兎味ペロリナ インスタ。 【花さんの件】ペロリナさん「自分が殺人したという自覚持てよ一生 その人に当てた誹謗中傷文慌てて消してんじゃねーぞ」

パチスロ動画で人気の「兎味ペロリナ」衝撃的なツイート!? ファンから「心配の声」多数

兎味ペロリナ インスタ

と思ったら、下記のようなご意見を頂きました。 要は「ペロリナもパクリだろ」という指摘です。 法律違反なの? 今回の件は著作権や商標権を犯しているわけではありません。 「パブリシティ権の侵害」だと考えられますが、 日本だとそういう法律は明文化されてないのが現状です。 ただ、実際の裁判では、パクられた事により名誉毀損や経済的損失があった場合「パブリシティ権の侵害」と似たような判決が下されています。 要は パクられた側がどんな被害にあったのか?が重要です。 ちなみにデーモン閣下はコピーバンドやモノマネ芸人の芸能活動に対しては黙認しているものの、法的措置を明言した事例が存在します。 5年前の選挙で そっくりさんが選挙カーの上で特定の候補者の応援をした件です。 これは誰が見てもデーモン閣下に対する風評被害になりますよね。 閣下は下記の通り激怒しております 吾輩の姿形を模して公の場に登場した人物(また、それを自分の喧伝に使った人物)は、 「ニセモノである」ことを明らかにしていたのであろうか? もしも「ニセモノである」ことをはっきりさせていなかったとすれば、 「あら、デーモンさんはこの人(または集団)を応援しているのね」と、 本物だと思って…様々なその先の行動を生む可能性がある訳だ。 「本物」という誤解を生む可能性は大だ(それは作戦なのかも知れない)。 よってその場合、これは一種の「なりすまし行為」と認定できるのであり、 「オレオレ詐欺」的だとも言える。 同時に、吾輩の肖像を無断で使用した喧伝活動でもある。 さらに、その人物の事務所にこの件で問い合わせをすると電話口の相手は、 「何が悪いんですか?」という対応をした。 不快で迷惑な話だ。 その人物だけではなく、今後のあらゆる喧伝活動(本日も含める)において再び同じようなことが起こった場合、 必ず「それなりの措置」を講じる所存である。 首を洗って待っていてもらいたい。 さらに一言。 これは「ひとのふんどしで相撲を取る」の典型だ。 無断で他人に「ふんどし」使われた気分、わかるよね? それも「小さなライヴ・ハウス」の中ならともかく、 そういう「喧伝の場」で。 出典: その後、候補者が謝罪する形で収まったそうです。 ご本人ではないと告知しておりましたが、大変軽率な判断だったと深く反省しております。 続く — 元衆議院議員 さかもと大輔 dsakamoto23rd 今回の事例 ペロリナさんはデーモン閣下のオマージュである事を明言しておりますが、 メイクも性別も活動内容も全く異なります。 もし仮にデーモン閣下がペロリナさんを訴えても「閣下が被害を受けた」という主張は認められないでしょう(パチ屋への来店営業:触法行為によるデーモン閣下への名誉毀損が成り立つ可能性は若干ありますけど)。 一方で、サンスポのSIRの件はメイクも性別の活動内容もペロリナさんと酷似しています。 ペロリナさんが暗に言っているように、 パクった方もパクられた方も損をするパターンです。 苦言はごもっともだと思います。 ちなみに、このような単発ネタには何も言っていません。 要は パクっていいか悪いかではなく、 パクり方の問題なのです。 そういう視点で考えれば、サンスポに対して苦言を呈するペロリナさんに「お前もパクリだろうが」と批判するのは本質的にズレていると言えます。

次の

【美女演者図鑑】隠れダイナマイトボディ・兎味ペロリナさん【スロ・パチ】

兎味ペロリナ インスタ

パチンコ・パチスロ界で人気のインフルエンサー「 兎味ペロリナ」が衝撃的なツイートをし、ファンの間で緊張が走った。 移動中、空港で体調不良により倒れたというのだ。 同ツイートは7月4日午前11時33分頃に投稿された。 意識が朦朧とする中、体調が悪化し救急車で病院に運ばれたという。 新型コロナウイルスに関する検査では「陰性」との結果を受け、現在は体調が回復。 本人は「機能性ディスペプシア」を示唆しており、症状の原因は不明である。 今後は万全を期すために「無理を控える」とのことだが、ファンからは心配の声も多く上がっている。 兎味ペロリナはパチンコ・パチスロ実戦動画を中心に活躍するマルチタレントで、黒バラ軍団のリノがMCを務める「 NEW GENERATION」に出演したことで大ブレイクした。 ARROWS- SCREENではシーサ。 と共演する「ペロ執事」、ジャンバリ. TVではレジェンドパチスロライター「木村魚拓」と「ツギハギファミリア」など多くのレギュラー番組を持っている。 4月28日には朝日放送テレビの人気バラエティ番組「相席食堂」に出演。 最終結果は惜しくも「第2位」。 しかし、MCの「千鳥」から「本当の優勝はペロリナ」などと絶賛され、番組を大いに盛り上げた。 地上波バラエティの出演は初であるが、SNSでは広く名が知られることとなり、パチスロユーザーだけでなく、幅広い層からファンを増加させている。

次の

サンスポが兎味ペロリナさんをパクった騒動について

兎味ペロリナ インスタ

と思ったら、下記のようなご意見を頂きました。 要は「ペロリナもパクリだろ」という指摘です。 法律違反なの? 今回の件は著作権や商標権を犯しているわけではありません。 「パブリシティ権の侵害」だと考えられますが、 日本だとそういう法律は明文化されてないのが現状です。 ただ、実際の裁判では、パクられた事により名誉毀損や経済的損失があった場合「パブリシティ権の侵害」と似たような判決が下されています。 要は パクられた側がどんな被害にあったのか?が重要です。 ちなみにデーモン閣下はコピーバンドやモノマネ芸人の芸能活動に対しては黙認しているものの、法的措置を明言した事例が存在します。 5年前の選挙で そっくりさんが選挙カーの上で特定の候補者の応援をした件です。 これは誰が見てもデーモン閣下に対する風評被害になりますよね。 閣下は下記の通り激怒しております 吾輩の姿形を模して公の場に登場した人物(また、それを自分の喧伝に使った人物)は、 「ニセモノである」ことを明らかにしていたのであろうか? もしも「ニセモノである」ことをはっきりさせていなかったとすれば、 「あら、デーモンさんはこの人(または集団)を応援しているのね」と、 本物だと思って…様々なその先の行動を生む可能性がある訳だ。 「本物」という誤解を生む可能性は大だ(それは作戦なのかも知れない)。 よってその場合、これは一種の「なりすまし行為」と認定できるのであり、 「オレオレ詐欺」的だとも言える。 同時に、吾輩の肖像を無断で使用した喧伝活動でもある。 さらに、その人物の事務所にこの件で問い合わせをすると電話口の相手は、 「何が悪いんですか?」という対応をした。 不快で迷惑な話だ。 その人物だけではなく、今後のあらゆる喧伝活動(本日も含める)において再び同じようなことが起こった場合、 必ず「それなりの措置」を講じる所存である。 首を洗って待っていてもらいたい。 さらに一言。 これは「ひとのふんどしで相撲を取る」の典型だ。 無断で他人に「ふんどし」使われた気分、わかるよね? それも「小さなライヴ・ハウス」の中ならともかく、 そういう「喧伝の場」で。 出典: その後、候補者が謝罪する形で収まったそうです。 ご本人ではないと告知しておりましたが、大変軽率な判断だったと深く反省しております。 続く — 元衆議院議員 さかもと大輔 dsakamoto23rd 今回の事例 ペロリナさんはデーモン閣下のオマージュである事を明言しておりますが、 メイクも性別も活動内容も全く異なります。 もし仮にデーモン閣下がペロリナさんを訴えても「閣下が被害を受けた」という主張は認められないでしょう(パチ屋への来店営業:触法行為によるデーモン閣下への名誉毀損が成り立つ可能性は若干ありますけど)。 一方で、サンスポのSIRの件はメイクも性別の活動内容もペロリナさんと酷似しています。 ペロリナさんが暗に言っているように、 パクった方もパクられた方も損をするパターンです。 苦言はごもっともだと思います。 ちなみに、このような単発ネタには何も言っていません。 要は パクっていいか悪いかではなく、 パクり方の問題なのです。 そういう視点で考えれば、サンスポに対して苦言を呈するペロリナさんに「お前もパクリだろうが」と批判するのは本質的にズレていると言えます。

次の