会社説明会 お礼 メール。 会社説明会 お礼 メール 必要に関する企業情報|マイナビ2022

会社説明会に参加した後、お礼メール送った?人事の印象に残ったメール、送るときのポイントは?

会社説明会 お礼 メール

会社説明会が終わったら企業側からお礼メールを送ろう! 会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。 会社説明会は、求職者を自社に惹きつけるための施策ですが、逆に求職者を失望させてしまうきっかけにもなり得る母集団形成の手法です。 企業側が優秀な人材をチェックできる場であると同時に、学生側から評価される場でもあるため、入念な準備が必要です。 マイナビが学生を対象に行った調査によると、印象の良かった個別企業セミナーの理由として「社員が魅力的だった」「セミナーの雰囲気が和やかだった」「就活生への対応が丁寧だった」などが挙げられています。 出典元 マイナビの調査結果からは、社員の魅力やセミナーの雰囲気といった「社員の対応」だけではなく、就活生への対応の丁寧さという「会社の対応」を重視する求職者の多さが見て取れます。 会社説明会における求職者への対応とは、イベント当日の受付や質疑応答の対応だけに限らず、イベント前後のメールによる対応も含まれます。 特に会社説明会が終わった後に会社側からお礼メールがあると、求職者側に「丁寧な企業だ」という印象を持ってもらいやすくなります。 今回の記事では、会社説明会後に企業側から送るお礼メールについて、送付の目的や内容の例文をご紹介します。 会社説明会後に企業側から送るお礼メールの目的や例文とは? 会社説明会後に企業側からお礼メールを送る目的とは? 企業側が会社説明会後にお礼メールを送る目的は、大きく分けて2つあります。 1つ目の目的は今後の選考スケジュール案内、2つ目の目的は求職者一人ひとりへの丁寧な対応による企業アピールです。 求職者の中でも特に新卒学生においては、企業から自分に向けての配慮が大きければ大きいほど、企業への好感度が上がる傾向があります。 また、新卒学生に限らず就職活動の選考スケジュールは非常にタイトなため、早い段階で今後のスケジュールを伝えておけば、求職者の予定を押さえやすくなります。 会社説明会後に企業側からのお礼メールを作成する際のポイントとは? 会社説明会後に企業側からのお礼メールを作成する際のポイントとしては、細かい内容や文面も大切ですが「会社説明会に参加してもらってありがとう」という感謝の気持ちが大切です。 メールの冒頭でしっかりと感謝の気持ちを伝えた上で、今後の選考スケジュールに関する内容を記載しましょう。 お礼メールの文面に関しては、あまり凝った内容にしない場合は、丁寧なビジネスライクの文章で書くとよいでしょう。 お礼メールの中で企業の個性をアピールしたい場合や、より参加者との距離を縮めたい場合には、フランクな文面で送る方法もあります。 求職者は、志望度が高い企業のメールであればあるほど内容を丁寧に読んでくれるので、たかがお礼メールと油断せず、求職者に好感を持ってもらえるようなメールを作成しましょう。 会社側が会社説明会後に送るお礼メールの例文とは? 会社説明会後に会社側から送るお礼メールについて、基本となる例文をご紹介します。 「お礼メールを送ってみようとは思うけど、どんな風に書けばいいか分からない」という人事担当者の方は、以下の例文を参考にしつつ、自社の社風やターゲット像に合わせたお礼メールを作成してみてください。 【本文】 この度はお忙しい中、弊社説明会にご参加いただき、ありがとうございました。 会社説明会の内容についてはご満足いただけたでしょうか? 〇〇さんに弊社の雰囲気や魅力がしっかりと伝わり、参考にしていただけたようであれば幸いです。 もし説明会の内容でまだ聞き足りないことや、時間が経って聞きたいと思ったことがありましたら、遠慮なくメールでもお電話でもご連絡いただければと思います。 今後の選考への参加をご希望される方は、本日お渡しいたしましたエントリーシートのご提出をお願いいたします。 また、一次選考会の予定は来月を予定しております。 具体的な日程が決まり次第、改めてご案内させていただきます。 それでは一次選考当日、〇〇さんにまたお会いできることを、弊社社員一同楽しみにしております。 会社説明会後に企業側から送るお礼メールは、求職者の志望度アップにつながる! 会社説明会後に企業側から送るお礼メールは、求職者に今後の選考に進んでもらうためのフォローとしてだけでなく、今後の選考スケジュールの再確認としても重要な意味を持ちます。 企業側からのお礼メールは必ず送らなくてはならないものではありませんが、会社説明会に参加してくれた求職者の志望度を少しでも上げるために、送付を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

会社説明会の参加申し込みメールの送り方【ポイント・例文付き】

会社説明会 お礼 メール

会社説明会に参加した後、感謝のお礼メールを書こう!と思ってもどう書いていいかわからず困っていませんか? 社会人経験がないと、ビジネスの場面にふさわしいお礼メールの書き方なんてわかりませんよね。 でも、大丈夫。 ゼロからでもわかるように、わかりやすい例文つきで、会社説明会のお礼メールの書き方を解説致します! 会社説明会のお礼メールを出すと、有利になるのか? そもそも、会社説明会参加のお礼メールは書かなければならないものなのでしょうか。 もちろん、お礼を出すのは学生の自由ですから、書かなくても何も問題はありません。 書かないと、低評価になることもありません。 会社説明会のお礼メールを出すと、有利になるのか? ただ、説明会のお礼メールを出せば、選考にプラスに働きます。 わざわざお礼を出すような律儀な学生はあまりいません。 だから、説明会参加のお礼メールを出せば、人事に「律儀で礼儀正しい学生だな」という印象を与えられます。 志望度の高い企業の説明会に参加した際は、お礼メールを書いても、損はありません。 会社説明会のお礼メールを出すタイミングは? もし、会社説明会参加のお礼メールを出す場合は、出来れば当日に送りましょう(説明会から24時間以内)。 最低でも、次の日には出すようにしましょう。 レスポンスが早ければ早いほど、相手の印象に残るからです。 当日のなるべく早い時間 ビジネスの場では、何事に対しても素早い行動が大切です。 お礼メールを送る場合は、できる限り説明会当日の、なるべく早い時間に送るようにしてください。 「今日は疲れているから…」「もう遅い時間だから…」などと言い訳して、お礼メールを送るのを後回しにしてしまわないようにしましょう。 後回しにすればするほど、結局送り忘れてしまったり、送ったとしても「今さらか…」と思われてしまいかねません。 また、採用担当者はたくさんの学生とやり取りをしたり、何度も説明会を担当している可能性もあります。 時間が経てば経つほど、「どんな説明会だったのか」「どんな学生だったか」という記憶が薄れていき、お礼メールの効果が弱くなってしまいます。 もし、帰宅後に送るのではだらけてしまいそうな人は、説明会の後すぐにカフェなどへ寄って、お礼メールを作成しましょう。 説明会直後であればあるほど、話の内容も鮮明に覚えていますし、メールの文章も考えやすくなります。 あなたの就活力はどのくらい? 就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。 就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。 ぜひ、「」で今の自分の就活力を診断してみましょう。 無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。 本日は、貴社の説明会に参加させていただき、誠にありがとうございました。 次に、大学名・学部・名前を名乗ります。 冒頭の挨拶は、説明会に参加した後なので、「本日は、貴社の説明会に参加させていただき、誠にありがとうございました。 」を使うと良いでしょう。 相手の所属など宛名を間違えないようにする 送信先のメールアドレスを間違えることはもってのほかですが、それ以外にも相手の所属や役職、氏名を間違えることも、大変失礼にあたりますので注意してください。 メールを送る際は、一通り文章を作り終えたら自分で一度読み直し、宛名に間違いがないか、漢字の変換ミス等も含めてよく確認するようにしましょう。 特に、過去に自分が送ったメールからコピペしてお礼メールを作成する場合は注意が必要です。 他社の社名や別の担当者の名前が残っていないか、宛名だけで無く文中も含めて、細かくチェックしてください。 なお、もし名刺などをいただいている場合は、書かれている情報と自分が入力した内容を照らし合わせて、一文字ずつ確認していくようにしてみてください。 そうすることで、ただ読み返している時よりもミスに気がつきやすくなるため、おすすめです。 会社説明会の感想を書く 説明会の全体の感想だけでは、どうしても定型文になる。 あなただけのオリジナルなお礼メールをつくるには「特に印象に残った点」をしっかり書くこと 具体的に簡潔に述べる 「特に印象に残った点」を書くことは、あなただけのオリジナルなお礼メールに欠かせない要素ですが、あまりにも量が多かったり、だらだらと長すぎる文章は、かえって逆効果になってしまいます。 印象に残ったことを書く場合は、「具体的」かつ「簡潔に」述べるようにしましょう。 どうしても長くなってしまいそうな場合は、メールを作成する前に、あらかじめ今回の説明会の「どんなところが印象に残ったのか」「なぜその話が印象に残ったのか」を書き出してみてください。 その後、お礼メールに取り入れたいものをピックアップして文章にまとめていくと、相手が読みやすい適切な長さで書きやすくなります。 もし、伝えたいことが多すぎて話題を絞りきれない場合は、「特に印象に残ったのは以下の〇点です」と記載して、印象に残った点を箇条書きにすることもおすすめです。 熱意を伝えることも大切ですが、相手にとって読みやすく、内容の伝わりやすい文章や構成を心がけましょう。 説明会で入社意欲が高まった点に触れる 例文 今後は、頂いた資料を熟読し、貴社の理解を深めていきたと考えております。 お忙しい中、貴重な時間を割いていただいたこと、改めてお礼を申し上げます。 就職活動への積極的な姿勢を示すために「この説明会の後、どう行動していくか」という抱負を述べましょう。 最後に、改めて説明会のお礼をします。 重ねてお礼をすることで、よりあらたまった印象のお礼メールになります。 あくまでも入社の意志を書く お礼メールで今後の就職活動の抱負を語る際は、ただ「どのように就職活動期間を過ごそうと思うのか」を書くだけではなく、「選考に向けて意欲が高まった」ということをアピールすることも大切です。 「説明会での〇〇という話に感銘を受け、より御社の一員として働きたくなった」という想いを伝えたり、「今後の就職活動期間をどのように過ごし、その会社の社員としてふさわしい人間になるためにどんな努力をするのか」など、選考に向けての具体的な行動を示すことができれば、志望度の高さが伝わり好印象を与えることができます。 もし、そこで採用担当者に覚えてもらうことができれば、後々の面接などで有利になる可能性もあり、他の就活生と差別化を図ることもできるかもしれません。 とはいえ、その他の対策も必要不可欠なので、お礼メールを送ったからといって安心せず、きちんと面接対策などを行うようにしてください。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【例文つき】会社説明会のお礼メールの書き方とマナー

会社説明会 お礼 メール

合同会社説明や個別の会社説明会に参加したら必ずお礼メールを送りましょう。 絶対に送らないといけないという決まりがあるわけではありませんが、OBOG訪問をしたときや面接を受けたときなども同じように、何かをしてもらったらなるべくお礼メールを送るようにしましょう。 大切なのは、その日のうちに送ることです。 人事担当者の記憶が鮮明なうちに送ることで感謝の気持ちがよく伝わり、自分のことを思い出してくれる可能性が高くなります。 逆に、あまり時間が経って送られてきても、どんな学生だったか思い出してもらえず、入社の志望度も低いのかと勘違いされてしまう可能性があります。 メールの内容は、あまり凝った文章を書く必要はありません。 ネットなどに出ている例文を活用するといいでしょう。 ただし、例文をただコピペするだけというのはおすすめできません。 儀礼的だったり形式的な印象を相手に与えてしまいます。 そうならないためには、説明会に参加して参考になったことや良かった点などを盛り込んだり、疑問に思ったことについての質問などを付け加えたりするといいでしょう。 そして、あまり長々と文章を書くのはやめましょう。 相手が短い時間で読めるように、文章はポイントをおさえてできるだけ簡潔に書きましょう。 最後に、自分が作成したメールはGmailなどのテンプレート機能を使って保存しておくといいでしょう。 お礼メールを書く度に一から書いていると時間がかかります。 何かと忙しい就活の中で、デジタルツールを有効活用することを心がけましょう。 要点をおさえたお礼メールを素早く送ることで、自分に基本的なビジネスマナーが備わっていること、スピーディに対応できることなどに加えて、入社意欲の高さも伝えることができます。 面倒がらずに習慣化することをおすすめします。

次の