ホテル ムンバイ。 実話ベースの必見サスペンス『ホテル・ムンバイ』&『エンテベ空港の7日間』―憎しみと暴力の果てに血を流すのは誰なのか?【先取りシネマ 第6回】

ホテル・ムンバイのレビュー・感想・評価

ホテル ムンバイ

注目のレビュー:ホテル・ムンバイ• 2020-04-05 by 公開時は食指動かず、先日レンタル。 同じ題材では『ジェノサイド・ホテル』『パレス・ダウン』を見ていたが、それらよりは、よくできていた。 でも、心は動かない…狙いがわからない。 テロ現場を再現し、観客に追体験させたかったのか? …としてもそれ、意味あるのか? これだけテロが溢れる現代、見んでも想像できるでしょうに。 制作国にインドも名を連ねているが、タイトルに並ぶスタッフ名で明らかなように、英語圏が...... 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 2020-03-15 by いやぁ〜、本当に凄い映画だった! 映画の大半がテロリスト集団に占拠されたホテルを舞台にしており、多数の犠牲者も出た「実話に基づく物語」なので、面白かった!…というのは不謹慎な気がする。 とにかく「凄い!」そして「ヒューマニズムあふれる映画」であった。 2008年11月26日、インドのムンバイで駅や街中そして高級ホテルが次々と襲撃されて射殺されたり爆死させられたりする被害者が続出する。 そして、ホテル・...... 1人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

ムンバイ同時多発テロ

ホテル ムンバイ

2019年01月10日 21時00分 身の毛もよだつインド同時多発テロの標的となったホテルでは何が起こっていたのか?を描いた映画「HOTEL MUMBAI」 2008年に起きたインド・ムンバイにおける では邦人を含む172人ないし174人が死亡、負傷者は239人にものぼりました。 ムンバイ同時多発テロの標的となり、すさまじく破壊された高級ホテル「 」では何があったのか?を追ったドキュメンタリー「 」をベースにした映画「 HOTEL MUMBAI」の予告編が公開されています。 インドの南にある都市・ムンバイ ここで暮らす仲むつまじい夫婦 男性の出勤先は…… インドを代表する高級ホテル、 です。 訪れた客が思わず目をみはる内装。 部屋の中もゴージャスです。 男性は給仕として働いています。 そんなタージマハル・ホテルに近づく1隻の船。 大荷物の集団が上陸し…… 人混みに紛れます。 集団のうち1人が取り出したのは大きな銃。 キャップを後ろ向きにかぶるのは、どこにでもいそうな男性ですが…… 大きな銃を手に出ていきます。 当時、南ムンバイでは駅やレストラン、病院など、街の8カ所がテロの標的に。 街には銃声や炎に包まれました。 銃を乱射するテロリストたち。 街の騒々しさに、ホテル内の人々も異変を感じ取ります。 ホテルマンが入り口の扉に向かうと…… 居場所を求めた人々が押し寄せます。 その中に紛れたバックパックの2人。 混乱に乗じ…… 攻撃を開始。 ロビーでの出来事を目撃した給仕の男性。 身を乗り出す客たち。 「明かりを消して!」と呼びかけます。 明かりの落とされたレストランで客たちは机の下に隠れます。 ホテルで働く女性たちは、隠れた場所の隙間から…… テロリストの動きを観察します。 街でも銃撃や爆発が続行。 テロが起こったのは2008年11月26日ですが、終結したのは29日の朝。 その間、多くの人々が恐怖のどん底に落とされました。 ホテルには何千人もの客と500人以上の従業員が閉じ込められました。 廊下をうろつくテロリストたち。 「家族がいるものはここを去ってもいい。 恥じることはない」と話す料理長。 スタッフたちの頭にさまざまな考えがよぎります。 「私はここに35年勤めています。 ここが私の家です」 監視カメラで犯人たちの様子を監視。 警察も建物に突入します。 しかし、現地の警察は特別な訓練を受けていなかったため…… テロリストの餌食に。 希望が消え去ります。 電気が消え…… 「警察だ。 ここを開けてくれ」という声と共に部屋がノックされます。 しかし、監視を行っていた人々は、それが警察の姿ではないということに気づきます。 慌てて知らせようとするも…… 部屋の内側ではカギが回されてしまいました。 その瞬間、電話で扉の向こうにいるのがテロリストであると知らされた料理長。 部屋の中に人がいると理解したテロリストは銃乱射。 中の人々は助かるのでしょうか……。 客室に侵入したテロリストも。 クローゼットの中には母親と子どもが身をひそめていました。 爆破に継ぐ爆破で燃えるタージマハル・ホテル。 「誰も助けにこない」という絶望が広がっていきます。 テロリストの隙を見て…… 客を外に出そうとする従業員たち。 ホテルマンや客たちはテロリストたちの目をかいくぐり脱出することはできるのか……という「HOTEL MUMBAI」は2019年3月22日にアメリカで公開予定で、日本での公開は記事作成時点で未定となっています。 なお、映画の元となった2009年のドキュメンタリー「SURVIVING MUMBAI」の予告映像は以下から見ることができます。

次の

タージマハル・ホテル

ホテル ムンバイ

1973年築の象徴的なThe Taj Mahal Tower Mumbaiはアラビア海を見渡し、インド門の向かい側に堂々とそびえ立っています。 The TowerはThe Taj Mahal Palaceと調和のとれたコントラストを特色としており、アーチ型のバルコニー、新規改装済みのお部屋を提供しています。 広さ2. 6エーカーの豪華なホテルで、10軒のレストラン、Jivaスパ(伝統的な各種のインド式セラピーあり)を提供しています。 有名なWasabi by Morimotoでは革新的な和食を提供しています。 中国料理のGolden Dragonレストラン、プールサイドのAquariusラウンジなどでもグルメ料理を楽しめます。 スタイリッシュなデザインのお部屋からは、素晴らしい海、市街またはプールの景色を望めます。 各お部屋に32インチの薄型テレビ、品揃えの豊富なミニバー、無料Wi-Fi、豪華なバスルームが備わっています。 滞在中はTaj Salonで贅沢なトリートメントを受けたり、景色の美しいプールでひと泳ぎしてくつろいだり、ディオール、ルイ・ヴィトン、ステファノ・リッチなどで高級なショッピングを楽しめます。 追加料金でヨットサービスを利用可能です。 The Taj Mahal Towerは人気のコラバ地区にあり、国立近代美術館から徒歩わずか10分、ムンバイ国際空港まで25. 7kmです。 11歳未満のお子様2名まで 常設ベッド利用の宿泊は無料です。 11歳から18歳までのお子様2名まで 常設ベッド利用の追加料金は1泊につき 3000INRです。 無料!! 3歳未満のお子様1名 ベビーベッド利用の宿泊は無料です。 上記の年齢以上のお子様または大人1名 エキストラベッド利用の追加料金は1泊につき 3000INRです。 客室内に追加可能なエキストラベッド:1台 客室定員:3名 客室に追加可能なベビーベッド:1台 エキストラベッドやベビーベッドの利用を希望される場合は、リクエストが必要です。 リクエストは確約ではなく、ホテルに確認する必要があります。 追加料金は表示の客室料金合計に加算されていません。 ホテルにて別途お支払いください。 重要情報 Please note that for security purpose all Indian guests are required to present a valid photo ID proof Voter's ID, Driving Licence, Aadhar Card, any other ID with address approved by the Government of India. Pan Card is not acceptable. All international guests are required to present a valid passport and visa. For Indian guests, cash settlements of INR 25000 and above will require a pan card copy during check out. Early Departure Fees: Please note that the guests have to confirm the check-out date at the time of check-in. If the same is not done at check-in, early departure fees will be applicable. Not applicable for non-refundable rates. Please note that outside food is not allowed in the hotel premises. Please note that for security purpose all Indian guests are required to present a valid photo ID proof Voter's ID, Driving Licence, Aadhar Card, any other ID with address approved by the Government of India. Pan Card is not acceptable. All international guests are required to present a valid passport and visa. For Indian guests, cash settlements of INR 25000 and above will require a pan card copy during check out. Early Departure Fees: Please note that the guests have to confirm the check-out date at the time of check-in. If the same is not done at check-in, early departure fees will be applicable. Not applicable for non-refundable rates. Please note that outside food is not allowed in the hotel premises. Please note that those guests booking breakfast and dinner rate plan are entitled to complimentary buffet breakfast and a meal credit of INR 2000 per adult per day non-cumulative redeemable at any dining outlets at the property. Please note that this would not include festive meals and gala dinners for which mandatory supplements may apply. Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の