに緩い坂道を入れると効果的です。 トランポリン 今は家庭用の小さなトランポリンが手軽に購入できます。 これなら雨の日にも使えますし、何といっても楽しい! しかし、急に長い時間跳ねるのは止めましょう。 楽しみながらふくらはぎが鍛えられるのがいいですね。 そして筋肉を作る材料を体に入れるのも大切です。 筋肉の材料は たんぱく質 動脈硬化や心臓病には嫌われやすい動物性のたんぱく質も筋肉には重要です。 現代では高齢者にもステーキなどの肉類を食べることが薦められているほどです。 もちろん肉だけでは良くありませんから 牛乳や豆製品からのたんぱく質 ビタミンやミネラル豊富な野菜類、海藻類 これらもバランスよく摂るようにして下さい。 牛乳など吸収の早いものは、運動の後に摂るのがいいですよ。 運動で負荷のかかった筋肉が回復するためにそのたんぱく質を取り込もうとするからです。 これで効果的に足へたんぱく質を送ることになりますね。 ここまでの話のおさらいをしておきますね。 Sponsored Links まとめ 今回はふくらはぎがだるい時の解消法や病気の可能性をお伝えしてきました。 ふくらはぎがだるい時の即効対処法• 湿布・ストレッチ・マッサージ・ツボ ふくらはぎがだるい時の病気• 下肢静脈瘤• 閉塞性動脈硬化症• 肝臓病 ふくらはぎのだるい時の医療機関• 軽いだるさ・・整体院やサロン• 痛みや静脈瘤もある場合・・整形外科• 全身症状もある場合・・内科 筋肉を鍛える方法• 筋肉に負荷をかける• ウォーキング・トランポリン• たんぱく質を摂る• 動物性たんぱく質・・牛乳・豆製品・野菜類・海藻類 でした。 私は週2回の可燃物の日にゴミ捨て場まで行くのですが かなりの坂道を歩かなければなりません。 坂自体はほんの1分程度の距離ですが、これがはじめとてもしんどい道でした。 ところが最近ウォーキングをはじめて、しばらくたったのですが 気が付いたらゴミ捨てがとっても楽になっていたのです。 坂道をぐいぐい速足で歩いていることに気が付きました。 筋肉って本当にすごいですよ。 筋肉はいくつになっても鍛えることができると言います。

次の

ふくらはぎがだるい人必見!今すぐできる対処法教えます!

ふくらはぎ が だるい 肝臓

ふくらはぎがだるい原因は? 「ふくらはぎは第二の心臓」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 そのとっても大切だと言われているふくらはぎがだるく感じることってありませんか? ふくらはぎがだるい原因は、 1つはとても簡単で、足に疲労が溜まっている時にだるく感じます。 そしてふくらはぎがだるい原因として、簡単に言ってしまえばふくらはぎが心臓のように、 血液を送るためのポンプ機能がうまく機能していない時に起こります。 心臓は筋肉の塊で、その筋肉が動くことで、全身に血液が循環されているのは、皆さんご存じかと思います。 ふくらはぎも同じように、筋肉の動きによって、血液循環を良くしていきます。 例えば、• 冷え性などで、足が冷えやすい。 長時間の座り仕事で、同じ姿勢でいることが多い。 このような状態が長く続くと、 筋肉が固まって来てしまい、ふくらはぎのポンプ機能がうまく働かなくなってしまうのです。 同様に、• 長時間の立ち仕事で足を酷使している。 買い物などでいつもより多く歩いた。 この場合は筋肉疲労が起きてしまうので、やはりふくらはぎのポンプ機能がうまく働かなくなってしまいます。 これが、ふくらはぎがだるい原因です。 ふくらはぎがだるい時の対策法は? ふくらはぎがだるいと、体全体が重たくなったような感覚もあり、動くのが更に億劫になったり、寝る時に気になってしまい眠れなかったり、精神的に落ち込んでしまうような人もいらっしゃるかと思います。 ふくらはぎがだるい時の対策法としては、以下の4つが考えられます。 日頃から体を冷やさないようにしましょう 冷たい飲み物を飲み過ぎたり、クーラーに長時間あたっているなど、寒い環境の中での作業の時は、服装を工夫して、体を冷やさないようにしましょう。 飲み物は暑さから身を守る時以外は温かいもの、または常温を飲むことをおすすめします。 ふくらはぎを温めましょう ふくらはぎ周辺の筋肉を緊張状態から緩めるためには、 筋肉をほぐす、温めてあげることが必須です。 マッサージをしてもいいでしょうし、お風呂、湯船にゆっくり入ってもいいでしょう。 フットバス(足湯)でゆっくり足を温めてもよいでしょう。 運動不足にならないようにしましょう 日頃から運動不足にならないよう、筋肉を動かせるようなことを心がけましょう。 多めに歩いてもいいですし、簡単なストレッチをするだけでも違います。 座ってでも出来る簡単なストレッチを紹介します。 両足を揃え、かかとを床に付けたままつま先を上に向けます。 今度は逆に、つま先を床に付けて、かかとを床から離します。 上記を交互に繰り返し行ってみてください。 適度な水分補給を心がけましょう ふくらはぎがだるく感じる原因は血行不良です。 ふくらはぎの筋肉の状態に関わらず、体内の水分が不足すると、血液の状態が悪くなり、血行不良が起きやすくなります。 それを避けるためにも、水分補給は意識しておきましょう。 病気の関係は? ふくらはぎがだるいと感じている場合、そのだるさは突発的なものでしょうか。 それとも慢性的に起きていて、簡単なストレッチをしたり、温めてみてもあまり効果を感じないものでしょうか。 もし、 慢性的なもので、ストレッチなどにもあまり効果が感じられない場合、何かしらの病気が潜んでいる可能性も考えられます。 ふくらはぎがだるいと病気の関係として考えられるものは、以下のものです。 閉塞性動脈硬化症(ASO) 普段、ふくらはぎにだるさなどは感じないのに、ちょっと歩いただけで足がだるくなる、ふとももやふくらはぎに痛みが出るという特徴があります。 病気としては、足の動脈硬化という状態ですので、このような症状が続いているようでしたら、念のため、内科か循環器科で診てもらうと良いでしょう。 急性動脈閉そく こちらは突発的な症状でもあるのですが、普段のだるさに加えて急に足が痛み出す、冷たくなったり、血色が変わることが特徴です。 足の血管に血栓が出来ていて、血液循環が出来なくなっている状態のため、すぐに手術が必要となります。 こちらに似た症状が合った場合も、内科か循環器科で診てもらうと良いでしょう。 ふくらはぎがだるいと病気の関係は、侮れないものです。 だるさに異常なものを感じたら、念のため病院で診てもらうか、そうならないよう、日頃からのケアを怠らないようにしたいものです。 朝にだるい原因は? 朝起きた時に、ふくらはぎがだるいと感じたことがある方もいらっしゃるでしょう。 朝にふくらはぎがだるい原因は何でしょうか。 ふくらはぎがだるい原因として、 「血液を送るためのポンプ機能がうまく機能していない時に起こります。 」と説明をしました。 このポンプ機能がうまく機能しない原因が、筋肉が緊張して、うまく動いていないことも説明しています。 さすがに寝ている時に足を動かすことは難しいですよね。 そのため、寝ている間はポンプ機能が弱まっているのです。 そのポンプ機能が弱くなる原因として、 もう1つ考えられるのが「冷え」です。 寝ている間に足が冷えてしまった、ということはないでしょうか。 たとえ夏場でも、冷房を入れて心地よい状態で眠ることが出来ても、意識として「寒い」とは思わなくても、体は冷えてしまっていることもあります。 扇風機の風が当たることでも、足が冷えてしまうこともあります。 特に女性に多い、冷房病になってしまいやすい人や冬になると冷え性に悩まされている人は注意が必要です。 朝にふくらはぎがだるい原因は「冷え」である可能性が高いため、 寝る前に簡単なストレッチを行ったり、着圧が弱いレッグウォーマーなど、ふくらはぎ全体を温めることが出来るものを履いて眠ってみると、少しは違ってくるはずなので、試してみて下さい。 スポンサーリンク 効果的なマッサージ方法は? ふくらはぎがだるい時のマッサージ方法は覚えておくと簡単にだるさを取り除くことができますので、ぜひ覚えて実践してください。 湯船に浸かって、ふくらはぎをマッサージする方法です。 方法はとても簡単。 両手で足首を、雑巾を絞るような状態で持ちます。 両手でふくらはぎを、雑巾を絞るようにマッサージしながら両手をゆっくりと上に移動していきます。 そのまま太ももまでマッサージをします。 これを合計10回以上繰り返します。 夏場でも38度などぬるめのお湯に浸かりながらやってみてください。 もし、湯船が狭かったりなどで行うことが難しい場合、お風呂上がりなど、体が温まっているうちに同じマッサージをしても効果的です。 寝る前のマッサージとして、取り入れても良いでしょう。 なぜ 「下から上に向かって行う」かというと、血液循環と同じ流れになるためです。 ふくらはぎがだるい時のマッサージ方法として、「足首から(下から)ふくらはぎ、膝(上)に向かって温める」ということを意識しておくといいでしょう。 湿布は効果的? ふくらはぎがだるい時には湿布を貼るというのはどうでしょうか。 市販品にも、足のだるさを解消してくれそうな湿布が多数販売されています。 ふくらはぎがだるい時の原因として考えられることとして、「足が筋肉疲労を起こしてしまった」ことも考えられます。 筋肉が炎症を起こしていて、だるく感じている場合です。 たとえば、 普段あまり運動をしない人がいきなり歩きすぎたり、走りすぎた。 また、長い時間立ちっぱなしだった場合にも、筋肉疲労が起きます。 このように「足を酷使した」という自覚があって、ふくらはぎがだるい時には湿布が有効的でしょう。 筋肉を休ませることが大事なので、まずは冷やすために冷湿布で冷やすといいでしょう。 しかし、 冷湿布をしても効果が見られない場合は温湿布に切り替えることで温めると良いでしょう。 逆に、筋肉疲労をしているのに、「ふくらはぎのだるさは温めなくては!」と、先に温湿布をしてしまうと、本来は休ませなければ行けない筋肉を温めてしまい、状態が悪化します。 どちらの湿布を貼ればいいのか分からない場合、まずは冷湿布をしてみて、様子を見て下さい。 つぼは? ふくらはぎがだるい時には、つぼを押すことも効果的です。 仕事中や休憩中など、座ったままでも押せるふくらはぎがだるい時のつぼは、「足の三里」と「承山」です。 「足の三里」の場所は、 ・膝の外側 ・お皿の下から指4本分下がった辺り ・いちばんくぼんでいる場所 ・向こうずねの外側です。 押し方としては、 ・軽く膝を曲げて座る ・両足のツボに親指の腹をあてる。 ・他の指はふくらはぎにあてて押しもみます。 「承山」の場所は、 ふくらはぎの中心線上を上にたどると、 腱と筋肉の変わり目のところの盛り上がりにぶつかって止まります。 その盛り上がりの手前に承山のツボがあります。 ちょうど膝からくるぶしまでの半分辺りのところです。 押し方としては、 ・両手でふくらはぎを包み込むように中指を重ねる。 ・承山を押しもみます。 ふくらはぎがだるい時のつぼは、 座り仕事中でマッサージが出来ない、寝る前のマッサージも億劫なくらいに疲れていたり、眠い時に覚えておくと便利でしょう。 また、「足の三里」はからだ全体の治癒力を高めるつぼとしても知られています。 ふくらはぎに限らず、体調が悪い時に押してみて、様子を見てみるのもいいかもしれません。 立ち仕事でだるくなる時の対策法は? 座り仕事の場合、つぼを押すことも可能ですし、簡単なストレッチでの解消法の紹介もしています。 では、立ち仕事でふくらはぎがだるい時の対策法はないのでしょうか。 もちろん、あります。 立ち仕事でふくらはぎがだるい時の対策法で一番簡単なのは、アキレス腱を伸ばすことでしょう。 足を思い切り開かなくても、足を少しだけ上下に開いて体を前に倒すか、壁に両手をついて、体重を腕にかけるだけでも、アキレス腱を伸ばすことは可能です。 立った状態でつま先を上げ下げする、かかとを上げ下げすることも良いでしょう。 足首を回すだけでも効果的です。 要するに、立ち仕事でふくらはぎがだるい時の対策法は、足の血行を良くすることが重要ということです。 立ち仕事の場合、動きがあまりない状態ですと、筋肉が固まってしまうと同時に「立ちっぱなし」という状態で、足に筋肉疲労を与えるという、 二重の負荷をかけてしまうため、その片方だけでも解消できるよう、1時間に1回程度は意識をして、簡単に足を動かして血行を良くしておくことをお勧めします。 寝れない時は? 中にはふくらはぎがだるくて寝れないという方もいらっしゃるでしょう。 ふくらはぎがだるくて寝れない時の対策法の前に、 寝る前に、足を温めるためにマッサージを行ったり、つぼを押す、アキレス腱を伸ばすなど、出来る対処をしてみてください。 そして寝る時に以下のことを試してみて下さい。 足枕を使って、足を高くして眠る• 着圧が弱いレッグウォーマーなどを着用する• 湿布を貼ってみる• 補正下着など、締め付けの強いものは着用しない ふくらはぎがだるくて寝れない時の対策法は、眠る時に行うだけではなく、日頃からのマッサージでしたり、 適度な運動を心がけることも大切です。 ちょっとした簡単なストレッチや運動をこまめに思い出した時に行う習慣を付けて頂くことが、ふくらはぎのだるさを取り除く方法ですので、寝れないほど痛くなる前に意識して、実践してみて下さい。 ふくらはぎがだるい原因は?【マッサージとつぼが効果的!】のまとめ 疲労からくるふくらはぎのだるさであれば、数日から長くても一週間程度で改善してくことが多いですが、あまり長引く場合には病院にいくことをおすすめいたします。 スポンサーリンク.

次の

ふくらはぎがだるい!そんな悩みを改善する極上セルフケアをご紹介

ふくらはぎ が だるい 肝臓

ふくらはぎがだるいと感じる原因 疲労 ふくらはぎがだるいと感じたときに最も多い原因が疲労によるものです。 普段あまり運動をしていないのに、長時間歩いたりするとふくらはぎがだるく感じることはよくありますね。 他にも、• 長時間の立ち仕事• 長時間のデスクワーク• ランニング• スポーツ などもふくらはぎの疲労の原因となります。 このように、いつも以上にふくらはぎの筋肉を使うと筋肉疲労がたまり、筋肉が縮んで硬くなっていきます。 そして、筋肉が縮んでいるとふくらはぎ周辺の血管やリンパ管が筋肉によって圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなってしまうのです。 このようにふくらはぎでの血液の流れが悪くなってしまった結果、「だるい」と感じてしまうのです。 実はふくらはぎは 「第二の心臓」といわれることがあります。 なぜなら、ふくらはぎは血液を体全身に巡らせるためにとても重要な働きをしているからです。 重力の関係で人間の血流は下半身にたまりやすくなっています。 しかし、ふくらはぎの血液循環を良くするポンプのような機能でたまりがちな下半身の血液を上半身に勢いよく戻してくれるのです。 疲労によってふくらはぎの血流ポンプ機能が低下してしまうと、だるくなったり、むくみの原因となってしまうということです。 冷え ふくらはぎの「だるさ」」は疲労だけでなく、冷えによっても起こります。 特に夏場、エアコンをつけながら足を出して寝ているときなどはふくらはぎが冷え切ってしまいます。 朝にふくらはぎがだるいと感じる場合は、寝ている間にふくらはぎが冷えてしまっている可能性があるのです。 冷えによってふくらはぎがだるくなってしまうメカニズム自体は、先ほど紹介したようにふくらはぎのポンプ機能が低下してしまい血流の巡りが悪くなってしまうことにあります。 冷えによってふくらはぎ辺りの血行が悪くなってしまいだるさを感じてしまうということですね。 ふくらはぎがだるいときに隠れている病気 ふくらはぎがだるいと感じるときは、疲労や冷えだけでなく思わぬ病気が隠れている可能性もあります。 ここでは代表的な3つの病気について紹介していきます。 下肢静脈瘤 下肢静脈瘤とは、足の静脈(血管)がコブのようにふくらんでしまう病気です。 命の危険など重篤な症状につながることはありませんが、痛みを感じたり、かゆくなったりと生活の質を低下させてしまいますので早めに対処していきたいです。 初期症状として、ふくらはぎがだるく感じることがよくあります。 ふくらはぎのだるさの他にも、• 足が痛くなる• 足がむくむ• 足がつりやすい(こむら返り)• 足がかゆくなる などさまざまな症状があらわれるのが特徴です。 ふくらはぎのだるさとともにこのような症状があったら下肢静脈瘤を疑ってみましょう。 また、以下のように下肢静脈瘤で膝の裏側に痛みを感じることもあります。 参考: 下肢静脈瘤は、女性の方が発症しやすいです。 さらに、歳を重ねるごとに発症割合も増えていきます。 また、長時間立ち仕事をしている場合に発症しやすくなるというデータもありますのでこれらの項目に当てはまる方は特に注意していきたいです。 間欠性跛行 あまり聞いたことのない病名だと思いますが、 うまく歩くことができなくなっていく病気になります。 足のだるさのほかに痛みやしびれを感じることも多いです。 また、歩いていてだるさや痛みを感じ、少し休むと治り、また歩くとだるさを感じて・・・と繰り返し症状があらわれるのが特徴です。 このような症状があらわれる場合は、一度整形外科で確認してもらうことをおすすめします。 肝臓の病気 意外に感じるかもしれませんが、肝臓の病気になるとふくらはぎがだるく感じることがよくあります。 肝臓は 「沈黙の臓器」とも呼ばれていて、肝臓が悪くなっても体に異変が起こりにくいのです。 なので、肝臓の病気はかなり悪化してからでないと見つかりにくいのです。 肝臓が悪くなると右側の背中に痛みを感じることがあります。 こちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: おすすめのだるさ解消法 マッサージ・ストレッチ ふくらはぎの筋肉を揉み解すようにしてマッサージすることはとても効果的です。 マッサージすることにより、筋肉の緊張が緩和して血行が促進されるからです。 また、ストレッチにより筋肉が伸びて血行がよくなるという効果もあります。 特に入浴後など血の巡りが良いタイミングでマッサージやストレッチを行うとさらに効果があります。 自分でマッサージをしてもいいのですが、できれば自分はうつ伏せになって誰か他の人にマッサージをしてもらうといいですね。 温める ふくらはぎを温めることによっても、血行が促進されだるさの解消に効果的です。 特に「冷え」が原因でだるいと感じている場合は温めることによって改善されていくことが多いです。 温める方法としては半身浴がおすすめです。 半身浴は美容や健康にも良いですね。 半身浴をすることで血行が促進されたり、汗をかいて新陳代謝が活性化します。 全身浴だと、心臓も浸かってしまい負担がかかってしまいますので、38~40度の温度で30分ほど半身浴をするのがとても良いです。 また、ふくらはぎに温湿布を貼って温めることも効果があります。 まとめ ふくらはぎがだるいと感じてしまう原因や解消法についてお伝えしました。 ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれ体全身の血の巡りを良くしているというのは意外だったのではないでしょうか。 ふくらはぎがだるく感じてしまう根本的な原因は、血の巡りが悪くなってしまうことですのでマッサージや半身浴でふくらはぎの血行を促進させるよう改善していくのが効果的です。 また、ふくらはぎだけでなく足全体のだるさに関してはこちらの記事でお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の