アメリカ マスク。 アメリカでマスクはNG?日本とは違うアメリカのマスク事情

新型コロナに敏感でも、なぜアメリカ人はマスクをかけないのか

アメリカ マスク

新型コロナウイルスの影響でマスクを着用する人が以前と比べて大きく増えたように感じます。 少し前までダイソー等の100円均一で10枚セットで買えていたものがコロナ騒動で一転して転売ヤーに買い占めらて値段が高騰したり、本当かどうかは調べていないので知りませんがアベノマスクが全世帯に配布されることでマスクの価格を吊り上げようと狙ってストックしていた業者が大放出したことで投売り状態になりそうな気配で個人的な感想としてはざまあみろな悲しい笑いです。 商売で利益を出すことは良いことですが人の弱みに付け込んだり本来の流通や生産を細工することで市場を操ろうというやり方は許すべきでありません。 と、ひとしきり愚痴らせて貰いましたが、今回はアメリカでマスクがいまいち普及しない理由についてです。 最近でもアメリカのニュースでアラバマ州のスーパーマーケット店内でマスクを付けないことを注意された女性が、それに応じず騒いでいたら警察にボディスラムをかまされて逮捕された挙句、ついでにマリファナを持っているのが見つかってマリファナ所持の罪も加わるという微笑ましいニュースがあったかと思えば、ミシガン州ではスーパー入店に際してマスク着用を注意した警備員が注意をした相手の家族から撃ち殺されるという痛ましいニュースなどが流れています。 どうもアメリカ人というのはマスクを着用することに抵抗があるようです。 それはトランプ大統領も例外ではなく2020年の4月3日に米疾病対策センターCDCが市民に対してマスク着用の方針を示した際にも「自主的なもので自分はしないだろう」と述べているのを見て、いやいや、おまえは率先して付けないとダメな立場だろうとテレビに向かってツッコんだ記憶があります。 しかし駅などでアジア系の人がマスクを付ける姿に違和感を感じることは無いのですが、やはり欧米の人がマスクを着用している姿を見ると珍しいなと思ってしまうのも事実です。 そこでアメリカのマスク事情なのですが、実はアメリカの州によって反マスク法というものがありマスク着用自体が禁止されている所も存在するようなのです。 理由としては白人至上主義団体「クー・クラックス・ クラン(KKK)」の活動する際に自分の身元が割れないようマスクなどで隠していたものを制限するために制定されたようです。 このように人種差別の問題も絡んでいるのが問題をややこしくしている要因の一つとして存在しておりジョージア州オーガスタ市の市長も「根深い偏見が現実にある。 白人がマスク姿で店に入るのと、黒人が見せに入るのでは全く意味が違う」とワシントン・ポスト紙のインタビューに答えており、逆にイリノイ州のスーパーでは黒人男性がマスクをしていたら警察から注意されたことに反発する動画がアップされたことで反響を呼んだりという出来事もあったようです。 更にはマスクやバンダナで顔を隠すのは昔から犯罪者だという固定観念もあるようで、アメリカで昔気質のテキサス州あたりのおじいちゃんなら「何がマスクだバカ野郎、コロナだかコロ助だか知らねぇけど、昔っからマスクしなきゃなんねえのは、銀行強盗だって相場が決まってんだ。 べらんめい」と向こうの江戸っ子口調で怒る人も多いのかもしれません。 そう考えるとトランプ大統領はどちらかと言うと強いアメリカを復活させようと方針によって動いているので、病気に負けないマッチョなイメージ作りの為、自分は後ろ暗いことをして顔を隠さないといけないような人間ではないというイメージ作りの一環というのも理由であるのかもしれません。 まぁ不倫していたのを元不倫相手に口止め料を払って、しかもそれを自分ではなく弁護士にさせていたというのが表になった時点で十分に後ろ暗いから今更マスクを付けても問題ないんじゃない?と言ってやりたい位なのですが、本人からしたら不倫は文化だから無問題的な認識なのかもしれません。 他にアメリカでは相当な重病者が付けるものであるという意識もあるそうで、単純にマスクを付けていると、自分も病気を移されてはたまらないということで周りにいる人が引いていって悲しくなってしまうというのもあるようです。 マスク一つとっても国によって事情というのは随分と違うものだと思ったので今回はアメリカでマスクがいまいち普及しない理由について書いてみました。 それでは今回この辺で.

次の

アメリカで「マスク着用免除カード」が出回る もちろんフェイクです | ガジェット通信 GetNews

アメリカ マスク

アメリカ人がマスクをつける日 マスク好きのアジア系と違い、アメリカ人はマスクが苦手でした。 ニューヨークでマスクをしている人は、歯医者かお医者様など医療関係者くらいで、ストリートで見かけることは、ほぼありませんでした。 アメリカ人の知人が言う「マスクをしている人=伝染病患者に思えて怖い」が多くのアメリカ人を代表する意見だったのです。 ところが、新型コロナウイルスの噂が1月末から流れ始めて、2月にもなると、ドラッグストアや薬局の商品棚からマスクが消え失せました。 もともとマスクの需要が少なかったアメリカで、急にマスクを買い求める人が増えたためです。 どこのドラッグストアや薬局で聞いても、「ソールドアウト(品切れ)で、入荷も未定」とのこと。 それでも2月後半から3月初旬までは、マスクをかけているのは中国系や韓国系、日系、インド系などのアジア人だけでした。 日系や韓国系の女性は、アジア人に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)が怖くて、マスクを着用するのを恐れていました。 3月7日クオモNY州知事が、新型コロナウイルスの感染拡大(NY州で感染者76名)を受けて、ニューヨーク市を含む州全域に「」を出しました。 それ以降、いつ買っていたの?と思うほど、各人種がさまざまなマスクを着用し始めたのです。 NY市長から「マスク着用」のお達しが出た その後ニューヨーク市はシャットダウンとなり、外出禁止へ。 4月2日にデブラシオNY市長から、下記のような「マスク着用」のお達しが出ました。 Face Coverings(外出時に鼻と口を覆うこと)について ニューヨーク市では、新型コロナウイルスに感染していても自覚症状のない人が感染を広げている可能性があるとして、健康な人であっても外出時には紙や布で鼻と口を覆い、他者とは一定の距離(約2m)を保つこと。 鼻と口を覆うものは、マスクに限らずスカーフやバンダナ、紙でも良く、洗えるものは毎日洗濯をして、乾いたものを使用する。 医療関係者が使用する医療用マスクについては、医療資材が不足しているため、一般人は使用を控えて欲しい。 Face Coverings: Frequently Asked Questions-NYC Health 今やマスクは、NYのトレンドアイテムになった 4月4日現在、10万人を超える新型コロナウイルスの感染者がいるニューヨークでは、市長も推奨するマスクは、トレンドのアイテム。 人種、性別、マスクの好き嫌いを問わず、着用必須です。 ニューヨーク在住の手芸作家が作る、ハンドメイドのマスク そんなトレンドのアイテムですが、マスク嫌いの筆者も「おおお」と思った、気分のアガるマスクをご紹介しますね。 ニューヨーク在住の日本人手芸作家Hirokoさんのハンドメイドのマスクは、なんと手ぬぐいでできております。 和風テイストを取り入れ、カッティングにも工夫を凝らして、オシャレです。 しかも木綿のやさしい肌触りが、ホッとさせてくれます。 洗って使えるのも、嬉しいですね。 NY市長もきっと太鼓判を押してくれることでしょう。 レディース向け レディース向けからご紹介しましょう。 とはいっても、もちろんメンズがつけたって問題ありませんよ。 人気の「にゃんこ」柄。 筆者も欲しかったのですが、あっというまにソールドアウト。 こちらも、「にゃんこ」柄ですが、テイストが違います。 ちょっとモダンな感じ。 これから、耳にかける紐がついて完成。 オーダーが混み合っていて、生産が追いついてないようです。 和風のものなど、違う柄4点。 筆者は右下の「金魚」柄がお気に入り。 大胆な花柄と、メルヘンチックな模様。 椿のハッキリした柄も素敵。 今年は外出禁止令のため、セントラルパークにお花見へ行けないので、桜柄でお花見気分を味わうのも良さそうです。 上はあまり目立つものをつけたくない方向け。 下の野菜柄は、スーパーマーケットに買い物に行くときに。 メンズ向け メンズ向けもありますよ。 レディースがつけても、もちろん素敵です。 なんとも粋なお鮨の柄。 食い意地の張った筆者は、右下のお鮨が特に好き。 サムライテイスト。 上のお鮨柄もそうですが、アメリカ人に人気が出そうです。 購入! 金魚柄のマスクを買いました。 透き通った水中で、金魚がゆらゆら揺れています。 裏を見てください。 こちらも凝っています。 ちょっとジンときてしまいました。 ハンドメイドのマスクが、送料込み(アメリカ国内のみ)で1枚10ドルという、激安価格。 素材は木綿なので、洗って清潔に使えます。 希望者はまで。 残念ながら日本には郵送していませんが、アメリカにお住いの方はぜひどうぞ。 ハンドメイドで量産できないので、お待ちいただくことがありますが、ご承知ください。 マスク特有の「カッコ悪い」「怪しくなる」「気持ちが落ちる」「かわいくない」が吹っ飛ぶ、愛しくなるマスク。 医療用マスクではないので、ご承知の上、ご購入ください。 筆者は紙製のマスクの上につけて、着用しています。 [Photos by Hiroko(複数マスクの写真) & Hideyuki Tatebayashi(マスク1枚の写真)] Do not use images without permission. AREA•

次の

アメリカでマスクをするとヤバイ事態に。日本がおかしい?

アメリカ マスク

新型コロナウイルスに震撼するアメリカで、2月上旬、ニューヨークの地下鉄通路でマスクをかけたアジア人女性が、突然男性の乗客から暴行を受けたという事件を、ニューズウィーク誌が報じた。 その時の動画が拡散しており、暴行の事実は間違いがない。 前後の事情はよくわからないものの、同誌は、ニューヨーク市警が、新型コロナウイルスに関連したヘイトクライムだと疑っていると伝えている。 文字通り人種のるつぼであるニューヨークでは、アジア人だからと言って暴行を突然受けるようなヘイトクライムはめったに聞いたことがない。 従って、新型コロナウイルスに対する脅威が根本にあり、毎日の報道で蓄積された恐怖心に、マスクが火をつけて衝動的な暴力を呼び込んだと受け取るのが正しそうだ。 しかし、長いこと、マスクをする文化が浸透したアジア人、とりわけ私たち日本人にとって、マスクによって憎しみが煽られるというニュースはとてもショッキングだ。 マスクとは東洋の習慣 かつて、、アメリカにおいてマスクの着用はきわめて非日常的な光景だ。 日本と同様、花粉症に悩む人たちはたくさんいるが、彼らは断固として薬による処方に頼っており、マスクをつけるなどということなど発想したこともない。 ドラッグストアのマスクコーナーも日本の10分の1もない。 マスクを見るのは、病院の手術室か、塵が吹き上げる工事現場くらいのものだ。 実はアメリカ人は、基本的にマスクを信じていないのだ。 しかし、その効果を信じないとはどういうことなのかと、彼らの考えは全く理解できない。 ただ文化差違としか答えがないのは実に寂しい。 ネットを見ると、マスクの効用をきちんと紹介している医者のコラムがニューヨーク・タイムズ(2018年)に載っていたりするはする。 一方、それは裏を返せば、ニューヨーク・タイムズが取り上げるほど、それ自体がニュースなのである。 今回の新型コロナの報道でも、テレビでは、「マスクはウイルスにかかった人が周りへの配慮でするもので、予防的につけるものではない」とキャスターははっきりと言い切った。 気になっていろいろ調べてみたが、マスクの効用について、英文で科学的に取り上げた論文はなかなか見当たらなかった。 つまり、マスクとは東洋の習慣、または迷信でしかないという位置づけなのかと、このギャップを悩ましく理解した。 現在、新型コロナウイルスは、アメリカでもトップニュースであるにもかかわらず、私の周りでマスクをしているアメリカ人は1人としていない。 マスクの話をしても、半ば頷いた顔はするものの、じゃあ買いに行こうという人はいない。

次の