田沢あかね 学研。 田沢あかね(美人編集者)ことば選び辞典が大ヒット!経歴や結婚してるか気になる

【5/30】学研プラス・田沢あかね氏 × MAIKO氏 presents 『スピーチのための美しいことば選び』を配信しました

田沢あかね 学研

田沢あかね(美人編集者)の経歴 SNSがきっかけで生まれた「」シリーズ。 編集担当者が制作の舞台裏を語ります。 高校は藤枝東高校 静岡県 のようで、大学は京都大学。 大学を卒業後、大学院に進まれたという田沢あかねさん。 幼少期から活字が大好きだったそうです。 本をすべて読んでしまい、食品パッケージの文字まで読んでいたことも。 そんな田沢さんは大学では「平家物語」や「保元物語」の研究に没頭していたようです。 大学院を卒業後、2014年に学研プラスに入社されました。 希望の部署は辞典編集部だったそうですが、新入社員は辞典編集部へ入ることができないという決まりがあったそうです。 1年後辞典編集部に入ることができたそうです。 「ことば選び辞典」シリーズは入社3年目に企画編集を担当されることになったということでした。 (出典:) 田沢あかねのことば選び辞典が大ヒット! ことば選び辞典シリーズは累計発行部数63万部、異例のヒットを記録しています。 「美しい日本語選び辞典」や「感情ことば選び辞典」など、テーマごとに使える言葉をスマートフォンサイズにまとめた類語辞典で、SNSや口コミで話題が広がりました。 田沢さんは、このシリーズの企画編集を務めています。 (出典:) 「ことば選び辞典」は大きさも価格も手頃で、約10,000語を収録している辞典。 各シリーズ本の値段(680~999円まで) キーワード 見出し語 から調べるようになっています。 キーワードは、「愛(あい)」から始まり、五十音順に約580語が載っています。 各キーワードから関連する収録語は、漢字語を中心に約10,000語も掲載されています。 使う時の例文も載っているので、それも参考しながら短い言葉でかっこよく適切に伝える事が可能らしいです。 楽天で購入 ことば選び辞典 編集者 田沢あかねさん 「辞典って、ことばの意味を非常にシンプルにまとめているため、短く印象的な表現を使うツイッターなどSNS等と相性がいいのではないかと思います。 自分でもはっきり言語化できないものを探したいという欲求を、辞典という形で解決できるように提供しています。 nhk. html SNSを発信するときに文章を書く人が増えていること、変わったことばを使って目立ちたいという辞典が人気の理由だそうです。 スポンサーリンク 田沢あかねは結婚してるか気になる 経歴も素晴らしく、とても容姿端麗な田沢さんですが、結婚はしているのでしょうか? 調べたところ旦那さんや子供の情報はありませんでした。 これだけ綺麗な女性ですからモテることは間違いなさそうです。 今後情報があれば記載していきます。

次の

田沢あかね(美人編集者)ことば選び辞典が大ヒット!経歴や結婚してるか気になる

田沢あかね 学研

名前:田沢あかね 読み方:たざわあかね 出身地:静岡県 生年月日:ー 年齢:29歳 2019年4月現在 勤務先:学研プラス 田沢あかねさんは静岡県出身、学研プラスの辞典編集部に所属しています。 美人さんなので、結婚しているのかな?と気になる方も多いかと思われますが、今のところ不明です。 幼い頃から本(文字)が大好きだった田沢さん。 図書館はもちろん、 家庭の医学や国語辞典、電話帳まで読み漁っていたそうですw そして、 極めつけはスーパーで買ってきた食品パッケージの裏側w 田沢さんにしてみると、文字が好きで見ていただけだったのですが、私にとってはすごく不思議です。 ・・・タウンページなんて読んでみようなんて思ったこともないですし。 文字への愛が感じられますね。 ちなみに、田沢あかねさんの好きなものは 古典と妖怪とコミック全般 だそう。 妖怪・・・気になる。 番組でここ掘り下げてほしいですねw [アドセンス1] スポンサーリンク 田沢あかね 学研プラス の高校大学院 田沢あかねさんの出身高校や大学、大学院について調べてみました。 出身高校ですが、静岡県内ということはわかりましたが、特定はできませんでした。 しかし、この時通っていた高校の古典の授業により、田沢さんの進路が決まります。 元々研究者になりたいと考えていた田沢さんは「法学・化学・薬学」どの道に進むか悩んでいたのですが、授業により、その後古典文学を学びたいと考えるようになります。 大学は京都大学の文学部で文献文化学を専攻。 そして、大学院も 京都大学の大学院に進学。 大学院では「平家物語」や「保元物語」の研究をされていました。 しかし、大学院で学ぶ中で「日本語に関係する仕事がしたい」と考えた田沢さんは、ふと参考書や辞典の大手である「学研」を思い浮かべ学研社員のインタビュー記事を読みました。 (おそらくこの方は学研プラスの図鑑編集部の里中正紀さん) これを見た田沢さんは学研に就職したいと考え、見事入社を果たします。 [アドセンス1] スポンサーリンク 田沢あかね 学研プラス の経歴 田沢あかねさんの経歴についてまとめてみました。 2014年に学研に入社した田沢あかねさん。 田沢さんが希望していたのは「辞典編集部」ですが、新入社員は配属できないという会社のルールがありました。 そのため、最初の配属先は小中学生向けの社会科の学習参考書をつくる部署で1年勤務します。 ベテランが配属される辞典編集部への異動は難しい・・・と諦めかけましたが、 田沢さんは役員との面談で直談判し、入社2年目にして希望していた辞典編集部に配属となりました。 人事担当者によると 「田沢さんは、何か持っている雰囲気があったんですよね」 引用元: 「辞典編集部に欠員があったということがまずありました。 2年目での辞典編集部配属は確かに早いタイミングだったので迷うところもありましたが、田沢さんのもっている資質や経験があれば、数年経たずして立派な辞典編集者として活躍できるだろうと。 そういう判断でした」 引用元: とのこと。 新入社員の配属が良しとされていない辞典編集部は、専門知識も必要で仕事のレベルも高く大変だったそう。 そして配属3年目、辞典編集部に配属されて9か月後に田沢さんは「ことば選び辞典」のシリーズ化を編集長より任されます。 試行錯誤しならがら、シリーズ化をさせ、大ヒット。 田沢さんの実力はもちろんですが、その実力を見抜いた学研プラスの人事担当、配属されて間もないのに大仕事を任せた編集長、みんなすごいなと感じました。 田沢さんの才能を見出していた上司さんさすがですね! [アドセンス1] 田沢あかね 学研プラス の辞書 2019年6月時点で、シリーズの累計発行部数が53万部を超えている「ことば選び辞典」シリーズ。 そんなシリーズの紹介をします。

次の

ことば選び実用辞典 (ビジネスマン辞典)

田沢あかね 学研

「アレだよ,アレ! いや微妙に違うあのことば! 」 しっくりくる表現が出てこないときに,開けば解決する辞典。 薄い,軽い,小さいの三拍子でいつでもどこでも使えます。 お手頃な価格とサイズでも,約10,000語を収録している充実した辞典。 文章を書く人すべてが持っておきたい一冊です。 【特長】 ・キーワード 見出し語 として「愛」から五十音順に約580語を選出。 ・各キーワードにひも付いた収録語は、漢字語を中心に約10,000語を掲載。 ・収録語にはすべて例文がついています。 」と決める SNSがきっかけでブレイク。 スマホ世代が紙の辞典を使うワケ 2003年に刊行されたハンディな類語辞典が、突然の大ブレイク。 昨年から今年にかけて数万単位で部数を伸ばしている。 端的な説明と用例を集めた内容は、もともと辞書好きや文章のプロからの評価が高く、年間およそ3000冊を売り上げる人気辞書ではあった。 「さらに注目を浴びたきっかけはTwitterです。 本書を利用されている方のおすすめ発言がきっかけで、昨年、趣味や仕事で創作をされている方々に一気に広まりました。 その後も定期的に口コミが広がり、今年の夏にも、直木賞・芥川賞の発表翌日にたまたま大きな動きがあったんです。 そうしたら受賞作を差し置いてAmazonの総合ランキング1位を獲得したんですよね。 本当に驚きました」 担当編集者の田沢あかねさん 従来とは異なる層の熱烈な支持が、数字に繋がった。 「これまで辞書に馴染みがなかった方々が、本書でその存在に気付かれたように感じています。 創作だけでなく、今はTwitterやLINE、ブログといった様々な形で文章を書く機会があり、その際の便利なツールとして〈類語辞典〉を発見した。 スマホで調べればいいと思うかもしれませんが、ネットには余計な情報が多く、通信制限も気になる。 ネットは便利なようで意外と不便なんですよ」 田沢さん シリーズ最新作『感情ことば選び辞典』『ことばの結びつき辞典』も好調。 スマホ世代と辞書の出会いは、大きな波を生みそうだ。 評者:前田 久 週刊文春 2017. 31号掲載 出版社からのコメント 文章を書く時に、それなりに言葉を選んで書いているつもりですが、うろ覚えな言葉も多々あり…そんな時に重宝しています。 類語が、この小さな辞典に驚くほど掲載されていますので、新たに学び直すつもりで見ていても楽しめます。 巻末の索引から調べても良し、類語から調べても良し、小振りな為使いやすいですね。 今のところ、たまに使用していますが(このレビューには生かされていないながらも)、言葉のあやふやな記憶を確実なモノにして、語彙力が上がればいいなぁ、と思っています。

次の