ご検討のほど宜しくお願い致します。 「書類選考のほう宜しくお願い申し上げます。」この言い方は間...

「ご検討のほど/よろしくお願いいたします」の意味や丁寧な敬語の使い方

ご検討のほど宜しくお願い致します

[スポンサードリンク] 基礎 意味 金品や書類などを調べて受け取ることを表します。 正しく使うには ビジネスで使用される用語です。 「ご」が付いているので尊敬語となり、 目上や取引先相手が査収を行う場合に使用します。 書類や作品等を渡す場合に「どうぞご査収下さい」と言っても何ら問題はありませんが 査収という言葉の意味合い上、 確認や検査を相手にしてもらう、させる意味も含まれていますので その点だけは心に置いて、何でもかんでも査収を使うというのは 少し控えた方が良いかも知れません。 相手にしっかりと確認して検査して欲しい場合に使うようにしましょう。 単なる通達や、何も検査や確認の必要が無いものをやり取りする場合は 査収は使わずに「お受け取り下さい」等を使った方が適切です。 言葉の由来 検査の「査」 収めるの「収」から。 よく検査して収める、という意味合いになります。 使い方・例文 ビジネスの場面で このような企画で行こうと考えております。 大丈夫かどうか今一度、ご査収のほどお願い致します。 後日送付いたします添付ファイルに概要をまとめておりますので、お時間のある時にでもご査収頂ければと存じます。 お忙しいところ恐縮ですが、一度お目通しいただき、ご査収頂けますと幸いです。 どうぞよろしくお願いします。 関係各位の皆様、何卒ご査収のほど、宜しくお願い致します。 後ほどお見積もりを提出させて頂きますので、ご査収のほど宜しくお願い申し上げます。 今回の納品です。 前回と変わりありませんが、念のためご査収ください。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご査収のほどよろしくお願いします。 ご連絡ありがとうございます。 折り返し返事させていただきましたのでご査収頂ますよう、お願い致します。 ビジネス風に冗談で 皆さんが僕を気に入っているのがよく分かったので、笑顔の一枚をお送りします。 ご査収ください。 今年度の家族会議の議事録です。 ご査収下さいませ。 お父さんが前年度に比べ、家事を手伝うようになりました。 歩きながら放屁したら、後ろから風がふいて自分に直撃した事をご連絡いたします。 ご査収ください。

次の

「ご検討のほど/よろしくお願いいたします」の意味や丁寧な敬語の使い方

ご検討のほど宜しくお願い致します

「ご検討」という言葉の後に、「(ご検討)下さい」や「(ご検討のほど)お願いします」、「(ご検討)お願いします」などの言葉がついてくるのを、皆様よく見かけていることでしょう。 これらの言葉を「検討」の意味と合わせて見てみると、少し日本語がおかしくなりますが、「よく考えてみて下さい」、「よく考えることをお願いします」と言うようになります。 つまり、「ご検討」と言う言葉を使うときは、「よく考えてもらうことで、物事を進められるよう交渉したい時」や、「ある物事を提案し、お勧めしたいのでよく考えて欲しい時」に使う言葉と言えるでしょう。 相手の方から良い返事をもらいたい時に使うフレーズとも言えます。 締めの言葉 1 物事・動作・状態の程度や段階。 「年の程は二十 はたち 前後」「実力の程はわからない」「身の程をわきまえる」 2 許される範囲内の程度。 ちょうどよい程度。 「ふざけるにも程がある」「何事も程を過ごさないようにしろ」 3 ある広がりをもった時間。 ㋐ある程度の時間。 間 ま。 「程もなく帰ってきた」「程を経て返事が届いた」 ㋑おおよその時間・時刻。 「夕暮れの程に家を出る」「手のあいた程をみて連絡します」 4 (「…のほど」の形で)断定を避け、表現をやわらげるのに用いる。 「御自愛の程を祈ります」「詳細の程は、お問い合わせください」 5 ある広がりを持った空間。 ㋐おおよその距離・道のり。 あたり。

次の

「御稟議の程よろしくお願い致します」

ご検討のほど宜しくお願い致します

ほど(程) 程度 婉曲表現 ある一定の間の時間 大体の時刻 大体の距離 大体の面積 特定の場所をおおざっぱに指す表現 「検討のほど」の「のほど」とは、漢字では 「の程」と書きます。 「ほど(程)」には沢山の意味がありますが、ここでは 婉曲表現の言葉です。 婉曲表現とは 「断定の表現を和らげるために使う言葉」で、読み方は「えんきょくひょうげん」となります。 どういうことかというと、 単純に「ご検討ください」も敬語ですが、「検討しろ」という命令形の圧力があります。 実際お願いをしているとしても、言われた人は「立場もわきまえず上から目線だ」と思うでしょう。 ビジネスでこのようなストレートすぎる言葉は、特に社内・社外問わず目上の人や社外の人、お客様には使わないのです。 とはいえ、ビジネスシーンでは社内であっても目上の人に何かしらお願いをしなければならないことはあります。 そんな時に「のほど」を使えば、相手が受ける圧力を減らして失礼のない言い方ができるというわけです。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、漢字で書くと 「ご検討の程宜しくお願い致します」と書くことが出来ます。 「ご検討の程よろしくお願いいたします」とも書けるでしょう。 口で言う場合はあまり関係ありませんが、ビジネスメールや手紙では漢字を使うか使わないかで大きく印象が変化するでしょう。 ひらがなが多い「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は柔らかくて優しい印象があります。 一方漢字で書く 「ご検討の程宜しくお願い致します」はしっかりしていて固い印象でしょう。 このような違いはありますが、どちらを使わなければならないという決まりはありません。 メールや手紙で使う場合、ビジネスらしい固さが欲しいなら漢字で書き、優しい雰囲気を出したいならひらがなを使うと良いでしょう。 【例文】 「詳しいご案内はこちらとなりますので、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます」 「ご検討のほどお願い申し上げます」は、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と使い方も意味も殆ど同じです。 こちらも「ご検討の程」と書くことも出来、「ご検討の程お願い申し上げます」「ご検討をお願い申し上げます」とも言えます。 「お願い申し上げます」は固い表現のため、メールや手紙の方が良く使われるでしょう。 ただし、 「お願い申し上げます」よりは「お願い致します」の方が丁寧です。 また 「お願い申し上げます」は定着した言葉ですが、本来文法的に正しくありません。 不快感を覚える人もいるため使い方には注意しましょう。 【例文】 「ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 「ご査収」の「査収」とは「よく確認して受け取る」という意味の言葉を丁寧にした表現です。 「ご検討」とはニュアンスが違うためそのまま言い換えや同じ使い方は出来ませんが、「検討」は「良いかどうかを考える」という意味なので類語として紹介します。 「ご査収」は目上の人に資料や企画書等を渡す際に使われます。 ビジネスではよく使われますが、日常ではあまり聞かない言葉です。 例文にあるような「ご査収お願いします」といった依頼の表現で使うことが出来ます。 「ご査収」と似た言葉に「ご検収」というのもありますが、これはデータや納品物を受け取る言葉です。 「ご査収」と「ご検収」は相手に渡すものが違うという点に注意しましょう。 役割 動作をする人 例 尊敬語 相手を上に上げる 相手(目上) 召し上がる、お越しになる 謙譲語 自分を下げる(へりくだる) 自分 いただく、参る 丁寧語 丁寧になるようにつける語尾 です、ます、ございます 敬語には 尊敬語、 謙譲語、 丁寧語の三種類があり、それぞれ役割が違っています。 尊敬語は相手を立てる言葉、謙譲語は自分がへりくだる言葉、丁寧語は口調を丁寧にする語尾です。 尊敬語が指す言葉は相手がする動作で、謙譲語は自分がする動作となります。 例えば「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の場合、「検討」するのは相手で、「お願い」するのは自分の筈です。 よってここでの「ご検討」は尊敬語、「お願い致します」は謙譲語になります。 「ご(御)」は尊敬語にも謙譲語にもあるので、周りの文脈から見極めるほかなく、「ご思案」も「ご査収」も文によっては尊敬語にも謙譲語にもなります。

次の