面接 日程 確定 メール。 面接日程調整メールの書き方・返信の仕方【例文あり】

面接設定のためのメールのテンプレートをご紹介します!

面接 日程 確定 メール

転職活動では、メールのやり取りで面接の日時を決めることも多いものです。 少しでも内定に近付くためには、メールでも失礼がない表現や対応を心がける必要があります。 採用担当者に対するメールの返信では、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。 今回は、転職活動のメールの例文とチェックポイントを紹介します。 たとえば、企業の担当者から面接に関するメールが来た場合、確認したらすぐに返信したほうが好印象を与えられます。 どんなに遅くとも24時間以内には返信しましょう。 また、メールの返信ボタンを押すと件名に「Re:」が付きますが、そのままにせずに件名を書き直したほうが丁寧な印象になります。 加えて、丁寧な日本語や正しい敬語を心がけ、署名もきちんと入れることもポイントです。 相手が外資系企業の場合は、メールのやり取りが英語になる可能性もあります。 メールの基本的なルールは日本語の場合と同じですが、素早い返信が重要です。 ここでは、メールの書き方の基本構造について説明します。 件名には「用件・名前・Re:元の件名」 メールに返信するときは件名にも気を付けましょう。 そのまま返信しても失礼にはあたりませんが、元の件名の前に用件や名前を付け、「用件・名前・Re:元の件名」とするとメールを受け取った相手が内容を把握しやすくなります。 返信メールには相手からの本文を残す メールの返信ボタンを押すと、送られてきたメールの文面が本文に引用されます。 送られてきた内容はそのまま残しておいたほうがよいでしょう。 メールの本文を残しておけば、後からどのような内容のやり取りをしていたかすぐに確認できます。 本文は「宛先・あいさつ・内容・締め・署名」の順 本文の流れは「宛先・あいさつ・内容・締め・署名」の順を意識して記載します。 特に署名はうっかり入れ忘れる場合もあるため、送信前に再度チェックしましょう。 宛名は、会社名+部署+フルネームの順に正式名称で メールの宛名は会社名の次に部署名を書き、最後に担当者のフルネームを記載します。 会社名や部署名は正式名称を正しく記載しましょう。 相手の名前にミスがあると失礼なので、十分注意しなければなりません。 【シチュエーション別】面接メールの例文 面接についてのメールは、実際にはどのような内容を送ったらいいのでしょうか。 さまざまなシーンを想定したメール返信の例文を紹介するので、ぜひ活用してください。 (自分の名前)と申します。 この度は1次面接の日程についてご連絡いただき、 誠にありがとうございます。 つきましては、ご提示いただきました日程のうち、 以下の日程を希望日とさせていただけますと幸いです。 (自分の名前)と申します。 書類選考通過のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 面接の希望日時についてご連絡いたします。 以下のいずれかの日程で貴社へお伺いできればと存じます。 (自分の名前)と申します。 大変申し訳ございません。 誠に勝手なお願いではございますが、 可能であれば以下の日程で再度ご調整いただくことは可能でしょうか。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (自分の名前)と申します。 しかしながら、突然の顧客トラブルにより 面接へ伺うことができない状態となってしまいました。 図々しいお願いではございますが、 改めて面接の機会をいただくことは可能でしょうか。 もし可能であれば、後ほど改めて代替の日程について ご連絡させていただきたく存じます。 この度は突然のご連絡となり申し訳ございません。 何卒よろしくお願い申し上げます。 本日はお忙しところ面接の機会を頂戴し、誠にありがとうございました。 取り急ぎ面接のお礼をさせていただきたく、メールをお送りいたしました。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 (自分の名前)と申します。 先日ご依頼いただきました、履歴書と職務経歴書をお送りいたします。 こちらのメールに以下のファイルを添付しておりますので、 ご確認いただけますと幸いです。 添付ファイル ・履歴書 ・職務経歴書 ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 (自分の名前)と申します。 貴重なお時間をとっていただいたにもかかわらず、 このようなご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。 末筆ながら貴社の益々のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 先日は貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。 面接時に、選考結果は1週間後までにご連絡いただけると ご案内いただきましたが、その後いかがでしょうか。 念のため確認させていただきたく、ご連絡いたしました。 ご多忙中とは存じますが、ご確認いただけますと幸いです。 お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。 (自分の名前)と申します。 この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ぜひ承諾させていただきたく存じます。 これまで培った経験を活かし、 貴社に貢献できるよう努力する所存ですので 何卒よろしくお願いいたします。 今後の手続きについて何かございましたら、ご教示いただけますと幸いです。 引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。 注意しないと評価を下げてしまう恐れもあります。 気を付けたい減点ポイントを紹介するので、しっかりチェックしましょう。 これは面接の調整をする際のメールにも同じことがいえます。 強調したい部分があっても色文字や太字は使用せず、シンプルな文面を心がけましょう。 改行や段落分けがないと、文章が横に長く伸びて読みづらくなります。 また、パソコンとスマートフォンではメールの見え方が変わるため、その点も意識して改行や段落分けをする必要があります。 たとえば、相手の企業を示す言葉は話し言葉なら「御社」ですが、書き言葉では「貴社」となります。 一度送ったメールは取り消すことができないので、言葉使いには細心の注意が必要です。 在職中の会社のメールで転職に関するメールのやり取りをしてしまうと、応募先の企業から「公私混同する人だ」と思われる恐れがあります。 メールを書いている最中にはミスに気付かないこともあるので、最後に確認する癖をつけたほうがよいでしょう。 メールを書き終わったら以下の項目をチェックして、失礼のないメールを送信しましょう。 メールだけで合否が決まるわけではありませんが、内定を勝ち取るためには少しでもよい印象をもってもらえるようにしたほうがよいでしょう。 よりスムーズに転職活動を進めたいのであれば、転職エージェントを活用するのもご検討ください。 特に外資系企業やグローバル企業への転職を希望するならに登録すると、自分に合った転職先を探すお手伝いをします。 応募から内定後までサポートする体制が整っており、面接のサポートにも対応しています。 ぜひ無料面談にご登録ください。

次の

【例文あり】面接日程調整・変更希望メール&日時案内・確定への返信

面接 日程 確定 メール

面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 では、下記日時に貴社にうかがわせていただきます。 恐れ入りますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 解説 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません。 こちらの都合で申し訳ございませんが、 以下の日時であれば貴社にうかがえます。 お手数、ご迷惑をおかけいたしますが、 ご検討いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 こちらから候補日を示さずに「ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません」とだけ返してしまうと、再び相手から日程が送られてきて……再び予定が合わずお詫びをして——という非効率・不毛なやり取りが続きかねません。 提示された日程がNGのときは、こちらから複数の日程候補をメールしましょう。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 面接日程ですが、下記の日時でお願いできますでしょうか。 jp ——————————— このように、提示された日程候補から選んだ日時を伝えましょう。 もしも候補日の中に都合がつく日程がない場合には、1で書いたように、面接日程の候補日をこちらからいくつか示すとよいでしょう。 ご連絡いただき、ありがとうございます。 僭越ながら、面接の希望日程をお送りさせていただきます。 手前勝手で申し訳ございませんが、ご検討いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 複数の日程候補を挙げるときは、例文のように、箇条書きを利用します。 「6月17日〜21日(17日と18日は終日、19〜21日は13時〜17時)のいずれかでお願いできれば幸いです」のような書き方は、読みにくく誤解を招きかねません。 なお、「13時〜17時」という書き方だと、17時からの面接もOKなのか、17時までに終わらせたほうがいいのかがわかりません。 誤解されないよう「13時〜17時(17時には面接終了希望)」などと書いておくといいでしょう。 また、日程を伝えるときに「日にち」だけでは誤解が生じやすくなります。 「日にち」とあわせて、必ず「曜日」も伝えるようにしましょう。 (記事作成日:2017年8月31日).

次の

面接日程や調整メールの正しい返信方法!件名や署名はビジネスメールの基本

面接 日程 確定 メール

面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 では、下記日時に貴社にうかがわせていただきます。 恐れ入りますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 解説 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません。 こちらの都合で申し訳ございませんが、 以下の日時であれば貴社にうかがえます。 お手数、ご迷惑をおかけいたしますが、 ご検討いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 こちらから候補日を示さずに「ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません」とだけ返してしまうと、再び相手から日程が送られてきて……再び予定が合わずお詫びをして——という非効率・不毛なやり取りが続きかねません。 提示された日程がNGのときは、こちらから複数の日程候補をメールしましょう。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 面接日程ですが、下記の日時でお願いできますでしょうか。 jp ——————————— このように、提示された日程候補から選んだ日時を伝えましょう。 もしも候補日の中に都合がつく日程がない場合には、1で書いたように、面接日程の候補日をこちらからいくつか示すとよいでしょう。 ご連絡いただき、ありがとうございます。 僭越ながら、面接の希望日程をお送りさせていただきます。 手前勝手で申し訳ございませんが、ご検討いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 複数の日程候補を挙げるときは、例文のように、箇条書きを利用します。 「6月17日〜21日(17日と18日は終日、19〜21日は13時〜17時)のいずれかでお願いできれば幸いです」のような書き方は、読みにくく誤解を招きかねません。 なお、「13時〜17時」という書き方だと、17時からの面接もOKなのか、17時までに終わらせたほうがいいのかがわかりません。 誤解されないよう「13時〜17時(17時には面接終了希望)」などと書いておくといいでしょう。 また、日程を伝えるときに「日にち」だけでは誤解が生じやすくなります。 「日にち」とあわせて、必ず「曜日」も伝えるようにしましょう。 (記事作成日:2017年8月31日).

次の