生理 バッジ。 「生理バッジ」取りやめへ 大丸梅田店、意思表示は継続:朝日新聞デジタル

生理バッジ生理ちゃん評判まとめ 更年期バッジの導入も検討?

生理 バッジ

大阪にあるデパート「大丸梅田店」にて一部女性従業員が生理中であるとお知らせする『生理バッジ』をつけて接客の仕事をしていたことで炎上が続いています。 生理に対する理解を深めるための試みのようでですが「客が知ってどうするの」「完全にセクハラ」と失敗に終わってしまった生理バッジ騒動についてまとめて紹介します。 【店員の生理バッジ話題 狙いは】 大阪の百貨店の一部売場で生理中の女性スタッフが「生理バッジ」を胸に着けて接客を行っている。 バッジをつけるか否かはスタッフ個人の判断で、批判の声もある。 なぜ取り組みを始めたのか、担当者への取材報告。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 報道によると、男性側からの提案ではなく、あくまで女性店員側の希望があれば生理バッジをつけていたとのことで、男性上司からの強要によるセクハラの要素は一応はないとされています。 (女性従業員はおよそ500人) といっても上層部の意志も介入していれば、希望しないといけない空気になっていた可能性も考えてしまいます。 以下公式HPで公表されている大丸松坂屋百貨店の役員一覧。 好本 達也 加藤 俊樹 澤田 太郎 石井 康雄 佐藤 りえ子 堤 啓之 森井 進 松田 弘一 香川 曉子 清原 克彦 大登 正志 太田 征男 執行役員 忠津 剛光 西阪 義晴 今津 貴博 松原 亜希子 北川 公彦 冨士 ひろ子 岡 裕之 小山 真人 吉川 辰司 小宅 祥広 ほとんど男性でした。 また仮に女性従業員がセクハラと感じていなかったとしても、客側がそう感じてしまう可能性がありますし、閉経し生理が来なくなった中高年の女性店員もネガティブな感情を抱くかもしれません。 今回の生理バッジ事件は、企業ができもしないポリコレ意識を高めたことが裏目に出てしまい、完全に失敗してしまった感があります。 専門家と女性従業員は好意的 専門家といっても何のことやらですが、田中ひかるさんなる生理用品およびその時代背景に精通している社会学の専門家がいるようです。 田中ひかるさん曰く、 「試験的な導入ということで、結局廃止になってしまうかもしれないが、生理を語る議論を起こすために一石を投じた意義はあると思う」 として今回の件を好意的に捉えているようでした。 確かにもっと適切なやり方であれば定着するかもしれません。 また女性従業員もこの取り組みを好意的に捉えていました。 「生理の話を職場の人とできるようになったことが大きな一歩だと思う」 「同性同士で話すことで、ポジティブな雰囲気で盛り上がれた」 上司や会社に気を使った建前でなければ、大丸百貨店内では問題はないのかもしれません。 生理への理解を深める動き 女性の生理は辛い上に他人には言いにくい問題を抱えているので、女性が恥じることなくオープンにする動きを感じます。 生理って言えない 「生理だと語れない」、そのことについて「語ろう」という動きが広まっています。 色々な意見があるけれど、あの時期のつらさをわかりあうことは大切です。 個人的には理解不能ですが、ウケているということは好意的に受け入れられているのでしょう。 「がんばれ!童貞くん」もヒット中です。 ちなみに今回の大丸梅田店はアプリと協業し生理の周期を「ブルー期(生理中)」「キラキラ期(生理後)」「ゆらゆら期(不安定な時期)」「どんより期(生理前)」と定義づけています。 男の私はまったく意識していなかったので、ここは一つ勉強になりました。 ネットの反応まとめ 批判的な意見がほとんどでした。 生理バッジも引くけど個人的にキラキラ期とかどんより期って言い方がまず無理。 いろんな意味で美化しすぎだよ。 同じように男性もムラムラ期とかスーパー賢者タイム期とか性欲皆無期とかのバッジ付けてくれる?近づかないように出来るし。 マタニティマークだって海外の人からしたら「なんで?マーク無かったら優しくしないの?」って疑問に思われてるし。 マークを作る前に理解が深まる教育とか休養制度とか見直したら?日本人マヌケかよ。 って言う必要ある? そもそも接客する側が生理であってもお客様にはどうする事もできない。 不手際があっても優しく許してねって事? オープンにする時と場所が全く違う気がする。 — ジュリアン seanlennon0519 記事中には詳しく書かれていませんが、生理バッチは女性店員からの提案で、複数の女性店員を含めた会議を経て採用されています。 また、特定のフロアの店員さんだけが付け、それも任意です。 と思ってしまう。 なによりもこのキャラがあまり好きではない。 — うっき~ everblue1970 え? どう考えてもまともじゃないことを、なんで当たり前みたいに落ち着き払って語ってるの? 前提が間違っちゃってんだからさ。 — 松本留五郎 sijakudaisuki 「店員同士だけが判る」ような表示で良いんじゃないかなぁ? 問題は働く女性が「働きやすくする」のが 目的であって 客側には関係無いからね😅 — まさゆき MASAYUK06782663 という感じなのでこの取り組みはそのうち終了しそうです。

次の

大丸梅田店、「生理ちゃんバッジ」を再検討へ 働きやすさのため

生理 バッジ

を生んだ氏、性加害を化するを描いていた 『』の作者氏は、への性加害をにしたり、それどころか「」と題して「【した】で【の用】を手に取る」のをで自ら明らしたりしていた。 近頃、の「」がを呼んでいる。 女のをにて明示するというこの大胆な試みにはあり、する限りでは「便利でいい」と支持される一方で、「」や「へのご褒美」とのが根強くを占めている(では)。 「」は、『』とので、にされた「ツキイチ!」の第19話に初登場。 上の各所でになった。 作中では、「」にな人たちはあもかのように描かれていて、がの中でするには「」がなんですと言わんばかりだ。 年配のを派、を賛成派、との描き分けをするあたりがにもで、作者のがあさまに反映されている。 しは、本当に「のため」になりうるのだろうか。 実際には、「」で女がのをに明け渡すことで、のへのや消費を強化しているにすぎないのではな。 裸になるのと同様、が共有されないために、かえっての物象化を促しているだけなのではな。 本当に、などではなく、困難症などへののなのではな? さて。 この第19話が閲覧できるには、「今回の「」は松坂屋へのをもとにしたです。 」との注意書きがあり、こうして、梅田店にて「」がとなったのだった。 を読む限り、のは、作中に描かれた(の女)と同じく「」にはで、的な取り組みとして前向きのよう。 し先述したように、この取り組みにはが集中している。 は「」に対してな人たち? 違う。 でなくともそのさを指摘する声は少なくなく、男女問、女の「」では、とのが中心だ。 そしてではのの方が目立つ。 のを「へのご褒美」を与えてう苦行、とのが大方している。 そんな中、「」の生みの親、『』の作者氏のと作に注目が集まった。 (冒頭と同じ) 氏は、への性加害をにしたり、それどころか「」と題して「【した】で【の用】を手に取る」のをで自ら明らしたりしていたのだった。 もともと『』にはのな声もあった。 の作者がについて語っているのが悪い、との声は、極端に受け止められるだろうが、し性作者が氏となると話は別だ。 悪いとの声は、今思えば、の背景にあるをした真っ当なだったと言えるだろう。 (本論は多少逸れるが)にこのの特徴として、の読者に寄り添っているというを与える技巧に秀でている点が挙げられる。 このは、「ツキイチ」第19話に限らず、に関するについて、とかく的に語りがち。 的に捉えるよう読者をし、そののわかりい「正答」を選び出し、作者が読者と同じを味方だと、読者にさせるが頻々と用いられている。 結局のところ氏は、性加害さえも化する強烈な家と、をに読者の支持を集める「チンポ員」とのと匂わせるを、とうに出揃わせていたのだった。 これではやはり「女の敵」「の敵」とされようがないのではな。

次の

生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も

生理 バッジ

大丸梅田店に11月22日にオープンした、「michi kake(ミチカケ)」。 「女性のリズムに寄り添う」をコンセプトに、コスメやサプリ、生理用品など、女性の体や性にまつわるグッズが並びます。 大きな話題となったのが、女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」の導入。 着用は任意で、実験的な取り組みでしたが、「客にまで知らせる必要はない」「従業員のプライバシー侵害だ」など、多くの批判を受け、取りやめを決定しました。 大丸梅田店によると、当初、従業員同士の気遣いを生むなど、コミュニケーション創出のためにバッジを導入。 同時に、これまでタブー視されてきた「性や生理をオープンにする」という新たな価値観を発信する売り場をPRする目的もあり、結果としてバッジの意味が外部にも公開され、大きな議論に発展しました。 今後は、別の形で従業員同士の意思表示を行うそうです。 生理をオープンにすることは、女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。 社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。 生理日はある程度予測できるもの。 当事者は主張するだけはなく、仕事を調整するなど周囲への配慮も必要 Q:「生理をオープンにする」という新たな価値観が生まれつつある中、大きな議論となった、大丸梅田店の「生理バッジ」。 結局は取りやめとなりましたが、職場づくりとして評価できるポイントは? -------- 社会への問題提起となり、多様な価値観を広く知らしめたという点で、意義のある取り組みだったと思います。 ただ、センセーショナルに受け止める人も多く、タイミングとして「時期尚早」だったのかもしれません。 例えば、LGBT(セクシュアルマイノリティの総称のひとつ)の問題のように、これまでと異なる新しい価値観について、最初は拒否感をもってとらえる人も多くいますので、今回のことが、生理をオープンにすることへの風穴を開けるきっかけになればいいと思います。 お客さまにも知らせるかどうかの是非は別にすると、職場づくりとしては、バッジによって生理を開示できるしくみづくりや、着用が任意であった点は、評価できるポイントです。 また、導入について、従業員が納得した上で進めたかどうかも重要です。 ただ、この方法がどの企業でも効果的かといえば、職場のカラーによるでしょう。 女子校と共学の違いのように、女性の多い職場ではフランクに話しやすいでしょうし、反対に中高年の男性が大半を占める職場では、実際には難しいかもしれません。 Q:働く女性が「生理をオープン」にすることで、職場にどんな影響がありますか? -------- メリットは、職場の人に生理中であることを認識してもらうことで、業務を分担したり、在宅ワークを選んだりと、働き方を柔軟に選べる可能性が広がることです。 また、生理中は感情の浮き沈みを、自分ではコントロールできなくなる場合もあります。 「なぜ、あんなにイライラしているのか」と周囲が抱く「モヤモヤ」を、「生理の影響」と知ってもらうことで、社内での人間関係が多少なりともスムーズになるという側面もあります。 生理に限らず、育児などの場合も同じく、当事者とそれ以外の人との溝は、どれだけ理解を深めたとしても埋まりにくい部分はあります。 男性だけでなく、女性同士で「経験上、わかってくれるだろう」と思っても、個人差や立場によって考え方はさまざまです。 「生理だから仕方ない」「生理だから休む権利がある」と主張するだけではなく、生理日はある程度予測できるものですので、あらかじめ仕事を調整した上で、業務の軽減や休暇を申請するなど、周囲への配慮は必要でしょう。 Q:生理休暇など、企業の取り組みは進んでいますか? -------- 生理休暇は、「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したとき、就業させてはならない」と、労働基準法に定められています。 「女性活躍」の意識は進んできているものの、女性の体調について理解する研修や、休暇制度の推進を図っている企業は限られています。 特に中小企業などでは、労働基準法に従って「就業規則に一応書いている」程度で、実際に声を上げた人だけが取得している状況が多いようです。 また、法律上無給・有給の規定はなく、厚生労働省が示した雇用均等調査(平成27年度)では、生理休暇を無給としている企業は7割を超えています。 一部の企業では、年次有給休暇とは別に、生理休暇として月1日だけ有給とする、と定めているところもあります。 Q:生理休暇取得率は低いようですが、取りやすくする工夫は? -------- 前述の厚生労働省の調査では、平成26年度の取得率が0. 生理休暇を無給とする企業も多く、収入を減らしてまで取得したくないという人もいるでしょう。 また、大きな要因として「男性の上司には言いにくい」など、周囲の目が気になることが挙げられます。 あるIT企業では、生理休暇や妊活など女性の体に関わる理由で取得する休暇の名称を、理由が特定できないような名称に統一し、取りやすい工夫をしているようです。 生理だけでなく、育児休暇や介護休暇なども同じく、「女性だけ」「子育て中の人だけ」など、対象者を限定する制度では、当事者が周囲を気にして利用しにくいという状況が生まれます。 例えば、老若男女問わず、誰もが月1回休める制度で、名称も「ワーク・ライフ・バランス休暇」などとし、その中で必要な人は生理を理由に取得できるのなら、周りの目を気にせず毎月取得しやすいかもしれません。 Q:これから、生理をオープンにしていこうという動きは職場で広がっていくでしょうか。 -------- 多様な価値観が認められつつある時代には、時間はかかっても、生理をオープンにする動きが進んでいくと考えられます。 歯科医院など、女性が大半を占める職場では、効率的な事業運営につながります。 「仕事に自分の生活を合わせる」という昔の考え方から、自分のライフスタイルを構成する要素の一つに仕事もあるという、「ワーク・ライフ・バランス」の考え方が浸透しつつあります。 仕事と両立する生活の時間として、家族との時間だけでなく、生理など、自分の健康を管理する時間を大切にする動きも広がるでしょう。 これから、どの企業でも働き手が減っていくことが課題となります。 従業員が、生理による体調不良をがまんすることなく、健康に働ける環境を整えることは、生産性を高めるなど企業の成長につながることだと、企業側の理解が進むことも大切です。 (神野 沙樹/社会保険労務士).

次の