受 水槽 泳ぐ 特定。 受水槽で泳ぐバカはどんな罪に問われるのか?

受水槽で泳ぐ動画で大和ハウスがおわび 犯人は協力会社従業員

受 水槽 泳ぐ 特定

マンションのタンク(受水槽)で泳いだ動画をアップしたバカッターは誰?名前や顔画像などは特定された? 【動画】バカッター マンション受水槽の中に入って泳ぐ人の動画がアップされる。 もともとはTICTOKに投稿された動画でしたが、ツイッターで拡散されてしまいました。 この受水槽の中で泳いだ動画をアップしたバカッターは、本名などは特定されていません。 しかし、動画の投稿者のアカウントは特定されており「yuuki」という名前が特定されています。 福岡県糸島市の設備屋で働いている「ゆうき」ということだけは分かっています。 ただ、この「yuuki」は撮影者なのか、受水槽の中で泳いだ人なのかは特定されていません。 そのうち本当の名前がSNS上で特定されるかもしれないので、分かり次第情報を更新していきます。 はから! マンションのタンク(受水槽)の中で泳いだ動画アップしたバカッターの損害賠償はいくらになる? 話題のブログNews : 【バカッター】マンション受水槽の中に入って泳ぐ人の動画がアップされる。 しかし、この受水槽の中で泳いだ動画を投稿した人が分かれば、それなりの損害賠償が発生してもおかしくないですね。 マンションの住人から訴えられる可能性も十分にあります。 そうなると損害賠償を請求されると思われます。 これまで受水槽の中で泳いだ事例は、おそらくないのでどれくらいの損害賠償になるのかは分かりませんが、数十万円から数百万円くらいになるのでしょうか? この受水槽のあるマンションにどれくらいの数の人が住んでいるのかで損害賠償の金額が変わるかも知れないですね。 被害者が多くなれば損害賠償も多くなると思われるので、数百万円単位で損害賠償請求されても仕方ないですね。 このマンションは また、なのでしょうか?.

次の

マンションの受水槽で泳ぐ男の名前や会社とその炎上動画を公開!

受 水槽 泳ぐ 特定

(1)外部から給水タンク又は貯水タンク(以下「給水タンク等」という。 )の天井、底又は周壁の保守点検を容易かつ安全に行うことができるように設けること。 (2)給水タンク等の天井、底又は周壁は、建築物の他の部分と兼用しないこと。 (3)内部には、飲料水の配管設備以外の配管設備を設けないこと。 (4)内部の保守点検を容易かつ安全に行うことができる位置に、ほこりその他の衛生上有害なものが入らないように有効に立ち上げたマンホール(直径60cm以上の円が内接することができるに限る。 )を設けること。 ただし、給水タンク等の天井が蓋を兼ねる場合においては、この限りではない。 (5)(4)ほか、水抜きを設ける等内部の保守点検を容易に行うことができる構造とすること。 (6)ほこりその他衛生上有害なものが入らない構造のオーバーフロー管を有効に設けること (7)ほこりその他衛生上有害なものが入らない構造の通気のための装置を有効に設けること。 ただし、有効容量が2立方メートル未満の給水タンク等については、この限りではない。 (8)給水タンク等の上にポンプ、ボイラー、空気調和機等の機器を設ける場合においては、飲料水を汚染することのないように衛生上必要な措置を講ずること。 0G 1. 5G 1. 5G 1. 0G 中間階 1. 5G 1. 0G 1. 0G 0. 6G 1階及び地下 1. 5G 1. 0G 1. 0G 0. [簡易専用水道] 第34条の2 簡易専用水道の設置者は厚生省令で定める基準に従い、その水道の管理をしなければならない。 簡易専用水道の設置者は、該当簡易専用水道の管理について、厚生省令の定めるところにより、定期に地方公共団体の機関又は厚生大臣の指定する者検査を受けなければならない。 [改善命令等] 第36条第3項 都道府県知事は、簡易専用水道の管理が第34条の2第1項の厚生省令で定める基準に適合していないと認めるときは、当該簡易専用水道の設置者に対して、期間を定めて、当該簡易専用水道の管理に関し、清掃その他の必要は処置を採るべき旨を命ずることができる。 [給水停止命令] 第37条 厚生大臣は水道事業者又は水道用水供給事業者が、都道府県知事は専用水道又は簡易専用水道の設置者が、前条第1項又は第3項の規定に基く命令に従わない場合において、給水を継続させることが当該水道の利用者の利益を阻害すると認めるときは、その命令に係る事項を履行するまでの間、当該水道による給水を停止すべきことを命ずることができる。 同条第2項の規定に基く勧告に従わない場合においても、給水を継続させることが当該水道の利用者の利益を阻害すると認めるときも、同様とする。 [報告の徴収及び立入検査] 第39条第2項 都道府県知事は、簡易専用水道の管理の適正を確保するために必要があると認めるときは、簡易専用水道の設置者から簡易専用水道の管理について必要な報告を徴し、又は当該職員をして簡易専用水道の用に供する施設のある場所若しくは設置者の事務所に立ち入らせ、その施設、水質若しくは、必要な帳簿書類を検査させることができる。 水槽の掃除を1年以内ごとに1回、定期に行うこと。 水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。 給水せんにおける水の色、濁り、臭い、味その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令の表の中欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。 供給する水が人の健康を害する恐れがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を必ず講ずること。 [検査] 第24条 法第34条の2第2項の規定による検査は、1年以内ごとに1回とする。 検査の方法その他必要な事項については、厚生大臣が定めるところによるものとする。 [定義] 第2条この法律において「特定建築物」とは、興行場、百貨店、店舗、事務所、学校、共同住宅等の用に供される相当程度の規模を有する建築物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に掲げる建築物をいう。 以下同じ。 )で、多数の者が使用し、又は利用し、かつ、その維持管理について環境衛生上特に配慮が必要なものとして政令で定めるものをいう。 2前項の政令においては、建築物の用途、延べ面積等により特定 建築物を定めるものとする。 ビル管法施行規則 第4条 [建築物環境衛生管理基準] 第4条 特定建築物の所有者、占有者その他の者で当該特定建築物の 維持管理について権限を有する者は、政令で定める基準(以下 「建築物環境衛生管理基準」という。 )に従って当該特定建築物の 維持管理をしなければならない。 建築物環境衛生管理基準は、空気環境の調整、給水及び排水の 管理清掃、ねずみ、こん虫等の防除その他環境衛生上有効な状態 を維持するのに必要な措置について定めるものとする。 特定建築物以外の建築物で多数の者が使用し、又は利用するも のの所有者、占有者その他の者で当該建築物の維持管理について 権限を有するものは、建築物環境衛生基準に従って当該建築物の 維持管理をするように努めなければならない。 厚生省令 第52条 厚生省告示 第194号 <厚生省告示第194号> 第二 給水に関する設備の維持管理は、次に定める基準に従い行うものとする。 一、貯水槽等給水に関する設備の維持管理 イ 貯水槽の掃除 (1)受水槽の掃除を行った後、高置水槽又は圧力水槽の掃除を行うこと。 (2)貯水槽内の沈でん物質及び浮遊物質並びに壁面等に付着した物質を除去し、洗浄に用いた水を完全に排除するとともに、貯水槽周辺の清掃を行うこと。 (3)貯水槽の清掃終了後、塩素剤を用いて二回以上貯水槽内の消毒を行い、消毒排水を完全に排除するとともに、消毒終了後は水槽内に立ち入らないこと。 (4)貯水槽の水張り終了後、別に定める基準に従い、給水栓及び貯水槽における水について、水質検査及び残留塩素の測定を行うこと。 (5)掃除によって生じた汚泥等の廃棄物は、廃棄法の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年法律第百三十七号)、下水道法(昭和五十四年法律第七十九号)等(以下「関係法令」という。 )の規定に基づき、適切に処理すること。 ロ 貯水槽等給水に関する設備の点検及び補修等 (1)貯水槽の内面の破損、老化、劣化等の状況を点検し、必要に応じ、別に定める基準に従い、被覆その他の補修等を行うこと。 (2)定期的に貯水槽の水漏れ並びに外壁の破損、さび及び腐食の有無並びにマンホールの密閉状態を点検し、必要に応じ補修を行うこと。 (3)定期的に水抜管及びオーバーフロー管の排水口空間並びに水抜き管、オーバーフロー管、通気管等に取り付けられた防虫網を点検し、必要に応じ、補修を行うこと。 (4)ボールタップ、満減水警報装置、給水ポンプその他の付属装置等については別に定める基準に従い定期的に機能等を点検し、必要に応じ、補修等を行うこと。 厚生省 衛水 第251号 改正水道法施行規則第12.

次の

マンション貯水槽(受水槽)で泳ぐ犯人は設備屋のゆうきと特定!場所は志免町で会社の名前についても!-shuly

受 水槽 泳ぐ 特定

受水槽で泳ぐ動画がツイッターに 6月12日、「マンションの受水槽で泳いでます」というセリフ入りの動画がネットにアップされて、大騒ぎとなりました。 動画の様子は、泳いでいる男性と撮影者2人。 話し声も入っています。 動画は約15秒。 複数の男性が映り、泳いでいる男性は「マンションの受水槽の中で泳いでます」の他、撮影者と思しき人物と「きもちいい?」「めっちゃ気持ちいい」と会話。 途中でピースサインも出しています。 現在の報道では、顔部分にぼかしが入っていますが、最初はそのままアップされたようです。 普通のプールならともかく、これは受水槽の中なので、ツイッターで拡散され、炎上するところとなりました。 受水槽はマンションの飲料水タンク 受水槽というのは、 受水槽とは、 受水槽とは、ビル・マンション・学校・ 病院など多量の水を使用する建物などで、水道局から供給された水をいったん貯めておく容器のことです。 通常、作業員が入る際には、水を抜いたタンクの中に入るわけですが、その際は清潔な作業服を着て、髪の毛なども落ちないようにキャップをかぶってから消毒作業などを行うというものです。 飲料水ですので、そのくらい厳しい管理の下で、必要な際のみに出入りがされるものです。 普通の人では入れないということで、犯人が突き止められました。 大和ハウス協力会社の従業員と判明 ツイッターにアップされた動画から、マンションと動画のアカウントがつきとめられました。 福岡県志免町のマンション受水槽 福岡県志免町のマンションであることに気が付いたのは、マンションの管理会社。 マンションを施工したのが大和ハウスであり、泳いで動画をアップしていたのは、協力会社の作業員であったことが判明。 そのため、大和ハウス工業は13日におわびの文書を発表したということです。 水道設備会社の従業員 泳いでいた動画を投稿したのは、清掃を請け負う水道設備会社の従業員のうちの一人で、会社は「タンクの掃除をする前にああいうことをしたようだ」とインタビューで話しています。 受水槽は定期的に掃除をするため、作業の前に水を抜くそうなのですが、その際に水が入ったままの状態の時に泳いだと釈明。 泳いだ本人も、内部で泳いだことを認めた。 泳いだ後に受水槽を清掃したといい、同社の調査に「水を入れて流す前にもったいないので泳いだ」と話しているということです。 マンション管理会社側の対応 マンションの管理会社は11日、飲料水のペットボトルを全約20戸に配布。 全戸を断水し、受水槽を清掃して水質検査を行いました。 事態を重く見た福岡県も13日、受水槽内の水が飲料に適しているか検査をしたということです。 泳いだ従業員の罪は? ツイッターの髙橋裕樹弁護士によると、罪状としては、次のようなものが考えられるということです。 ただし、健康被害の原因が受水槽で男性が泳いだことであると立証せねばならないなどの理由で、実際には、まとまった金額を請求することは難しいと思われます。 とあるので、実際に「被害が出た」金額を明示しないと、「気分的に不快」であるというだけでは、金銭的な請求はできないとのことです。 () 最近このような動画投稿の例が多数問題になっていますが、この種の人たちにとっては、戒めになるどころか、模倣犯が続いてしまうようです。 完全な防止は難しいかもしれませんが、少なくてもマンションのタンクなど飲み水に関しては、蓋などを厳重に管理できるよう、これをきっかけに考えていただきたいです。 受水槽遊泳続報は マンション情報とご相談は.

次の