枝豆 の 栽培。 農家が教える枝豆の栽培方法 「乾燥」と「カメムシ」対策が重要! ぎっしり詰まった実を育てるには?

農家が教える枝豆の栽培方法 「乾燥」と「カメムシ」対策が重要! ぎっしり詰まった実を育てるには?

枝豆 の 栽培

枝豆 エダマメ の種まき、苗植えの時期と方法は? 種まき 4~5月の間に、種を育苗ポットにまいて育てていきます。 3号(直径9cm)の育苗ポットに赤玉土(小粒)など種まき用の土を入れ、2~3粒の種を深さ1. 5cmほどのところに押し込みましょう。 種に土を被せたら、たっぷりと水を与え、土が乾かないよう水やりをして管理していきます。 2~3週間ほどたって、本葉が生えてきたら生育の悪い苗を1本間引き、本葉が2枚生えたらプランターや畑に植え替えてください。 苗植え 4~5月の間に、育苗したものか購入した苗を鉢やプランター、畑に植え付けていきます。 8号鉢に1株、65cmプランターに3~4株が植え付けの目安です。 株同士の間隔を20~30cm空くようにするとよいですよ。 地植えは、土作りをすませた畑に、高さ10cm、幅70~80cmの畝を作ります。 そして、表面を黒マルチで覆い、株同士の間隔が20~30cm空くように穴を開けて植え付けてください。 枝豆 エダマメ の栽培・育て方!土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り 水はけと水もちのバランスがよい土であれば、特に土質は選びません。 鉢やプランターなら野菜用の培養土を使うのが簡単にはじめられますよ。 畑の土には、植え付ける2週間前に1㎡あたりコップ1杯(100~150g)の苦土石灰を施しておきます。 その後、植え付ける1週間前に完熟牛糞堆肥と緩効性化成肥料を混ぜ込み、その後畝を作っていきましょう。 水やり 鉢やプランターでの栽培なら、土の表面が乾いたら水を与えます。 特に、花が咲いて実が付く頃に乾燥すると、葉っぱや実が落ちてしまうことがあるので注意してください。 肥料 土作りのタイミングで、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を土に混ぜ込んでおけば、たくさんの肥料を追加で与える必要はありません。 ただ、花が咲きはじめたら1週間に2~3回のペース薄めた液体肥料を水やり代わりに与えると、実付きがよくなりますよ。 種まきから40~50日後が開花期の目安です。 枝豆 エダマメ の栽培・育て方で注意する病気や害虫は? 枝豆は、カメムシの被害によくあいます。 花が咲く頃からよく見られるようになり、実が小さいうちに栄養を吸い取ってしまい、実が太らなくなります。 見つけたらすぐに野菜用の薬剤や手で取り除いていきましょう。 トンネル支柱とネットで、飛来を防ぐのも有効です。 枝豆 エダマメ の栽培・育て方のポイントは? 枝豆は、肥料を控えめにすることが大切です。 マメ科の植物は、根に付いている根粒菌を利用して、窒素肥料を自分でまかなっているため、ほとんど必要としないのです。 肥料を与えすぎてしまうと、枝葉ばかりが茂り、実付きが悪くなってしまうので注意してください。 また、種まきから育てるときは、本葉が生えるまでの間に鳥が苗を食べてしまうことがあるので、苗までは育苗ポットで育てた方が安心です。

次の

枝豆のプランター栽培の結果と根粒菌のはたらき!

枝豆 の 栽培

黒豆 黒大豆 とは?どんな植物? 黒豆は大豆の品種の1つで栄養成分も変わらず、体を作る上で欠かせないタンパク質と更年期障害などを解消するイソフラボンを豊富に含んでいます。 草丈は50~80cmほどに育ち、夏になると薄紫や薄いピンク、白い花を咲かせます。 秋から冬にかけてサヤが付き、中に黒豆がつきます。 黒豆は大豆に比べて皮が薄く、アントシアニン系の色素を含むことから黒色をしています。 学名 Glycine max L. これに対して枝豆は大豆の成長途中の未熟なものを指します。 そのため、黒豆を未熟な状態のときに収穫する黒枝豆も存在します。 黒枝豆は通常の枝豆とくらべてサヤが少し黒っぽく、黒豆特有の深い甘みがあります。 食べ方は枝豆と同じですが、枝豆に比べて収穫期が短くあまり見かけることはありません。 黒豆 黒大豆 の種類や品種は? 黒豆は北海道や東北で生産される光黒や玉大黒と、京都や兵庫といった関西地方で育てられる丹波黒が広く知られています。 光黒や玉大黒に比べて丹波黒は大粒で、甘みも強いことが特徴です。 黒豆 黒大豆 の栽培!基本の土の作り方は? 黒豆の苗を植える2週間前から畑の土を作っていきます。 植える場所が決まったら、1㎡あたり100g コップ1杯くらい の苦土石灰を混ぜながら土をよく耕しましょう。 1週間寝かせたら今度は1㎡あたり堆肥2kgと有機質肥料を50を土に加えてさらに混ぜあわせます。 肥料リン酸とカリウムのよいものを使ってください。 土の水はけをよくするために幅80~100cm、高さ10~15cmの畝を作れば土作りは完了です。 種をセルトレーにまかず直接地面にまくときは上記の土作りをしてから行うようにしましょう。 黒豆 黒大豆 の種まきの時期と方法は? 関東より南の温かい地域は3~5月下旬、関東より北の寒い地域は5~6月が種まきの適期です。 種まきが早すぎると茎葉が育ちすぎてしまうので注意しましょう。。 種はセルトレーや育苗ポットで苗を育ててから畑に植えるか、直接畑に種をまいて育てるかのどちらかです。 地面に埋めた種がとりに食べられることがよくあるので、はじめての方は育てた苗を畑に植える方が安心です。 セルトレーなら1区画に1粒、育苗ポットなら1つの植え穴に2~3粒がまく種の数の目安です。 種まき用の土をセルトレーや育苗ポットに入れて湿らせる• 土に指で深さ1cmほどの穴を空ける• 種に入っているへそと呼ばれる部分を下にして種をまく• 薄く土を被せる• たっぷりと水やりをする• 土が乾かないよう水やりをして日向で管理する• ただ、株同士の間隔が狭いと蒸れてしまうので、種まきをする穴の間隔を40cm空けます。 黒豆 黒大豆 の苗植えの時期と方法は? 黒豆の苗が十分育ったら畑に植え替えていきます。 苗と苗の間隔は40~80cm空けると蒸れずにすみます。 苗がすっぽり入る大きさの穴をスコップで掘り、双葉が地表すれすれになるよう深めに植えていきます。 プランターで育てるなら、60cm幅の深さがあるものに地植えと同じ方法で1~2株植え付けてみてください。 黒豆 黒大豆 の水やりと追加の肥料、土寄せの時期と方法は? 水やり 黒豆は生長段階によって水やりのタイミングが変わります。 栽培しはじめの頃は湿気に弱いので、乾燥気味に管理してください。 一方、花が咲いてからは水が足りないとサヤができにくくなり、収穫量が減ってしまいます。 土が乾いたらすぐに水やりをしていきましょう。 7~8月の間は7~10日に1回夜に水やりをするくらいがちょうどよいですよ。 追加の肥料の与え方は? 開花した後は、黒豆の窒素吸収量が増えるので、花が咲きはじめたタイミングで窒素成分の多い化成肥料を施すとよく生長します。 ただ、堆肥が十分入っている土なら基本的に追加の肥料は不要です。 豆類は肥料が多すぎると茎や葉が育ちすぎ、花の数が減ってサヤの付きが悪くなるので注意してください。 土寄せ 苗が成長途中で倒れるのを防ぎ、根の発達を促すために株へ定期的に土を寄せていきます。 本葉が2~3枚生えたタイミングで下2枚の本葉が地際になるように、本葉が4枚以上生えてたら花が咲く前に下の本葉2枚が隠れるくらいまで土を株元に寄せていきます。 黒豆 黒大豆 栽培で注意する病気や害虫は? ウイルス病 ダイズモザイクウイルスによるモザイク病が発生します。 病気にかかった株はすぐ土から抜き取るとともに、媒介となるアブラムシを薬剤で除去してください。 茎疫病 土壌伝染病で雨が降ることで広がり、立ち枯れの原因となります。 水はけの悪い土に起こりやすく、水やりによって助長されるので、土の水はけをよくします。 アブラムシ・シンクイムシ・カメムシ 黒豆には様々な害虫が発生します。 いずれの場合も発生したらすぐに野菜に使える農薬を使って駆除していきましょう。 黒豆 黒大豆 の収穫の時期と方法は? 茎が黄色に変わり、サヤがよく乾いて褐色になった11月下旬頃に黒豆の収穫を行います。 収穫直後は水分が多いので豆を取り出す前に十分乾燥させていきましょう。 水分が多い状態だと豆が傷みやすくなります。 枝豆ならサヤが十分太って甘みが増す10月中旬頃が収穫の適期です。 黒豆 黒大豆 の育て方のポイントは? 過去にマメ科の植物を育てた土を使わない 豆類は連作障害を起こしやすい植物で、黒豆も例外ではありません。 過去にマメ科の植物を育てた土で育てると、立ち枯れ病などが起こって枯れてしまいます。 鉢やプランター植えにするなら清潔な土を使い、地植えにするなら5年以上マメ科の植物を育てていない場所を選ぶと安心です。 土の水はけをよくする 大豆は初心者にやさしい育て方の簡単な植物ですが、黒豆は水やりや湿度の管理がむずかしいです。 基本的に湿度の高い環境が苦手なので、水はけのよい土に植えていきます。 ただ、花が咲く頃に土が極端に乾燥してしまうと花芽が落ちてしまい、サヤの数が減ってしまいます。 成長段階や時期に合った環境を整えていきましょう。 黒豆 黒大豆 を栽培しよう 「畑の肉」と呼ばれ、良質なたんぱく質や必須アミノ酸、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンなどが豊富に含まれる大豆。 黒豆は大豆同様の栄養価を持ちながら、絶妙な甘みや食感で、特に「丹波黒」は高級品として出回っています。 手間がかかる分収穫の喜びはひとしおです。 ぜひ黒豆好きなら挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

枝豆のプランター栽培の結果と根粒菌のはたらき!

枝豆 の 栽培

枝豆の種まきの時期 枝豆の種まき時期は一般的に 4月・ 5月・ 6月です。 種まきをしてから80日前後で収穫が可能です。 そのため、 4月まきなら収穫は7月ごろ 5月まきなら収穫は8月ごろ 6月まきなら収穫は9月ごろ に収穫できます。 それぞれの時期に適した品種を選択するようにしましょう。 枝豆は様々な品種が販売されていますが、4月まきなら早生品種と書いてあるものを、6月まきなら晩生品種を選ぶと間違いがありません。 枝豆のまき方 植え付け時期にかかわらず枝豆の種まきの注意点は、• 株間20cm以上をあけること• 1粒ずつ植えること です。 株間は20cm以上あける まず、株間についてですが、枝豆はそれぞれの株の間が狭く混みあっていると、太陽が株の間に十分に当たらないので実のつきが悪くなります。 また、光が当たらないと株が倒れる原因にもなります。 株間は十分広くする必要があります。 どのくらい株間が必要かというと、種をまく時期によって変わってきます。 4月まきなら、株間は20cm• 5月まきなら、株間は最低25cm• 6月まきなら、株間は30cm以上 5月まき、6月まきの枝豆は気温が上がって株が大きくなるのでその分株間を広くとる必要があります。 1粒ずつ植える また、いくら株間を広くとっても何粒も一緒にまいていては1株が混みあってしまって実のつきが悪くなります。 最近の種は発芽効率がよく、ほとんど発芽します。 種は 1粒ずつまくようにしましょう。 もし、どうしても発芽が心配であれば、2粒ずつまいて芽が出たら間引きましょう。 間引きの方法は枝豆を引っこ抜くのではなく、根元からはさみで切ります。 こうすることで残す方の根を痛めることなく間引くことができます。 枝豆の土寄せのタイミング 枝豆は株が大きくなってくると倒れるのを防ぐために土寄せをおこないます。 この土寄せにも、ポイントがあるので紹介します。 先に説明しておくと、子葉とは、一番最初に生えてくる丸い葉っぱのことです。 初生葉とは、子葉の次に生えてくる葉っぱのことです。 初生葉の次に生えてくる葉が、第1本葉といい、その後第2、第3本葉が順次生えてきます。 1回目の土寄せは、本葉3~4枚ごろに子葉の下まで まず1回目の土寄せは、本葉が3~4枚のころにおこないます。 このころはまだ子葉でも光合成をおこなっているので子葉まで土をかぶせてしまうと生育が遅くなります。 1回目の土寄せは子葉の下までにしましょう。 2回目の土寄せは、本葉6~8枚ごろに初生葉の下まで 2回目の土寄せは、本葉が6~8枚出てきたころにおこないます。 このくらい枝豆が大きくなると、子葉がなくても十分に光合成ができるので初生葉の下まで土を寄せることができます。 株が大きくなるとその分枝豆が倒れる可能性が大きくなるのでしっかり土寄せをおこないましょう。 枝豆の追肥の時期 枝豆は花が咲いてから枝豆が肥大していく時期に肥料切れすると花が落ちてしまってさやがつかなかったり、さやがついても途中で落ちてしまいます。 また、さやは落ちなくても実が入りが悪くなります。 枝豆は収穫の1ヶ月前に開花するといわれています。 開花から収穫までの期間に肥料切れして収量が少なくなってしまわないように、 窒素成分で10㎡あたり20~30g追肥するようにしましょう。 窒素以外にもリン酸とカリウムも実を作るうえで重要な働きをするので窒素だけでなくリン酸とカリウムも入った肥料を与えましょう。 追肥は面倒だから種をまくときに多めに肥料を入れてしまおう。 と考える人がいるかもしれませんが、種をまくときに入れた肥料は枝豆の木が大きくなるために使われてしまいます。 収量を増やすためには、 開花後の追肥が必要になります。 また、肥料と同じくらい 水分も重要です。 開花期から収穫期までの間水分を切らしてしまうと、実が太らず、香りも弱くなります。 肥料と合わせて水分もたっぷり与えてあげましょう。 枝豆の収量アップの裏技 ここまでは枝豆を育てるうえでのポイントを紹介しましたが、最後に枝豆の収量アップの裏技を紹介します。 枝豆は、ほかの豆類と同様に根粒菌と共生関係にあり、根から吸収する窒素成分の30~50%を根粒菌に依存しています。 根粒菌が少ないと枝豆が吸収できる窒素成分も減ってしまうため枝豆の収量が減ってしまいます。 そこで根粒菌を増やすことができる資材を紹介します。 は種にまぶすことで枝豆と共生する根粒菌を増やすことができる資材です。 まめぞうをまぶしてから種をまくことで、普通に種をまくよりも根粒菌を増やすことができます。 使い方は、枝豆の種を袋にうつしてまめぞうを袋に入れて混ぜるだけです。 まめぞうをまぶした枝豆の種をまくだけで簡単に収量アップすることができます。 ただし、まめぞうは種まき後にふりかけても効果がないので、必ず種まきをする前に使用するようにしましょう。 まめぞうは枝豆用のほかにそらまめや落花生用などがあるので間違えないようにしてください。

次の