ご無沙汰。 「ご無沙汰」の意味や期間、目上の人への使い方! メールでの返事は何て書く?|語彙力.com

「ご無沙汰」は目上の人に使える敬語?意味・会話やメールの例文・類語・英語表現を解説

ご無沙汰

「ご無沙汰」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「ご無沙汰しております・・・」 法事でよく聞くフレーズ。 めったに会えない、しばらく連絡してなかった・・・様々な理由。 本来は遠方の親せき関係だからなかなか会えないという理由なのだろうけど最近は近場の親戚でも冠婚葬祭程度しか顔を合わせない希薄さがあるからついつい、流れで当たり前のように口に出てしまう。 先日も言ってしまってから気付いたのが相手の方が隣の市にお住まいであったということ。 確かに10年以上会ってないのだからご無沙汰なわけだが 会おうと思えばいつでも会えるという距離感。 んん・・・微妙。 ただ、この言葉の不思議はそれだけではない。 もちろん若年世代は使わないから、中高年の隠語みたいな役割だけど。 最近よく週刊誌の見出しで60代からの営み~みたいな特集をみかける。 そこにどんな儲かりビジネスを見込んでなのかは知らないけれどそれなら「ご無沙汰のがいいんじゃないか。 」と思う私も いざ、その年になってみないとその答えはわからない。 「ご」はもちろん接頭語、「無」はもちろん打消し、そして肝心かなめの「沙汰」については、様々な意味の中でも「たより、しらせ、音信」と考えると分かりやすいことらしい。 だから「無沙汰」となると、「たよりが無い」「長らく会っていない」「音信が途絶える」という意味になるわけ。 「沙汰」で思い出したのが、「正気の沙汰」。 意味は気を確かに持って物事を考え、物事の是非を判断して処理すること。 なんとなく「沙汰」の意味がつかめるでしょうか? 少し違うか… 物事を処理すること、決定したことなどを知らせること、話題として取り上げること、問題となるような事件・・・「沙汰」の意味ひろっ! 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」の違いと使い分け

ご無沙汰

「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」の違い 「お久しぶりです」も「ご無沙汰しております」も、暫く会っていなかった相手に久しぶりに連絡をとったり、会ったりするときに使用する挨拶として使用される言葉です。 意味合いとしては同じで 「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」は同義語であるといえます。 しかし、微妙なニュアンスの違いがあり、使用できる場面や相手によって使い分けられています。 「 お久しぶりです」・・・ 丁寧語であり、友人や同僚といった同等の立場、目下の人に使用する 「 ご無沙汰しております」・・・ 謙譲語であり、相手に敬意を示す表現であるため目上に使用する また、「お久しぶり」ですがカジュアルな挨拶であるのに比べて、「ご無沙汰しております」は暫く連絡や訪問をすることができなかったことに対するお詫びの言葉であるという違いがあります。 「お久しぶりです」の意味と使い方 「お久しぶりです」は、「久しぶり」という言葉に、 接頭語の「お」と、丁寧語の「です」をつけた表現です。 「久しぶり」は、「 前にそのことがあってから長い時間が経過していること」「 しばらくぶりであること」という意味があります。 つまり、「お久しぶりです」は、本題に入る前に「しばらくぶりです」と前置きをするようなニュアンスの挨拶になります。 「です」は丁寧語であり、相手に敬意を示す言葉ではないため、同等の立場の人間や、目下に使用する言葉とされています。 友人感でも、「久しぶり〜!」などと挨拶をすることがあるかと思いますが、どちらかというと「久しぶりに会えて嬉しい」といった気持ちを表現する言葉として使用されるため、カジュアルな印象がある表現です。 例文 ・お久しぶりです。 その後いかがお過ごしですか? ・お久しぶりです。 ・お久しぶりです!プロジェクトはその後順調に進んでいますか? ・お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもどうかなと思い連絡させてもらいました。 ・お久しぶりです。 「ご無沙汰しております」の意味と使い方 「ご無沙汰しております」は、「 ごぶさたしております」と読みます。 「ご無沙汰」は、名詞の「無沙汰」に、接頭語の「ご」をつけた言葉です。 つまり、「ご無沙汰」は相手を敬って、その人の「無沙汰」を丁寧に表した語となります。 「無沙汰」とは、「久しく訪問をしないこと・しかるべき挨拶や報告をしないこと」です。 したがって、「ご無沙汰しております」とすることで「 長い間、連絡せずに申し訳ありません」という意味になります。 「ご無沙汰しております」は 相手と久しぶりに会ったり、連絡をした際に使うことができます。 長い間、連絡していなかったことを詫びる気持ちが込められています。 期間は具体的には決まっていません。 人それぞれ「ご無沙汰しております」の期間は異なりますが、だいたい2〜3ヶ月かそれ以上連絡に間が空いた場合に使うのが適します。 例文 ・久しくご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず失礼いたしました。 ・すっかりご無沙汰してしまいました。 その後、いかがお過ごしでしたか。 ・大変ご無沙汰しており、本当に申し訳ございません。 ・本当に長い間ご無沙汰しております。 ・大変ご無沙汰しております。 本来ならこちらからお伺いするべきところ、申し訳ありません。 ・しばらくご無沙汰しておりましたが、その後お変わりありましたか。 私は元気に過ごしております。 ・半年前に行われたセミナーでお会いして以来となります。 長らくご無沙汰しております。

次の

「ご無沙汰」の意味と使い方・例文・類似表現は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

ご無沙汰

「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」の違い 「お久しぶりです」も「ご無沙汰しております」も、暫く会っていなかった相手に久しぶりに連絡をとったり、会ったりするときに使用する挨拶として使用される言葉です。 意味合いとしては同じで 「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」は同義語であるといえます。 しかし、微妙なニュアンスの違いがあり、使用できる場面や相手によって使い分けられています。 「 お久しぶりです」・・・ 丁寧語であり、友人や同僚といった同等の立場、目下の人に使用する 「 ご無沙汰しております」・・・ 謙譲語であり、相手に敬意を示す表現であるため目上に使用する また、「お久しぶり」ですがカジュアルな挨拶であるのに比べて、「ご無沙汰しております」は暫く連絡や訪問をすることができなかったことに対するお詫びの言葉であるという違いがあります。 「お久しぶりです」の意味と使い方 「お久しぶりです」は、「久しぶり」という言葉に、 接頭語の「お」と、丁寧語の「です」をつけた表現です。 「久しぶり」は、「 前にそのことがあってから長い時間が経過していること」「 しばらくぶりであること」という意味があります。 つまり、「お久しぶりです」は、本題に入る前に「しばらくぶりです」と前置きをするようなニュアンスの挨拶になります。 「です」は丁寧語であり、相手に敬意を示す言葉ではないため、同等の立場の人間や、目下に使用する言葉とされています。 友人感でも、「久しぶり〜!」などと挨拶をすることがあるかと思いますが、どちらかというと「久しぶりに会えて嬉しい」といった気持ちを表現する言葉として使用されるため、カジュアルな印象がある表現です。 例文 ・お久しぶりです。 その後いかがお過ごしですか? ・お久しぶりです。 ・お久しぶりです!プロジェクトはその後順調に進んでいますか? ・お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもどうかなと思い連絡させてもらいました。 ・お久しぶりです。 「ご無沙汰しております」の意味と使い方 「ご無沙汰しております」は、「 ごぶさたしております」と読みます。 「ご無沙汰」は、名詞の「無沙汰」に、接頭語の「ご」をつけた言葉です。 つまり、「ご無沙汰」は相手を敬って、その人の「無沙汰」を丁寧に表した語となります。 「無沙汰」とは、「久しく訪問をしないこと・しかるべき挨拶や報告をしないこと」です。 したがって、「ご無沙汰しております」とすることで「 長い間、連絡せずに申し訳ありません」という意味になります。 「ご無沙汰しております」は 相手と久しぶりに会ったり、連絡をした際に使うことができます。 長い間、連絡していなかったことを詫びる気持ちが込められています。 期間は具体的には決まっていません。 人それぞれ「ご無沙汰しております」の期間は異なりますが、だいたい2〜3ヶ月かそれ以上連絡に間が空いた場合に使うのが適します。 例文 ・久しくご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず失礼いたしました。 ・すっかりご無沙汰してしまいました。 その後、いかがお過ごしでしたか。 ・大変ご無沙汰しており、本当に申し訳ございません。 ・本当に長い間ご無沙汰しております。 ・大変ご無沙汰しております。 本来ならこちらからお伺いするべきところ、申し訳ありません。 ・しばらくご無沙汰しておりましたが、その後お変わりありましたか。 私は元気に過ごしております。 ・半年前に行われたセミナーでお会いして以来となります。 長らくご無沙汰しております。

次の