遺族年金と自分の年金両方もらえるの。 遺族年金はいくらもらえる?仕組みと受給額をわかりやすく解説します

夫が死んだら、遺族年金はいくら?|遺族基礎年金・遺族厚生年金とは

遺族年金と自分の年金両方もらえるの

掲載日:2013年08月20日 老齢厚生年金と遺族厚生年金の組み合わせ 60歳になって、老齢厚生年金と遺族厚生年金の両方の権利がある人が、遺族厚生年金を選択すると、老齢厚生年金は支給停止になります。 すると、これまで自分が支払った厚生年金の保険料がもったいないような気持ちになりますね。 年金には1人1年金の原則がありますが、65歳以降は、それまでの選択制とは異なり、老齢厚生年金と遺族厚生年金という組み合わせが可能になります。 ただし、これは選択するという方式ではなく、自動的に組み合わせや年金額が決定されるのです。 例えば、これまでの年金加入期間がすべて専業主婦期間で65歳から老齢基礎年金だけを受け取る人に、遺族厚生年金を受け取る権利があると、65歳から自分の老齢基礎年金と遺族厚生年金を併せて受け取れます。 自分自身の老齢厚生年金を受給できる人は、複雑です。 まず、自分の老齢基礎年金と老齢厚生年金を全額受け取ります。 老齢厚生年金が少なく、遺族厚生年金額が多ければ、自分の老齢基礎年金額と遺族厚生年金額の差額を遺族厚生年金として受け取れます。 つまり、老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族厚生年金(差額)を受け取るということです。 お勤め期間が長く、自分の老齢厚生年金額も多いという人は、自分の老齢厚生年金の2分の1と遺族厚生年金の3分の2を合計した金額(A)を基準とします。 自分の老齢厚生年金額を全額受け取り、計算上の金額(A)との差額を遺族厚生年金として受け取ることになります。 なかなか難しいですね。 しかし、65歳以降は選択するのではなく、一番受け取り額が多くなるように、自動的に計算されます。 ですから、あらかじめ年金額については年金事務所で計算してもらい、どのくらいの年金額が受け取れるかを確認しておけばいいでしょう。 平成16年の年金法改正により65歳以降の老齢厚生年金と遺族厚生年金の調整方法はこのような複雑なしくみになりました(平成19年4月1日施行)。 改正までは60歳代前半と同様に選択制でした。 選択制の時代は、所得税や在職老齢年金を考えて有利なものを選択することができました。 自動的に調整されるようになり、所得の多い人、65歳以降も高額な給料で働き続ける人は不利になってしまいました。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

遺族年金は「誰が」「いつまでに」「いくら」もらえるかを徹底解説

遺族年金と自分の年金両方もらえるの

自分の年金のことを正しくは「老齢年金」という 自分の年金のことを正しくは「老齢年金」といいます。 そして、 老齢年金には、「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」があります。 「老齢基礎年金」は「国民年金」に加入し要件を満たした人が、「老齢厚生年金」は「厚生年金」に加入し要件を満たした人が、それぞれ所定の年齢になってからもらえる年金です。 「厚生年金」は会社員や公務員等が加入し、「国民年金」は、「厚生年金」に加入している人も含めて、日本に住んでいる 20歳以上 60歳未満のすべての人が加入します。 つまり、ざっくりというと、会社員や公務員だった人は「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」の両方がもらえて、自営業者だった人は「老齢基礎年金」だけがもらえます。 遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」がある 遺族年金とは、 国民年金や厚生年金保険の被保険者等が死亡して一定の要件を満たす場合に、その人によって生計を維持されていた一定の要件を満たす遺族が受けることができる年金のことで、遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。 死亡した人の年金の加入状況などによって、そのいずれか、または両方がもらえます。 遺族基礎年金と遺族厚生年金とで、老齢年金との併給(一緒にもらうこと)に関するルールが異なるため、まず、もらえる遺族年金がどちらなのか(あるいは、両方なのか)をはっきりさせなければなりません。 それぞれの遺族年金がもらえるケースについては 「 」をご参照ください。 遺族基礎年金と老齢年金は両方一緒にはもらえない 遺族基礎年金と老齢年金は、両方一緒にはもらえず、どちらをもらうか選択しなければなりません。 もらえる老齢年金が老齢基礎年金だけの場合(自営業者だった人など)は、通常、老齢基礎年金の金額よりも遺族基礎年金の金額の方が大きいので、遺族基礎年金を選択した方が得になるでしょう。 一方、老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金ももらえる場合(会社員や公務人だった人など)は、通常、遺族基礎年金の金額よりも「老齢基礎年金+老齢厚生年金」の金額の方が大きいので、老齢年金を選択した方が得になるでしょう。 しかし、老齢厚生年金をもらえる場合は、遺族厚生年金ももらえることが多く、上の例のように、遺族厚生年金と遺族基礎年金のみという組み合わせの方はほとんどいないでしょう。 遺族厚生年金と老齢年金は両方一緒にもらえるケースともらえないケースがある 遺族厚生年金と老齢年金は、両方一緒にもらえるケースともらえないケースがあります。 まず、遺族厚生年金と老齢基礎年金は、両方一緒にもらえます。 他方、老齢厚生年金については、少し複雑です。 まず、遺族厚生年金と、特別支給の老齢厚生年金は、両方一緒にはもらえず、どちらかを選択しなければなりません。 特別支給の老齢厚生年金とは、 60歳から 64歳までの間にもらえる老齢厚生年金のことです。 遺族厚生年金をもらっている人が夫と死別した妻の場合、 64歳までは、遺族厚生年金に中高齢寡婦加算がもらえることもあり、通常、遺族厚生年金の方が特別支給の老齢厚生年金よりも金額が大きいので、遺族厚生年金を選択することになるでしょう。 中高齢寡婦加算は、遺族厚生年金をもらう妻が、 40歳~ 65歳までの間、遺族厚生年金にお金を加算してもらえる制度です(詳しくは「 」参照)。 そして、 65歳以降にもらう通常の老齢厚生年金は、遺族厚生年金と両方一緒にもらえますが、遺族厚生年金の老齢厚生年金に相当する金額がもらえなくなります。 つまり、もらえる金額的には、老齢厚生年金をもらっていないのと同じことになります(遺族年金は非課税で、老齢年金は課税されるという違いはあります)。 そうすると、自分自身が納めた保険料が年金額に反映されないように思われるかもしれませんが、実は、 遺族厚生年金の金額は、次の 2通りの計算方法のうち、いずれか多い額が支給されることになっています(遺族厚生年金の受給権者が亡くなった人の配偶者である場合)。 なお、生年月日によっては、経過的寡婦加算がもらえないこともあります。 経過的寡婦加算については「 」をご参照ください。 また、妻自身に国民年金の第 1号被保険者(自営業、学生、無職の人など)の期間があってその間の保険料を払わなかったり、免除手続きをしたりしたケースでは、老齢基礎年金の金額が少なくなるので、 65歳になって中高齢寡婦加算が老齢基礎年金に切り替わると、年金の金額が減ることがあります。 サラリーマンの夫が亡くなると、妻は第 3号被保険者(会社員、公務員等の第 2号被保険者に扶養されている 20歳以上 60歳未満の配偶者)から第 1号被保険者に切り替わるので、このようなことがおきます。 まとめ 以上、遺族年金と自分の年金両方の両方をもらえるのかについて説明しました。 記事を読んでもわからないことがあれば、年金事務所の年金ダイヤルに電話して尋ねるとよいでしょう。 「 」.

次の

こんなとき、どっちの年金を選べば得? [年金] All About

遺族年金と自分の年金両方もらえるの

『自分(配偶者)が死んだら、家族の生活は大丈夫だろうか?』 結婚すると、特に子供が生まれると強く意識する問題です。 もし万が一、夫(妻)が死亡した場合には・・・• 生命保険• 妻(夫)の給与• 遺族年金 これらの収入で、その後の生活をしていかなくてはなりません。 貯蓄や妻の給与、生命保険については何となくイメージが出来ると思います。 では、 夫(妻)の死後に遺族年金はいくら貰えるでしょうか。 結論から言うと、高校生以下の子供がいる会社員の場合 年間およそ130~150万円前後の遺族年金が支給されます。 この記事では、夫(妻)の死後に支給される遺族年金について• 制度の仕組み• 年齢や条件別の支給額 をまとめていきます。 遺族年金とは 遺族年金とは、年金加入者が亡くなった際に遺族の生活の為に支払われる年金です。 荒っぽい言い方をすると、 夫(妻)が死んだ後、毎年いくら貰えるのかという話。 遺族年金は国民年金から支払われる 『遺族基礎年金』と、厚生年金から支払われる 『遺族厚生年金』の二つから成り立ちます。 それぞれ 支払われる条件も期間も全然違うので、分けて考えていく必要があります。 ややこしいですが、『遺族 基礎年金』と『遺族 厚生年金』です。 遺族 基礎年金(国民年金):年金を払っていれば全員が受給できる。 遺族 厚生年金(厚生年金):会社員が受給できる。 このあと、この言葉がひたすら繰り返されますのでご注意を。 遺族基礎年金とは 遺族基礎年金は国民年金から支払われる遺族年金です。 平たく言えば高校卒業まで。 専業主婦の妻が死亡した場合でも夫が受給できますが収入の制限があり、残された配偶者の年収が850万円以上だと受給できません。 高校卒業前の未婚の子がいる(障害等級1級・2級の子は満20歳未満)• 同居、あるいは仕送りをしている• 遺された配偶者の年収が850万円以下 上記の条件を満たしていれば受給できます。 支給額• 子1人のみ:779,300円(月額6. 5万円)• 4万円)• 2万円)• 9万円)• 6万円) 子が18歳になった次の年度から、つまり高校卒業後は上記の計算から除かれます。 例えば2人兄弟がいて、2人とも18歳未満の場合は『子2人』。 その後第一子が18歳になった次の年度から『子1人』として計算されます。 末子が18歳になった次の年度から0円になります。 第1号被保険者:自営業、農漁業、パート、アルバイト、学生、無職とその配偶者。 会社員の扶養に入っている主婦などを除く。 つまり・・・• 加入期間10年:年間146,100円• 加入期間20年:年間292,200円• 加入期間30年:年間438,300円• 加入期間40年:年間584,400円 が5年間支給されます。 遺族厚生年金とは 遺族厚生年金はその名の通り厚生年金から支払われる遺族年金です。 亡くなった方が厚生年金加入者である場合に支払われ、 自営業者等の場合には対象となりません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金両方の条件を満たしている場合、両方受給できます。 遺族基礎年金と違って子がいなくても支給されますが、• 妻は夫の死亡時に30歳未満で子がいない場合は、5年間しか受給できない• 夫は遺族基礎年金を受給中もしくは妻の死亡時に55歳以上だった場合しか受給できない という制限があります。 遺族厚生年金と同様に、40歳未満で子供がいないなら充分働けるでしょう、という考えのようです。 支給額 一律584,500円。 (月額48,708円) 老齢基礎年金 これは遺族年金ではないのですが、65際を超えると自分の老齢基礎年金、いわゆる『年金』が支給されます。 生活を考える上では、これも念頭に置いて置く必要があります。 支給額 年額779,300円。 国民年金加入者(自営業者・フリーターなど)• 子供がいない場合は『遺族年金』として受給できるものはなく、自身の年金のみです。 配偶者の死後にフルタイムで働いた (厚生年金に加入した)場合、自分の老齢厚生年金が加算されます。 子供が複数いると遺族基礎年金が加算されます。 厚生年金加入者(会社員)• 子がいない夫は受給不可。 子がいない場合、夫が死亡時に40歳以上64歳未満である場合に限る。 子が複数いると遺族基礎年金が加算されます。 子がいない妻は、39歳未満の時に夫を亡くすと貰える遺族年金が減少します。 ポイント• 子がいる間に受給できる『遺族基礎年金』と、会社員の遺族が受給できる『遺族厚生年金』がある• 自営業者は遺族厚生年金が受給できないので、自分で備える必要がある• 『子がいない』『年齢が若い』『年収が一定以上』などだと『年金がなくても生活できる』とみなされ、一部が受給できない.

次の