大和 郡山 市 金魚 すくい。 全国金魚すくい選手権大会

奈良県の大和郡山市周辺で金魚すくいができるところってありますか??

大和 郡山 市 金魚 すくい

そんな大和郡山市の紺屋町に、金魚グッズと金魚すくいのお店『』さんがあります。 商品の大部分が金魚モチーフのもので、その他も大和郡山らしいものを取り揃えています。 大和郡山のお土産を探すには最適ですね。 大和郡山市にある、金魚グッズなどを中心に扱う『おみやげ処 こちくや』さん。 お店の前から金魚だらけです!向かって左手には「こちくや金魚すくい道場」の文字が。 一般的には金魚すくいは夏だけのものですが、こちらでは通年楽しめます! こちくやさんは、風情ある紺屋町(こんやちょう)の通りに店を構えています。 城下町だった大和郡山では、染物商がここに集まって商いをしていました。 この流れに布を晒していたんでしょうね こちくやさんの店内は、天井から棚から金魚だらけです! 別アングルで。 こうして何匹か連続で吊るしてあると、どこか奈良町の「身代わり申(みがわりざる)」みたいに見えますね(笑) 壁一面にサイン色紙がずらり!大和郡山市の町をブラブラする際には、ここは外せませんからね。 関西ローカル番組でもよく取材されています 店内は金魚モチーフの商品がずらり!圧巻! 『おみやげ処 こちくや』で取り扱っている商品は、金魚モチーフのありとあらゆるものが揃っています。 ぬいぐるみ・土鈴・藍染・ちりめん・ブリキ製品・風鈴・文房具・食品などなど、いくら金魚の産地とはいえよく集めたと感心してしまうほどです(笑) 店内の写真を何枚かご紹介しておきます。 金魚グッズ以外にも、大和郡山のお土産物もあります。 日本酒「順慶」は、郡山藩を収めた筒井順慶の名前をとったもの。 関ヶ原の戦いの際、秀吉と光秀の合戦を洞ヶ峠で傍観したとされ、「日和見順慶」などと呼ばれたりしましたが、これは(おそらく)事実ではないようです。 歴史好きな方にはうけるお土産になると思いますので、合わせてどうぞ! 冬も金魚すくい可能!「こちくや金魚すくい道場」 『おみやげ処 こちくや』さんは、一年中いつでも「金魚すくい」ができるようになっているのも特徴です。 店舗の脇のスペースに金魚すくい用の水槽があり、ヒーターで加温することで冬に動きが鈍るのを防いでいます。 それもこれも、毎年夏に開催される「」に備えた練習ができるように、という意味合いもあるのだとか。 大会に参加するかどうかは別として、金魚すくいのコツは教えてもらえますので、いつかその凄腕を披露できる日に備えて、技術の向上に努めてみるといいかもしれませんね! 店舗脇の金魚すくい用スペース。 テントの中は暖かく、金魚の水槽も加温されているため、一年を通じて金魚すくいが楽しめます。

次の

金魚だらけ、金魚すくい体験もできますよ!

大和 郡山 市 金魚 すくい

そんな大和郡山市の紺屋町に、金魚グッズと金魚すくいのお店『』さんがあります。 商品の大部分が金魚モチーフのもので、その他も大和郡山らしいものを取り揃えています。 大和郡山のお土産を探すには最適ですね。 大和郡山市にある、金魚グッズなどを中心に扱う『おみやげ処 こちくや』さん。 お店の前から金魚だらけです!向かって左手には「こちくや金魚すくい道場」の文字が。 一般的には金魚すくいは夏だけのものですが、こちらでは通年楽しめます! こちくやさんは、風情ある紺屋町(こんやちょう)の通りに店を構えています。 城下町だった大和郡山では、染物商がここに集まって商いをしていました。 この流れに布を晒していたんでしょうね こちくやさんの店内は、天井から棚から金魚だらけです! 別アングルで。 こうして何匹か連続で吊るしてあると、どこか奈良町の「身代わり申(みがわりざる)」みたいに見えますね(笑) 壁一面にサイン色紙がずらり!大和郡山市の町をブラブラする際には、ここは外せませんからね。 関西ローカル番組でもよく取材されています 店内は金魚モチーフの商品がずらり!圧巻! 『おみやげ処 こちくや』で取り扱っている商品は、金魚モチーフのありとあらゆるものが揃っています。 ぬいぐるみ・土鈴・藍染・ちりめん・ブリキ製品・風鈴・文房具・食品などなど、いくら金魚の産地とはいえよく集めたと感心してしまうほどです(笑) 店内の写真を何枚かご紹介しておきます。 金魚グッズ以外にも、大和郡山のお土産物もあります。 日本酒「順慶」は、郡山藩を収めた筒井順慶の名前をとったもの。 関ヶ原の戦いの際、秀吉と光秀の合戦を洞ヶ峠で傍観したとされ、「日和見順慶」などと呼ばれたりしましたが、これは(おそらく)事実ではないようです。 歴史好きな方にはうけるお土産になると思いますので、合わせてどうぞ! 冬も金魚すくい可能!「こちくや金魚すくい道場」 『おみやげ処 こちくや』さんは、一年中いつでも「金魚すくい」ができるようになっているのも特徴です。 店舗の脇のスペースに金魚すくい用の水槽があり、ヒーターで加温することで冬に動きが鈍るのを防いでいます。 それもこれも、毎年夏に開催される「」に備えた練習ができるように、という意味合いもあるのだとか。 大会に参加するかどうかは別として、金魚すくいのコツは教えてもらえますので、いつかその凄腕を披露できる日に備えて、技術の向上に努めてみるといいかもしれませんね! 店舗脇の金魚すくい用スペース。 テントの中は暖かく、金魚の水槽も加温されているため、一年を通じて金魚すくいが楽しめます。

次の

金魚すくい・熱帯魚の専門店【アクアトレンディ】 金魚すくい・熱帯魚・海水魚・錦鯉・水草・飼育器具

大和 郡山 市 金魚 すくい

大量の金魚が養殖されています 大和郡山市は、日本でも有数の金魚の生産地として知られています。 その歴史は古く、柳沢吉保の子・吉里が甲斐の国から大和藩主へと国替わりした際に持ち込んだとされているそうです。 その当時は金魚養殖は武士の内職でしたが、江戸時代末期から農家の副業となりました。 大和郡山市の金魚の養殖面積は50ヘクタール、年間7000万匹が生産され、全国シェアは40%にものぼるそうです。 大和郡山市を歩いていると、一見したところ水田に見えるようなところであっても、それが全て金魚の養殖池だったりしますので、見慣れない人間にとってはとても面白いですね。 そんな金魚の養殖池が広がる中に『郡山金魚資料館』があります。 ここを運営しているのは「やまと錦魚園」さんという企業で、資料館がメインというよりは、「自社の養殖場の一部に資料館をオープンして無料開放している」というイメージでした。 大和郡山市の観光案内でよく名前をお見かけする『郡山金魚資料館』さん。 金魚の養殖池の真ん中にポツリと立っています。 運営は民間企業の「やまと錦魚園」さん。 施設のほとんどは金魚の養殖場です 敷地内に入ったところ。 右手に見えるのが『郡山金魚資料館』の建物で、その周囲は金魚の飼育池です 大きな金魚池。 金魚すくい用の金魚でしょうか、たくさんの金魚が飼育されています スタッフの方たちが、金魚の出荷作業をしていました。 まだ春先でしたが、全国で金魚すくいが行われるんでしょうね 金魚の大群!見た目に鮮やかですね 金魚たちは、観賞用ではなく販売用ですので、こんな木箱に入れられているものも こちらは高級金魚たち。 飼育数も少なくゆったりとしています。 浮かべてある白い札にはお値段が書いてあり、15,000円なんて金魚まで!その場で購入することも出来るようですので、金魚好きな方にとってはたまらない空間なのかもしれません 古い錦絵や「金魚の水族館」など 「泳ぐ図鑑 金魚の水族館」と名付けられた『郡山金魚資料館』は、同社の設立者である嶋田正治氏によって開設された施設です。 100坪の養殖池を埋め立て、自費で、しかも手作りで作ったというのですから驚きですね。 それほど大きな規模ではありませんが、金魚に関する錦絵や古い飼育書、大正時代以降の金魚愛好家が作った金魚番付など、金魚に関する資料がズラリと並んでいます。 また、30個の水槽を並べた「金魚の水族館」では、金魚の原種や高級金魚などがじっくりと見られますので、お子さんでも飽きずに楽しめるでしょう。 『郡山金魚資料館』の入口部分。 金魚に関する資料の展示室と、高級品種らしき金魚たちの水槽が並んだコーナーに分かれています 資料展示室の内部。 入っていきなり鳥の剥製があるのが驚き!それほど広くはありませんが、全て金魚に関する資料ばかりですから、相当なコレクションでしょう 古い金魚の番付表。 金魚型の文鎮。 金魚柄のお皿など。 でも、中央の十二支の置物の方が目立ってますね(笑) 金魚をモチーフにした浮世絵など。 天秤棒を担いだ金魚屋さんの姿などは、比較的最近まで見られた光景なのかもしれません 見づらいですが、黒い鯉(ナマズかも?)の周りを泳ぐ「人面金魚」の図です!この手のちょっと変わったものから、金魚を持つ美人画まで、面白い資料が多数見られました こんなオリジナルTシャツもありました。 販売しているかどうかは不明ですが、大きく会社名がプリントしてあるので、スタッフさん用なのかもしれませんね 資料室の隣には、金魚の学術研究に尽力したという農学博士・故松井圭一氏の銅像があります。 その周囲を取り囲むように30の水槽が取り囲んでいて、高級金魚たちをじっくりと観察できるようになっています 「こども金魚すくい大会」などの日にどうぞ ・・・と、画像入りで説明した割には、その魅力が伝わっている自信がありませんし、を見ても、ほとんど更新が止まった状態になってしまっています。 いただいたパンフレットによると、各シーズンごとに金魚愛好家が集まる「金魚ふる里会」などのイベントが開催されているようです。 また、誰もが参加できる「素人競市」、年2回の「こども金魚すくい大会」などもあるそうですので、まずは実際に行ってみてパンフレットを手に入れた方がいいかもしれませんね。 いずれにしても、無料で見学させていただける施設ですので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

次の