ホジュン 61 話。 BS朝日

各話あらすじ 第27話|韓流プレミア「ホジュン~伝説の心医~」:テレビ東京

ホジュン 61 話

最高視聴率63. 朝鮮時代に実在したホジュンとゆう人間力に溢れ、誰からも親しまれた医師のノンフィクションであり、 それを参考に壮大な物語で演出した韓国でも大人気シリーズ! 韓国では全135話。 平均視聴率9. テレビ東京では68話で配信。 それに伴いこちらでも68話でお届けします。 でも、ジュンの事をよく理解してくれている王様なら、 ジュンとイェジンの間には何もないということを信じてくれますよね。 そして、気になるのはゴンリャン。 ジュンの事をまだ追うつもりなのでしょうか。 ドジもこれに賛成して、ジュンが動けるようにと協力してくれた。 ジュンがいなくなり、ドジが引き続き診療を続けるのだが… どうも不安な点が多いと人々の間でも話題に。 王の奥さんは子供を身籠っているとおもっていたのだが、 戻って来たジュンは、これは奥さんの勘違いだと診察した。 相変わらず王の跡継ぎ問題で揉める中、 ジュンはもうこの問題には関与するつもりは一切ないと公言する。 ジュンたち医者はなんでも面倒をみる使用人ではありませんからね。 ギョムが好意を抱いていた女性、オンニョンはこともあろうか マンドクと一緒になってしまった。 ジュンはお金の問題だったり王の家計に振り回されるのに疲れていた。 ドジに相談するジュン。 しかし患者がいればほっとけないジュン。 賛否両論あろうが、ジュンはただ医者としての職務を全うしているだけ。 後継者が誰になるかで、自分の推薦する相手以外は病気になっていてもいいという考え方。 汚いですね… みんながそんな気持ちでいるから、信頼関係も薄れているようだし これじゃあジュンも疲れてしまいますよね… 今日の感想 ジュンはこのまま王に仕えていくことを望んでいるのでしょうか… もっと医者として実力を発揮できる所の方が向いているような気も。 気になるのはジュンの息子のギョム。 失恋してしまったものの、仕事は順調そうですね。 さすがジュンの息子ですね!! ドラマ一覧•

次の

ホジュン(伝説の心医):61話〜63話あらすじ

ホジュン 61 話

メッセージ 送信 BSで放送予定のあらすじとネタバレ! ホジュン~伝説の心医~ あらすじ 放送予定 61~65話 最終回までネタバレ! で最高視聴率は11. 最高視聴率11. 8%の作品「ホジュン~伝説の心医~」です。 ドラマの概要やみどころもまとめてありますので、参考にしてくださいね! それでは「ホジュン~伝説の心医~」61~65話のあらすじ、相関図とキャスト情報などをご覧くださいね! Contents• 成長後、自暴自棄な生活をするジュン(キム・ジュヒョク)は密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰へと逃げることに。 そのころ、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒ(パク・ウンビン)と出会ったジュンは、彼女と生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚は できないと彼女を置いて母と山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテ(ペク・ユンシク)を知り、彼に弟子入りを志願するのだった。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 だが、その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。 ストーリーも新たに追加され、もともとの原作を観たことがない方でも楽しめるのではと感じます。 注目のホジュン役には、キム・ジュヒョクさんが、抜擢されました この俳優さんは日本でも人気がありますね。 妻役は、パク・ウンビンさんという女優さんが演じますが、パク・ウンビンさんは、子役として芸能界デビューし、時代劇ではお馴染みの女優さんです。 また、ホジュンをずっと、尊敬し慕う医女役を演じるのがパク・ジニさん! パク・ジニさんといえば、『ジャイアント』にも出演されています。 こんな、豪華キャストでどのように『ホジュン』が、生まれ変わっているのか、時代劇ファンとして気になるところです。 医女達は、医官達が生薬を売って酒代にしてるのは公然の秘密だ!そちらを調べるのが先だろう!と怒る。 そして、よく高価な生薬を持ち出していたハン・ポンサが怪しいと言うが、今回は安い生薬だと不思議がる。 そこへ、ジュンが来て生薬の効能から犯人がわかる!と告げるが….。 ジュンはその生薬が肌にいいので、芸者がよく使ってると知ると、芸者がいる飲み屋へ行き、ポンサがある女性に運んだ事を知る。 そこにやって来たポンサに明日、皆の前で窃盗の罪を認めて収拾しろ!と脅す。 そして、罪を認めたポンセの告白で、イェジン達が釈放され医女達が大喜びで….。 そんな時、ヘミンソに来たドジは、ジュンと一緒のイェジンを発見する。 ここで生きる!と言うイェジンを思い、家に帰ったドジは、母親にイェジンを家に連れて来たいと言うのだが….。 ヘミンソにやって来る人を診察して、なぜか悪化した患者に薬を飲んだか?と尋ねると医女が生薬がないから処方できないと言われたと。 怒ったジュンは、今度、そんな事があったら不正してると上の報告するぞ!と脅す。 そして、手遅れの患者を診たジュンは、番号札をお金がなくて、もらえない患者が沢山いる事を知った。 マンギョンにも抗議するがどうにもならないのだ・・と言うが方法を探すとジュンは、諦めない。 ジュンは、皆を集め今度からは、絶対受け取ってはいけない!今日からは、医官も立ち会うと告げる。 そして、生薬の管理も医官が立ち入る事で、不正ができなくなり….。 どうにかジュンを追い出そうと、自宅で仕方なく医療行為をした事をバラし罰を受けるが….。 翌朝ヤン・イェスは、何回で諦めた?と聞くがまだ続けていると聞き驚く。 ジュンは、フラフラになりながらも師匠の顔と教えが目に浮かぶジュンで….。 皆が千回往復の読み上げなんて無理だと言っていたが、とうとう千回をやり遂げて….。 ヤン・イェスは、私腹を肥やす為でなければ、医官の私的な診察を許可すると告げる。 そして、ヘミンソの医官を増やすから、新人で優秀な医官を送れと命じる。 治療が始まり、イェジンはジュンの看病を任せられるが、心配してる母親とダヒに忙しいのでしばらく帰れないと報告に行く。 その帰り道にドジの母親と会ってしまい、息子を惑わせるな!と怒られて….。 イェジンがジュンを看病してると聞いたジョンミョンは、ヘミンソに行き様子を見て帰るが、イェジンが慕っていた男だと聞き。 看病の甲斐あって少し回復したジュンは、急患が押し寄せてると聞き、さっそく仕事を始めてしまう。 子供ばかりが発疹を出してるのを見てはしかだと診断し薬を作らせるジュン。 ハマンの子供も発疹が出てやって来るが、ジュンは、順番を守るようにと告げる。 一方、側室のコンビンが予定日よりも1か月も早く、陣痛が始まってしまい医官達は慌てる。 すると逆子だとわかり、コンビンの意識が失くなるとヤン・イェスは、子供がダメだったら命はないぞ!とドジに言って….。 ホンチュンは、私は、医官の過ちを押し付けられてヘミンソに追いやられたと涙を流す。 上司の医女に命を助けなさい!となだめられドジに治療内容を話す。 ドジが教えられた通り、伝えると無事、王子が生まれ安心するが。 王様の褒美の酒を母親についでやると、本当にお前の父親に飲ませたかったと言い….。 ドジは、これからは、イェジンのことで悩ませたりしないからと約束する。 そんな時、ジュンは、皮膚の疾患でうつる可能性のある男を治療するが、自分も感染してしまい….。

次の

BS12「ホジュン~伝説の心医~」第61話~65話あらすじ:一難去ってまた一難!継妃選び~教書の存在?予告動画

ホジュン 61 話

おめでたいことだが、派閥が生まれ権力争いが再燃するのだった。 ドジは朝廷の中で起こる権力争いにホジュンが巻き込まれないように助言したが、ホジュンは医官としての務めだけ果たせばいいと話す。 一方、ホジュンは朝鮮医学の医書を作成することに全力を注いでいた。 そんなホジュンに協力するドジ。 しかし既存医書の研究や薬材の研究などたくさんやるべきことがあり思うように進まないでいた。 そんな時、大君様が病気だと聞きホジュンが向かおうとした時、光海君が病気だと尚宮から知らせが入る。 ホジュンは大君の元へ行き、光海君をドジに任せることにしたが…。 スポンサードリンク ホジュン-62話 光海君は世子の地位など捨てて静かに暮らしたいと話していたが、心労が祟ってか病で倒れてしまう。 瘧疾と言う病気だったが、重体に陥っていた。 ホジュンは何としても助けなければと思い、下吏たちに雨水を溜めるよう頼み、自ら湯薬房で猛毒の砒素を手にしていた。 ホジュンは砒素を光海君の薬に入れた。 チェは光海君が薬を飲むことを止めたが、光海君はホジュンを信じその薬を口にする。 検匙をし(王様の食べ物に毒が入っていないか銀の匙を使って調べること)で薬にヒ素が入っていることが発覚し、毒殺の陰謀だとつよめられるが、光海君はホジュンを信じ、ヒ素入りの薬を一気に飲み干す ホジュン-63話 殿下は意識を取り戻したが安静が必要だった。 しかしホジュンが静止するも押しのけ、チョン・ソンピル一派は大殿に乗り込んだのだ。 チョン達は殿下に永昌大君を世子するよう伝えたが、わずか3歳の大君に王位を譲るわけにはいかないとし殿下は光海君を世子に下す伝位教書を渡した。 チョン達はあきらめられず、伝位教書の抹殺をたくらむのだった。 殿下に背いてまで生きようと思わないと言うホジュンに、ホジュンが生きてこそ大勢の命が助かるととすがるドジ。 2人が話してると、殿下が危険だと報告が入り駆けつけるホジュン。 脈を診るホジュンだったが、もう手の施しようがなく中殿様と光海君を呼ぶように伝える。 ホジュンは殿下がなくなった事で重罰を受けることとなるのだった。 ホジュン-最終回 ホジュンは流刑となり人里離れた海辺で生活していた。 自由はないが薪拾いをしながら珍しい薬草を見つけたりと心は医員を忘れていなかった。 そこにホジュンが御医だったと聞きつけた村人が診察をしてほしいと訪ねてきた。 一方、光海君はホジュンの刑を後悔していた。 御医となったドジにホジュン家族の様子を訪ね、上質な薬を届けるように命じるのだった。 内医院では医書作成を進めていたがホジュン不在ではなかなか意見がまとまらず手こずっていた。 そこでドジ内緒で医官たちに配所に医書を届けるよう命じるのだった。 かなりの月日が流れたが、ついにホジュンは医書を完成させる。 光海君は医書見るとすぐにホジュンを朝廷に呼び戻した。 光海君はホジュンを大殿の宮医に任命したが、ホジュンは断り郷里に帰らせてほしいと願い出る。 山陰に戻ったホジュンはユ医院を継いだのだった。

次の