全裸監督 相関図。 話題沸騰Netflix「全裸監督」の「ビニ本」ガイドブックが凄い。付録になってさらにお得(エキサイトレビュー)

ミッドナイトスワンキャスト一覧相関図・あらすじを紹介!

全裸監督 相関図

村西とおるは北海道で、さえない英語教材のセールスマンをしていた。 毎月の営業成績は悪く、ノルマを到達できず、上司からは首を宣言されていた。 そんなときトップセールスマンの先輩に付き切りでノウハウを教えてもらうことにする。 すると、見る見るうちに成績が上がり、たちまちトップの座についた。 ところが景気が良くなったのもつかの間、妻の浮気現場に遭遇し、会社では何者かが売り上げを持ち逃げし、会社の経営が傾くなど、不運に見舞われる。 村西とおるは落ち込み、スナックで飲んでいると、ラブホテルで盗撮した8mmビデオを売っている、というトシと出会う。 トシに連れられてラブホテルの盗撮現場に行った村西とおるはエロの世界を知り、ひどく興奮する。 それをきっかけにアダルトビデオ店を回り、8mmビデオとビニ本の販売をすることを思いつく。 英語教材のセールスで身に着けた商才を武器に村西とおるはビニ本の売り上げを驚異的に伸ばし、一気にエロ業界で注目される存在となる。 しかしそれをよく思わない人間もいた。 そこでは警察、ライバル会社、やくざなどがひしめきあい、お互いの欲望と利益のための争いが勃発する。 全裸監督のキャスト• 山田孝之• 満島真之介• 森田望智• 柄本時生• 伊藤沙莉• 冨手麻妙• 後藤剛範• 吉田鋼太郎• 板尾創路• 余貴美子• 國村隼• 玉山鉄二• リリー・フランキー• 石橋凌 全裸監督の感想と評価 ネットフリックスが贈る「」の武正晴監督による、日本のAV業界の一時代を築いた村西とおるの伝記ドラマシリーズ。 同名ノンフィクションの実写化です。 しっかりとお金をかけ、豪華キャストを迎え、芸術性とエンタメ性を織り交ぜていて、大分まともなクオリティーに仕上がっています。 ユーモアがあって、AVの絡みシーンも包み隠さず撮っていて、エロスに対する村西とおるの情熱が伝わってくる日本版「」ともいえる作品になっていました。 物語の舞台は昭和から平成に移り変わる激動の時代で、当時の日本の文化や歴史をたどりつつ、アダルト業界を描いているのが面白く、また哀愁を感じました。 そもそも村西とおるの人生が題材としては最高で、ぶっ飛んだエピソードのオンパレードになっています。 北海道でエロの道に進み、8mmやビニ本の販売を手掛け、エロ本を売るために自ら書店を購入し、次々と店舗を広げていった経営者的手腕には脱帽します。 さらに書店を経営するだけでなく、印刷所まで買収して自ら撮影や製作まで手掛ける、という発想がすごいです。 エロのためなら法律に反することも厭わず、裏本を自分の店でこっそり販売したり、当時はご法度だった本番行為をビデオ撮影で導入したり、と賛否両論はあるだろうけど、いずれにしてもものすごい度胸してますね。 法律のギリギリのところを攻め、時には罪を犯し、逮捕されてまでその道で成功してやろう、というあのモチベーションは一体どこから来るのでしょうか。 もしかすると、妻に浮気され、家族を失い、捨てるものがなくなったのが大きかったのかもしれませんね。 そんな村西とおるの成功を支えた女性として登場するのがお嬢様育ちのAV女優、黒木香。 黒木香は芸術思考が強く、大学では美術学科で絵を学び、イタリア留学の資金を貯めるためにAV業界に入ってきた変わり者です。 ものすごい性欲の持ち主で、もともと自分のありのままを表現して生きるべきだと感じていた彼女は、村西とおると運命的な出会いを果たします。 そして面接に来た流れで、村西とおる本人と絡み、本番ありの撮影にまで臨んだ一連のシーンはエロさよりもむしろ感動を覚えました。 二人のフィーリングがぴったり合ったうえで、黒木香が自らを曝け出す瞬間をカメラがしっかり捉えていましたね。 「」の日本版のようだと言いましたが、同じアダルト業界でも日本のアダルト業界はモザイクがあったり、それに対して裏ビデオが売られていたり、プロダクションとのしがらみがあったり、やくざが間に絡んでいたり、と日本独自の文化が垣間見れるので、このシリーズは海外でも興味深く見られるんじゃないでしょうか。 男優や女優が前張りを使ってやるシーンとか笑えますね。 射精のシーンは注射器に疑似の精液を入れて飛ばすだけ。 昔はあれが普通だっただなんて僕が子供のときは想像もしていませんでした。 そんな世界のルールをぶっ壊すには、やはり村西とおるのようなアウトサイダーではないと無理だったのかもしれませんね。 しかし危ない橋を渡りすぎて、ハワイでの撮影後にはFBIに逮捕されて、懲役370年求刑されるっていうのもスケールが違いますね。 できればあの下りをもっと詳しく描いて欲しかったなぁ。 刑務所内の生活風景とかにも興味あるし。 半日感情の強かった時代背景もあるんでしょうが、なにがどうなって総量刑で370年になるのか、どうしたらそんな重い刑を言い渡されて司法取引で出所できるのか分からなかったです。 それにしても、1億円以上の司法取引費用を仲間がかき集めてくれた、ということからしても、よっぽどカリスマ性や人徳があったんでしょうね。 すごいな。 ストーリーの良さもさることながら、演技のレベルも気持ちよく見れるレベルに達していました。 テレビ局が作るドラマや邦画の演技はいつもひどいのに、製作が変わるだけでこんなに違うんですね。 山田孝之ばかりが話題になっているけど、僕は満島真之介とやくざの子分役二ノ宮隆太郎が特によかったと思います。 満島真之介は下っ端のチンピラっぽさが出ている一方で、二ノ宮隆太郎は命知らずの鉄砲玉的な威圧感がありましたね。 ボスに言われたらそれこそ平気で人も刺しそうな感じがして怖いです。 女性陣も森田望智をはじめ、じゃんじゃんヌードになって思い切りのいい演技をしてました。 尊敬します。 ひどかったのは小雪ぐらいで、カメオ出演のわき役俳優たちもみんないい味出していますね。 BGMの使い方も上手かったです。 居酒屋の女将と村西とおるが行きずりの仲になるシーンでは、絶妙なタイミングでミスターロンリーがかかります。 日本の刑法がザックリし過ぎているため(立法の場ではなく、そのザックリ法の運用を担うに過ぎない司法に対してのギリギリの挑戦を強いられたという意味で)戦い方を誤った多くの勇者の一人であり、それ以上に有能な表現者の物語です。 その意味でも、この作品は表現の王道だと言えますね。 勿論人情愛情てんこ盛りの非常に面白い作品ですが、そこはこちらに書いておられるので。 取っ掛かりは8mm盗撮ではなくカセットテープでの盗聴ですね。 時代的にホームビデオ登場前のお話ですから。 米での日本への風当たりが強かった時代に、無許可で軍事施設やモニュメント上空を飛行しただけでも何十年か食らいますね。 撮影や不敬行為も同様です。 責任者は配下の罪にも責任を負います。 米法は加算式ですから、清算不可能な程に刑期が増えます。 そして司法取引は、トレードと訳すと理解が早い。 すなわち刑期と罰金をトレードするのです。

次の

『全裸監督』はエロ版『ブレイキング・バッド』か⁉ 村西とおるが語った「日本AVが世界でウケる理由」

全裸監督 相関図

早々とシーズン2がアナウンスされた「全裸監督」 「全裸監督」は、実際、素晴らしい出来のドラマだと思う。 見ていれば、時間も予算もしっかりかけたのはよく分かる。 18歳未満はかなりお断りな作品だが、それ以上であれば、文句なくお勧めできる作品だ。 一方、「全裸監督」公開以降、次のような言葉を耳にすることも増えている。 「さすがNetflix。 Netflixじゃなければできなかった」 「外資の力はすごい。 黒船パワー」 うーん。 間違いじゃない。 「Netflixでなければ全裸監督は作れなかった」 これは、「今の日本のドラマ制作スタイルでは」という意味ではイエス、と言っていい。 だが、「外資だからきわどい表現も許容された」「外資だから予算が多かった」と考えるのは間違っている。 もっと厳しい言葉を言えば「思考停止」であり、言葉を選ばずに言えば害悪すらある、と思う。 では、なぜNetflixは「全裸監督」を制作できたのか? その辺をちゃんと分析してみたい。 なお、本記事に書いた内容は、2015年秋、講談社現代新書より発行した「」でも考察した内容が多く含まれている。 特に、配信ビジネス以降の同社のビジネスについては、発刊後4年が経過した今も、もっとも情報がまとまった書籍の1つだと自負している。 興味があれば併読していただけると幸いだ。 この記事について この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。 今回の記事は2019年8月19日に配信されたものです。 メールマガジン購読(月額648円・税込)の申し込みは。 「全裸監督は大規模予算」は本当か まずは「予算」から。 Netflixは、1作品にかける予算を基本的に公開していない。 トータルでのコンテンツ制作と調達にかけるコストは、2018年春に「公開した」数字として80億ドル(約9000億円)というものがあるが、2019年度はこれが150億ドル規模(約1. 6兆円)に拡大している、と言われている。 Netflixがオリジナルコンテンツ調達に巨額な費用を投じているのは事実だ。 だが、「全てが巨額か」「他に例がないか」というとそういうわけでもない。 Netflixの投資もピンキリだ。 「Netflixオリジナル」とついていても、その調達方法はいろいろある。 Netflixが一から企画を立てて制作出資したものもあれば、他のルートで企画・制作していたものを「配信独占」の形で調達したものもある。 また、自社出資でも、作品の性質によってかかっているコストはまちまちだ。 今回の「全裸監督」の場合はどうか? やはり、予算面は明らかにされていないので、推測に頼る部分はある。 だが、誰の目で見ても、一般的なテレビドラマよりお金がかかっているのは事実だ。 セットも大きく豪華だし、撮影・編集も凝っている。 スタッフロールをみれば分かるが、VFX・CG周りだけでいくつものチームが担当、ポストプロダクションはハリウッドの一流の映画監督御用達であるFotoKemが担当している。 日本のドラマでこの態勢はあり得ない。 また、関係者のコメントを総合しても、「一般的なテレビドラマよりもずっとコストがかかっている」のは間違いない。 一般的な日本のドラマの場合、1話の制作費は数千万円。 安価な作品は1000万円台以下ということもある。 最も制作費をかけるNHKの大河ドラマで、5000万円から7000万円と言われている。 「全裸監督」がどれだけの予算をかけたかは分からないが、少なくともこうした規模感の中では最上もしくはそれを超える額だったのではないか、という予想は容易に想像がつく。 では、ここで見方を変えてみたい。 海外、特に大ヒットするハリウッド制作のドラマはどうなのか? こちらもピンキリではあるが、額はさらに大きい。 ヒットドラマの場合、1話の制作費は「数百万ドル」に達する。 例えば、「ゲーム・オブ・スローンズ」の場合、1話当たりの制作費は1000万ドル台(約11億円)と言われている。 これは極端な例だが、1話に3億円かける、という話は少なからずある。 「全裸監督」もお金はかけているが、そこまでかかっているとは思えない。 「お金はかけたがそこそこ」というのが実情ではないだろうか。 それが、日本の規模よりはずっと大きかった、ということだ。

次の

『全裸監督』はエロ版『ブレイキング・バッド』か⁉ 村西とおるが語った「日本AVが世界でウケる理由」

全裸監督 相関図

ついにNetflixのオリジナルコンテンツとしてドラマ『全裸監督』の配信が始まりましたね! 何かと面白い作品にいつも出演している印象の演技派俳優の山田孝之が、今回もまたアダルト業界を舞台とした青春ドラマという一風変わったドラマに挑戦するということで、気になっている人も多いんじゃないでしょうか。 実際私が見てみてこの作品はイかれていると感じましたね(笑)カメレオン俳優として有名な山田孝之の変態さなのか村西とおるのクレイジーさなのかわからないですが、ただただ今までの日本のドラマにない異質な雰囲気があります。 そして、地上波のドラマ以上に注目を浴びていて名前だけはよく聞くけど、『全裸監督』って実際のところどういった話なのかとかわからないって人も多いと思っています。 今回は、 『全裸監督』の無料動画視聴方法、評価、あらすじ、感想、おすすめポイントを ネタバレなしでまとめたので、良かったら見てみてください。 ドラマ『全裸監督』の無料動画視聴方法・概要・あらすじ・評価・感想 1. ドラマ『全裸監督』の動画を無料視聴する方法 『全裸監督』は、冒頭で述べたようにのオリジナルコンテンツとなっています。 そのため現在のところ、Netflixでのみ視聴可能です。 には1ヶ月無料体験期間があるので、その期間を利用して『全裸監督』を見ることができます。 無料体験期間中に解約すれば、料金はかかりません。 Netflixは世界最大級の動画配信サービスで、『全裸監督』以外にもオリジナルコンテンツに力を注いでいます。 『ストレンジャー・シングス』とか今話題のNetflixオリジナルコンテンツですよね。 『全裸監督』以外にも様々な映画・ドラマが見れるので是非無料体験期間を利用してみてください。 ドラマ『全裸監督』の概要・あらすじ 【総監督】武正晴 【監督】河合勇人、内田英治 【原作】本橋信宏 【脚本】山田能龍、内田英治、仁志光佑、山田佳奈 【キャスト】 山田孝之、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、玉山鉄二、リリー・フランキー、石橋凌 【あらすじ】 会社は倒産、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西 山田孝之 はアダルトビデオに勝機を見出し仲間のトシ 満島真之介 、川田 玉山鉄二 らとともに殴り込む。 一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされる村西たち。 そこへ。 厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美 森田望智 が現れる。 ふたりの運命的な出会いは、社会の常識を根底からひっくり返していくのだった……。 (引用元:) バブル絶頂の1980年代の日本を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれたアダルビデオ監督の村西とおるの半生を描いています。 「前科7犯、借金50億、アメリカでは懲役370年を求刑される」等ぶっ飛んだ武勇伝を持つ村西をNetflixで全世界に向けて独占配信しています。 総監督は『百円の恋』、『リングサイド・ストーリー』、『銃』を監督した武正晴です。 キャストも、山田孝之を始め、吉田鋼太郎、板尾創路、玉山鉄二、リリー・フランキー等、豪華すぎますよね。 また今作は、本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」 太田出版 が原作となっています。 原作をAmazonで購入したい人は以下からどうぞ 3. 当時の、 「古き良き日本の雰囲気」を完全に再現しています! 店や街の雰囲気、バブルならではの少し派手めなファッション、流行のものや文化等細かい部分までしっかりと忠実に当時をコピーしています。 私はその時代は生まれていませんでしたが、そんな私でさえ懐かしさのようなものや当時の日本にタイムスリップしてみたいという思いがこみ上げてきました。 Netflixで配信するという強みを上手に生かした作品と言えるでしょう。 とはいえ、いくらNetflixの配信でも結構規制が厳しいんじゃないの?と思っている方もいますよね。 はっきりいって 『全裸監督』は際どいどころか、完全にアウトといって言いでしょう(笑)過激すぎます。 普通に女性の裸だったり、性行為のシーンが描かれています。 しかも結構がっつり尺を取っています。 逆にそういう描写が苦手は人はおすすめしません。 しかし、 村西とおるが実際に体験した武勇伝だったり、村西とおるがアダルトビデオにかけた情熱がそのまま描かれています。 いかに村西が破天荒な人生を送ったかが今作を見たらわかりますよ。 しかもただ単にエロスを村西がエロスを広めるだけじゃなく、村西のそれ以上の深い想いが伝わってきます。 村西を知っている人も知らない人も、今作を見たら村西のファンになること間違いなしです。 それが普通に面白くて気軽に笑って見られました。 しかし、ストーリーが進むにつれリアリティが増してよりシリアスな雰囲気になることもありました。 一つのことに捧げる情熱、友情等様々なことを深く考えさせられるシーンも多々あります。 コメディタッチでありながら、シリアスな雰囲気も出ているという作品としての幅広さを感じました。 そのようなセクシャルなシーンが苦手という人は完全にこの作品はおすすめできません。 しかし、女性で普段は見るわけじゃないけど、ドラマのテーマとしては面白いかもとネガティブな感情を持っていなければ全然見れると思います。 アダルトなシーンを大画面で楽しむべし 『全裸監督』は先ほど言いましたが、女性の裸や性行為、アダルトビデオの撮影に全力で取り組んでいる様子だったりが普通に描かれいます。 そういうアダルトなシーンを本気で楽しみ、ドラマの雰囲気を全力で感じたい人は「 」がおすすめです! 「 」は自宅にあるTVに小さいスティックを差し込んで、WiFiに接続するだけで、TV上でNetflixやAmazonプライムビデオ、Hulu、U-NEXTと言った動画配信サービスにログインでき、映画やドラマをTVで楽しむことが出来るんです。 もちろんそれぞれの動画配信サービスに登録していないと、「 」を買っても意味ないですけど。 『全裸監督』だけじゃなくアクション映画やホラー映画等が好きで、大画面で大迫力で見たいって方はなおおすすめです。 「 」で、自宅のTVを使って、高画質な映画やドラマを楽しみましょう! 6. まとめ 『全裸監督』をここまで紹介してきましたが、気になった方は是非にも登録してみてください。 日本の枠に留まらず、日本のエロティシズム文化を世界に発信する今作は、日本のドラマ界を大きく変えていくことが期待されています。 配信されて間もないですが、Filmarksで4. 3を記録する等高い評価を獲得しています。 皆さんも是非『全裸監督』を見てみてください。 またドラマファン皆んなが評価する、Netflixで配信されているおすすめの海外ドラマをランキングしているので、見たい方は是非どうぞ ドラマファン皆んなが評価する本当に面白い海外ドラマランキングも是非どうぞ.

次の