シャープ 冷風 機。 扇風機や暖房機にもなる空気清浄機、シャープ「PF

扇風機にも暖房機にもなるシャープ「スリムイオンファン」がお買い得!

シャープ 冷風 機

梅雨時や初夏、秋の長雨の時期など、ジメジメと蒸し暑くて息苦しいときってありますよね。 でも冷房をつけるほどじゃない。 むしろ、冷房をつけると今度は寒くなりすぎてカゼをひきそう……。 そんなときにうってつけの家電がシャープから発売されました。 除湿しながら冷風を吹き出すという画期的な製品です。 これからの季節にきっと欲しくなるんだろうなあ、なんて自分の物欲に話しかけながら説明会に参加してきました。 シャープの除湿機は、前面から冷風を送り出す 一般的な除湿機は背面から室内の空気を吸い、除湿したあとの乾いた風を室内に放出したり、洗濯物に当てて衣類を乾かしたりしますが、シャープが3月20日に発売したプラズマクラスター除湿機「コンパクトクール CM-J100」(実売価格5万3870円)はちょっと仕組みが異なります。 まず、本体横から取り込んだ室内の空気から熱と水分を取り除き、水は内部のタンクに貯めます。 熱は背面の排気口から排出し、熱を奪った冷たい空気を前面上部の吹出口から送り出すのです。 本機は真夏の暑い日に外出から帰宅してエアコンが効くまでの間のスポット冷房に使えるほか、料理中のキッチンやお風呂上がりの脱衣所など、エアコンの冷房が届きにくく湿気があるところでも活躍するはず。 ただ、本体後ろからは暖かい風が出てきますので、締め切った部屋では逆に室温が上がるので注意しましょう。 例えば、背面からの温風が逃げられるよう、脱衣所のドアを開けたり、キッチンでも勝手口を少し開けたり、といった工夫が必要ですね。 1%の冷風が出ているのがわかります さすがシャープ!除湿機なのに消臭や付着カビ菌の抑制も もちろん、衣類乾燥機および除湿機としてもしっかりと機能します。 衣類乾燥時間は2kgで約120分です。 なお、背面にホースを取り付けることができるので、お風呂場の除湿など湿気の多い場所での連続運転も可能。 また、プラズマクラスター7000を搭載しており、衣類乾燥時の衣類の生乾き臭の消臭、壁・カーテンなど付着カビ菌の増殖を抑えるといった効果が期待できます。 つまり、本機は「冷風」「衣類乾燥」「除湿」「消臭」といった1台4役の機能を備えているわけですね。 5kg。 消費電力および1時間あたりの電気代目安は(50Hz)、衣類乾燥が250W・約6. 8円、除湿が245W・約6. 6円、冷風が245W・約6. 6円です。

次の

シャープ、冷風機能でちょっと涼みたいときに便利な1台4役の除湿機

シャープ 冷風 機

Joshin 試用レポート 冷風機能を備えた1台4役の除湿機 シャープ 冷風・衣類乾燥除湿機 CM-J100-W 今年の夏は暑くなるのか?と半信半疑でしたが、2019年5月、異例の猛暑日によって一足早い夏を観測した日本列島。 エアコンを置けない場所や、脱衣所、部屋干しを行う場所にオススメです。 ライター:キン• シャープ 冷風・衣類乾燥除湿機 CM-J100 シャープの象徴とも言えるプラズマクラスターのマークがワンポイント入ったボディ。 ボディの見た目とデザインは、他のシャープ製の除湿機とあまり変わらず、キャスターでコロコロ転がして部屋から部屋へと運べます。 天面部を見てみましょう。 吹き出し口のルーバーは前面から風が出るよう配置されています。 その後ろにある操作パネルには、ルーバーの角度調整や、冷風・衣類乾燥・消臭モードへの切り替え、切タイマーなどの設定ボタンが並びます。 ボタンもシンプルで、冷風への切替もわかりやすく、カンタンに操作が行えます。 5kg 除湿方式:コンプレッサー式 側面のフィルター エアコン等があれば冷風機能はいらないと感じられるかもしれませんが、意外とエアコンが置けない部屋や場所って多いと思います。 夏場はとくに、台所が暑くなったり、エアコンの無い通路に面した脱衣所などに熱気がこもりがちです。 そういった場所で、一時的、スポット的に冷風を取り入れられる機能がある、衣類乾燥除湿機というのは「あって良かった」「意外と重宝するなぁ」と思ってもらえる機能です。 他メーカーからも同じジャンルの商品は出ており、遂にシャープも参入した冷風機能付き除湿機。 消臭力に定評のあるプラズマクラスターも搭載しておりますので、これからのジメジメした季節の衣類乾燥にはもちろん、洗いにくいスーツの消臭にも1役買います。 1役というか…、冷風・衣類乾燥・除湿・消臭と、これ1台で4役買います! 暑くなってくるこれからの季節。 お家の1室に、CM-J100はいかがでしょうか? 2019. 19 キン.

次の

シャープの空気清浄機のおすすめ品はこれ!人気ランキング10選♪

シャープ 冷風 機

ダンパーで風路を開閉して冷風を吹き分ける! 除湿機にはコンプレッサー式、デシカント式、ハイブリッド式という除湿方式がありますが、コンパクトクールはエアコンの除湿運転と同じコンプレッサー式を採用。 コンプレッサーで圧縮されて高温になった冷媒で熱くなった「放熱器」と、膨張させて低温になった冷媒で冷やされた「冷却器」が搭載されており、本体に吸い込まれた湿気を含む空気が冷却器で熱を奪われることで結露し、湿気を水滴にすることで取り除きます。 熱を奪われた空気は冷たくなりますが、放熱器を通る際にほどよい温度となって吹出口から放出されるため、室温はそれほど変わりません。 この基本的な仕組みはそのままに、冷却器と放熱器の風路をダンパーで2つに分け、冷風を前方へ、暖風を後方へと吹き分けて排気するのがコンパクトクールの冷風運転です。 反対側からは暖風が出ていることもあり、部屋全体を冷やすことはできません。 お風呂上りに脱衣所で、除湿しながら冷たい風を浴びて涼むような使い方をするものと思っておきましょう。 市場想定価格は5万円前後で、2019年3月20日発売予定 冷風で涼みたい時には、天面のスイッチをスライドさせるだけ 冷風運転にすると風路にあるダンパーが閉じ、暖かい空気が前側から出るのをシャットアウト。 冷風運転にすると、後方から勢いよく風(暖風)が吹き出します。 冷房運転中に前後の吹出口からどのくらいの温度の空気が出ているのかを測定してみたところ、後ろ側は32. 5kgありますが、キャスターが付いているので移動も比較的にラクに行えます 除湿された水が溜まるタンクには取っ手が付いているので、水の捨てやすさは上々。 タンク容量は約2. ひとつは、上下にスイングする角度が上向きと広角で選択できること(下の動画参照)。 冷風運転で体の広い範囲に風を届けたい時は広角でスイングさせ、洗濯物を衣類乾燥させる際は上向きでスイングさせると効率がいいでしょう。

次の