韓国の反応まとめ。 石原さとみは韓国でも人気?韓国人の反応まとめ♡

韓国レーダー照射の韓国や海外の反応まとめ!反論動画やコラ画像歴史を捏造についても!

韓国の反応まとめ

【照射 韓国が反論映像を公開か】 海上自衛隊の哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省当局者は反論映像の作成を進め、公開を検討しているという。 日本側に謝罪も求めている。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 2019年1月4日、 石川県能登半島沖で海上自衛隊P1哨戒機が韓国駆逐艦から 火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省は日本政府側の主張に対して 反論する動画をYoutubeに公開しました。 しかし、実際は 韓国側の反論主張に対していくつかの矛盾と思われる点や サムネイル画像が悪質なコラ画像であることが判明! とても韓国の国防省が公式に公開した反論動画だとは思えないような内容でした。 そこで今回は、 そんな韓国側の反論動画に対する韓国国民の反応や海外での反応についてまとめていきたいと思います。 韓国国防省の反論動画が矛盾とコラ画像だらけで悪質すぎる! 2019年1月4日、韓国の国防省が レーザー照射問題の日本の主張に対する 反論の動画をYoutubeに公開し、「 日本側はこれ以上、事実を歪曲する行動をやめて、韓国に対して脅威を与えた低空飛行について謝罪すべきだ」と主張しました。 おいおい加害者側だった立場なのにいきなり被害者ぶるのかよと言いたくなりますが、どうやらこの反論動画が色々とおかしな点があったようです。 実際に公開された反論動画がこちら! 韓国側は、 韓国駆逐艦が人道的な救援活動を行なっている最中に、日本の海上自衛隊哨戒機から威嚇的な低空飛行を受けたことが原因だと主張し、日本政府に謝罪を要求しているそうです。 反論動画のおかしな矛盾点 しかし、本来 、韓国駆逐艦が本当に人道的な救援活動を行なっているのではあれば、事前に日本へ通告すればけしてこのような問題に発展せずに済んだかもしれません。 また、 日本の自衛隊機が低空飛行で韓国駆逐艦を威嚇したと言うなら、なんで日本に非難された12月21日にそのことに対して説明をしなかったのかもおかしいです。 とても後から付け足した下手な言い訳にしか思えません。 さらにそもそも、 石川県能登半島沖で日本の領海内である以上、なんの通告もなしに韓国駆逐艦が勝手に侵入し他のであれば、日本側が威嚇的な行動を取るのは当然だと考えられます。 それに対して日本政府に対して謝罪を要求してくるのはなんとも意味不明というか、よっぽど韓国側が日本に謝罪したくないのか。 まあ日本と韓国の関係性は歴史的な背景からも色々と複雑な面があるので仕方がないとは思いますが、それにしても最近の韓国の行動はひどすぎますよね。 いつまで過去の出来事を引きずっているのでしょうかね。 いい加減、反日政策なんて子供じみたことやめたらいいのにと思ってしまいます。 反論動画の完全な加工映像とコラ画像 さらに韓国側の反論動画にはおかしな点がありました。 それは、 Youtubeに公開された反論動画の内容がほとんど加工された映像であり、サムネイル画像は完全なコラ画像であるという点です。 というのも、反論動画は全部で 4分26秒の長さですが、そのうちの韓国側が撮影した映像部分は立ったの 10秒だけ。 それ以外の映像は全て、日本の防衛省が昨年12月末に公開したもので構成されており、 日本の公開した映像が都合の良いように加工されて利用されていました。 またさらにひどいのが、反論動画の サムネイル画像です。 韓国政府の作成したコラ画像の素材がすぐに特定されてしまうw 機番を隠し去る恐ろしい韓国政府のCG技術ww あまりにも情けない韓国政府に対して、5ちゃん動画作成者から韓国政府に動画を提供したいと申し出る始末にwww — たく munataku 韓国の検証動画、サムネイルがコラ画像なのひどすぎない? 政府がやるべきことなのか?これ まとめサイトじゃないんだから — 孫弥 SonmiChina 何としても日本が悪いと証明したいのでしょうが、こちらの画像は残念ながらコラ画像であり、事実と反します。 このような画像を韓国の国防省が動画のサムネイルとして利用してしまうのは、完全な印象操作として捉えられてしまいますよね。 かなり悪質に感じます。 ちなみに実際の日本の自衛隊機と韓国駆逐艦との距離はこんなにも離れていました。 この距離感で低空飛行と言われても困ってしまいますね。 反論動画の違和感満載なBGM 最後におかしな点は、 反論動画のバックに違和感満載なBGMが流れているということです。 普通は、国家という政治組織で、反論を証明するための公式な動画にBGMを流す国はないでしょう。 またそのBGMも、いかにも日本が非常に深刻な行動をしたかのような過剰な演習が施してあり、映画会社に制作を任せたのかと疑ってしまうような動画でした。 どこまで印象操作が好きなのかわかりませんが、さすがに過剰すぎて逆効果に思えますね。 こんな演出の動画を国の代表である機関が公開したら逆に冷めてしまいます。 よくやった!俺は韓国政府を支持する!• アメリカに指示された日本は恐怖で飛ぶしかなかったんだよ。 韓国は日本に謝罪しなければならない。 そのビデオは欠けている。 大韓民国政府と国防部を支持します。 私たちは日本に興味ないのに、毎回私たちは逆上させてる。 我ら大韓民国国防部、ぜひ、日本の謝罪を受けてください!• 次は撃ち落として仕事に戻ろう!• 日本のことわざに「嘘も100回主張するなら、真実になる」という言葉があるほど、古くから捏造が自慢の文化遺産である島国海賊国家日本は人間界の不必要な害虫! 韓国の反論動画に対するアメリカ人の反応• この映像は日本も韓国もどちらも決定的な証拠にはなり得ない。 韓国人が戦艦を動員できたことは驚くべきことです。 実に感動的です。 アメリカは韓国から撤退すべきだ。 ただ搾取しようとしているだけだ• これが日本ではなくロシアだったら、韓国の船は間違いなく沈められてた。 朝鮮民主主義人民共和国が朝鮮民主主義人民共和国に征服されれば、日本と沖縄がその次になるでしょう。 韓国での反日教育がこの事件を引き起こした。 おそらく、韓国は北朝鮮から核兵器材料を受け取ったんだろう。 音楽を含むビジネスプレゼンテーションのように見え、ドキュメントを大幅に削減した動画で、それが偽物であることがわかる。 韓国の反論動画に対するヨーロッパ人の反応• どちらの国をみんな支持する?• 日本の哨戒機が間違っているのは事実だ。 同じ過ちを繰り返すな。

次の

韓国の破産が現実味に…【韓国ニュース:韓国の反応】

韓国の反応まとめ

日本政府が韓国に対する輸出管理の適正化措置を発動してから、すでに3ヵ月以上が経過しました。 これについては当ウェブサイトでも法律などを読み込みながらずいぶんと追いかけて来たのですが、少々時間が経過したという点に加え、韓国政府が日本をWTOに提訴したこと、日韓GSOMIAを破棄すると通告したこと(このままでいけばGSOMIAは11月22日に終了)、という、それだけでも論じるべき点がたくさんある事件にもつながってきます。 そこで、本稿では「総論」として、そもそもの輸出管理適正化措置について簡単に振り返っておきたいと思います。 また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。 輸出管理適正化措置とは? ここ最近、連日のように取り上げている話題が、日本政府・経産省が7月1日に発表したです。 以前から当ウェブサイトをご愛読いただいている皆さまの多くはすでにご承知のことと思いますが、どうしてもこの話題についてこれから何度か言及しなければならないため、ここではほかの記事で参照させるために、「中間まとめ」記事として取りまとめておきたいと思います。 まず、経産省が発動した措置は、正式には『』と呼ばれており、当ウェブサイトの文責で内容をまとめると、ポイントは次のとおりです。 ちなみに、そもそもこの輸出管理は、日本の法律では外為法第48条に根拠規定が設けられています。 外為法第48条第1項 国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。 要するに、「その品目をその国に輸出することを認めたら国際的な平和や安全の維持を妨げることになる」と日本政府が判断した場合には、その国にその品目を輸出してはいけない、というルールであり、これはあくまでも「戦略物資の軍事転用の利用を予防するための措置」なのです。 7月1日から24日まで募集された、寄せられた意見総数は40,666件で、内訳は「おおむね賛成」が95%に達しており、「おおむね反対」は1%に過ぎませんでした。 このため、この措置は8月2日の政令改正、8月7日の公布を経て、8月28日から施行されました。 ここで、グループA~Dの概要は 図表のとおりです。 図表 国別・品目別許可手続 カテゴリー 具体的な国 キャッチオール規制 リスト規制 グループA:旧ホワイト国 4つのレジームのすべてに参加している29ヵ国から韓国などを除いた26ヵ国 免除 一般包括か特別一般包括か個別許可を適用 グループB:レジーム参加国 4つのレジームのいずれかに参加している国 適用対象 特別一般包括か個別許可を適用 グループC:レジーム参加国以外 A、B、Dのいずれにも該当しない国 適用対象 特別一般包括許可か個別許可を適用 グループD:懸念国 懸念国11ヵ国 適用対象 個別許可のみ (【出所】輸出貿易管理令および経産省『』等を参考に著者作成) ここで、「4つの国際輸出管理レジーム」とは、輸出品の武器転用などを防ぐための国際的な4つの仕組みのことです。 4つの国際輸出管理レジームとは?• 参考:4つの国際管理レジームすべてに参加している30ヵ国 アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国、トルコ、ウクライナ (【出所】経産省『』) 一方、グループBは4つのレジームのうちどれか1つに参加している国が指定される区分で、韓国はこの「グループB」に区分されました。 つまり、今回の措置は韓国に対する「モノの流れ」をすべて止めるというものではなく、「(旧)ホワイト国」(現・「グループA」)から「グループB」に区分変更するだけの話です。 韓国に対する「リスト規制品」については、「一般包括許可」は出なくなりますが、個別許可に切り替えられた3品目などを除けば、いずれも「特別一般包括許可」の適用対象ではあり続けていますし、また、キャッチオール規制についても、もともと「すべての製品」が対象になるわけではありません。 なお、グループDの「11ヵ国」(いわゆる「懸念国」)とは、次のとおりです。 参考:いわゆる「懸念国」 『輸出貿易管理令』別表3の2、別表4の国(アフガニスタン、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、イラク、レバノン、リビア、北朝鮮、ソマリア、南スーダン、スーダン、イラン) いずれにせよこの「30ヵ国リスト」を巡り、一部では誤解もあるようですが、諸外国は「4つのレジームすべてに参加しているからといって、自動的にこの30ヵ国をホワイト国に設定している」というものではありません(現に日本自身もこの29ヵ国のうちトルコとウクライナを「ホワイト国」に指定していませんでした)。 日本が韓国をホワイト国指定して来たという点自体、正直、韓国のことを「優遇し過ぎ」ていたのです。 また、フッ化水素やレジストなどについては、経済産業省自身の報道発表等によれば、現時点までに個別輸出許可がすでに何件も出されています。 本日財務省から発表された貿易統計に関連して、8月の大韓民国向けフッ化水素輸出がゼロになったとの一部報道がありますが、経済産業省として8月中も許可の対象となるフッ化水素が大韓民国に輸出されていることを確認しています。 発動した理由 発動しなければならないから発動した さて、ここからあとは、今回の措置の背景について確認してみたいと思います。 まず、「なぜ日本政府がこの措置を発動したか」です。 当ウェブサイトの過去記事『』からの引用で恐縮ですが、経産省が輸出管理の運用見直しを発表した当日、西村康稔(にしむら・やすとし)官房副長官(当時)が記者会見で話した内容について、再掲しておきましょう。 西村副長官は今回の措置を発動したことについて、次のように述べています。 韓国が日本に対してさまざまな不法行為(慰安婦財団解散、自称元徴用工判決問題、レーダー照射事件、上皇陛下侮辱事件)などを仕掛けてきたことは事実ですが、それらの不法行為はあくまでも「信頼を損ねた」というものであり、直接の原因ではありません。 外為法第48条第1項の趣旨は、「輸出管理がずさんな国に戦略物資を輸出したら、その国から第三国などに転売され、軍事転用されてしまう」、「その場合はむしろ日本が間接的に世界の平和に脅威を与えていることになる」、という問題意識にあります。 したがって、今回の措置は「経済制裁として発動した」のではありません。 「発動しなければならないから発動した」ものなのです。 この措置が経済制裁ではない理由 この措置自体が「経済制裁」ではない理由は、ほかにもあります。 以前、『』などでも報告したとおり、ある国がほかの国に「経済制裁」を加えるとしたら、大きく「ヒト・モノ・カネ・情報」の流れの遮断、名目としては「積極的制裁、サイレント型制裁、協調的制裁、消極的制裁、セルフ経済制裁」というパターンが考えられます。 経済制裁・7つの形態• (1)積極的経済制裁• (2)サイレント型経済制裁• (3)協調型経済制裁• (4)消極的経済制裁• さらには、前述のとおり、韓国を「(旧)ホワイト国」から外し、一部品目について個別許可を義務付けたことは事実ですが、これは「禁輸措置」ではありませんので、「経済制裁」として発動したのだとすれば、あまりにも実効性が緩いとしか言い様がありません。 以上、今回の措置が「経済制裁」とはいえない理由をまとめておきましょう。 本気で日本が対韓報復措置を考えているならば、もっと実効性のある措置を打ち出すはず。 韓国の反応 輸出規制、経済報復、貿易報復 さて、日本政府がこの措置を発動した直後から、韓国側はこの措置に対し、「輸出規制だ」、「経済報復だ」、あるいは「貿易報復だ」、といった具合に、日本を舌鋒鋭く批判しています。 要するに、自称元徴用工問題に対する経済報復だ、という決めつけですね。 もちろん、本来、今回の日本政府の措置は単なる「輸出管理の適正化措置」であり、これを「輸出 規制」と呼ぶことは適切ではありません(ただし、わが国でもごく一部のメディアや日本共産党などが、日本政府の措置を「輸出 規制」と頑なに呼び続けていますが…)。 韓国政府がこのように頑なに「輸出規制」と言い続けている理由は、結局のところ、日本を貶めるためではないかと疑われても仕方がないでしょう。 ただ、果たして今回の日本政府の措置が、韓国経済に打撃を与えているのかどうか、という点については、また別の議論でしょう。 実際、韓国政府からは最近、「日本の輸出規制は韓国に実害をもたらしていない」という発言も出てきているようだからです。 ) ウソツキ外交、告げ口外交、瀬戸際外交 ところで、韓国や北朝鮮には、「何か困ったことが発生したとき」には、たいていの場合、次の3つの外交戦術を取る、という共通点があります。 経産省が7月1日にこの措置を発表した直後から、韓国政府は「禁輸措置だ」、「(自称元徴用工問題に対する)経済報復だ」、「WTOルールに反する不当な措置だ」、など、それこそハチの巣をつついたような大騒ぎとなりました。 そのうえで韓国政府は7月12日に産業通商資源部の担当者を東京の経済産業省に派遣しましたが、日本側が会合の性質を『事務的説明会』と説明して同意を得たにも関わらず、韓国側は後日、この会合を勝手に「第1回韓日協議」と発表してしまいました。 そして、当時の世耕経産相をはじめとする経産省側はこれに激怒したようで、当然、第2回目以降の会合は現在に至るまで持たれていません(WTO提訴に関わる会合を除く)。 このあたりの経緯については『』にまとめています。 これについては、7月下旬のWTO一般理事会を皮切りに、韓国政府関係者が各国に出掛け、ウソを取り混ぜながら「日本がいかに悪いか」を喧伝して廻ったのです。 代表的なものだけを列挙しても、次のようなものがあります。 スイス・ジュネーブで現地時間7月24日に行われたWTO一般理事会では、韓国政府の出席者が一方的に日本の非難を始めた(『』参照)• タイ・バンコクで8月2日に行われたASEAN地域フォーラム(ARF)外相会合では、韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官が会議冒頭で日本を強く批判。 河野太郎外相(当時)が反論した(『』参照)• 中国・北京で8月3日に行われたRCEP閣僚会合では、韓国の閣僚が会議で日本を強く批判。 これに世耕弘成経産相(当時)が反論した(『』参照)• 8月のフランスのG7サミットに先立って、韓国政府が高官を英独仏伊・EUに派遣し、G7で日本の主張に傾かないように要求した(『』参照) こうやって改めて振り返ってみると、ウソをつきながら無関係な第三国を巻き込んで日本を貶めるという行動の異常性には驚いてしまいますね。 韓国は現在、日本に対してさまざまな「瀬戸際外交」を仕掛けて来ていますが、その代表例が、次の2つです。 日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)の破棄• 日本の「輸出規制」を不当としてWTOに対して提訴 そして、先ほどの「ウソツキ外交」や「告げ口外交」よりも、こちらの方が厄介です。 というのも、ハンドリングを間違えてしまうと、日本の国益にも打撃が生じかねないからです。 そして、今後韓国が仕掛けてくる「瀬戸際外交」には、この「日韓GSOMIA」、「WTO提訴」以外にもいくつか出てくる可能性もありますので、本件についてはまだまだ予断を許さない展開が続きそうです。 なお、日韓GSOMIA、WTO提訴の2つについては、それだけで論じるべき点がたくさんありますので、これまでの過去記事、あるいは今後執筆する予定の記事において、時事的な話題やそれらの影響について検討していきたいと思います。 当ウェブサイトからのお知らせです。 昨年、当ウェブサイトに掲載した『』シリーズを書籍化しました。 株式会社ビジネス社より『 』が刊行されました。 詳細につきましては『』などもご参照ください。 また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さると助かります(高評価をつけていただく必要はありませんが、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです)。 【PR】スポンサーリンク・広告 記事の転載、引用、記事へのコメントは、に従い、ご自由になさってください。 また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。 お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告 ウェブサイトからのお知らせ コメントは「関連記事」の下に入力可能です。 注意事項を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。 なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。 是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。 なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はにて常に30件表示しています。 これを機に、ぜひ、「 」をブックマークに登録してください。 に だんな より• に G より• に ベビーヨーダ より• に だんな より• に 猫足らず より• に 匿名 より• に タナカ珈琲 より• に ボーンズ より• に タナカ珈琲 より• に 匿名 より• に 門外漢 より• に ボーンズ より• に より• に 墺を見倣え より• に 農民 より• に ダブルスタンダードは嫌い より• に れんげ草 より• に epicurian より• に 韓国在住日本人 より• に 牛人 より• に 奇跡の弾丸 より• に 奇跡の弾丸 より• に 簿記3級 より• に りょうちん より• に 心配性のおばさん より• に 牛人 より• に 牛人 より• に クロワッサン より• に しきしま より• に クロワッサン より• に ヘラクレス より• に とある福岡市民 より• に とある福岡市民 より• に 龍 より• に とある福岡市民 より• に 奇跡の弾丸 より• に とある福岡市民 より• に りょうちん より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 権兵衛 より• に タナカ珈琲 より• に よし より• に 匿名 より• に カズ より• に 田舎人 より• に りょうちん より• に カズ より• に 奇跡の弾丸 より• に あにまる豚 より• に 奇跡の弾丸 より• に だんな より• に だんな より• に buchineko より• に ちかの より• に 匿名 より• に パルプンテ より• に 沖縄の三十路 より• に Nobody より• に ぷー より• に Nobody より• に だんな より• に だんな より• に 閑居小人 より• に だんな より• に マスコミ関係の匿名 より• に 非国民 より• に マスコミ関係の匿名 より• に わんわん より• に 引きこもり中年 より• に 匿名 より• に 韓国在住日本人 より• に 匿名 より• に めがねのおやじ より• に ad より• に 阿野煮鱒 より• に 阿野煮鱒 より• に 阿野煮鱒 より• に タナカ珈琲 より• に マスコミ関係の匿名 より• に マスコミ関係の匿名 より• に だんな より• に 匿名 より• に 自転車の修理ばかりしている より• に 自転車の修理ばかりしている より• に 匿名 より• に 阿野煮鱒 より• に ボーンズ より• に Nobody より• に 農民 より• に じゃん🐈 より• に 阿野煮鱒 より• に れんげ草 より• に りょうちん より• に りょうちん より• に 阿野煮鱒 より• に 阿野煮鱒 より• に 酔いどれ天使 より• に H より• に 龍 より• に 名無しの権兵衛 より• に だんな より• に 福岡在住者 より• に 名無し元日本共産党名無し より• に 龍 より• に JJ朝日 より• に めがねのおやじ より• に 匿名 より• に マロンP より• に カズ より• に 龍 より• に タナカ珈琲 より• に 問題のすり替え より• に ブリジット より• に より• に じゃん🐈 より• に 路傍のリンドウ より• に 良心が無いのは・・・ より• に のびたん より• に じゃん🐈 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に じゃん🐈 より• に 門外漢 より• に 匿名 より• に じゃん🐈 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 名無名無し より• に 捨韓人 より• に 晴 より• に 匿名 より• に 日本文化を守れ~ より• に 匿名 より• に もう駄目あの国 より• に りょうちん より• に マスコミ関係の匿名 より• に ハゲ親父🐧 より• に まんなっか より• に めがねのおやじ より• に りょうちん より• に sey g より• に 閑居小人 より• に 農民 より• に はにわファクトリー より• に 五十子さんの目 より• に パーヨクのエ作員 より• に ボーンズ より• に 匿名 より• に より• に めがねのおやじ より• に ボーンズ より• に より• に ハゲ親父🐧 より• に めがねのおやじ より• に だんな より• に 門外漢 より• に だんな より• に より• に 門外漢 より• に だんな より• に より• に だんな より• に より• に より• に j より• に はにわファクトリー より• に はにわファクトリー より• に カズ より• に より• に WindKnight. jp より• に クロワッサン より• に カズ より• に クロワッサン より• に クロワッサン より• に クロワッサン より• に クロワッサン より• に 墺を見倣え より• に パーヨクのエ作員 より• に はなまる より• に ラスタ より• に りょうちん より• に りょうちん より• に りょうちん より• に 成功できなかった新薬開発経験者 より• に 五十子さんの目 より• に H より• に クロワッサン より• に 心配性のおばさん より• に ぷー より• に 名無しのPCパーツ より• に G より• に イージス より• に H より• に H より• に めがねのおやじ より• に とある福岡市民 より• に G より• に 匿名 より• に カズ より.

次の

おーるじゃんる

韓国の反応まとめ

【照射 韓国が反論映像を公開か】 海上自衛隊の哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省当局者は反論映像の作成を進め、公開を検討しているという。 日本側に謝罪も求めている。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 2019年1月4日、 石川県能登半島沖で海上自衛隊P1哨戒機が韓国駆逐艦から 火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省は日本政府側の主張に対して 反論する動画をYoutubeに公開しました。 しかし、実際は 韓国側の反論主張に対していくつかの矛盾と思われる点や サムネイル画像が悪質なコラ画像であることが判明! とても韓国の国防省が公式に公開した反論動画だとは思えないような内容でした。 そこで今回は、 そんな韓国側の反論動画に対する韓国国民の反応や海外での反応についてまとめていきたいと思います。 韓国国防省の反論動画が矛盾とコラ画像だらけで悪質すぎる! 2019年1月4日、韓国の国防省が レーザー照射問題の日本の主張に対する 反論の動画をYoutubeに公開し、「 日本側はこれ以上、事実を歪曲する行動をやめて、韓国に対して脅威を与えた低空飛行について謝罪すべきだ」と主張しました。 おいおい加害者側だった立場なのにいきなり被害者ぶるのかよと言いたくなりますが、どうやらこの反論動画が色々とおかしな点があったようです。 実際に公開された反論動画がこちら! 韓国側は、 韓国駆逐艦が人道的な救援活動を行なっている最中に、日本の海上自衛隊哨戒機から威嚇的な低空飛行を受けたことが原因だと主張し、日本政府に謝罪を要求しているそうです。 反論動画のおかしな矛盾点 しかし、本来 、韓国駆逐艦が本当に人道的な救援活動を行なっているのではあれば、事前に日本へ通告すればけしてこのような問題に発展せずに済んだかもしれません。 また、 日本の自衛隊機が低空飛行で韓国駆逐艦を威嚇したと言うなら、なんで日本に非難された12月21日にそのことに対して説明をしなかったのかもおかしいです。 とても後から付け足した下手な言い訳にしか思えません。 さらにそもそも、 石川県能登半島沖で日本の領海内である以上、なんの通告もなしに韓国駆逐艦が勝手に侵入し他のであれば、日本側が威嚇的な行動を取るのは当然だと考えられます。 それに対して日本政府に対して謝罪を要求してくるのはなんとも意味不明というか、よっぽど韓国側が日本に謝罪したくないのか。 まあ日本と韓国の関係性は歴史的な背景からも色々と複雑な面があるので仕方がないとは思いますが、それにしても最近の韓国の行動はひどすぎますよね。 いつまで過去の出来事を引きずっているのでしょうかね。 いい加減、反日政策なんて子供じみたことやめたらいいのにと思ってしまいます。 反論動画の完全な加工映像とコラ画像 さらに韓国側の反論動画にはおかしな点がありました。 それは、 Youtubeに公開された反論動画の内容がほとんど加工された映像であり、サムネイル画像は完全なコラ画像であるという点です。 というのも、反論動画は全部で 4分26秒の長さですが、そのうちの韓国側が撮影した映像部分は立ったの 10秒だけ。 それ以外の映像は全て、日本の防衛省が昨年12月末に公開したもので構成されており、 日本の公開した映像が都合の良いように加工されて利用されていました。 またさらにひどいのが、反論動画の サムネイル画像です。 韓国政府の作成したコラ画像の素材がすぐに特定されてしまうw 機番を隠し去る恐ろしい韓国政府のCG技術ww あまりにも情けない韓国政府に対して、5ちゃん動画作成者から韓国政府に動画を提供したいと申し出る始末にwww — たく munataku 韓国の検証動画、サムネイルがコラ画像なのひどすぎない? 政府がやるべきことなのか?これ まとめサイトじゃないんだから — 孫弥 SonmiChina 何としても日本が悪いと証明したいのでしょうが、こちらの画像は残念ながらコラ画像であり、事実と反します。 このような画像を韓国の国防省が動画のサムネイルとして利用してしまうのは、完全な印象操作として捉えられてしまいますよね。 かなり悪質に感じます。 ちなみに実際の日本の自衛隊機と韓国駆逐艦との距離はこんなにも離れていました。 この距離感で低空飛行と言われても困ってしまいますね。 反論動画の違和感満載なBGM 最後におかしな点は、 反論動画のバックに違和感満載なBGMが流れているということです。 普通は、国家という政治組織で、反論を証明するための公式な動画にBGMを流す国はないでしょう。 またそのBGMも、いかにも日本が非常に深刻な行動をしたかのような過剰な演習が施してあり、映画会社に制作を任せたのかと疑ってしまうような動画でした。 どこまで印象操作が好きなのかわかりませんが、さすがに過剰すぎて逆効果に思えますね。 こんな演出の動画を国の代表である機関が公開したら逆に冷めてしまいます。 よくやった!俺は韓国政府を支持する!• アメリカに指示された日本は恐怖で飛ぶしかなかったんだよ。 韓国は日本に謝罪しなければならない。 そのビデオは欠けている。 大韓民国政府と国防部を支持します。 私たちは日本に興味ないのに、毎回私たちは逆上させてる。 我ら大韓民国国防部、ぜひ、日本の謝罪を受けてください!• 次は撃ち落として仕事に戻ろう!• 日本のことわざに「嘘も100回主張するなら、真実になる」という言葉があるほど、古くから捏造が自慢の文化遺産である島国海賊国家日本は人間界の不必要な害虫! 韓国の反論動画に対するアメリカ人の反応• この映像は日本も韓国もどちらも決定的な証拠にはなり得ない。 韓国人が戦艦を動員できたことは驚くべきことです。 実に感動的です。 アメリカは韓国から撤退すべきだ。 ただ搾取しようとしているだけだ• これが日本ではなくロシアだったら、韓国の船は間違いなく沈められてた。 朝鮮民主主義人民共和国が朝鮮民主主義人民共和国に征服されれば、日本と沖縄がその次になるでしょう。 韓国での反日教育がこの事件を引き起こした。 おそらく、韓国は北朝鮮から核兵器材料を受け取ったんだろう。 音楽を含むビジネスプレゼンテーションのように見え、ドキュメントを大幅に削減した動画で、それが偽物であることがわかる。 韓国の反論動画に対するヨーロッパ人の反応• どちらの国をみんな支持する?• 日本の哨戒機が間違っているのは事実だ。 同じ過ちを繰り返すな。

次の