亀田 天心。 那須川天心と武尊と井上尚弥、もし試合したら誰が一番強い?

【速報・結果・動画】那須川天心vs亀田興毅 6月22日

亀田 天心

那須川は「(自分がやっているキックボクシングとは)ジャンルが違いますね。 だから逆に面白いと思います」と、相手が得意なルールに合わせて試合をすることに面白みを感じているという。 亀田対策はあるかと聞かれると「あります」ときっぱり。 今回の試合にも1000万円が懸かり、亀田が那須川をKOした場合のみ1000万円を手にすることができる。 亀田も『ゴング格闘技』のインタビューに答え、「自分もスパーリングで倒したことがあるし、タイミングよく当たれば倒れます。 ヘッドギアを着けていてもアゴは空いていますからね」と、防具を着けていても倒すことができると語っている。 しかし、那須川は「それは絶対にない。 100%ないと思いますよ。 根拠もありますし、自信もありますし。 倒れる気がしないですね」と、亀田にKOされることはないと断言。 そして「もちろん、やるからには絶対にいい試合がしたいですし、自分の実力がどこまで通用するのか。 それはまだ未知数じゃないですか。 前回テーパリット選手(元WBA世界スーパーフライ級王者)たちと戦ったけれど、それじゃあなかなか分かってもらえない人も多いと思うので、 ここで周りも納得するだろうし、自分自身もこれくらいできるんだなっていうのを納得できると思うので楽しみは多いですよね」と、ボクシングでの実力を示すいい機会だとコメントしている。 161 views• 113 views• 112 views• 110 views• 103 views• 101 views• 88 views• 87 views• 80 views• 77 views• 77 views• 75 views• 68 views• 66 views• 61 views• 61 views• 59 views• 59 views• 55 views• 54 views• 53 views• 51 views• 48 views• 47 views• 47 views• 44 views• 43 views• 41 views• 41 views• 40 views.

次の

井上尚弥、亀田興毅、那須川天心

亀田 天心

予想外の強敵の出現で格闘技ファンもザワつき始めている。 インターネットテレビ局「AbemaTV」が設立1周年を記念したスペシャル番組「亀田興毅に勝ったら1000万」が5月7日に放送される。 タイトルどおり、日本人初の3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田に勝利することができれば、賞金1000万円を獲得できるという内容だ。 番組では挑戦者を現在募集中で、参加条件は175センチ以下、70キロ以下の成人男性であれば応募することができる。 ただし、200億円の赤字を抱える同コンテンツということもあって、その挑戦者の選考も亀田が100%勝てる相手だけに絞ってくるのでは、などといった憶測があったが、ここにきて、なんと現役のプロ格闘家が同企画への応募を告白。 この人物がなかなかの大物ということで、一気に話題になってきた。 「応募を公表したのが『キックボクシング史上最高の天才』『キック界の神童』との異名を持つキックボクサー・那須川天心です。 企画自体はボクシングルールで行われることもあり、キックは禁止。 仮に参戦するとなっても那須川の持ち味の蹴りは封印されます。 ところがこの那須川は、現在、フライ級の世界チャンピオンである井岡一翔に勝利しているタイのプロボクサー、アムナット・ルエンロンと2月に対戦。 この試合ではキックルールはありでしたが、那須川はトップボクサーとパンチで戦いたいと宣言し、宣言どおりパンチメインで攻めに攻め、最後はボディブローでKO勝ちを収めています。 こうしたことからも、実現すれば1000万円獲得を狙える器であることは間違いありません」(エンタメ誌ライター) とはいえ、特別番組の公式ホームページには現役選手禁止とは記載されていないものの、現実的に考えて那須川の挑戦を受けることは考え難いという声もある。 しかし、世間からは出来レースだと無視されていたこの番組が那須川の挑戦を受けるようなことがあれば、評価は覆り、盛り上がること間違いなし。 すでに「亀田は逃げるに決まってる」など亀田アンチもエンジンがかかってきている。 テレビの地上波でも高視聴率を狙えそうな夢の対決だけに、ぜひとも格闘ファンの期待に応えてほしいところだ。 (本多ヒロシ) 関連記事:「亀田興毅に勝てば1000万」は出来レース?話題になるにはKO負けしかない!?.

次の

那須川天心と武尊と井上尚弥、もし試合したら誰が一番強い?

亀田 天心

予想外の強敵の出現で格闘技ファンもザワつき始めている。 インターネットテレビ局「AbemaTV」が設立1周年を記念したスペシャル番組「亀田興毅に勝ったら1000万」が5月7日に放送される。 タイトルどおり、日本人初の3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田に勝利することができれば、賞金1000万円を獲得できるという内容だ。 番組では挑戦者を現在募集中で、参加条件は175センチ以下、70キロ以下の成人男性であれば応募することができる。 ただし、200億円の赤字を抱える同コンテンツということもあって、その挑戦者の選考も亀田が100%勝てる相手だけに絞ってくるのでは、などといった憶測があったが、ここにきて、なんと現役のプロ格闘家が同企画への応募を告白。 この人物がなかなかの大物ということで、一気に話題になってきた。 「応募を公表したのが『キックボクシング史上最高の天才』『キック界の神童』との異名を持つキックボクサー・那須川天心です。 企画自体はボクシングルールで行われることもあり、キックは禁止。 仮に参戦するとなっても那須川の持ち味の蹴りは封印されます。 ところがこの那須川は、現在、フライ級の世界チャンピオンである井岡一翔に勝利しているタイのプロボクサー、アムナット・ルエンロンと2月に対戦。 この試合ではキックルールはありでしたが、那須川はトップボクサーとパンチで戦いたいと宣言し、宣言どおりパンチメインで攻めに攻め、最後はボディブローでKO勝ちを収めています。 こうしたことからも、実現すれば1000万円獲得を狙える器であることは間違いありません」(エンタメ誌ライター) とはいえ、特別番組の公式ホームページには現役選手禁止とは記載されていないものの、現実的に考えて那須川の挑戦を受けることは考え難いという声もある。 しかし、世間からは出来レースだと無視されていたこの番組が那須川の挑戦を受けるようなことがあれば、評価は覆り、盛り上がること間違いなし。 すでに「亀田は逃げるに決まってる」など亀田アンチもエンジンがかかってきている。 テレビの地上波でも高視聴率を狙えそうな夢の対決だけに、ぜひとも格闘ファンの期待に応えてほしいところだ。 (本多ヒロシ) 関連記事:「亀田興毅に勝てば1000万」は出来レース?話題になるにはKO負けしかない!?.

次の