ドンキ pc u1。 www.airloyal.com: ドン・キホーテ限定 ジブン専用PC&タブレット: ホーム&キッチン

ジブン専用PC&タブレットU1のレビュー これ以上コスパいいPCあるんかい

ドンキ pc u1

スマホが便利に進化している昨今。 日々のデスクワークはまだまだPCでの作業がメインだと思いますが、多くのことがスマホで事足りるようになってきています。 そうなると、PCを使い慣れている方や、外での作業の多い人がこれまでよく使っていたサブPCを求める声が少なくなるのも頷けます。 ネットやメール、簡単な書類処理だけであっても数万円の出費となると、やはりスマホが選択肢に入ってきてしまいますから。 しかし、今回レビューするドン・キホーテの「ジブン専用PC&タブレット3」は、1万9800円(税別)という超低価格を打ち出した格安PC。 執筆現在、すでに品切れ中の店舗が続出しているよう(8月下旬より再入荷予定)ですが、こんなに安くて本当に使い物になるのでしょうか? 実際に試してみました。 いわゆる「2 in 1(デタッチャブル)」タイプで、本体であるディスプレイ部分と、キーボード部分に分離させることができます。 合体させた状態では一般的なクラムシェルノートPCとして、分離した状態ではタブレットPCとして使えます。 利用シーンに応じて形状を自在に変形できるのは、わかりやすいメリットのひとつと言えるでしょう。 ちなみにこのタイプのPCは分離時に重めのレバーを操作しなければならないことが多いのですが、本機はディスプレイ部とキーボード部の固定にマグネットを使用。 少し力を入れて引っ張るだけで分離できるのはなかなかスマートです。 もちろん、マグネットはそれなりに強力なので、ディスプレイ部分を掴んで持ち上げても、キーボードが落下するということはありません。 その状態で少し振ってみましたが、びくともしませんでした。 なお、キーボード合体時の重量は約1. 135kgと、10. 1型のモバイルノートPCとしてはやや重めですが、ディスプレイ部分だけなら約595g。 この軽さなら、ベッドに寝転がりながら電子書籍を読んだりといった使い方もできそうです。 タッチの感触も滑らかで、悪くありませんでした。 キーボードのキーピッチは約16mm。 フルピッチ(19mm)ではありませんが、充分にタッチタイピングできるサイズです。 特にかな入力を使う人は使いにくいと思うかも知れません。 また、全体的にキーボード部は構造がヤワで、使っていてミシミシいうのは気になりました。 タッチパッドは最近のトレンドと比してやや小さめ。 パッド全体がボタンになっているタイプで、一本指で強くタップすると左クリック、二本指でタップすると右クリックになります。 ただ、タップした際のクリック音はかなり大きく、耳障り。 タップ操作にも対応しているので、こちらで操作するのがストレスが溜まらなさそうです。

次の

数日前に発売された「ドンキPC」にlinuxをインストールする

ドンキ pc u1

で以下の製品が発売された。 購入検討をしているユーザーとアクセス数増加のためレビューを行う• 箱 値段相応のデザイン どうせ捨てるのだからどうでもいいものだろう。 本体全体 上面(カメラ) 下面• 本体 側 右側面 下方 に左から電源、 microHDMI、microUSB、イヤホン 上面 電源、音量ボタン 下面 キーボード使用時にはドッキングしているため使えない 外部ポート 左側面には何もない• キーボード 右側面 左側面 キーボード側• 感想 ー動画はある程度見れる。 タッチ反応も良好。 ー外観が物凄くちゃちい。 屋台のおもちゃレベル。 塗装の色の安っぽさと外装のたてつけが悪い。 ーキーボード面のマウスパッドの位置が近すぎて誤タッチしやすい。 ーその他画像編集時に固まったり、ブログの文字がうまく打てなかったため、ブログ作成には向いていない。 ー画面の角度をそこまで曲げることができないため、すこし屈んだ姿勢にならないとモニターが正面にならない。 以下の写真が最大まで開いた様子だ。 これだけ文句を言っているが購入の価値は大いにある。 コアに使わなければ十分なスペック• 値段の圧倒的安さ• 出力による動画再生• の恩恵を受けれる 以上から実家に 接続用兼 年賀状作成兼 動画写真閲覧端末としてプレゼントする予定である。 実家はゲームが嫌いなのでスペックは全くなくても問題ない。 最後にひけを見つけてしまった。 樹脂製品メーカーの社員としてこれは見逃せない。 このあたりの製品の詰めの甘さも値段というところか.

次の

再入荷待ちのドンキ超格安PCが売れた由縁、触って考えてみる。

ドンキ pc u1

質問 問い合わせフォームより、ご質問頂きました! >こちらはBIOSに入る事はできますか? >ブートメニューを出すことはできますでしょうか? >acronisでeMMCのバックアップができるか BIOSの起動手順 一般的に、Fキーのどれか。 今回、実施してみたところF2キーからのBIOSの起動はうまくいきませんでした。 ですが、Win10ならば スタートメニューからの操作をすることでBIOSを起動させることは可能です。 実際の画面で紹介をしますが、『Classic Shell』というものを導入している都合で 通常の物とは、スタートメニューの表示が変わっているかもしれません。 9 操作をすることで、ブートメニューに入ることもできます。 BIOSでの問題 私自身、あまりノートパソコンを使って仕事をすることはありません。 昔から、デスクトップ一択。 据え置き型を使ってきました。 特に、ジブン専用PCはノートパソコンなのか、タブレットなのか難しい分類だと個人的には思っています。 で、BIOSを操作するときに1個問題がありました。 画面のモードです。 通常、キーボードに刺しているときは横画面 キーボードから抜くと縦画面になります。 これは、設定をすれば横画面にも変更ができます。 で、問題です。 BIOSモードの時には、その設定ファイルを読み込むことはできないでしょう。 最低限の挙動になるはずです。 結果として、キーボードに刺しているのに、画面は縦画面。 これは、やりにくいと思いキーボードから抜いてタッチパネルで操作しようとしました。 しかし無反応…。 キーボードに刺した状態で縦画面のまま操作しなければいけません。 そこが、1個問題かなと感じました。 ただ、ほかに2in1のパソコンを使ったことがないので こんなものだと言われればこんなものなのかもしれません。 普通は使わないでいいモードですしね。 acronisは初めて知りました… パソコンのバックアップというか、もしもの備えとして クローンのHDDは用意してあったりはします。 それに関しては、『』を使えば簡単にできます。 これは、HDDがダメになったとき、あらかじめ作成しておいたクローンのHDDとHDDを交換(差し替え)することで 元に戻す備えです。 仕事のデータが消えるのもそうなのですが、ソフトが何かの拍子に使えなくなると困る物も多いので 普通のバックアップも取ってはありますが、HDDのクローンを作るようにしています。 ただ、今回質問頂いたacronisというもの。 初めて知りました…。 調べた感じでも、バックアップソフトなので使えないという事は無いと思います。 しかし、eMMCのクローンには対応していないという情報もありますね。 個人的な見解として、eMMCはそもそもクローンを取っても、eMMCが壊れたからと言って基本的にじゃぁ交換とはいきません。 一応、定期的にバックアップ(クローン)を取っておいて、もし壊れたとしてメーカー修理に出せば その治ってきたパソコンに、データを移し替えることで起動させることもできるとは思います。 もしくは、クローンを作成するさいにUSBメモリーに例えばクローンを作り ブートメニューで起動優先順位をUSB優先にすれば、USBからWindwosを起動させることもできるようになるとは思います。 acronisに関しては、またしっかりと調べたいと思います。 最終的には、 ジブン専用PCのバックアップ?クローンの作り方?をまとめればいいかなと思っています。 もし、そうじゃない!や逆に、何か試してみてーというのがあればまた追加でまとめたいと思います。 問い合わせフォームから、お問い合わせくださいっ 朝から、見知らぬソフトのことを知れて少しテンションが上がった今日この頃でした! 関連記事.

次の