中国 新聞 カープ 番 記者。 中国新聞・広島カープ担当記者の投稿が賛否「DeNA選手はお粗末」

中国新聞カープ番記者、DeNA選手は「お粗末」→正直過ぎたが許してやれよ!

中国 新聞 カープ 番 記者

関連記事• 2020年4月19日 22:36 - [広島東洋カープまとめブログ かーぷぶーん]• 2020年5月14日 16:30 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2020年3月1日 17:01 - [なんJチャレンジ|2ch]• 2019年7月6日 15:30 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2020年6月4日 16:45 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2019年12月2日 07:00 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2020年2月25日 07:00 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2020年2月2日 12:00 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2019年10月6日 07:00 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2020年1月5日 17:00 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ].

次の

中国新聞・広島カープ担当記者の投稿が賛否「DeNA選手はお粗末」

中国 新聞 カープ 番 記者

実際の投稿(編集部で一部加工) 中国新聞の広島カープ担当記者によるツイートが、物議を醸している。 カープの対戦相手であった横浜DeNAの選手に対し、「お粗末な打撃」と評したためだ。 「記者ならではの視点」で発信するも... 中国新聞は2018年7月31日、広島カープの担当記者が運営するツイッターアカウントを開設した。 紙面およびウェブ版に掲載された告知によれば、「試合中は運動部カープ担当記者ならではの視点でつぶや」くという。 ツイートは予告通り、記者の主観を交えた内容が特徴。 8月5日のカープ対DeNA戦では、 「うゎ〜、ここで代えた。 高橋昂の2勝目吹っ飛ぶ。 故障でもしたのか、懲罰か」 「今、併殺を狙いにいくDeNAの守りは信じられない。 しかも打者西川で。 広島的にはラッキーだが」 などの投稿があった。 物議を醸しているのは、同試合での「倉本のお粗末な打撃で、高橋樹復調。 これは、1点ビハインドの10回裏1死1塁。 カープの高橋投手に対し、DeNA倉本選手が3ボール1ストライクからセカンドフライに倒れた場面についてだ。 中国新聞「一部ファンを不快にさせる表現がありました」 ツイートに対しては投稿後1時間で250以上の返信が寄せられた。 「カープファンだが中国新聞番記者さんのツイートは本当に許せん。 倉本にもDeNAファンにも失礼すぎ。 相手を敬ってこそのプロ野球だぞ」 「中国新聞というアカウント名を出してツイートするなら、事実のみ伝えるのが本筋。 記者個人の本音をツイートしたいなら、あくまで個人名でのアカウントですべきであり、誰もやるなとは言ってない」 といった批判的な向きがある一方、 「実際あんなのお粗末な打撃以外の何物でもないだろ」 「ぶっちゃけお粗末な打撃くらい良くね?と思うがね 言葉狩りが多い」 と擁護する声もあるなど、賛否両論だ。 ツイートはしばらくして削除され、 「一部ファンを不快にさせる表現がありましたので、削除しました」 と説明している。

次の

中国新聞カープ番記者クイズ「野間だけがユニホームで練習していたのはなぜでしょう?」の回答www|プロ野球アンテナ

中国 新聞 カープ 番 記者

中国新聞の広島カープ担当記者によるツイートが、物議を醸している。 カープの対戦相手であった横浜DeNAの選手に対し、「お粗末な打撃」と評したためだ。 紙面およびウェブ版に掲載された告知によれば、「試合中は運動部カープ担当記者ならではの視点でつぶや」くという。 ツイートは予告通り、記者の主観を交えた内容が特徴。 8月5日のカープ対DeNA戦では、 「うゎ~、ここで代えた。 高橋昂の2勝目吹っ飛ぶ。 故障でもしたのか、懲罰か」 「今、併殺を狙いにいくDeNAの守りは信じられない。 しかも打者西川で。 広島的にはラッキーだが」 などの投稿があった。 物議を醸しているのは、同試合での「倉本のお粗末な打撃で、高橋樹復調。 これは、1点ビハインドの10回裏1死1塁。 カープの高橋投手に対し、DeNA倉本選手が3ボール1ストライクからセカンドフライに倒れた場面についてだ。 中国新聞「一部ファンを不快にさせる表現がありました」 ツイートに対しては投稿後1時間で250以上の返信が寄せられた。 「カープファンだが中国新聞番記者さんのツイートは本当に許せん。 倉本にもDeNAファンにも失礼すぎ。 相手を敬ってこそのプロ野球だぞ」 「中国新聞というアカウント名を出してツイートするなら、事実のみ伝えるのが本筋。 記者個人の本音をツイートしたいなら、あくまで個人名でのアカウントですべきであり、誰もやるなとは言ってない」 といった批判的な向きがある一方、 「実際あんなのお粗末な打撃以外の何物でもないだろ」 「ぶっちゃけお粗末な打撃くらい良くね?と思うがね 言葉狩りが多い」 と擁護する声もあるなど、賛否両論だ。 ツイートはしばらくして削除され、 「一部ファンを不快にさせる表現がありましたので、削除しました」 と説明している。 yahoo.

次の