ライン ビデオ通話 録画。 LINEビデオ通話を録画する方法

LINEの通話をパソコンで録音する方法

ライン ビデオ通話 録画

通話録音デバイスとは外付けのデバイスをお使いの端末に接続し、デバイスの録音ボタンを押してデバイス事態に音声を録音し記録する方法です。 アプリで複雑な操作をすることもなくボタン一つで簡単にLINEアプリの音声通話内容を記録することができます。 あまり恋人や好きな人とLINEアプリの通話を記録することには向いてないですね。 ビジネスのシーンでLINEアプリの音声通話だけでなく通常の電話アプリの記録も簡単にすることができる方法になります。 ボイスレコーダーを使用している感覚に近いです。 iPhoneでは「 PhotoFast Call Recorder」、Androidだと「 Koolertron」を使用しLINEの通話内容を録音することができます。 どちらも1万円を超えており多少手は出しにくいやり方かもしれません。 音声ファイルはデバイス自体に音声が記録されるのでビジネスでは管理をしやすいかもしれません。 マイクと本体の間にデバイスを接続して使用しましょう。 iPhoneやAndroidの Bluetooth経由でボイスレコーダーを利用する方法です。 LINEアプリの音声通話を簡単に記録・収録できます。 Amazon等で調べると安いもので3000円ほどからBluetoothボイスレコーダーを購入することができます。 Bluetoothはやはりケーブルレスで収納が楽な点がメリットとしてあるでしょう。 やり方は通話録音デバイスとほとんど変わりません。 ケーブルがコードレスになっている通話録音デバイスだと考えてください。 テレフォンピックアップとICレコーダを使うやり方は 機械に疎い方・苦手な方にはおすすめかもしれません。 しかしICレコーダー(ボイスレコーダー)だけではこちら側の音声しか録音することはできません。 そこで テレフォンピックアップを利用して ICレコーダー(ボイスレコーダー)に音声を録音・記録します。 具体的にはボイスレコーダーのマイク端子にテレフォンピックアップをつなぎイヤホンを耳に装着した状態で受話器をあてます。 あとは録音ボタンをオンにすればLINEアプリで通話している音声を録音・記録することができます。 テレフォンピックアップ自体は2000円前後で安価ですが、ボイスレコーダー等は別売りで多少値が張るのが難点です。 しかし使い方はシンプルでわかりやすいやり方ですのでおすすめです。 LINE自体スマホのアプリで使用する方が多いのではないでしょうか。 電話アプリを使わずにLINEアプリで代用して音声通話を無料で利用する方が大半だと思います。 LINEを使うのであればボイスレコーダーを買わずにアプリを使うやり方が一番安価なやり方でしょう。 レコーダー• TelRecFree• やり方も難しくありません。 アプリは無料ですので高価なボイスレコーダーやマイクを購入する必要もない一番シンプルなやり方です。 以上が「レコーダー」アプリを使用してLINE通話の内容を録音する方法になります。 こちらのアプリは録音する方法もとてもシンプルであり 無料ということで非常におすすめなアプリです。 LINEアプリの音声通話だけでなく通常のアプリを使用する音声通話も録音可能ですので使い勝手もいいです。 もしも急に録音が必要になった場合などアプリを起動してワンタップでLINEの音声通話を録音開始できるのでとても便利ですね。 外部のマイクを使用すればさらにきれいな音質でLINE通話の音声を録音できるでしょう。 iPhoneを購入された方であればマイクは付属のイヤホンがマイクの機能を持っているはずですので新たにマイクを購入する必要はありません。 原則として違反ではありません。 どういうことかと言うと「 自分の権利を防御するための録音」は違反ではないということです。 LINEで通話して恐喝等の発言があった場合それを録音し身を守る場合等であればなんの問題もありません。 通常のICレコーダー(ボイスレコーダー)であっても相手との会話をポケットやバッグに忍ばせたボイスレコーダー等で会話や通話を録音することは 原則法律違反とはならないようです。 何かの証拠としてLINEの通話内容を録音した場合、それが禁止された場所等で録音した物であると裁判等では証拠として採用されない場合もあるようです。 塾や会社の守秘義務が課されている場面がそれに当てはまるでしょう。 ハードウェアの観点から考えてみましょう。 基本的な所から考えてみますと「 イヤホンが半挿し」になってはいないでしょうか?こちらの事象はよくおこりますのでしっかりと奥までイヤホンを挿入しておきましょう。 Bluetoothのボイスレコーダーを使用している場合、ペアリングができていない可能性があります。 お使いのレコーダーの取り扱い説明書等をよく読みしっかりと 端末とレコーダーのペアリングを実施しましょう。 LINE音声をiPhoneで録音する場合、最もよくある事象は「 画面収録」を使用してLINE音声の録音をしている時ではないかと思います。

次の

iPhone版LINEビデオ通話の録画方法!相手の声も収録可

ライン ビデオ通話 録画

ラインのビデオ通話を録画する事はできるの?? ラインのビデオ通話の録画は、公式では機能として存在しておらず、非公式アプリを使って録画していく事になります。 また、録画アプリなどは、iPhoneなら脱獄 改造 、Androidならroot化 改造 と端末を改造している前提の録画アプリしかない事が多いです。 ですが最近は端末を改造していなくても、録画や録音ができてしまうアプリが増えています。 今回はその中でもおススメのアプリを紹介して、その使い方を簡単に解説していきます。 ・Mobizen -無料画面録画アプリ モビセン このアプリは自分が使っているスマホの画面をキャプチャーしてスマホゲームや動画などを録画できてしまうアプリです。 主にゲーム実況動画などを作成するのに利用されているアプリです。 他にも色々とあったのですが「GooglePlay」にて「録画 アプリ」で検索した所このアプリが一番インストールされている上に評価も4. 5個と高評価なのでこのアプリをおススメします。 では使い方を解説していきます。 「モビゼン」と入力しても検索されるのでそちらでも大丈夫です。 タップしたら、このような画面が表示され、高画質化の準備がされています。 これはAndroid,iOSでは異なる場合がありますが、Androidでは画面の右側にマークが出ていました。 マークは赤い丸い形をしていて「M」と表示されています。 ホーム画面や現在開いている画面にでるのでわかりにくいですが探してください。 私の画面では若干右上にありました、青く囲ってみました。 マークをタップしたら録画メニューが出ます。 録画ボタンは3つあるボタンの一番上のビデオカメラマークのボタンです。 その録画ボタンをタップすると、3、2、1、とカウントが始まり録画が開始されます。 因みに録画のタイミングを指定してしまいましたが、ビデオ通話を開始してから、通話途中から録画しても大丈夫です。 ビデオ通話を開始してから録画ボタンを押したら、すこし映像が途切れていたので、通話前に録画ボタンをタップすることをおススメします。 停止ボタンは録画開始の時に押した録画ボタンの場所です。 停止ボタンを押したら画面の上に「録画完了」とお知らせがくるようになっています。 「録画完了」のお知らせをタップするとすぐに録画したものが観れます。 また、保存先は、カメラロールやアルバムに保存されていますのでビデオ通話した相手にラインでその動画を送る事もできちゃいますよ。 お疲れ様でした。 これでラインのビデオ通話を録画する事ができました。 オススメのコンテンツ まとめ 今回はラインのビデオ通話を録画する方法をまとめました。 今回紹介した「Mobizen」は細かい設定や操作もなく簡単録画する事ができおススメです。 録画アプリの中でも一番インストールされている、高評価の理由がわかりますね。 また、ビデオ通話を録画する際には、相手に許可を取って録画してくださいね。 無断で録画されるとあまりいい気分ではありませんから。

次の

【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!

ライン ビデオ通話 録画

「LINEのビデオ通話の様子を最初から最後まで保存したい」…こんな時ってどうすれば良いのかしら?使っている端末によっては音だけ録音できないトラブルもよくあるわよね。 また、録画時に相手にバレる可能性についても触れているので参考にしてみてください。 まずは、この記事でお伝えする内容を簡単にチェックしていきましょう。 記事の目次• iOS11から追加された機能なので、ソフトウェアのバージョンが古いと使えません。 必要な物• iOS11以降のiOS端末 iPadでも可• イヤホン(通話中は常に端末に挿入しておく) まずは上記の画像のように設定して LINEアプリの無料通話を録音可能な状態にします。 初期設定が完了したら画面最下部から上部に向かってスワイプし「コントロールセンター」を開きます。 コントロールセンターの中にこういったアイコンがあると思います。 こちらが画面収録のボタンですね。 3Dタッチに対応しているiPhoneの場合はこちらのボタンを強めに押す。 3Dタッチに対応していないiPhoneは長押し…すると上記のような画面が表示されます。 画面下部のマイクアイコンを押して有効化させましょう。 有効化するとマイクアイコンが赤色に変化します(画像右側を参照)。 イヤホンを挿入して画面収録を開始する 上記の手順で画面収録の設定が完了したら実際にLINEのビデオ通話を録音ならびに録画していきましょう。 まずは 端末本体にイヤホンを挿入してください。 イヤホンジャックが存在しない場合は、ライトニングケーブルとイヤホンを接続できる変換ケーブルを使用します。 イヤホンを挿入したら再びホーム画面からコントロールセンターを開き画面収録ボタンをタップしましょう。 アイコンをタップ後カウント3でスタートします。 録画,録音を終了する際は、再度コントロールセンターを開いて画面収録アイコンをタップするだけです。 ホーム画面内にある写真フォルダに保存した動画・音声は格納されているので、いつでも再生可能ですよ。 音声のみ録音したい場合は録音アプリを利用する 画面収録は会話している音声だけでなく画面までキャプチャできる優れた機能ですが、中には「音声だけ必要」という方もいらっしゃるかと思います。 そんな時はApp Storeで配布されている下記のアプリを起動しながらLINE通話を行ってみてください。 デベロッパ ALON Software Ltd. そのため、画面キャプチャアプリAZスクリーンレコーダーを試す方も多いのですが、 Androidの仕様上「画面は映るけど音声が出ない」という状態になります。 Android端末には「キャスト」と呼ばれるテレビにスマホの画面と音声を出力する機能があります。 ただ、TVだと録画や編集に手間がかかるので、PCに出力した方が便利ですよね。 そこで「ApowerMirror」というPC用ソフト(無料)を使ってAndroidの映像と音声をPC側にミラーリングします。 PCにApowerMirrorをインストールする• AndroidとPCを同じインターネットに接続• Android側でクイック設定からキャストをタップ• 接続先をApowerMirrorに設定 この手順通りに設定することにより、スマホの映像と音声がPCに出力されます。 PC側で画面録画ソフトを起動したらLINEビデオ通話をスタートしましょう。

次の