ウーバーイーツ ビジネスモデル。 ウーバーイーツCMの女性(女優)は誰?黒柳徹子の部屋で対談する小松菜奈!

ウーバーイーツ時代の外食産業「ゴーストキッチン」3つのジレンマ

ウーバーイーツ ビジネスモデル

Contents• Uber Eats ウーバーイーツ のビジネスモデル Uber Eats ウーバーイーツ はフードデリバリーのマッチングサービスです。 出前館や楽天デリバリーと違うのは、Uber側が配達員を自社の社員として抱えていない点です。 Uber Eats ウーバーイーツ はあくまでユーザーと配達員とレストランの3者をマッチングするプラットフォームとして存在しています。 このモデルにより下記のメリットを実現しています。 今年4月からは東京で、6月からは横浜・埼玉・千葉でも対応が始まりました。 無い方がいいはずの「現金払い」 本来、「現金払い」はUber Eats ウーバーイーツ には不要であり、むしろ 無い方がいいはずの機能です。 通常、ユーザーは登録済みのクレジットカードによって決済を行うため、配達員に直接現金を支払う必要はありません。 ユーザーにとってこのスムーズな注文体験はUber Eats ウーバーイーツ のメリットです。 また、配達員にとっても釣り銭を持ち運ぶ手間がなくスマホ1つで仕事ができるという手軽さはUber Eats ウーバーイーツ のメリットです。 今回始まった 「現金払い」はユーザーと配達員における既存のメリットと完全に逆行します。 ユーザーはわざわざ現金を用意して玄関口で配達員に支払う必要が生じます。 配達員はわざわざ釣り銭を持ち運び、現金を管理するリスクも背負うことになります。 それでは、なぜわざわざ既存のメリットを打ち消してまで、キャッシュレスの波に逆らってまで、Uber Eats ウーバーイーツ は日本で「現金払い」を開始するのでしょうか。 その背景には2つの隠れたニーズが存在します。 ニーズ1: クレジットカードを使いたくないユーザー Uber Eats ウーバーイーツ が「現金払い」を始める第1の理由は、「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズがあるためです。 実際、「現金払い」が始まったきっかけはユーザーの要望が数多く寄せられたことのようです。 スムーズな注文体験を捨ててまで「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズの背景には、クレジットカードに対する心理的不安の強さがあります。 調査では、6割以上の人がクレジットカードに対して「不正利用されるのでは」「個人情報が漏れるのでは」といった不安を抱えています。 (下図) こうした心理的不安を抱えたユーザーは代替手段を利用せざるを得ません。 実際、ネット購入におけるクレジットカードの利用率は7割程度で、残りの3割は「代引き」や「コンビニ支払い」など現金を介した決済を利用しています。 (下図) このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、ユーザーのクレジットカードに対する心理的不安を背景として、ネット通販における「代引き」に相当する手段として生まれたものだといえます。 ニーズ2: 収入を即日現金化したい配達員 Uber Eats ウーバーイーツ が「現金払い」を始める第2の理由は、「収入を即日現金化したい」配達員のニーズがあるためです。 「現金払い」の場合、配達員はユーザーへの配達が完了した瞬間に即、現金が手に入ることになります。 なお、通常のUber Eats ウーバーイーツ の配達員収入は週払いで銀行振込されます。 そして、ここが非常に巧妙な仕組みなのですが、 実は「現金払い」は全ての配達員が対象ではなく、「対応可能」と自主的に設定した配達員しか対応できない仕様になっています。 つまり、 「現金払い」が成立するためにはユーザーのニーズだけではなく、配達員側のニーズが不可欠です。 (逆に言うと、「現金払い」に対応したくない配達員が嫌になって辞めてしまうようなことは起こり得ません。 ) 現金を取り扱うコストとリスクを背負ってまで「現金払い」に対応する配達員が存在する背景には、「即、現金を得たい」ニーズの存在が考えられます。 twitterでの配達員アカウントの発言や、Uber Eats ウーバーイーツ 運営側の話からも、一部の配達員に「即日現金化」のメリットが喜ばれている様子が伺えます。 「即、現金を得たい」事情として、 20代~40代の単身世帯では4割が貯蓄ゼロであるため「手元に現金がない」という状況が考えられます(下図)。 実際、こうした「手元に現金がない」層に向けたサービスは増えています。 このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」には配達員側のニーズも不可欠であり、具体的には「収入を即日現金化したい」というニーズの存在が考えられます。 また、もう1つの配達員側メリットとして、「配達オーダー増加による収入アップ」が考えられます。 対応可能な注文が増えることで自分のところに配達オーダーが入りやすくなり、収入の絶対値が増える可能性があります。 「現金払い」はレストラン側とUber側にもメリット Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、レストラン側とUber側にもメリットが生じます。 これまで取り逃がしてきたユーザーのニーズをすくい取ることができるため、その分サービス全体の取扱高が上昇します。 すなわち、レストラン側にとってはデリバリー売上が上昇し、Uber側にとっては手数料収入が上昇します。 加えてUber側には決済手数料コストの削減メリットも生じます。 通常、ユーザーからの注文処理はクレジットカードで処理されるため、Uber側はカード会社に対して手数料を支払う必要があります。 しかし、「現金払い」によってユーザーが配達員に直接支払いをする場合はカード会社を介さないため、決済手数料はかかりません。 Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は「四方良し」の仕組み Uber Eats ウーバーイーツ が開始した 「現金払い」は、「クレジットカードを利用したくない」ユーザーのニーズと「収入を即現金化したい」配達員のニーズをマッチングさせる巧妙な仕組みです。 また、「現金払い」の導入によりサービス全体の取扱高が上昇するため、レストラン側にもUber側にもメリットが生じます。 このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、サービスに登場する4者の全てにメリットを生じさせる「四方良し」の仕組みとして成立しています。 うまく活用したいところですね! なお、Uber Eats ウーバーイーツ で本格的に稼ぐための情報を、ギュッとまとめた記事も御座いますので、こちらもご参照ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ(2019年)

ウーバーイーツ ビジネスモデル

・Uber Eats ウーバーイーツ ってどのくらい稼げるの? ・収入の計算方法ってどうなってるの? ・活動場所でどれくらい報酬に違いがあるの? ・税金申請はどんな人が必要? 今では一万人以上もの配達パートナーが活動するUber Eats ウーバーイーツ。 確かに、Uber Eats ウーバーイーツ は 特別なスキルを持ち合わせてなくても副業として高い収入を稼げることから話題となっています。 もしかすると、この記事を見つけたあなたも、Uber Eats ウーバーイーツ の収入について詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか。 この記事では、Uber Eats ウーバーイーツ での収入の相場や計算方法、収入を増やすコツについても詳しく説明しています。 この記事を最後まで読めば、副業でUber Eats ウーバーイーツ を始めようと検討している方も、配達パートナーの収入事情について十分理解できるでしょう。 Uber eats(ウーバーイーツ)での収入は時給1200円が目安! Uber Eats ウーバーイーツ での収入の目安は時給換算すると、 1200円前後が平均と言われています。 配達に慣れると 日給で1万円以上も稼ぐことができるので、副業として週2日ほどの稼働でも5万〜12万ほど稼ぐことが可能です。 1-1. Uber Eats ウーバーイーツ の日給モデルケース• 上記について以下で詳しく説明します。 2-1. 例えば、東京エリアで2kmの配達距離だった場合、基本料金は以下となります。 300円(受け取り料金)+170円(受け渡し料金)+300円(距離料金)=770円 基本料金は活動エリアや配達距離によって違いがあります。 特に東京23区内ではUber Eats ウーバーイーツ の需要が高く、他のエリアと比べて報酬も高くつきます。 Uber Eats ウーバーイーツ での収入の大半は基本料金から手数料を差し引いた金額となります。 手数料に関しては下記で説明しますが、配達を繰り返し行うことで上記の基本料金分、もらえる報酬も大きくなります。 活動エリアそれぞれの詳しい基本料金については上記の表を参考にするといいでしょう。 2-2. ブースト ブーストとは、Uber Eats ウーバーイーツ での配達依頼の多い時間帯や需要の高いエリアに応じて報酬が上がる仕組みです。 特に、 12時前後のランチタイムや、 18時前後のディナータイムには需要が上がり配達依頼も多くなることから、 大きければ2倍ほどの報酬が割増となります。 ブーストの発生に関しては、登録から1〜2週間ほどでUber Eats ウーバーイーツ ドライバー専用アプリの地図に表示されます。 より効率よく稼ぎたい方は、ブーストの発生しやすい休日のランチタイム・ディナータイムを狙って活動すると、少ない時間でもより多く稼ぐことができるでしょう。 2-3. インセンティブ インセンティブとは、配達パートナーとしての基本収入やブーストとは別に、「クエスト」や「プロモーション」として表示されるイベントのことを指します。 例えば、雨の日には配達パートナーとして活動する人も少なくなり、インセンティブが発生することがよくあります。 また、「回数クエスト」という、一定期間内の配達回数に応じて追加報酬が得られるインセンティブもあります。 インセンティブの発生は基本的にはランダムですが、前日にメールでインセンティブお知らせが届きます。 2-4. 手数料は基本料金やブーストで得た合計収入から、活動エリアごとに応じた割合の手数料が差し引かれる計算となっています。 逆に関西や名古屋、福岡などは手数料5%と安いですが、案件数の多さで考えるとエリアごとの収入の格差はさほどひらかないでしょう。 そのため、インセンティブの発生時間活用することで、より効率よく報酬をアップさせることができるでしょう。 手数料を差し引かれたとしても、順当に配達パートナーとして活動すれば時給1,000円は到達できるでしょう。 自由な働き方で高い時給を実現できるのが魅力的ですね。 スキマ時間でも高時給! 3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入は週払いでもらえる Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーとして稼いだ報酬は、週払い制となっており 毎週水曜日に自動で振り込まれる仕組みとなっています。 例えば、5月の1週目(月曜日〜日曜日)までに稼いだ報酬は、5月2週目の水曜日に登録しておいた口座に自動で振り込まれます。 報酬を受け取る口座の設定は、配達パートナーの登録の際にあらかじめ設定する必要があり、Uber Eats ウーバーイーツ のドライバーアプリからいつでも変更することもできます。 因みに、Uber Eats ウーバーイーツ で最初に稼いだ収入からは、登録の際に受け取った配達専用バッグのデポジット(8,000円)が差し引かれるので注意が必要です。 バイトや会社と違い、週払いで即金性が高いため、フトコロが寂しい時や急にお金が必要になった場合などには嬉しい収入となるでしょう。 金欠とはオサラバ 4. ウーバーイーツの各主要都市での収入・稼げるエリアについて 2016年9月29日に初めて東京でUber Eats ウーバーイーツ が普及したUber Eats ウーバーイーツ。 さらに、現在ではUber Eats ウーバーイーツ も全国11都市にまで普及が進んでいます。 しかし、Uber Eats ウーバーイーツ では活動するエリアによって、普及率や加盟店舗数などの違いから、平均収入が違うこともよくあります。 以下では、Uber Eats ウーバーイーツ の普及する 全国各地のエリア別の収入見込みについて、• 人口数• 飲食店数• ネット上での意見 上記3点から、各地エリアの稼げる見込みについて以下で詳しく説明します。 より詳しく! 4-1. Uber Eats(ウーバーイーツ)東京エリア(東京23区) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 東京23区 13,885,101 80,342 東京エリアでは、日本でのUber Eats ウーバーイーツ が利用開始された2016年9月当初から普及が進んでいるため、 一番案件数が多いエリアです。 特に、23区では人口数・飲食店数も非常に多いことから、Uber Eats ウーバーイーツ の配達依頼も非常に多くあります。 その中でも、 渋谷・新宿・池袋・銀座・六本木・恵比寿・表参道・新橋・中目黒・麻布十番・赤坂などのエリアでは注文依頼も多く稼げるエリアと言えるでしょう。 今日の結果。 受けなきゃ良いのは分かるが効率的ではあるし。。。 Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリア(さいたま市・戸田市・蕨市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 さいたま市 1,306,079 4,333 戸田市 139,770 406 蕨市 75,254 430 Uber Eats ウーバーイーツ の埼玉エリアでは、人口数・飲食店数の影響からも、 特にさいたま市の案件数が多いと言えるでしょう。 戸田市や蕨市は2019年3月19日に追加されたエリアなので、2019年5月現在では依頼数もあまり多くないとも言えます。 しかし、埼玉エリアは東京エリアと結合したことにより、東京に近い場合は東京エリアでの依頼も同時に引き受けられるようになりました。 そのため、埼玉エリアで活動する場合は、比較的依頼数の多いさいたま市内か、可能であれば東京での案件を引き受けるとより効率よく稼ぐことができるでしょう。 さいたまぁぁぁ — けろん ウーバーイーツ埼玉 uberkeron やはり、さいたま市以外のエリアではまだまだ案件数も少ないみたいです… Uber Eats初心者 4-3. Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉エリア(市川市・船橋市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 船橋市 636,736 1,995 市川市 489,705 1,527 Uber Eats ウーバーイーツ の千葉エリアでは2019年5月現在、船橋市と市川市で利用可能となっています。 人口数・飲食店数を見てみると、船橋市の方が数が多いためUber Eats ウーバーイーツ の依頼数も多い見込みがあるでしょう。 しかし、市川市の場合では東京エリアと密接しているので、 場合によっては東京エリアでの案件を引き受けることも可能でしょう。 もう少し欲しかったけど まーこんなもんかなって感じ でも全部自分の地域でピックアップだったからのんびりやれた! — オレハシル ウーバーイーツ qBilZCfixhG75Dd 千葉エリアでは朝の時間帯にブーストが発生しやすいみたいじゃな。 4-4. Uber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリア(横浜市・川崎市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 横浜市 3,741,317 13,155 川崎市 1,522,241 5,248 Uber Eats ウーバーイーツ の神奈川エリアでは、横浜市・川崎市での利用が可能となっています。 特に、 横浜市は人口・飲食店数も非常に多く稼げるエリアとしての見込みもあるでしょう。 もちろん川崎エリアは、東京エリアとつながっているので東京エリアの案件も引き受けることが可能です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)愛知エリア(名古屋市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 名古屋市 2,317,646 16,862 Uber Eats ウーバーイーツ の名古屋エリアは、2018年10月に開始された比較的新しいエリアですが、飲食店の多さからも需要が高い印象が見受けられます。 名古屋市内の中でも、Uber Eats ウーバーイーツ の利用可能店が中央区に多く集まっていることから、名古屋市で活動する方は特に 中区で待機すると、効率よく案件が引き受けられるでしょう。 さらに、2019年3月からは熱田区・千種区・昭和区が追加されたことからも、名古屋市内でUber Eats ウーバーイーツ の需要が高まっているとも言えるでしょう。 本日のウーバーイーツの売り上げ。 4-6. Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリア(大阪24区) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 大阪市(24区) 8,813,576 26,145 Uber Eats ウーバーイーツ の大阪エリアでは大阪市24区全ての地域で利用可能となっています。 中でも特に、 梅田・心斎橋・難波エリアの需要が高く多くの依頼が引き受けられるのでオススメです。 しかし、需要の高い梅田・心斎橋・難波エリアでは交通量が非常に多いので、 原付よりも自転車の方が効率よく稼げるという意見もあります。 つかれたー!! クエストやらブーストやらで 今日は稼げました! 1万円まであと348円。 笑 雨降ってきたのと、帰りがチャリ置き場から2キロ歩くんで、雨が強くなる前に帰宅します! 最後30分は無音でした! 明日は引っ越しなので休養日にします! — 大阪配達員 Hide72374356 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪のリアルな体験談! 4-7. Uber Eats(ウーバーイーツ)京都エリア(京都市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 京都市 1,463,996 9,670 Uber Eats ウーバーイーツ の京都エリアでは、人口数に比べ 飲食店数が多いので、依頼数も多いエリアであります。 実際に、筆者の私も京都に住んでいた時によくUber Eats ウーバーイーツ のバッグを背負った配達パートナーを目にしており、活発な印象を受けました。 また、京都市では外国人の観光客も多いことから、お花見のシーズンには特に依頼が活発になるそうです。 暑いし クエストは後19回だし なんか達成しそうだけど ギリで終わったらムカつくし 今日はやめー 飲みます! — ウーバーイーツ 京都でどうなん? f2ZMRHUVN0iBrsK 最低保証もあるみたいじゃの。 4-8. Uber Eats(ウーバーイーツ)兵庫エリア(神戸市・芦屋市・西宮市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 神戸市 1,522,635 11,340 西宮市 486,767 1,847 芦屋市 94,222 366 Uber Eats ウーバーイーツ の兵庫エリアでは、これまで神戸市が中心でしたが、2019年3月から新たに西宮市と芦屋市が追加されました。 人口数・飲食店数を見てもやはり、 兵庫では神戸市が一番稼げるエリアと言えるでしょう。 中でも、兵庫区・中央区・灘区の需要が特に当初からサービス展開されていたこともあり、需要が高いそうです。 西宮市・芦屋市に関しては、まだサービス開始から間もないのでこれから依頼が増えることに期待したいところです。 日跨ぎは全く無理。 今日は良かった! お疲れ様でした。 — Feat504 西宮市・芦屋市では配達パートナー不足のためか、かなり高い割合でブーストが発生しているな。 穴場なのではないじゃろうか? 4-9. Uber Eats(ウーバーイーツ)福岡エリア(福岡市) 人口数(2019年4月時点) 飲食店数 福岡市 1,582,695 9,778 Uber Eats ウーバーイーツ の福岡エリアでは2018年11月に利用開始された、比較的新しいエリアです。 新しいエリアかつ、認知度の低い地域であるためネット上ではまだ案件数が少ないという意見も見受けられます。 しかし、2019年4月には新しく早良区にもサービスが拡大したことで、これからの需要の高まりが期待できます。 忙しかった、、 お先です。 上記6つのコツについて、以下で詳しく説明します。 ウーバーイーツで時給1000円以上の高収入が狙える人は、これから説明する手法をこなす自信のある人です。 逆に言うと、これから説明する項目に当てはまらない人は、あまりウーバーイーツに向いていないと言えるでしょう。 6-1. Uber Eats ウーバーイーツ の需要の高いエリアで活動する Uber Eats ウーバーイーツ の副業で収入を増やすコツは、とにかく数をこなすことです。 配達パートナーの仕事は基本的に完全歩合です。 そのため、より多くの案件数をこなすためには、依頼の多いエリアで活動することが好ましいでしょう。 特に東京23区エリアでは配達依頼数も多く、短い時間でもより多くの案件をこなせるでしょう。 しかし、Uber Eats ウーバーイーツ の需要の高いエリアでは手数料も高くなるので注意が必要です。 6-2. 効率よく配達するために土地勘を覚える Uber Eats ウーバーイーツ で収入アップを目指すのであれば、短時間でもより多く案件をこなせるよう活動エリアの土地勘を覚え、効率よく配達する必要があります。 特に、配達パートナー経験の長い人は、 信号の少ない場所や坂道などを避ける道選びなど、効率よく配達を行うための土地勘を熟知しています。 そのため、これから配達パートナーとして活動する方は、配達中に土地の特徴を覚えておくと良いでしょう。 6-3. インセンティブやプロモーション、クエストをフル活用する 配達パートナーでより報酬単価をアップさせるためには、インセンティブやプロモーション、クエストがある場合に多く活動することが好ましいでしょう。 特に、 インセンティブが発生した場合には通常時の一件あたりの報酬よりも単価が上がります。 また、プロモーションもインセンティブと同時発生する場合もあるので、単価が上がるタイミングを狙って活動することで、より短い時間でも多く稼ぐことができるでしょう。 6-4. 自転車でなく原付を使う さらに、Uber Eats ウーバーイーツ での配達効率をアップする為には、自転車よりも原付を使う方が望ましいでしょう。 原付は自転車よりもスピードが早いので、 短時間でもより多くの配達が行えます。 また、原付の場合自転車に比べ体力を使わないので直距離・長時間の労働でも疲れにくく、安定した配達が行えます。 しかし、配達に原付を使う場合にはパートナーセンターでの登録が必要となるほか、ガソリン代もかかってしまうというデメリットもあります。 その為、より多く稼ぎたいUber Eats ウーバーイーツ 上級者の方にはに原付がおすすめと言えるでしょう。 原付使って高時給! 6-5. チェーン店を狙う Uber Eats ウーバーイーツ での案件は、マクドナルドなどの チェーン店を狙うことで効率よく配達を行えるというコツがあります。 その理由は、店舗数の多いチェーン店では特に「家から出たくない」、「めんどくさい」という依頼者が多く、 配達場所までの距離が近い場合がよくあります。 そのため、チェーン店の近くに待機し、案件が来たらすぐに引き受けるという手法で効率よく配達を行うことができるでしょう。 6-6. 割りに合わないと判断した案件は引き受けない Uber Eats ウーバーイーツ での依頼が、行列のできる人気店であったり、インスタ映えを狙ったお店の場合は、は依頼者までの配達距離が長い場合や、タピオカなどの運びにくい液体物を引き受けてしまう可能性があります。 そのため、依頼を受けた段階で割りに合わないと思った案件は、思い切って断り、チェーン店など効率よく配達できる案件を待つという手法の方が、効率が良くなる場合もあります。

次の

Uberのビジネスのモデルを、ビジネスモデルキャンバスを駆使して徹底解説!

ウーバーイーツ ビジネスモデル

Contents• Uber Eats ウーバーイーツ のビジネスモデル Uber Eats ウーバーイーツ はフードデリバリーのマッチングサービスです。 出前館や楽天デリバリーと違うのは、Uber側が配達員を自社の社員として抱えていない点です。 Uber Eats ウーバーイーツ はあくまでユーザーと配達員とレストランの3者をマッチングするプラットフォームとして存在しています。 このモデルにより下記のメリットを実現しています。 今年4月からは東京で、6月からは横浜・埼玉・千葉でも対応が始まりました。 無い方がいいはずの「現金払い」 本来、「現金払い」はUber Eats ウーバーイーツ には不要であり、むしろ 無い方がいいはずの機能です。 通常、ユーザーは登録済みのクレジットカードによって決済を行うため、配達員に直接現金を支払う必要はありません。 ユーザーにとってこのスムーズな注文体験はUber Eats ウーバーイーツ のメリットです。 また、配達員にとっても釣り銭を持ち運ぶ手間がなくスマホ1つで仕事ができるという手軽さはUber Eats ウーバーイーツ のメリットです。 今回始まった 「現金払い」はユーザーと配達員における既存のメリットと完全に逆行します。 ユーザーはわざわざ現金を用意して玄関口で配達員に支払う必要が生じます。 配達員はわざわざ釣り銭を持ち運び、現金を管理するリスクも背負うことになります。 それでは、なぜわざわざ既存のメリットを打ち消してまで、キャッシュレスの波に逆らってまで、Uber Eats ウーバーイーツ は日本で「現金払い」を開始するのでしょうか。 その背景には2つの隠れたニーズが存在します。 ニーズ1: クレジットカードを使いたくないユーザー Uber Eats ウーバーイーツ が「現金払い」を始める第1の理由は、「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズがあるためです。 実際、「現金払い」が始まったきっかけはユーザーの要望が数多く寄せられたことのようです。 スムーズな注文体験を捨ててまで「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズの背景には、クレジットカードに対する心理的不安の強さがあります。 調査では、6割以上の人がクレジットカードに対して「不正利用されるのでは」「個人情報が漏れるのでは」といった不安を抱えています。 (下図) こうした心理的不安を抱えたユーザーは代替手段を利用せざるを得ません。 実際、ネット購入におけるクレジットカードの利用率は7割程度で、残りの3割は「代引き」や「コンビニ支払い」など現金を介した決済を利用しています。 (下図) このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、ユーザーのクレジットカードに対する心理的不安を背景として、ネット通販における「代引き」に相当する手段として生まれたものだといえます。 ニーズ2: 収入を即日現金化したい配達員 Uber Eats ウーバーイーツ が「現金払い」を始める第2の理由は、「収入を即日現金化したい」配達員のニーズがあるためです。 「現金払い」の場合、配達員はユーザーへの配達が完了した瞬間に即、現金が手に入ることになります。 なお、通常のUber Eats ウーバーイーツ の配達員収入は週払いで銀行振込されます。 そして、ここが非常に巧妙な仕組みなのですが、 実は「現金払い」は全ての配達員が対象ではなく、「対応可能」と自主的に設定した配達員しか対応できない仕様になっています。 つまり、 「現金払い」が成立するためにはユーザーのニーズだけではなく、配達員側のニーズが不可欠です。 (逆に言うと、「現金払い」に対応したくない配達員が嫌になって辞めてしまうようなことは起こり得ません。 ) 現金を取り扱うコストとリスクを背負ってまで「現金払い」に対応する配達員が存在する背景には、「即、現金を得たい」ニーズの存在が考えられます。 twitterでの配達員アカウントの発言や、Uber Eats ウーバーイーツ 運営側の話からも、一部の配達員に「即日現金化」のメリットが喜ばれている様子が伺えます。 「即、現金を得たい」事情として、 20代~40代の単身世帯では4割が貯蓄ゼロであるため「手元に現金がない」という状況が考えられます(下図)。 実際、こうした「手元に現金がない」層に向けたサービスは増えています。 このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」には配達員側のニーズも不可欠であり、具体的には「収入を即日現金化したい」というニーズの存在が考えられます。 また、もう1つの配達員側メリットとして、「配達オーダー増加による収入アップ」が考えられます。 対応可能な注文が増えることで自分のところに配達オーダーが入りやすくなり、収入の絶対値が増える可能性があります。 「現金払い」はレストラン側とUber側にもメリット Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、レストラン側とUber側にもメリットが生じます。 これまで取り逃がしてきたユーザーのニーズをすくい取ることができるため、その分サービス全体の取扱高が上昇します。 すなわち、レストラン側にとってはデリバリー売上が上昇し、Uber側にとっては手数料収入が上昇します。 加えてUber側には決済手数料コストの削減メリットも生じます。 通常、ユーザーからの注文処理はクレジットカードで処理されるため、Uber側はカード会社に対して手数料を支払う必要があります。 しかし、「現金払い」によってユーザーが配達員に直接支払いをする場合はカード会社を介さないため、決済手数料はかかりません。 Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は「四方良し」の仕組み Uber Eats ウーバーイーツ が開始した 「現金払い」は、「クレジットカードを利用したくない」ユーザーのニーズと「収入を即現金化したい」配達員のニーズをマッチングさせる巧妙な仕組みです。 また、「現金払い」の導入によりサービス全体の取扱高が上昇するため、レストラン側にもUber側にもメリットが生じます。 このように、Uber Eats ウーバーイーツ の「現金払い」は、サービスに登場する4者の全てにメリットを生じさせる「四方良し」の仕組みとして成立しています。 うまく活用したいところですね! なお、Uber Eats ウーバーイーツ で本格的に稼ぐための情報を、ギュッとまとめた記事も御座いますので、こちらもご参照ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の