退職 メール。 退職時の挨拶メールはこれで完璧!【社内・上司・社外】別に例文有!

取引先への退職挨拶のメール|例文を活用して去り際まで丁寧に【個別&一斉】

退職 メール

・送信のタイミング ・メールの文面 ・一斉送信か個別送信か ・メールと別に挨拶に伺うか まずは退職をオープンにしていいかどうかは、上司と相談する必要があります。 さらに、とくにお世話になった取引先の方や上司については、メールと合わせて挨拶に伺った方が無難でしょう。 次の項目から具体的なマナーや注意点を解説するので、参考にしてください。 退職メールを送る際のマナー・注意点 退職が決まった時、いつ頃挨拶に伺えばいいのか、またメールはどのタイミングで送ればいいのかわからない人も多いでしょう。 ここから4つのポイントで解説しますので、参考にしてください。 社外へのメールは退職の2〜3週間前に送る 上司と相談し、退職の旨を公表してもいいタイミングが来たら、まず社外の取引先から退職メールを送信していきましょう。 社外へ知らせるタイミングの目安は 退職の2〜3週間前です。 なぜここまで早めに挨拶を済ませた方がいいのかと言うと、後任への引き継ぎをスムーズに行わないといけないからです。 ギリギリで退職を報告して引き継ぎがうまくいかないと、取引先からの印象が悪くなり、所属していた会社の信用、そして退職するあなたの今後の信用も低くなる可能性があります。 「退職したから関係ない」というわけにはいきません。 特に退職して同じ分野で働き続ける場合やフリーランスとして独立する場合は、前職からの信用が重要となる場面もあります。 「立つ鳥跡を濁さず」という言葉もあるくらいですから、引き継ぎがきちんと行えるよう早めの報告を心がけましょう。 後任が誰なのかを伝える 社外へ送信する退職メールには、あなたの後任が誰なのかも伝える必要があります。 また後任と共に取引先に出向いて挨拶に伺うケースもあるでしょう。 そのような場合は、まず退職の旨をメールで伝えて、挨拶に伺う日程を先方に伺うと良いです。 引き継ぎがスムーズにできれば、会社だけでなくあなた自身の信用も高められるでしょう。 有給消化したまま退社する場合は最終出社日を伝える 有給消化などで退社日より前に最終出社日になる場合は、念のため最終出社日を伝えておくとよいでしょう。 取引先とあなたの間で連絡が必要な内容について、取引先も最終出社日までに終わらせるようスケジュールを組めるので親切です。 しかし会社によっては、1週間前に送信すべきなどのルールがある場合もあります。 同僚や先輩に退職の旨を報告した際に、慣例を尋ねてみるといいでしょう。 送信相手が多い場合は一斉送信でもOK 退職の挨拶メールを送信する人数が多い場合、一斉送信でも構いません。 失礼にあたるかも、と思う人もいるかもしれません。 そのような場合は、 とくにお世話になった人に対しては挨拶周りをしたり個別にメールを送ったりして対応しましょう。 メールの宛先に注意 一斉送信の場合、送った相手に他の人のアドレスがわからないようにするといった配慮が大切です。 必ず届けたい人はCCではなく、BCCで送付しましょう。 退職の挨拶メールを送られた人同士のアドレスがわからないようにすることもマナーです。 上司には個別に退職の挨拶メールを送る 先ほども少し触れましたが、 特にお世話になった上司に対しては、個別にメールを送ると感謝の気持ちが伝わりやすいです。 最終出勤日に一斉送信メールを送った後に個別メールを送ると、「これは自分に対して送られている」と思ってもらえます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 そのまま使える退職メールの例文 では実際に使える退職メールの例文を紹介します。 4つのパターンがありますので、あなたに合った文例を参考にしてください。 一斉送信で送る退職メール例文 社内向けに一斉送信で退職メールを送る際は、シンプルな内容を心がけましょう。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでの挨拶にて失礼いたします。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、皆様から温かい叱咤激励の言葉が励みとなり、多くのことを学ばせていただきました。 この会社で得た経験を、今後も活かしていきたいと思っております。 退職後の連絡先は下記になります。 今後ともご連絡いただけると幸いです。 大変お世話になり、本当にありがとうございました。 なお、本メールに返信は不要でございます。 上司へ送る退職メール例文 お世話になった上司へは、一斉送信メールと合わせて個別にメールを送るといいでしょう。 この度、一身上の都合により退職する運びとなり、本日が最終出社日となりました。 在籍中、至らぬ点が多々あったかと思います。 いつも温かい叱咤激励をいただき、本当にありがとうございました。 今後も会社で学び得た経験や知識を活かし、邁進していく所存です。 大変恐縮ではございますが、こちらのメールをもちまして、退職のご挨拶とさせていただきます。 退職後の連絡先は下記になります。 今後ともご連絡いただけると幸いです。 大変お世話になり、本当にありがとうございました。 社内の同僚に送る退職メール例文 社内の同僚に送るメールの例文です。 親しい方への感謝の気持ちを伝えましょう。 この度、一身上の都合により退職する運びとなり、本日が最終出社日となりました。 至らぬ点が多々あったかと思いますが、皆様からの温かい叱咤激励のお言葉いただき、ここまで成長させていただきました。 今後も会社で学び得た経験や知識を活かし、邁進していく所存です。 大変恐縮ではございますが、こちらのメールをもちまして、退職のご挨拶とさせていただきます。 退職後の連絡先は下記になります。 今後ともご連絡いただけると幸いです。 大変お世話になり、本当にありがとうございました。 社外の取引先へ送る退職メール例文 社外の取引先へ退職メールを送る際は、あなたの後任についても伝えましょう。 本来であれば直接ご挨拶に伺うところですが、メールでのご連絡となりますことお詫びいたします。 訪問の挨拶に向かう際のメール文 後日後任社員と挨拶に伺う場合は、先方へ日程を尋ねる内容を盛り込むといいでしょう。 本来であれば直接ご挨拶に伺うところですが、メールでのご連絡となりますことお詫びいたします。 以下日程ですと、ご都合はいかがでしょうか。 引き継ぎが滞りなく行えるよう準備を進めて参りますので、今後も変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 この記事のハッシュタグ• 取引先には電話で一報入れるのも良い方法 取引先の中で、頻繁に顔を合わせていたり、 長く取引が続いていた相手には電話でも一方入れておくのがおすすめです。 メールだけでも問題ありませんが、それでは簡素過ぎると感じた場合、電話も使うと良いでしょう。 足を運べる距離にある取引先なら、直接挨拶をしに行くほうが無難です。 しかし遠方の取引先であれば、電話を使って感謝の意を伝えましょう。 さいごに 退職の挨拶はメールで済ませても問題ありません。 しかし社外の取引先であれば引き継ぎのことを考えて余裕を持って伝えたり、とくにお世話になった上司には個別メールを送ったりするのも大切です。 今回紹介した文例を参考に、お世話になった人へ感謝の意を伝えましょう。

次の

メールだけで退職したい!上司に退職メールを送る時の例文と注意点を紹介

退職 メール

気になる項目をクリック• 1.上司にメールで退職する意志を伝えるのは法律上OK 結論から申し上げてしまうと、メールで退職の意志を伝えることは、 法律的に問題ありません。 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 (引用:) 上記の民法第627条によると、雇用期間が定められてない社員の退職は、2週間前までに申し出ることで会社の都合に関係なく認められることが明記されています。 そして退職を申し出る方法については、法律で指定されていません。 仮に就業規則に、「契約解消の申し入れはメールで伝えてはならない」などの記述があったとしても、法的に責任を問われることはありません。 しかし、ビジネスマナーとしては退職の意志を直接伝えることが一般的。 出来る限り、上司と対面している時に伝えるようにしましょう。 2.一般的な退職の流れ 「退職の意思は直接伝えた方がいいのはわかったけど、その後の流れがわからない」 この記事を読んでいる方たちの中で、上記のようなことを考えている方も多いのではないでしょうか。 そのためこの章では、 一般的な退職の流れについて紹介します。 【注意点】• 上司に退職を伝えるまでは、同僚に言わないようにしましょう• この時に注意することは、 退職相談のための面談だと伝えないこと。 「退職」という言葉を使ってしまうと上司に身構えられたり、その場で考え直すように言われてしまう可能性があります。 そのため、「折り行って話したいことがあるのですが、何時頃なら都合がよいでしょうか」などのように伝えるようにしましょう。 【補足】面談を依頼する時のメール例文と件名 営業職で外に出ていたり、出張していたりした場合、面談の相談をすることが難しいですよね。 そのような場合、 メールを使って上司と面談の相談をしましょう。 以下で、面談の相談をする場合の例文と件名を紹介していますので、参考にしてください。 退職理由• 退職した後の予定• 引き継ぎの期間や方法• 退職届も、郵送やメールではなく直接渡すことがマナーです。 病気や出張などの理由で出社できない場合など、 特別な理由がない限りは上司に手渡しするようにしましょう。 退職届を提出したら、自分が担当していた仕事の引き継ぎ作業を行います。 次の担当者と一緒に客先へ挨拶に行ったり、情報を共有したりなど、後任者の負担がなるべく軽くなるよう心がけましょう。 また、退職する際にはお世話になっていた取引先や社内の人に向けて挨拶メールを送るのが一般的。 「」にて詳しく説明していますので、こちらも参考にしてください。• 件名:退職のお願い 〇〇部長 お疲れ様です。 〇〇です。 休暇をいただき、ご迷惑をおかけしております。 突然の申し出となってしまうのですが、体調不良の理由により(時期)で退職させていただきたくメールを差し上げました。 メールでのご連絡となりますことをお詫び申し上げます。 これまで至らない私をご指導いただき、大変感謝しております。 誠に身勝手ではありますが、退職をご了承いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。 どうしても辞められないのなら「退職代行サービス」を利用してみよう 「上司が退職を承認してくれない」「メールを打つ気力も残っていない」 上記のように悩んでいる場合、退職代行サービス「」を利用することをおすすめします。 EXITは、利用者の代わりに会社へ退職の連絡をしてくれるサービスです。 確実に退職したい人は、是非とも利用することを検討してください。 運営会社 EXIT株式会社 問い合わせ方法 LINE・電話 問い合わせ対応時間 平日(深夜・休日も一部対応) 利用料金 アルバイト:30,000円 正社員・契約社員:50,000円 支払い方法 銀行振り込み・クレジットカード 公式サイト 詳しくは「」をご覧ください \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/• 基本はお世話になった人全員に送る 仕事をしていたら、毎日多数の人と関わりますよね。 同じ部署の同僚や先輩、他部署で関わってきた人たち、直接の上司や部長、取引先など… あまり関わりがなかったとしても、 仕事上関わったことのある全ての人に送るべきです。 退職メールを一斉送信しても良い? 挨拶メールは、直接行う挨拶の代わりに送るものなので、個別に文章を作って送ることが理想的です。 しかし、大企業に勤めている方の場合、送付先が100人を超してしまう場合も珍しくありません。 全ての人に個別のメールを作成することが難しい場合であれば、 一斉送信をしても問題ありません。 一斉送信をする場合、宛先の一覧がわからないよう送りたい人のメールアドレスを、ccではなくbccに入れるよう注意しましょう。 【社内向け】退職の挨拶メール文例と件名 ここでは、 社内の人たちに向けた挨拶メールの例文を紹介していきます。 社内向けの退職の挨拶メールを書く時の注意点は、以下の5つです。 このたび、一身上の都合により〇月末で退社することとなりました。 本来ならば直接伺ってご挨拶をすべきところ、メールでのご連絡となり申し訳ございません。 在籍中は多くの方々に大変お世話になりました。 至らぬ点もあったと思いますが、さまざまなことを学ばせていただきました。 ご迷惑をかけましたが、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき感謝しております。 今後の連絡先を記載しておりますので、何かありましたらお気軽にこちらへご連絡をいただけると幸いです。 今まで、本当にありがとうございました。 【社外向け】退職の挨拶メール例文と件名 ここでは、社外の人たちに向けた挨拶メールの例文を紹介していきます。 社外への退職メールは、社内へ送るメールとは違い 会社の信用を失わないように注意する必要があります。 そのため、退職時期や後任者などについて明記する必要があります。 社外向けの挨拶メールを書く時の注意点は、以下の3つです。 件名:退職のご挨拶(会社名・名前) 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 株式会社〇〇 〇〇です。 私事で大変恐れ入りますが、一身上の都合により〇月末実をもちまして退職することになりました。 在職中、〇〇様に大変お世話になりましたことを心よりお礼申し上げます。 本来であれば直接お伺いしてご挨拶をすべきところ、メールでのご連絡になりましたことをお詫び申し上げます。 今後は、同じ支社におります〇〇が引き継がせていただきます。 末筆ではございますが〇〇様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てをよろしくお願いいたします。 まとめ 上司に退職メールを送る時の注意点や、挨拶メールなどについてまとめてきました。 もう一度結論を振り返ると、以下のようになります。

次の

「退職の挨拶メール」マナーと書き方!社内・社外への例文も紹介

退職 メール

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の