ホット クック ぶり 大根。 ホットクックで試作「ぶり大根」は仮設キッチンで

ホットクックレシピ29回目ぶり大根

ホット クック ぶり 大根

2位:ローストビーフ ローストビーフは大好きで、ホットクックが我が家に来るまではフライパンで焼いて作っていました。 焼き具合は、ミディアムレアで中をピンク色にしたいのですが、焼きすぎると固いウェルダンになってしまいますし、焼きが甘いと今度は中が生になってしまい、なかなかうまく作れませんでした。 でも!ホットクックで作ってみてびっくり!「低温調理」機能があるため、肉のうまみを閉じ込めながら時間をかけてゆっくり焼き上げます。 出来上がりの切り口は全体が同じほど良いロゼ色に仕上がります。 野菜と一緒に低温調理するので、野菜の香りが牛肉のほうにほどよくうつります。 口に入れるととても柔らかく、肉のうまみと野菜の香りが口いっぱいに広がります。 実はリゾットを家で作ったことは一度もありませんでした。 ホットクックで最初に作った料理がトマトリゾットでしたが、これは間違いなく「イタリアンレストランの味」です! どんなに疲れていても、どんなに食事を作るのがめんどくさくても、材料を入れるだけでラクチン。 玉ねぎを入れなくてもトマト水煮缶だけでも十分においしくできてしまいます。 上にパルメザンチーズをかけると本格的です! その後、レシピをいろいろと試してみて一番おいしくできたレシピを「トマトリゾット 改 」として公開しました! シンプルな具材とコンソメを使わず塩だけで調理するのですが、前よりさらにおいしくなったと思います。 こちらのレシピも試してみてくださいね。 カルディでポークチリビーンズの缶詰を買ったりしていましたが、やっぱり缶詰はイマイチ。 ホットクックでチリコンカンのレシピがあったのですが、最初はキドニービーンズやスパイスがなかったので、水煮大豆で作ってみました。 その後、ホットクックのレシピでキドニービーンズとチリパウダーやクミンを使うと、ウエンディーズ風のチリビーンズを簡単に再現することができました! もう本当においしくておいしくて、毎日食べてもいいくらいです 笑。 野菜をゆでるとビタミンやうま味ががお湯に溶けだしてしまいますが、ホットクックだと野菜の持つ甘みやうま味、素材の味をしっかり残しつつ蒸すことができます。 また、センサーでそれぞれの野菜の固さを検知するので、やわらかくなりやすい野菜でもやわらかくなりすぎないように、固い野菜はほどよいかたさに仕上がります。 スゴイっ! 蒸し野菜にはバーニャカウダがおすすめ。 特に女性に人気のバーニャカウダですが、普通に作ろうとすると、生クリームを入れてから鍋で弱火にかけて焦げないように混ぜ続けないといけません。 ホットクックなら材料を投入するだけ!15分で出来上がります。 生クリームではなく牛乳でも作れるのであっさり目のソースも作れます。 アンチョビを冷凍庫に保存しておきさえすれば、冷蔵庫にある食材でいつでもおいしいバーニャカウダソースを作れてほんと便利ですね~。 今回は、あらかじめ一口サイズに切ってあるスーパーのパックの野菜を買ってきて作ってみました。 でも、パックの野菜で作った筑前煮はあまりおいしくない記憶が…。 でも、食べてみてびっくり!「あれ、野菜自分で切ったっけ?」と一瞬思ってしまうほどのお味だったんです。 じっくり味がしみ込んでいてほどよく柔らかくて本当においしかったです。 こんにゃくはあく抜きのもの、鶏肉も切ってあるものを買ってくれば、ホットクックにパックの野菜、ちぎったこんにゃく、鶏肉、調味料を投入すればカンタンにできます。 スーパーのお惣菜は味が濃かったり保存料が入っていたりするので、「疲れたけれど野菜が食べたい!」というときにぜひ作ってみてくださいね。 今回は、ホットクックのレシピ通りのコンソメは使わず、勝間和代さん式の「塩分量」で調理しました。 冷凍シーフードミックスを使ったのですが、心配だったのが冷凍ミックスの臭み。 フライパンで調理するときは、必ずバターで炒めて使っていました。 ホットクックでは、炒めずにそのまま投入するので、臭みがあるんじゃないかと心配でした。 でも大丈夫!臭みはぜんぜんありませんでした。 魚介類のうまみが塩とオリーブオイルによって引き出されていて、とってもおいしかったです。 パスタも一緒に投入するので、別ゆでする必要がなくカンタンレシピです。

次の

ホットクックで試作「鶏と大根の煮物、タイマー無し」

ホット クック ぶり 大根

買い物行って献立を決めました 買い物に行ったら、ぶりのあらが安くなっていました。 今日はブリ大根にしましょう。 大根との煮物は家人に「 飽きた」と言われてしまいましたから。 システム化の一端 ついでに新しくキッチンスケールを買ったので 台所にある容器の重さを測ることにしました 勝間さんのように テプラで貼り付けることにします キッチンスケールは 勝間さんの本に出ていたものと 同じものをさがしました。 少し高価ですが 3 kg まで計れるのが便利です。 ホットクックの内鍋も、の重いボールでも食材を入れて計れます。 容器に重さをテプラではりました。 これも勝間さんのまねっこ。 勝間さん流に塩分を総量の0. 6~0. ぶりは熱湯をかけます。 スケールの上にシリコンのシートがあり食べ物を直接乗せることもできます。 丸洗い可だから。 大根は例によって皮をむきません。 下ゆでもなしだから本当に楽ですし、栄養もあります。 ホットクックを使ったあと、部品をつけ忘れるので、テプラを張りました。 これも勝間さんのアいただきました。 今回の味付けはレシピ本より砂糖を減らしました。 ・大根 700g ・ぶりあら 400g ・生姜 せんぎり 一かけ ・醤油 50cc ・みりん 40cc ・砂糖 大匙1 ・酒 30cc ・水 300cc 全部を一緒に入れて、メニューの ブリ大根を選択し、夕方5時半の予約でスイッチオンしました。 数時間後の出来上がりです。 途中で様子を見たくてたまりません。 でも、見ないでもちゃんとできるのがクックポットのいいところです。 がまんして見ないで(笑)、出来上がりを待ちます。 トラブル 「つゆうけ」と「蒸気口カバー」をつけ忘れたのに気がつき、途中でいったん取り消しました。 1時間くらいたっていたけど、煮込み時間が多くてもいいからと再度調理スタート。 さて出来上がったかしらと見に行ったら、電気がついていません。 コンセントには刺さっています。 壊れたのかとあわてました。 本体のほうのコンセントが外れていました。 途中で後ろから出る湯気が気になって、鍋の向きを変えたりしたのでコンセントが外れたのでしょう。 マグネット式ですぐ外れることに初めて気がつきました。 でも中を見たら出来上がっています。 それに、誰かがもう食べていました。 量が少ない!! そして、冷めてしまっています。 最後の仕上げがなくても大丈夫だったみたいです。 温めたかったので、 煮込みかきまぜなし 調理時間3分でスイッチオン。 やわらかく、味もしっかりしみています。 味付けはちょっと甘すぎでした。 次回は砂糖なし、みりんも少なめで作ってみます。 hoymin.

次の

【ホットクック】ぶり大根は湯通しすれば魚臭くならない|主婦の味方ブログ〜料理も家事も時短で楽する!〜

ホット クック ぶり 大根

今回はぶりのアラの部分も使用しました。 写真は430gです 我が家のレシピ• 大根を2㎝の厚さの半月切り、しょうがを千切りにします• ぶりに熱湯をかけ、水気を切ります• 今回はお安いアラの部分も使用したのでこの後冷水で洗いました(省略可)• メニュー番号No. 欲張ってちょっと多めに入れたせいか上のほうまで味が染み込んでいなかったので、裏返して余熱のまま30分程おいておきました• うん!ばっちり染み込んでいます! 感想• ぶりがしっとり、ふっくら、全くパサつきがありません!おいしい!• 大根はお箸で難なく切れます。 味も、40分しか煮込んだとは思えないほどしっかり染み込んでいます!• ちょっと多めに作る場合は途中で中身を混ぜるか( このレシピはまぜ技ユニットを使用しないのでホットクックは混ぜません)、今回のように出来上がり後、上のほうを裏返しておくと全体に味が染みてよいかと思います。 作り置きもお勧めです! 翌日はより味が染み込んでいて更においしくなりました!(写真は作った当日のものです。 大根、すでにいい色してますね) レビュー基本情報.

次の