木立 性 ベゴニア。 木立性ベゴニアの魅力

ベゴニアねっと

木立 性 ベゴニア

ベゴニアはオーストラリア以外の熱帯、亜熱帯地域が原産の花です。 園芸品種はおおよそ10,000種を越えるとされています。 品種で違いはありますが多くは1年中咲く花とされていて、毎年花がつく多年草です。 花の色は赤、白、黄、オレンジ、ピンク、紫などがあります。 葉がハートの形に似ていて、アシンメトリー 左右非対称 なのが特徴です。 花言葉は「愛の告白」「片想い」という意味を持っており、告白する相手へプレゼントする花とも言われています。 ベゴニアはガーデニングをする人たちには、とても人気がある花です。 比較的丈夫で育てやすい花なのでガーデニング初心者にも育てるのに向いている花です。 ベゴニアの種類や育て方などご紹介します。 ベゴニアの挿し木は「天挿し」と「管挿し」の2通りがあります。 天挿しは花びらに近い茎を使い、管挿しは下の方の茎を使って挿し木をします。 挿し木をして花株を増やします。 挿し木の時期は4月から6月もしくは9月から10月が適しています。 状態の良い茎を探して、長さを約15センチから20センチに切り取ります。 茎と茎の間の葉の芽を取り除いて葉を3枚程度残して、その葉を横半分に切り取りをします。 葉の表面積を小さくして水分の蒸発を防いで根が出やすくするようにします。 切り取った茎を水に2時間くらい浸けたら水あげをして、茎の下の切り口に発根剤を塗布します。 土に割り箸などで穴を開けて、葉目がひとつ埋まるくらいに茎を挿し込みます。 その後は直射日光を避けた置き場所で根が出るまで水を切らさないように育てます。

次の

【ベゴニアの育て方】切り戻しや挿し木の方法は?冬越しは室内?

木立 性 ベゴニア

そういえば気づかなかったのですが 日記のアクセスが5000超えてました。 いつもありがとうございま~す。 「ヤヨイの雰囲気の葉で観葉としても価値ありです^0^」 へえ~、そうなんだ~ そういわれてみれば、よく見ると良い葉の形してるよ。 それほど意識せずに普通に育ててたのに、 なんか見直しました。 いつもはベランダ 昨日の夜はテレビ見てるうちに いつのまにか寝ちゃってたので、日記書けなかったな~ 特に毎日更新にこだわってるのではないので いいんですけどね・・・ 今日はどんよりじっとりの雨模様です。 車を持ってない私は雨が降ると動けないので おとなしく園芸作業に勤しみましょう。 ところで、 真夏に向けて大問題が・・・ 蒸し暑くなってくるとやっぱり エアコンが必需品になってきます。 そこで問題なのはエアコン室外機の前スペース。 今までは使ってなかったエアコンをつけると 暖風が吹き出すので、室外機の前に苗を置きたくない。 となると、 ベランダの苗を置けるスペースがすご~くせまくなるのです。 思いきって苗を北側にでも移動させようか、、、 さあ、どうしましょう・・・ 室外機の上のサーモンライト(木立性).

次の

木立ベゴニアの剪定方法

木立 性 ベゴニア

越冬中は、室内の日当たり。 【補足】耐陰性があり、日陰でも耐えるが、花付きが悪くなる。 水やり 生育期は、土の表面が乾けば与える。 越冬中は、ごく控えめに。 【補足】病気のもとなので、雨に当てない。 肥料 4月上旬~7月上旬と、9月上旬~10月下旬に、7~10日に一度の液肥、または固形肥料の置き肥。 植え替え 4月中旬~7月上旬か、9月上旬~10月上旬 春のほうがよい。 整姿 矢竹型の種類は、支柱を立てないと不安定になり、倒れやすい。 伸びすぎたら、生育期に、腋芽のすぐ上で切り戻す。 繁殖 【挿し芽】4月中旬~7月上旬か、9月上旬~10月中旬。 水挿しも可能。 開花した節からは新芽が出ないので、挿し穂を採る位置に注意。 【タネまき】4月中旬~5月下旬 土はかけない。 耐暑性 わりと強いが、真夏は生育が鈍る。 ベゴニアの仲間のうち、茎が立ち上がり、木のような形に育つものを「木立性ベゴニア」と呼ぶ。 「木立」と付くが、もちろん、木ではなく草である。 花も葉も美しく、観賞価値が高い。 形状によって、茎が長く伸び、あまり分枝しない「矢竹型」、よく分枝してこんもり茂る「叢生型」、茎がつる状に伸びて下垂する「つる性型」、茎葉が肥厚し、多肉質になった「多肉型」の四系統に分かれる。 このうち一般的なのは、矢竹型と叢生型の品種である。 つる性型は、吊り鉢に向く。 多肉型はあまり流通しておらず、マニア向き。 なお、別ページで解説済みの「ベゴニア・センパーフローレンス」は、叢生型の木立性ベゴニアの一種である。 大変品種が多く、葉の形や模様、草丈、花色は千差万別である。 品種によって、春~初夏に咲く一季咲き種と、温度さえあればいつでも咲く四季咲き種に分かれる。 出回り量が多いのは後者。 矢竹型の「そよ風」、叢生型の「ティー・ローズ」、つる性型の原種ソラナンテラ、「フラグラント・ビューティー」などは、この仲間としては珍しく、花にかすかな芳香がある。 「ドラゴンウィング」シリーズは、アメリカで改良された、叢生型の木立性ベゴニアである。 タネからでも作りやすく、性質が丈夫。 花期も長い。 種類によっては、きわめて花付きの悪いものがある。 例、つる性型の原種、アルゼンチンspなど。 そのような種類は観賞植物と割り切る。 雌雄異花。 先に咲く雄花は早く落ち、花柄が伸張・分枝を繰り返す。 最後に雌花が咲き、美しい花房が完成する。 その性質上、株の周囲は、落ちた花で常に散らかりがち。 注意点・病害虫• 種類によっては、短日条件で花芽を形成する。 夜間に照明がある場所に置かない方が無難。 茎が長く伸びると、枝垂れてきて不安定になるので、支柱を立てる。 また、株が老化してくると、下葉が落ちて見苦しくなるので、切り戻しや挿し芽で仕立て直す。 やや酸性の土でよく育つ。 うどんこ病や灰色かび病が発生しやすい。 ウイルス病にもかかる。 各種の和名・異名• エンジェルウィングベゴニア コクシネア• コバノシダレベゴニア フォリオサ•

次の