ドラゴン ゲート 試合 結果。 【ドラゴンゲート】5.30 KING OF GATE 2020<全試合結果>各ブロックの決勝、AはYAMATO、Bは石田凱士、CはEitaが勝利しトーナメントのブロック代表となる

DRAGONGATE:ドラゴンゲート公式サイト 試合結果

ドラゴン ゲート 試合 結果

ドラゴンゲートの新体制移行は事実上の分裂? ドラゴンゲートが新体制に移行するというニュースですが、あまりにも突然の発表でビックリしましたね。 ドラゴンゲートの公式リリースを引用します。 この度、弊社代表取締役 岡村隆志より、病気療養のため経営の一線より勇退したいとの申し出に伴い、取締役会で協議しました結果、新会社「株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント」を設立の上、国内の全ての事業を引き継ぎ、新会社の代表取締役には弊社専務取締役 木戸亨が就任致しました。 また株式会社ドラゴンゲートは取締役社長に大島伸彦 CIMA が就任し、中国・上海を中心にした海外事業にあたります。 それに伴い、 T-Hawk, エル・リンダマン及び現在負傷欠場中の山村武寛の3選手は、株式会社ドラゴンゲートの所属として中国・上海の OWE事業を中心に活動することとなりました。 国内での出場機会は減りますが、ご理解のうえ変わらぬご声援のほど宜しくお願い申し上げます。 これを機に、選手、社員一同気持ちを新たにし、皆様の信頼にお応えできるよう倍旧の努力をしてまいる所存でございます。 何卒ご理解の上、今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 株式会社ドラゴンゲート 株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント 出典: 長年に渡り第一線で活動してまいりましたが、この数年前より体調が思わしくなく、この度経営から身を引くことと致しました。 幸い、国内はもとより海外へも更なる躍進に向けての社内体制も既に確立しており、安心して療養に専念させていただく所存です。 またファンの皆様には変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。 株式会社ドラゴンゲート 岡村隆志 出典: この度、株式会社ドラゴンゲートエンターテイメントの代表取締役社長を拝命いたしました。 身にあまる重責ではございますが、一意専心ドラゴンゲートの発展に全力を尽くす所存でございます。 ドラゴンゲートがこの先 10年 20年と続く基盤を作るとともに、若い世代に引き継ぐことが使命と考えております。 つきましては 変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント 木戸亨 出典: この度、株式会社ドラゴンゲートの取締役社長に就任致しました。 株式会社ドラゴンゲートは海外事業に特化した会社として新たにスタートすることとなりました。 以前から手掛けておりました中国・上海でのプロジェクトを中心に海外に進出してまいる所存です。 今後、私及び 3選手は国内での出場機会は減ることとなりますが、新事業の発展のため心血を注ぐ覚悟でございます。 国内外に向けたドラゴンゲートの発展をどうかあたたかく見守っていただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 株式会社ドラゴンゲート 大島伸彦 CIMA 出典: リリースをまとめると• 岡村隆志社長が病気療養で勇退• ドラゴンゲートとドラゴンゲートエンターテイメントに分社化• ドラゴンゲートエンターテイメントは日本国内事業を行う• ドラゴンゲートは中国・上海を中心とする海外事業を行う• ドラゴンゲートエンターテイメントの代表は木戸亨氏が就任• ドラゴンゲートの取締役社長はCIMAが就任• T-Hawk、 エル・リンダマン、山村武寛はドラゴンゲート所属になり、海外を拠点に。 日本での試合は減少する。 といった形になります。 ドラゴンゲートにとって重大な発表ですが、 ネット上のリリースのみという姿勢に、批判や心配する声も多いです。 かつて闘龍門JAPANとドラゴンゲートに分かれたように、 分裂ではないかと懸念する声もありますね。 OWEってどんな団体? CIMAが取締役社長を務めることになった 株式会社ドラゴンゲートは、中国・上海の OWE事業を中心に活動するそう。 OWEは 「オリエンタル・レスリング・エンターテインメント」の略称で、2017年に中国で設立されました。 中国のカンフーや文化の発展と世界への発信をするために、プロレスとスポーツパフォーマンスを融合させ、ショーアップしているそう。 OWEの選手は、Oチーム、Wチーム、Eチームと別れ競い合い、それぞれのチームにランキング付けもされているそうです。 OWEは常設会場の設立も予定されていて、年に89大会を開催予定だとか。 CIMAは、OWEアクション芸術訓練部の責任者として雇われています。 CIMAは本気でOWEを大きくするために、 T-Hawk、 エル・リンダマン、山村武寛を連れて行ったのでしょう。 事情を知ると、分裂っていう話ではないのかなと思いますね。 しかし、国内事業の方を新会社ドラゴンゲートエンターテイメントにして、海外事業を今までのドラゴンゲートが行うのがしっくりこない。 普通逆なんじゃ?と思うわけですが… 闘龍門が日本逆上陸をしたように、CIMAたちが育てたOWEとドラゴンゲートの抗争に発展させるとか。 将来的なストーリーを仕込むために分社化なら歓迎ですが、分裂だったら嫌な感じですね。 心配する声も多い中、YAMATOがブログを更新。 引用します。 頑張ったやつは頑張った分だけ報われる会社にしなければならない。 その為に、俺はまだまだリング内外で頑張らにゃならんな〜 ドラゴンゲートの未来は明るいと確信しています。 一発目。 少林寺大会💪 — owecima supercima1115 TホークとCIMAの握手ってのも、なかなか衝撃的な光景ではありますが… そして、Tホークの公式ツイッターを見てみると、すでにOWEでの試合を行ったことが分かります。 OWE少林寺大会終了!刺激的な大会でした!パソコンデビューしたのでイジってから寝ます。 — owethawk owethawk リンダマンも頭を丸めてイメージチェンジを図ってますね。 ヒールではなくなるのでしょうか。 整えようがない。 ユニット間の抗争を軸にしているドラゴンゲートなので、上海と日本を行き来しながらストーリーを進めていくのは難しいでしょう。

次の

ドラゴンゲートが分裂?CIMAやTホークが行くOWEとは

ドラゴン ゲート 試合 結果

7日、ドラゴンゲートは東京・後楽園ホールにて『TRUTH GATE 2020』を開催。 メインイベントで行われたオープン・ザ・ドリームゲート王座選手権は3度目の正直で王座に挑戦したKzyを土井成樹が貫禄の勝利で防衛を果たした。 試合後、次の挑戦者を呼び掛けると同じ闘龍門世代の横須賀ススムが名乗りをあげ、大阪での防衛戦が決定した。 またメインイベント後に望月成晃がGHCタッグベルトを腰に登場。 来月の後楽園ホールでR・E・Dの吉田隆司&ディアマンテ組を相手に防衛戦を行うことを宣言した。 セミの3軍対抗 スペシャル3WAYタッグマッチでは吉野正人・近藤修司の闘龍門世代組が勝利。 また3軍対抗で行われたオープン・ザ・トライアングルゲートは混戦の末に前王者のR・E・D組から勝利したキッド・斎了・アラケンの闘龍門世代組が新王者に輝いた。 すると清水は反論。 R・E・Dにあわや清水がベビーターンか?どちらかの追放か?との不穏な空気が流れる 吉野は今回は近ちゃん(近藤修司)のお陰で勝てた。 次はシングルで決戦や!と今回の5人+不穏な空気を作り出しイイ感じのビッグR清水をくわえた6人でのシングル戦をぶちあげる Eitaもこれに賛同。 何しろ闘龍門は吉野一人。 R・E・DはEita、ハルク、清水の3人なのだから。 まさか?と思わせるも腰から見せたのはGHCタッグのベルト。 このベルトに挑戦するヘビー級はいないか?と呼びかける するとR・E・Dのテーマが流れて吉田隆司とディアマンテのヘビー級コンビが名乗りをあげる ノアの丸藤正道から次の挑戦者を選ぶ権利を一任されている望月は丸藤を迎えて盛り上げると語る 防衛した土井は次なる挑戦者の横須賀ススムとの一戦に向けて意気ごみを述べる。 デビュー20周年を迎える今年はこのドリームゲートのベルトと共に歩むと決意を語った。

次の

DRAGONGATE:ドラゴンゲート公式サイト 試合結果

ドラゴン ゲート 試合 結果

31日、東京・後楽園ホールにてドラゴンゲートの闘龍門大会が行われた。 20年前にメキシコで生まれた闘龍門が逆輸入で日本に来た記念のこの日にウルティモドラゴン校長の元に集いし闘龍門OB達がかつてのユニットやコスチュームで戦いあった。 今は別の団体で活躍している者や既に引退した選手も集い後楽園ホールを熱狂の渦に包みこんだ。 特にTARUと望月成晃、YOSSINOがウルティモドラゴンと組み試合に乱入してきたR・E・Dと戦ったメインイベント後の緊急決定試合には既に現役を引退しているミラノコレクションATも現れ現役さながらの動きと連携でR・E・Dからの勝利に貢献した。 各試合結果は下記の通り 後楽園ホールには闘龍門出身のオカダ・カズチカからも祝いの花が届いた。 オープニング 闘龍門の一同が勢ぞろいしてリングに並ぶ そこへM2Kの面々が入ってくる。 ドラゴン・スクランブルを制した。 リングイン後はリング内で自転車をこぐ キッズゴングで登場の女の子が好きな選手を聞かれて「シュンスカイウォーカー」と回答 メキシコで頑張るシュンスカイウォーカーに「頑張れー」と声援を送る 斎了をボードにみたてて波乗り ゴムパッチンは後楽園ホールの南側最上段まで引っ張って決行 斎了のサイクリングヤッホーが炸裂 ドン・フジイに自転車を盗まれたことで事態は思わぬ方向に。 堀口はサーフボードを盗んで欲しいと言い、ドン・フジイは自転車兄弟の再結成を斎藤了に呼びかけるも断られてしまう。 tを集団でボコボコにしていると… そこへ割って入ってきたのはイタリアンコネクションのリーダーであるミラノコレクションA. 場内が割れんばかりのミラノコールに包まれる中、引退した身とは思えない軽やかさで戦うミラノ 元祖であるパラダイスロックもきれいに決める。 でしたよ」 ミラノ「いやぁ、15年ぶりよ」 YOSSINO「15年ぶりの再会。 まさに本当にこの大会名に相応しい最後のビッグサプライズですよ。 聞きましたか、あの声。 全部持っていきましたよ」 ミラノ「いや全然。 夢中過ぎて全然聞こえなかった」 YOSSINO「ていうか、動き凄いよね。 全然変わってないから。 これあるんじゃないですか」 ミラノ「ないよ(笑)マスコミさんもみんなもすぐそっちに(笑)」 YOSSINO「YOSSINO、まあ吉野正人が今年で現役引退するんで、代わりにミラノコレクションA. が復帰して」 コンドッティ「あるの??」 ミラノ「ないないない」 YASSINI「盛り上がるっすねー」 ミラノ「もう明日から、新日本(プロレス)の解説があるんで」 YOSSINO「そんな忙しい中で来てくれて、本当にありがたいですね。 こうやってbrotherもね。 普段ずっと出ているけど、近ちゃんも来てくれて。 そして、ミラニートもね。 初めてだよね」 ミラニート「言っててくださいよ、来るんだったら」 ミラノ「髪の毛が長いよ。 全然違うから」 ミラニート「全然マネする気なかった 笑 」 YOSSINO「でも、こうやってみんな笑顔で終われるっていうのがね。 歴史はいろいろありましたけど、今こうやってみんなで集まって再会できたというのが、本当全てだと思いますので」 ミラノ「間違いなく俺の青春時代だったからね」 YOSSINO「よくメキシコ時代も一緒にみんなで遊んでね、練習してやってましたんで。 また校長が次回もみたいな話をしてましたんで、その時はまた時間があったらぜひぜひ」 ミラノ「スーパー多忙だけど、時間があれば」 YOSSINO「近ちゃんはどうでした?」 コンドッティ「いやぁ楽しかったですね。 なんかやっぱり青春ですよね。 さっき言ってたように。 いろんなものが思い浮かぶというか。 いろんなことがありましたけど、時間が経ってね」 YOSSINO「そうやね、みんな大人になって。 YASSHIは?」 YASSINI「すべてがちょっと一昔前やとありえへん話が今日すべて整った状態で、なんやろうなー。 言葉に言い表せへんような今日のことは。 だから見ている人らは未来もあるけども、過去のことも遡ってぜひチェックしてもらったら、この先もプロレスライフがもっともっと面白いもんになると思うわ」 YOSSINO「マジメないいこと言い過ぎて返す言葉がわからへん。 キャラじゃないよ、なんか。 でも、やぱっり最後は久しぶりに戻ってきてくれたミラノコレクションA. に締めの一言を」 ミラノ「いやでも変わらないね、リングの連携とか」 YOSSINO「来たから行くしか無いと思って。 もうあれしか思いつかなかったね」 ミラノ「もうやらせるよね、人にね」 YOSSINO「最初、セットして飛んでもらおうかと思ったけど、それはちょっとさすがに危ないかと思って思いついたのがこれやったんでね。 とっさにいきましたけど」 ミラノ「本当に再会という言葉通りの俺は15年ぶりの再会を皆さんとして、本当にリングでこういう機会もあって、本当に何が起こるかわからないと。 そういうプロレス界、まだ何があるかわからないと思うんで。 皆さん目を離さずに闘龍門、そしていろいろプロレス界を見てほしいと思いますね。 何が起こるかわからないから。 じゃあ、俺らに何か締めの言葉ってあったっけ?」 YOSSINO「グラッツェ、チャオでいいんちゃう」 ミラノ「締まらなそうだな(笑)」 YOSSINO「しかも1人で言ってたからね」 ミラノ「じゃあ本当すいません。 僕らね、イタリア人とか言ってましたけど実は全然違いますから。 そんな中でも、最後は俺ら揃ったから、この挨拶で締めたいと思います。 それじゃあ皆さん、グラッツェ!」 全員「チャオ!」 ウルティモ・ドラゴンは闘龍門では自身は基本的には戦ってこなかったのだが、愛弟子たちが久々に集い控室で懐かしみながら会う姿を見て嬉しかったと感想を述べた。 また闘龍門の同窓会大会については今後も1年に1度位集まることができればと今後の継続にも前向きな姿勢を見せた。 ドラゴンの弟子たちの邂逅とミラノの帰還で大きな盛り上がりを見せた闘龍門大会。 プロレス界に燦然と輝き、大きな存在感を放っているウルティモドラゴンの弟子達の活躍と再集合に今後も大いに期待をしたい。

次の