河井案里父。 「河井案里に3人のセフレ」と新潮報道 他誌は現金握らされ、スルー!? (2020年5月2日)

河井克行

河井案里父

名前 河井 案里(かわい あんり) 生年月日 1973年9月23日 出身地 宮崎県延岡市 出身校 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了 出会いや馴れ初めは不明ですが、 お互いに慶應義塾大学出身ですし、同じく自民党の政治家として活躍されていますので、 おそらく職場で出会って意気投合し、交際に発展したのだと思います。。 また、 子供に関しては情報がありませんね。。 子供がいないのか、、、 それとも子供のことは公表していないのか。。。 また、 河井案里(あんり)さんの公式サイトには、 『家族 夫(河井克行)』としか表記されていないため、 子供はいないのかもしれません。 昭和38年 広島県生まれ 昭和56年 広島学院高等学校卒業、慶応義塾大学法学部政治学科入学 昭和60年 同大学卒業後、財団法人松下政経塾に第六期生として入塾 昭和63年 米国オハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生 平成2年 同塾卒業 平成3年 広島県議会議員選挙、初当選〔広島市安佐南区〕 平成8年 衆議院議員総選挙、初当選〔広島県第三区選挙区〕 平成15年 衆議院議員総選挙、二期目当選〔比例中国ブロック〕 平成16年 外務大臣政務官に就任【第二次小泉内閣】 平成17年 衆議院議員総選挙、三期目当選〔広島県第三区選挙区〕、外務大臣政務官に再任【第三次小泉内閣】、自由民主党国会対策副委員長に就任 平成18年 自由民主党国防部会長に就任 平成19年 法務副大臣に就任【第一次安倍改造内閣】、法務副大臣に再任【福田内閣】 平成20年 自由民主党副幹事長に就任 平成21年 衆議院議員総選挙、四期目当選〔比例中国ブロック〕、自由民主党国会対策副委員長に就任 平成23年 自由民主党組織運動本部地方組織・議員総局長に就任、衆議院外務委員会筆頭理事に選任 平成24年 自由民主党副幹事長に就任、衆議院議員総選挙、五期目当選〔広島県第三区選挙区〕、衆議院外務委員長に選任 平成25年 自由民主党総務会副会長に就任 平成26年 衆議院議員総選挙、六期目当選〔広島県第三区選挙区〕 平成27年 内閣総理大臣補佐官に就任【第三次安倍改造内閣】 平成28年 内閣総理大臣補佐官に再任【第三次安倍第二次改造内閣】 平成29年 自由民主党総裁外交特別補佐に就任、衆議院議員総選挙、七期目当選〔広島県第三区選挙区〕 平成30年 自由民主党総裁外交特別補佐に再任 令和元年 法務大臣に就任【第四次安倍第二次改造内閣】 引用元 そして、 河井克行さんの現在の仕事は以下になります。 河井克行の評判を調査!! 河井克行さんの評判に関してですが、 過去に 『パワハラ』と 『セクハラ』の疑惑を週刊誌でスクープされていますね。。 週刊誌のスクープによると、 河井克行さんの評判は非常に悪いもので、、、 河井克行さんの元から離れたスタッフは200人を超えるのだとか。。。 週刊誌のスクープだけ見ると、 パワハラとセクハラのオンパレードですので、 業界での評判はかなり悪そうですね。。 河井克行法相の妻で、今年7月の参院選で初当選した自民党の河井案里参院議員の陣営が、参院選で車上運動員(ウグイス)に法定上限を超える報酬を支払った疑いがあると、31日発売の週刊文春が報じます。 — 毎日新聞 mainichi これが事実だとすれば 『公選法違反の運動員買収』にあたるとして、 大きな問題となっています。。。 そして、 河井克行法務大臣は『事実確認を調査していく』と言いつつ、 2019年10月31日に辞表を提出していますね。。。 【河井法相が辞表提出】 河井克行法相は、首相官邸で記者団に「(安倍首相に)辞表を提出し了解してもらった。 国民の法務行政への信頼が停止してしまうと考え、妻と相談の上、今朝決断した」。 疑惑については「今後調査して説明責任を果たしていく」と語った。 スポンサードリンク まとめ 河井克行法務大臣は、 学歴も経歴も素晴らしいものがあります!! まさに、 『THE エリート』といったような経歴の持ち主ですよね。。。 しかし、 残念ながら政治家としての評判は悪く、 週刊誌のスクープを見ると、衝撃的な内容が書かれています。。。 もちろん、 事実無根である可能性もありますが、 それに加えて、結婚相手の奥様である河井案里参院議員にウグイス嬢に法定額を超える日当を支払っていた疑惑も浮上していますので、 夫婦揃って、評判が良いとは言えません。。。 二人ともに、 今後の去就が注目されますね。。。

次の

案里氏秘書、運動員13人の買収容疑で捜索 連座制焦点:朝日新聞デジタル

河井案里父

広島の選挙スキャンダルとポスト安倍問題 簡単に言えば、本来は1日1万5,000円しか払ってはいけない「ウグイス嬢のギャラ」について、倍額の「3万円」を払ったということで、自民党の河井案里参院議員はスキャンダルの渦中にいるわけです。 1月20日には、議員事務所が公職選挙法違反容疑で広島地検の家宅捜索を受けたことが報じられました。 この間に議員活動を行わずに雲隠れしていたり、適応障害という診断で入院していたなどということも含めて、改めてネットの世界は「税金泥棒」だとか、「どうして議員辞職しない」といった批判が集中しています。 ちなみに、河井議員は記者団の取材に応じ、「政治不信を招いていることを深くおわび申し上げたい。 捜査の進展を見ながら、区切りがついたところでしっかり説明をさせてほしい」と強調したそうです。 もう一つ大きなエピソードとしては、この問題はダンナの河井克行衆議院議員にも飛び火しています。 克行議員の方は、2019年9月の内閣改造で法務大臣になっていますが、この妻のスキャンダルのために2ヶ月でクビになっています。 この克行議員の方も、妻と一緒に雲隠れするなど報道陣を避けていましたが、20日には、国会に登院し、記者団の質問に答えています。 と言ってもそんなに内容のあるコメントを出したわけではなく「刑事事件という性質上、捜査に支障を来してはならない。 (説明は)控えたい」とか、「しっかりと国会議員としての責務を果たしていきたい」と述べています。 こうした一連の行動について克行議員に対しても批判が強まっています。 この問題、詳しく見てゆくと2つの点が浮かび上がって来ます。 まず大前提としては、「悪人である案里候補が、悪い選挙違反をやった」ので、「その夫の克行議員も含めて悪い」だから、この2人を抹殺すればいいという話では「ない」ということです。 1点目は政治的な背景です。 問題は、2019年7月の参院選に戻ります。 この参院選で案里議員は初当選したのですが、その選挙の構図がよく分かる記事が、まだ残っています。 例えば、公示前の2019年5月12日の産経新聞(電子版)には次のような解説が出ています。 夏の参院選の広島選挙区(定数4=改選数2 をめぐり、自民党内で亀裂が深まっている。 現職の溝手顕正氏(76)と新人の河井案里氏(45)の2人による票の奪い合いとなるためだ。 広島は溝手氏を含め岸田文雄政調会長率いる岸田派(宏池会)国会議員6人(当時)を抱える「宏池会王国」。 河井氏は菅義偉官房長官らとの近さを演出し、岸田、菅両氏の代理戦争の様相も呈している。 というのです。 同じ記事では、この「代理戦争」について 「一票たりとも回すな」。 溝手氏は周囲にこう訴え、陣営の引き締めを図っている。 とか、 岸田氏は、2人目の擁立は受け入れたものの、周囲には「おれは宏池会会長だ」と語り、河井氏の支援には消極的だ。 「溝手陣営にいじめられている」。 河井陣営はこう強調し、独自の人脈を使って活路を見いだす構えだ。 などという刺激的な描写がされています。 もっと恐ろしいのは、同じ記事ですが、 党広島県連HPに溝手氏のHPを表示するバナーはあるが河井氏はない。 県連は3月に支援を溝手氏に一本化することを決めた。 河井氏が県内の団体を訪れても門前払いされるケースがあるという。

次の

自民・河井案里参院議員、国会欠席 「適応障害」→夫婦揃って恥をさらさないでください

河井案里父

広島の選挙スキャンダルとポスト安倍問題 簡単に言えば、本来は1日1万5,000円しか払ってはいけない「ウグイス嬢のギャラ」について、倍額の「3万円」を払ったということで、自民党の河井案里参院議員はスキャンダルの渦中にいるわけです。 1月20日には、議員事務所が公職選挙法違反容疑で広島地検の家宅捜索を受けたことが報じられました。 この間に議員活動を行わずに雲隠れしていたり、適応障害という診断で入院していたなどということも含めて、改めてネットの世界は「税金泥棒」だとか、「どうして議員辞職しない」といった批判が集中しています。 ちなみに、河井議員は記者団の取材に応じ、「政治不信を招いていることを深くおわび申し上げたい。 捜査の進展を見ながら、区切りがついたところでしっかり説明をさせてほしい」と強調したそうです。 もう一つ大きなエピソードとしては、この問題はダンナの河井克行衆議院議員にも飛び火しています。 克行議員の方は、2019年9月の内閣改造で法務大臣になっていますが、この妻のスキャンダルのために2ヶ月でクビになっています。 この克行議員の方も、妻と一緒に雲隠れするなど報道陣を避けていましたが、20日には、国会に登院し、記者団の質問に答えています。 と言ってもそんなに内容のあるコメントを出したわけではなく「刑事事件という性質上、捜査に支障を来してはならない。 (説明は)控えたい」とか、「しっかりと国会議員としての責務を果たしていきたい」と述べています。 こうした一連の行動について克行議員に対しても批判が強まっています。 この問題、詳しく見てゆくと2つの点が浮かび上がって来ます。 まず大前提としては、「悪人である案里候補が、悪い選挙違反をやった」ので、「その夫の克行議員も含めて悪い」だから、この2人を抹殺すればいいという話では「ない」ということです。 1点目は政治的な背景です。 問題は、2019年7月の参院選に戻ります。 この参院選で案里議員は初当選したのですが、その選挙の構図がよく分かる記事が、まだ残っています。 例えば、公示前の2019年5月12日の産経新聞(電子版)には次のような解説が出ています。 夏の参院選の広島選挙区(定数4=改選数2 をめぐり、自民党内で亀裂が深まっている。 現職の溝手顕正氏(76)と新人の河井案里氏(45)の2人による票の奪い合いとなるためだ。 広島は溝手氏を含め岸田文雄政調会長率いる岸田派(宏池会)国会議員6人(当時)を抱える「宏池会王国」。 河井氏は菅義偉官房長官らとの近さを演出し、岸田、菅両氏の代理戦争の様相も呈している。 というのです。 同じ記事では、この「代理戦争」について 「一票たりとも回すな」。 溝手氏は周囲にこう訴え、陣営の引き締めを図っている。 とか、 岸田氏は、2人目の擁立は受け入れたものの、周囲には「おれは宏池会会長だ」と語り、河井氏の支援には消極的だ。 「溝手陣営にいじめられている」。 河井陣営はこう強調し、独自の人脈を使って活路を見いだす構えだ。 などという刺激的な描写がされています。 もっと恐ろしいのは、同じ記事ですが、 党広島県連HPに溝手氏のHPを表示するバナーはあるが河井氏はない。 県連は3月に支援を溝手氏に一本化することを決めた。 河井氏が県内の団体を訪れても門前払いされるケースがあるという。

次の