弘道 会 襲撃。 北関東抗争

群馬県太田市で半グレ「ブラット」が弘道会野内組栗山組を挑発の動画

弘道 会 襲撃

尼崎で襲撃された古川組元組長は古川恵一元総裁 まとめると今回の襲撃については次のように言われています。 時刻は2019年7月12日の午後• 場所は阪神尼崎駅近くにある飲食店付近• 犯人は六代目山口組の弘道会関係者• 古川恵一元総裁は軽傷を負った 犯人は弘道会の三木一郎 さらにツイッターなどの情報では、犯人の「弘道会関係者」は、弘道会の「三木一郎」なる人物だとされています。 弘道会の三木一郎が神戸の古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭したそうです — ・893 fight0Japan 転送 弘道会、三木一郎が 神戸山口組 古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭した そうです。 らしいです。 傘で頭部を数発たたいたそうです。 逮捕容疑「傷害」 — 白くま会長 ShirokumaKaicho 役職などつけられていないことから幹部ではないと見られますが、三木一郎は「S36生 三代目弘道会若中 本部付」とされています。 三木一郎(当時46歳)は2008年6月3日に、暴力団関係者であることを隠してマンションに入居したとして、東証1部上場の港湾運送大手「上組(かみぐみ)」の元役員・森川康博容疑者(67)とともに逮捕されています。 によれば三木一郎は、山口組ナンバー2である若頭の秘書役などを務めていたといいます。 2005年から山口組は六代目体制に移行したため、2008年時点でこの「若頭」とは現在も山口組若頭を務めている高山清司を指していると思われます。 古川恵一元総裁は3月にも襲撃されていた 今回の事件で殴られた「古川組」元組長(古川恵一元総裁)は、昨年の3月にも、尼崎市神田北通4丁目の路上で襲撃されています。 2018年3月7日午後8時半頃、妻や子供とともに親族が経営する飲食店から出て、三和商店街(阪神尼崎駅そば)に差し掛かったところ、鉄パイプを持った男たちに襲撃されました。 襲撃した男たちは当初から命を取るつもりはなかったようで、古川恵一総裁(当時)の右足ばかりを狙って殴打したといいます。 しかしこの襲撃は、山口組と神戸山口組の分裂後、初めての直参幹部への襲撃だったために、関係者には大きなインパクトを残しました。 また襲撃される前にいた飲食店は、まだ六打目山口組に在籍時には山口組の幹部らと、神戸山口組に移籍後は、当時神戸山口組若頭代行を務めていた任侠山口組の織田絆誠代表と会食した場所でもあるといいます。 犯人とされる山口組関係者の3人の男は、翌年の2018年5月15日に傷害の容疑で逮捕されています。 古川組は複雑な分裂状態 この事件の当事者である古川組(ふるかわぐみ)は複雑な状況を抱えています。 三代目古川組は神戸山口組の二次団体で、20名程度の直参がいるといいます。 昨2018年に例の飲食店で、まだ二代目組長だった古川恵一は、任侠山口組設立時、本部長だった四代目真鍋組・池田幸治組長らに引退を迫られました。 池田幸治組長によれば、この時、古川恵一は引退を宣言したといいます。 そこで二代目古川組の若頭だった山崎博司が、多くの組員を引き連れて神戸山口組を割って出て、「三代目古川組組長」を名乗って任侠団体山口組に移籍し、ナンバー3格の「本部長補佐」に就任しました(現在は本部長)。 また古川組本部ビルも占有しました。 しかし一方で古川恵一は「引退を宣言した覚えはない」として、直筆の「御通知」と題する異例の文書を送ってその噂の火消に努めます。 wiki. fc2. 2018年3月7日に、先述の通り古川恵一総裁は尼崎市内で襲撃されます。 2018年7月5日、古川恵一は総裁職を退任しました。 その後、古川組は傘下の四代目琉真会の事務所を古川組本部として使用していましたが、六代目山口組に復帰した琉真会初代である仲本政弘が不法占有であるとして引渡しを要求します。 それに応じて建物は仲本政弘に引き渡されています。 そこから仲本政弘も少人数で初代琉真会を再興しました。 そのため神戸山口組と任侠山口組に分かれた古川組のみならず、その傘下の琉真会も、神戸山口組(古川組)と六代目山口組とに分かれることになりました。 以上になります。

次の

弘道会系幹部を一斉逮捕 秋田県警、繁華街で暴力団排除作戦

弘道 会 襲撃

〔photo〕gettyimages やはり弘道会が動いた 実行犯の特定が難しいかと思われた神戸山口組幹部射殺事件は、犯行の5日後の6月5日正午過ぎ、6代目山口組系弘道会傘下の山本英之容疑者(32)が、犯行現場の岡山県警岡山南署に出頭して自供、解決へ向けて大きく動き出した。 同時に、名古屋の弘道会が実行犯となったことで、「個人的怨恨」や「地元岡山でのトラブル」といった線は薄くなり、6代目山口組による神戸山口組に対する組織的襲撃事件の可能性が高くなった。 9ヵ月前に分裂した時から、神戸山口組に対する粛清を行うのは「6代目山口組の中核組織である弘道会以外にない」と言われてきた。 資金力と組織力はいずれも抜きん出ており、しかも司忍6代目、高山清司若頭の出身母体である。 山口組といえば神戸が発祥の地である。 だが、「弘道会しかない」とはいえ、昨今の改正暴対法、組織犯罪処罰法などによる締めつけは、3次団体、4次団体の犯罪でも、一気に司6代目にまで駆け上がる苛烈さで、簡単には身動きが取れず、それを承知の執行部も抗争を戒めてきた。 それでもやはり、粛清を実行したのは弘道会だった。 山本容疑者は山口組系弘道会系高山組内山本興業の組員。 山本容疑者が、誰の指示で殺害に至ったかの取り調べは、これから厳しさを増す。 無期懲役を覚悟の上での出頭。 山本容疑者は、それなりにハラを据えており、その証言をもとに、組織犯罪処罰法(組織的殺人)で、まず石原道明・髙山組組長、次に竹内照明・弘道会会長、そして司6代目にまで駆け上るのは容易ではない。 暴力団社会を取り巻く法環境が変わり、シノギは枯渇、暴力団員の数が年々、減少するなか、弘道会が襲撃事件を起こしたのには、それだけの歴史がある。 弘道会史をひもといてみよう。

次の

金剛弘

弘道 会 襲撃

運転する組員が銃撃された弘道会傘下組織の車両 現在、それぞれの組織から、「一人歩きをしないように」「身辺に気をつけるように」といった通達が出回るほど、分裂騒動の渦中にある各山口組は緊張状態にある。 その理由は、神戸市中央区で上がった銃声であった。 すでに報じられている通り、8月21日、神戸市中央区にある六代目山口組三代目弘道会の関係施設において、軽自動車に乗車していた弘道会傘下組織の組員が、何者かによって銃撃され、重体に陥るという事件が起きたのである。 「まさか弘道会系の組員が狙われるとは予想もつかなかった。 前日に長野県で弘道会系傘下組織の組長が任侠山口組傘下組織の組員らに拉致され、入院するほどの激しい暴行を受けた。 この事件では、その日のうちに逮捕者も出ている。 これを受けて、弘道会サイドが任侠山口組に対して報復に動くのではないかと、当局も警戒を強めていたのだ。 現に弘道会系に属する他府県ナンバーの車両が、暴行現場である長野県に入っていたのが目撃されていた」(捜査関係者) 承知の通り、弘道会は六代目山口組の中核組織である。 その幹部が拉致、暴行されたのだ。 それゆえ、捜査関係者だけでなく業界関係者らもみな、長野県で不穏な動きが起こるのではないかと緊迫していた。 ところが、報復ではなく、さらに弘道会サイドが狙われる事件が起きたのである。 その一報を筆者が耳にした時、そういった状況だっただけに、いったい何が起きているのか一瞬わからなかった。 その時、会食をしていた元山口組系組長も同様の思いであっただろう。 だが、すぐに、もしかするとある事件が関係しているのではないかと脳裏をよぎったのも確かであった。 今回の銃撃事件については、いまだ全容が明らかにされていないため、予断は許されないが、過去に起きたある事件をめぐって、今回のような軋轢を生んでもおかしくないような、某組織による不穏な動きが噂されていた。 同事件の捜査段階でも、同様の情報が浮上したこともあったのだ。 しかし、その噂はその後、立ち消えとなり、公にされることはなかった。 今回の銃撃事件は、もしかするとその延長線上で起きたのかもしれない。 「21日に起きた銃撃事件は、関連施設に設置されていた防犯カメラに犯行の模様がしっかり残っています。 その映像からは、被害者が乗った軽自動車が、買い物から関連施設に戻ってくるまでの間、小型バイクに乗った犯人に尾行されていたことが見受けられます。 事件自体、殺人未遂として扱われている通り、当初から、被害者の生命に危害を加える目的で犯行に及んだものと思われます」(実話誌記者) 事件の解明が急がれるところだが、ただ捜査当局が危惧しているのはそれだけではない。 六代目サイド、特に弘道会側からのなんらかの報復が行われる可能性にも警戒を強めているのだ。 「一時に比べると分裂騒動も沈静化してきており、印象的にも任侠山口組や神戸山口組から、六代目山口組に移籍する勢力が相次いだようだった。 六代目山口組優位の中、このまま終焉していくのではないかという見方も出てきている矢先に、弘道会系組員が続けざまに襲われたのだ。 これで分裂騒動が再び過熱する可能性は十分に考えられる」 業界関係者 府中刑務所に服役中の六代目山口組・髙山清司若頭の出所まですでに2カ月を切っている。 髙山若頭の社会復帰が分裂騒動にも大きな影響を及ぼすといわれてきたなか、交錯する各組織も思惑が一気に表出してきているのかもしれない。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『』。

次の