ご迷惑をおかけしますが。 「迷惑をかけてはいけない」という呪い|佐渡島庸平(コルク代表)

霜降りせいや、下半身露出報道に自ら触れる「相方に迷惑かけた」 粗品「大バカ野郎」/芸能/デイリースポーツ online

ご迷惑をおかけしますが

ビジネスシーンで謝罪をする際、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズがよく使われます。 また、頼み事などをする際は、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」と話す方もいらっしゃいます。 このように、「ご迷惑」という言葉はビジネスシーンで頻繁に使われるものです。 聞き慣れたものであると同時に、言い慣れた言葉となっている方も、多いことでしょう。 しかし、「ご迷惑」を使った上記のフレーズは、本当に正しいものなのでしょうか。 また、「ご迷惑」の正しい使い方はどのようなものなのでしょうか。 今回は、日常生活で何気なく使ってしまいがちな「ご迷惑」という言葉をテーマに、正しい敬語の使い方をご紹介していきます。 では、ビジネスシーンで度々使われる、「ご迷惑をおかけします」は、どのような意味になるのでしょうか。 上記で、「迷惑」という言葉は、不利益や不快感を受けたり感じたりすることを意味しているとご紹介しました。 その為、「ご迷惑をおかけします」という言葉は、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」とも置き替えられると考えられます。 単に上記の意味合いだけで使われることもありますが、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」には、「申し訳ありません」「すみません」といった謝罪やお詫びが込められている場合も多いのではないでしょうか。 このような観点から、「ご迷惑をおかけします」には、謝罪やお詫びの気持ちが込められていると言えそうです。 続いて、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」というフレーズについて、考えていきたいと思います。 「ご迷惑をおかけして、申し訳ありません」などのフレーズと共に、こちらもよく聞いたり使ったりする言い回しです。 しかし、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という言い回しは、失礼にあたるという見解もあります。 上記でもご紹介したように、不快感や不利益を意味する「迷惑」。 つまり、「迷惑をかける」ということは、相手に不快感や不利益を感じさせることになります。 その上で、「よろしくお願いします」と続けると、相手に不快感などを与えることを理解している上で、何かを頼んだり依頼したりしていることになるのです。 相手に迷惑がかかることを知っているのに、それをお願いするのは失礼なのでは。 という見解から、「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」という言い回しは、時と人によっては失礼なフレーズということになります。 「ご迷惑」とその同義語の意味や使い方をご紹介しましたが、比較してみるとそれぞれ少しずつ、意味やニュアンスが異なります。 上記でご紹介した「手数」は、「迷惑」と比較すると、不利益というよりは作業や手順などを意味しており、「よろしくお願いします」などの言葉と使うには、「迷惑」よりも相性が良さそうです。 また、「面倒」は「迷惑」よりも近しい相手に使われる印象があり、目上の人には「ご目迷惑」を、同僚などのやや親しい人物には「ご面倒」を使うなどするとよいでしょう。 どんな時でも「ご迷惑」を使うのではなく、状況や相手、会話の流れに合わせて、「お手数」や「ご面倒」なども使い分けられると、より丁寧かつ適格な会話ができるようになります。

次の

間違いも多い「ご迷惑をおかけしますが」の使い方と例文・言い換え

ご迷惑をおかけしますが

「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 過去に起こったことについての謝罪文のビジネスメールに使われます。 「多大な」の意味は「数や量が非常に大きいさま」なので、この文例は、他の謝罪文よりもよりいっそう深く謝罪する場合に用います。 前述のように「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 「大変な」と「深く」という言葉を入れることで、よりいっそう強く謝罪する姿勢を示すフレーズです。 この言い回しは、起こったトラブルについて、相手側がこうむった心労や心配に言及して、謝罪するフレーズです。 「お手数」とは、「他人や相手にかけさせた面倒や手続きの数」のことで、「この度はお手数を煩わせまして申し訳ありませんでした」とは、相手に賭けた面倒なことの多さについての謝罪なのです。 「ご面倒」とは、「お手数」と同じで相手に対して賭けたトラブルについて言及する言葉です。 このフレーズはクレーム処理に使われることが多く、「この度はわたくしどもの手違いから、不都合が生じましたことを深くお詫び申し上げます」という使い方をすることが多いです。 このフレーズは「ご不便をおかけします」という言葉が、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉とセットで使われることが多い言い回しで、工事現場などでよく見かける表現です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」に似た間違いフレーズは? 間違いフレーズ「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」というフレーズは、よく使っているのを目にしますが、実は間違いです。 「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」の正しい言い回し まだ不利益が生じていないので、「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」という言い方は間違いです。 「ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します」とか、「不利益を生じさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します」という言い方であれば適切なフレーズになります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のご迷惑の意味と類語は? 「ご迷惑」は「迷惑」を丁寧に表現した言い回し 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「ご迷惑」とは、「迷惑」という名詞に「ご」をつけて、丁寧に言い回しにしたものです。 漢字では、「御迷惑」と書きます。 単語の頭につくことで丁寧な言い回しに変える「御」という漢字は、「オン」と読むことも多いのですが、「迷惑」という言葉につく時には「ゴ」と読みます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「迷惑」という言葉の意味 「迷惑」の意味は、「人のしたことに困ったり、不快になったりすることや、そんな有様のこと」「困ること」「どうしていいか迷うこと」です。 「迷惑」という漢字をそのまま分析すると、「迷ったり戸惑ったりすること」となります。 簡単に言うと「トラブル」こそ「迷惑」の意味そのままです。 「困難」という言葉の意味は、「不幸なもしくは苦痛な状態」や「よい結果を出すのにトラブルとなる要因、あるいは悪い結果になってしまう要因」などを指します。 「困難な状況」イコール「相手に迷惑をかけた状況」として、謝罪文を書くことがあります。 「手数」という言葉は「てすう」とも「てかず」とも読みます。 「面倒な手続きや努力などの数のこと」を「手数」といい、相手に面倒をかけることを「お手数をおかけしますが」と表現します。 ご面倒をおかけいたしますという言い方によく使われるこの単語は、「煩わしさ」や「大変さ」など、「対処することが難しい」ことを指します。 「厄介」という言葉の意味は「煩わしいこと」または「難しい懸念」です。 「ご厄介になります」という言い回しは、人に面倒を見てもらったり、あるいは新しいグループに入るときに誓ったりするフレーズです。 「不快で不便でなこと」や「悪い方へ変化する出来事や事態」「面倒な努力」の意味を持つのが「不都合」という言葉です。 「不都合なことがありましたら、お知らせください」という言い回しがよく使われます。 」 謝罪の英語表現の1つ目は「I'm sorry for troubling you. 」です。 「I'm sorry for troubling you. 」の意味は「ご迷惑をおかけします」とか、「お手数を煩わせてすみません」です。 英語の関連記事がほかにもありますので、合わせてお読みください。 「I sincerely apologize for the inconvenience I have caused. 」といえば、「私が起こしましたことで、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」という意味です。 「I deeply apologize for having troubled you」という文の意味は、「大変なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」です。 「apologize」は、英語で謝罪の敬語にあたります。 たとえば「Please accept our apologies for the trouble this matter」の文章は、「この件で、大変ご迷惑をおかけしたお詫びを、どうか受け入れてください」という意味になります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」以外の謝罪文例は? 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪の言葉 前述のように、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪をする場合の典型的なフレーズで、日常的にもビジネスメールでも頻繁に使われる言葉です。 日本語の文章では謝罪に使われる言い回しはとても多いですが、簡単な謝罪と難しい表現の謝罪があります。 堅苦しい言い方である「陳謝」ですが、「陳謝」とは「欠点、短所または失敗を認めること」や「誰かに困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」という意味があります。 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 たとえば「詫び状」とは昔から、謝罪のために書く手紙のことを言います。 「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。 「弁解」とは「謝罪することによって防御や説明をしたりする行為のこと」です。 また「謝罪や言い訳をすることによって事態を修復して片づけること」という意味もあります。 「ご容赦ください」というフレーズは、「どうか勘弁してください」という意味があります。 「ご了承ください」とは全く違う言葉なので混同しないように注意したい表現です。 政治家の言い訳としてよく聞くこのフレーズは、「私の人格に徳がなかったせいで事態が起こりました」というニュアンスがあります。 ほかにも謙譲語の記事がありますので、合わせてお読みください。 「ご迷惑」の使い方はぜひ身に付けたい!謝罪が上手な日本人 日本のビジネスメールには、例えば英語のビジネスメールに比べると、格段に謝罪を意味するフレーズの言葉が多いです。 また普段から、たいしたことではなくても「すみません」とか「ごめん下さい」といった、「謝罪の意味」のある言葉をお互いにかけ、敬語にも気を遣う姿勢は日本人の日常生活に浸透しています。 このように、日本人は比較的謝ることが好きな民族といえます。 言い換えれば、謝罪や感謝の言葉を頻繁に使うことによって、人の集団の人間関係が円滑に回るようなシステムを、日本語は持っているのです。 いわば相手に対する配慮の言葉として、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズは使われているのです。 なので、ビジネスメールに精通したいと願っておられる方は、いろいろな謝罪の言葉をたくさん知っておくといいと思います。 普段から謝罪の言葉になれていると、ビジネスメールを書く時だけではなく、ビジネスのいろいろなシーンでも、必ず役に立つはずです。 言葉というものは、仕事を順調に進めるのに不可欠なものなのです。

次の

「ご迷惑をおかけします」の意味|前後に続く言葉14コ・言い換え

ご迷惑をおかけしますが

ビジネスシーンのメールのやり取りでは「ご迷惑をおかけします」と言う表現をよく目にします。 しかし、この表現は迷惑をかけるのは自分なのに敬語になっていて、正しい表現なのか迷ったことはありませんか。 果たして、「ご迷惑をおかけします」は正しい敬語なのかどうか考えてみましょう。 ご迷惑 「ご迷惑」の元は「迷惑」です。 そもそも迷惑とはどういったことを指すのでしょうか。 コトバンクによると、迷惑とは人のしたことで不快になったり困ったりする・こと(さま)の意味です。 つまり「迷惑」とは、相手に何か不利益が生じたときや、困らせてしまったときに使用する言葉になります。 目上の人や取引先の人などに不利益が生じたときや、不快な思いをさせてしまったときに「迷惑」という言葉を使うことは正しい使い方といえます。 名・形動] スル 1 ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。 また、そのさま。 「人に迷惑をかける」「迷惑な話」「一人のために全員が迷惑する」 2 どうしてよいか迷うこと。 とまどうこと。 「ご迷惑をおかけします」は「迷惑をかける」の敬語ですが、尊敬語・謙譲語・丁寧語の関係について整理すれば、正しい敬語かどうか見えてきます。 次に「おかけします」をみていきます。 おかけします 「おかけします」の元は「かける」です。 ここで一旦、尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味をおさらいしましょう。 ・尊敬語:目上の人など、相手を立てるときに使うもの ・謙譲語:自分がへりくだることで相手を立てるときに使うもの ・丁寧語:「です」「ます」「ございます」など相手に対して丁寧に述べるときに使うもの 「ご迷惑をおかけします」の「おかけします」部分について、上記を踏まえ、尊敬語・謙譲語・丁寧語の関係を整理していきましょう。 「ご迷惑をおかけします」が正しい敬語だとわかりましたが、それではどのように使っていけばよいでしょうか。 ここからは「ご迷惑」を使用した言い回しを7つご紹介します。 「ご迷惑をおかけします」に似た文章でも、多少ニュアンスが違ってきますので、状況によって正しい言い回しを使ってみてください。 言葉1:〜をおかけします 基本となる「ご迷惑をおかけします」とは、「不利益を生じさせてしまいます」という言い方に言い換えることができます。 相手に不利益が生じることをわかっていながらお願いすることは、失礼な行為だと受け取られることもありますので注意して使いましょう。 言葉2:〜をおかけしました 一般的に謝罪は過去のことに対して行うことが多いので、「ご迷惑をおかけしました」は最もよく使う謝罪の表現といえます。 より深く謝罪が必要な場合は、「申し訳ございません」を付け加えましょう。 「申し訳ございません」という謙譲表現にすることで、より丁寧な印象を相手に与えることができます。 また、「申し訳ございません」の前に「大変」を付け加えることで、深い謝罪の気持ちを伝えることもできます。 言葉3:〜をおかけすると思いますが この先、将来的に相手に不利益が生じることが予想される場合は、こちらの表現が好ましいといえます。 「ご迷惑をおかけすると思いますが」に続けて「何卒(なにとぞ)よろしくお願いいたします。 」と付け加えると良いでしょう。 また、「よろしくお願いいたします」の部分を「よろしくお願い申し上げます」と言い換えると、より丁寧な言い回しになります。 言葉4:〜をおかけするかもしれません こちらも将来的に相手に不利益が生じる可能性がある場合に使用します。 「おかけすると思いますが」よりも相手に不利益を与える可能性が少ない場合に「おかけするかもしれません」を使用すると良いでしょう。 少しでも相手にご迷惑をおかけする可能性がある場合には、この言い回しを1文入れておくことをおススメします。 相手も心づもりができるでしょう。 言葉5:〜をおかけすることも 上記の「おかけするかもしれません」と同様の意味合いですが、例えば、新しい職場で仕事をする場合の挨拶に使用するといいでしょう。 例文 今後ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、何卒よろしくお願いいたします。 挨拶の最後にこの文言で締めくくると、きちんとした人の印象になります。 言葉6:〜をおかけすることもあるかも 今後迷惑をかけてしまうかもしれない場合に、この一文をいれておくと良いでしょう。 例文 しばらくはご迷惑をおかけるすることもあるかもしれません。 よろしくお願いいたします。 ケガなどで今までどおり仕事ができるか分からない場合に使用します。 迷惑をかける可能性が低いと予想される場合には、この表現を使ったほうがよいでしょう。 言葉7:〜をおかけしますが これから迷惑をかける事が確実に分かっている場合には「ご迷惑をおかけしますが」に続けてお詫びの言葉を続けます。 「ご迷惑をおかけしますが、何とぞご容赦下さいますようお願いいたします。 」 また、「ご迷惑をおかけしますが」の部分を「ご迷惑をおかけすることと存じますが」と言い換えることで、より丁寧な印象を相手に与えることができます。 敬語が苦手なあなたにおすすめのアイテムはこちら 「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」となにかと使ってしまいがちな表現ですが、単なる便利な言い回しとしては控えた方が良い場合もあります。 それでは、「ご迷惑をおけしますがよろしくお願いします」という表現を避け、相手に失礼のないよう、なおかつ頼みごとやクッション言葉として使用する際にはどうすればいいのでしょうか。 次に「ご迷惑をおかけします」の言い換え語をご紹介します。 言い換え1:お手数をおかけします 「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」という表現があります。 「ご迷惑」の部分を「お手数」に言い換えた言い回しです。 てすう【手数】とは、ある事をするための労力や手間の事です。 相手に何らかの依頼を願い出る場合にも用います。 「手数」に「お」を付けて「お手数」となります。 「お手数ですが~」と使うこともできます。 簡単な頼みごとの時に使用すると良いでしょう。 言い換え2:ご面倒をおかけします 相手が面倒だと思う事柄を依頼するときに、「ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。 」と言い換えることができます。 【面倒】とは手間がかかったり、わずらわしい事です。 そのようなお願いをするときに使用してみましょう。 言い換え3:ご不自由をおかけします 「不自由」の言葉どおり、相手の思うとおりにできないようになってしまう時や、今まではできていたことをこちらの都合でできなくなってしまった時に使用します。 例えば、オフィスの入り口が不具合のため使用できず、いつもとは違う出入口を使用してもらうときなどに使えます。 似た言葉で、「ご不便をおかけします」という言葉もあります。 言い換え4:ご心配をおかけします 周囲が心配してくれた時に使用します。 体調不良で仕事をお休みした時に「大丈夫でしたか?」と声を掛けられたら「ご心配をおかけして申し訳ありません」と言うと、印象が良いでしょう。 もし仕事でフォローしてもらっていたら「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の方が望ましいので、その時の状況によって言葉の選択は慎重にしましょう。 「ご迷惑をおかけします」の前につける言葉 「ご迷惑をおかけします」の前に言葉を付けることで、その言葉の印象が変わってきます。 さまざまなビジネスシーンにおいて、適切な言葉を選ぶことはとても大切なことです。 同僚やお客様との関係を良好に保つために、クッション言葉や丁寧な表現を使いこなせるようになりましょう。 それでは「ご迷惑をおかけします」の前に付ける言葉をご紹介していきます。 言葉1:何かと 「何かと」とは1つの事ではなく、複数の事を指します。 「色々と」と同様の意味です。 ご迷惑をおかけする事柄が1つではない時、「何かとご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします」と伝えると良いでしょう。 また1つの事をお願いしたつもりでも、付随して仕事が発生する場合もありますので、依頼内容をしっかり確認してからお願いしましょう。 言葉2:不慣れで 「不慣れ」とは慣れていない事です。 あまり経験のない事柄をする時などに使用します。 「不慣れでご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 」と事前に伝えておくと、あなたが慣れていないことをするので、スムーズに事が運ばない可能性があるなと相手も心づもりができます。 上手くやる自信がない時などに先に言っておくと便利な言葉でしょう。 言葉3:未熟なもので 「未熟」とは経験が少ない、経験が浅くまだ一人前ではないという意味です。 不慣れはその事柄に対しての意味になりますが、未熟は自分自身を指します。 新人の時や職場が変わった時に「未熟なものでご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦くださいませ」と言うと、仕事に対しては未熟ながらも人間的にはしっかりした人だという印象がつき、今後の仕事がやり易くなるでしょう。 言葉4:初心者ですので 「初心者」とは初めて、または始めて間もない人、覚えたての人の事です。 上の「未熟」と同じ意味合いですが、対象となる物事をやり始めたばかりの場合は「初心者」を使うと良いでしょう。 「未熟」は経験年数に直接関係ありませんが、「初心者」は期限がありますので注意が必要です。 「初心者ですのでご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします」と挨拶すると初々しい印象になります。 ぜひ初めての時に言ってみてください。 言葉5:この度は 「この度は」というのは、「今回は」「今度は」と同じ意味です。 ビジネスシーンなどフォーマルな場面では「今回は」ではなく「この度は」を使うのが適切です。 「この度はご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございません」と、謝罪するときに使用すると良いでしょう。 また、これから迷惑をかける心配がある場合にも使用できます。 「この度はご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 」 言葉6:多大な 「多大な」は多くの、大きな、たくさんなどの意味で、たくさんの迷惑をかけた時に「ご迷惑」の前に付けて使用します。 謝罪する場面では次のように使います。 「多大なご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ございませんでした」と言い、深くお辞儀をするのが望ましいでしょう。 「多大なるご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。 」と言うと、失礼に当たる場合があるので注意して使いましょう。 言葉7:大変 「大変」とは「とても」という意味合いで使用します。 自分では少しのつもりでも、相手はかなり迷惑をかけられたと思っている場合があります。 受け取り側の気持ちが推し量れない時は「大変」をつけて「大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません」と言っておいた方が良いでしょう。 また依頼する時も同様です。 「大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 」 「ご迷惑をおかけします」は定型文として使える 「ご迷惑をおかけします」は正しい言葉ですが、実はこの表現は使いどころを間違えると相手にとって失礼になるということを知っていましたか? 「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」と事あるごとに使ってしまいがちな表現ですが、単なる便利な言い回しとしては控えた方が良いと言えるでしょう。 迷惑をかけることをわかっているのに依頼する つまり、「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」は「不利益を生じさせてしまいますが、よろしくお願いします」という言い方に言い換えることができます。 一般的に、相手に不利益が生じることをわかっていながらお願いすることは、失礼な行為とされています。 この場合の言い回しとしておススメなのは「お手数をおかけしますがよろしくお願いします」という表現です。 こちらの方が印象が良いでしょう。 状況によって使い分けよう.

次の