京 ば あむ 値段。 京ばあむを食べました!味・食感を口コミレポ~値段や賞味期限のまとめ

京ばあむ 清水店

京 ば あむ 値段

「京」で使用されていたマイクロプロセッサ(にて撮影) 京(けい、: K computer)は、のに設置されたの名称(愛称)である。 従来は「次世代スーパーコンピュータ」、「汎用京速計算機」、「京速」などと呼ばれていた。 の計画の一環として、理化学研究所とが共同開発した。 「京」は、を1秒あたり1回おこなう処理能力(10)に由来する。 総開発費1,120億円を投じ、2012年6月に完成 、同年9月に共用稼働を開始。 で、2011年6月および2011年11月に1位 になるが、完成直前の翌2012年6月には2位 に、同年11月には3位 に後退。 5億円 で17. 59ペタフロップス。 2013年6月に4位 、2015年7月に4位 となった。 また2011年、2012年、2013年、2014年に 、2013年に日本初となるHPCチャレンジ賞クラス2を受賞。 2011年、2012年に を受賞。 2014年、2015年7月、11月、2016年7月、11月、2017年6月、11月、2018年6月、11月、2019年6月にで9期連続1位(通算10期)を獲得した。 2019年8月16日に計算資源の共用を終了 し、そして8月30日にされた。 今後は性能が100倍程度に向上した新しい「次世代のスーパーコンピュータ」(ふがく)に置き換えられ、2021年ごろに運用を始める予定である。 「京」が設置された理化学研究所計算科学研究機構(神戸市) 次世代スーパーコンピュータプロジェクトは、に文部科学省と理化学研究所で開始され、にとなった。 プロジェクトの目的は、過去に世界最高性能を記録した、、に続くナショナル・リーダーシップ・スーパーコンピュータ NLS の構築、およびプロジェクトを通じた・分野の人材育成である。 今後5-10年の計算需要に基づき、性能目標のひとつとしてベンチマークでの10ペタフロップス達成を掲げた。 「京」は特定分野に特化した専用機ではなく、幅広い用途に応用できる汎用計算機として設計された。 当初は機と機からなる「複合型」を計画・開発していたが、5月にベクトル機を担当していたおよびが撤退したことにより、スカラ型のみの構成に設計変更された。 この結果、にベースのSPARC64 TM VIIIfxを採用し、Tofuと呼ばれる6次元メッシュ/トーラスのなど、の技術を全面的に使用した計算機となった。 その後、富士通は「京」のCPUをSPARC64 TM IXfxに変更して性能を向上させた市販モデルのPRIMEHPC FX10を発表し、国内・海外に販売している。 なお、2009年11月ので事実上の凍結と判定されたことを機会として、各種の議論が行われたが、後に予算復活され、2012年6月に完成した。 開発中の2011年6月および2011年11月にTOP500で1位となり、2011年11月にHPCチャレンジ賞とゴードン・ベル賞を受賞した。 また性能以外に安定性では、2011年11月のTOP500測定時に29時間28分の無故障動作を実測した。 ロゴはのによるもの。 歴史 [ ]• 文部科学省科学技術・学術審議会等に「政府の国家戦略として最先端の性能を持つスーパーコンピュータの研究開発を持続的に推進していくべき」との提言が提出された。 2005年10月、文部科学省のイニシアティブにより、開発主体の理化学研究所を中心にプロジェクトが開始した。 文部科学省による事前評価での• ターゲットの明確化• ベクトル部分の再検討• ソフトウェア開発• 開発体制の構築• 日本全体の計算資源の役割分担を含む中長期的な計画等の必要性についての指摘を受け、フォローアップを実施した。 9月、世界最高性能を目指した次世代スーパーコンピュータ・システムの概念設計が開始された。 概念設計段階では、それぞれの専門分野から技術を持ち寄り、要素技術の開発を行った。 (、、アプリケーションソフトウエア)等の設計・研究開発• (計算機システム及び超高速インターコネクション)の設計・研究開発• 先端計算科学技術センター(仮称)」の最適立地・運用に関する調査研究• 、中央区の内に立地されることが決定された。 、理化学研究所が21本のターゲットアプリケーションを選定した。 9月、ハードウェアの概念設計が完了した。 日本のコンピュータ会社3社でとスカラ汎用複合システムを開発することが決定し、とがベクトル型を、がスカラ型の詳細設計をそれぞれ担当することになった。 3月、富士通が次期スパコン向けプロセッサの論理仕様書を公開した。 、富士通が世界最速128GFLOPSの性能を持つプロセッサの開発に成功したと発表した。 同日、日本電気が、製造段階における同社の開発費負担が100億円を超える見込みであり、過大であるとして、当プロジェクトからの事実上の撤退を表明した。 このため、日本電気との契約により本プロジェクトに参加していた日立製作所も同時に撤退。 これを受けて理化学研究所では、富士通との共同開発により、スカラ型単独で当初計画どおり2012年に世界最速のシステムを完成させることを決定した。 また翌2010年、NECに対して損害賠償を求める民事調停を東京地方裁判所に申し立てた。 、文部科学省が次世代スーパーコンピュータの戦略分野を決定した。 のの「」で、当プロジェクトは「予算計上見送りに近い縮減」(事実上の凍結)と判定された。 これに対して計算基礎科学コンソーシアムなどの科学技術関連団体が相次いで緊急声明を発表し 、には・・・・・が緊急会見において懸念を表明した。 また同日、理化学研究所の理事長は「先進各国がのをかけての開発にしのぎを削っている。 一旦凍結すれば他国に追い抜かれる」とし、仕分けの流れを批判した。 これに対して川端は、鳩山内閣の方針は科学技術を重視するものとして予算確保を目指す方針を明らかにし 、またには副総理兼国家戦略担当大臣も、次世代スーパーコンピューターの開発事業費について「当然、見直すことになる」と述べ、は廃止などの判定が相次いだ科学関連予算について、予算復活を認める方針を固めた。 、日本国政府は「必要な改善を行いつつ推進」と評価を見直した。 、文部科学省は当初の開発計画を変更し、世界一を目指す立場には固執せず、各地の大学が遠隔地からも研究に参加できるようネットワーク機能の強化を目指す方針を決めた。 の大臣折衝により、文部科学省の他の事業でも約50億円削減するほか、説明会などを開いて国民の理解を得ることを条件に、概算要求から約40億円減の約228億円が計上される見通しとなった。 、理化学研究所が「次世代スパコンについて知る集い」第1回会合を京都で開催。 に第2回会合が仙台、に第3回会合が東京、に第4回会合が神戸で開催された。 、文部科学省主催の「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)フォーラム」が、またには情報処理学会主催のスパコンフォーラム「計算科学技術と次世代スーパーコンピューティング基盤」が東京で開催された。 、理化学研究所が次世代スーパーコンピュータの愛称募集を開始した。 1979件の応募をもとに、同年「京(けい)」と決定された。 、文部科学省がHPCIの構築に向けたグランドデザインに関する意見募集を開始した。 、文部科学省主催のHPCIの構築に向けた意見交換会が大阪で、またには東京で開催された。 、文部科学省がHPCIの構築を主導するコンソーシアムへの参画機関公募を開始した。 、理化学研究所が計算科学研究機構を設立した。 、理化学研究所は途中撤退したNECに対して、70億円の損害賠償を求める民事調停申立を行った。 、文部科学省がHPCIの構築を主導するコンソーシアムの構成機関を決定した。 、文部科学省がHPCIの構築に関する意見募集を開始した。 締切は2010年17:00であった。 同日、富士通が次世代スーパーコンピュータ「京」の第1号筐体を出荷した。 のにて、出荷セレモニーが開催された。 、理化学研究所が計算科学研究機構の設立記念式典を開催した。 次世代スーパーコンピューターの一部が報道陣に公開された。 計算科学研究機構は同日より拠点を東京から神戸に移し、事務担当や技術者など約130人が設置や稼働の準備に当たった。 、整備途中段階の構成である672筐体(CPU数68,544個)の状態で28時間00分に渡りベンチマークを実行した結果、8. 162ペタフロップス、実行効率93. これにより、の首位を獲得した。 、LINPACKベンチマークにおいて10. 51ペタフロップス(毎秒1. 051京回の浮動小数点演算)、実行効率93. 51PFLOPS/理論効率11. 28PFLOPS)を記録し、当初の性能目標を達成したと発表した。 これは、最終構成である864筐体(CPU数88,128個)の搬入と据付を完了し、〜にこれらの基本動作と設計性能を確認するために29時間28分間LINPACKベンチマーク・プログラムを走らせて計測した結果である。 、開発元の富士通は、「京」のSPARC64 VIIIfx(8コア)をベースにして性能を向上させたプロセッサSPARC64 IXfx(16コア)を搭載した新機種PRIMEHPC FX10の販売を開始した。 FX10では、1CPUあたりの価格を京と同程度、性能を約2倍としている。 に、に50ラック、理論性能1. 13ペタフロップスの構成のPRIMEHPC FX10が納入される事が発表された。 、スパコンの総合的な性能を評価するHPCチャレンジベンチマークの実測結果により、2011年「HPCチャレンジ賞」の4部門全てで第1位を獲得。 、理化学研究所が開発途中で撤退したNECに対して70億円の損害賠償を求めて起こしていた裁判に対して、NECが理化学研究所に2億円払うことで和解した。 理化学研究所側は「満足したわけではないが裁判所の判断でやむを得ない」とコメントした。 、理化学研究所が「京」より処理速度は劣るが「京」と同じプログラムを使えるスーパーコンピューターを2月頃に()に設置し、無償開放すると発表した。 7つの優先課題は「心疾患のマルチスケール・マルチフィジックスシミュレーション」(東京大学)、「創薬応用シミュレーション」(東京大学)、「全原子シミュレーションによるウイルスの分子科学の展開(対象:小児マヒウイルスの感染機構)」(名古屋大学)、「密度汎関数法によるナノ構造の電子機能予測に関する研究(対象:シリコンナノワイヤー/シリコン上ゲルマニウムハットクラスター)」(東京大学)、「全球雲解像モデルによる延長予測可能性の研究」(東京大学)、「乱流の直接計算に基づく次世代流体設計システムの研究開発(対象:自動車、船舶、ポンプ水車)」(東京大学)、「ニュートリノ加熱による超新星爆発シミュレーション」(国立天文台)。 、学術・産業分野向けに本格共用稼働を開始。 ・・・・・など25の企業・団体が産業利用枠で使用する。 、スパコンのランキングにて4位。 、がドイツのユーリッヒ研究所と共同で京を使い、10兆個のシナプスで結合された神経回路のシミュレーションに成功。 、などの研究チームが「京」を利用し、これまでより超高解像度で地球全体の雲の動きをシミュレーションすることに世界で初めて成功したと発表。 全地球での大気シミュレーションは従来は3. 5キロメートル四方が限界であったが、「京」を用いることで最高0. 87キロメートル四方まで細かく大気の状況を再現することに成功した。 これにより台風発生を予測したり、地球温暖化予測の精度を上げたりするなどの成果が期待できる。 、本格稼働から1年がたち、「京」を使った100件以上の研究プロジェクトが進んでいる。 、スパコンの性能ランキングで前回と同じ4位。 、は度の研究課題募集で応募が144件に上り、処理能力の2. 5倍に達したと発表。 そのうち産業利用は42件で、前回の度の募集の27件から1. 6倍に伸びた。 最先端の研究成果を製薬や自動車などの開発に役立てる産業利用が前回から大幅に増加したことについて、高度情報科学技術研究機構神戸センターは「京の利用方法が認知され、産業界での活用が進んでいる」と分析している。 、スパコンの総合的な性能を評価するHPCチャレンジベンチマークの実測結果により、2013「HPCチャレンジ賞クラス1」の4部門のうち3部門で1位を獲得、京で使われているが、優れた性能や使いやすさを競う「HPCチャレンジ賞クラス2」を受賞した。 「HPCチャレンジ賞クラス2」の受賞は初となる。 、理化学研究所は「京」を使って、大規模なシミュレーションやでのデータ相関関係の解析などに必要なの固有値を高速で計算することに成功したと発表。 、東京大学の久田俊明特任教授と杉浦清了特任教授の共同研究チームは、「京」を用いて、、の挙動を分子レベルで再現し、66万個の細胞にまとめて心臓全体を再構成することにより心臓の拍動を高精度に再現するシミュレーション技術を世界で初めて開発したと発表。 などのデータを基に患者の心臓をシミュレーションし、計画では国内外の病院から患者のデータを東大に送ると、翌日には仮想的な心臓が完成し、これを基に患者に適した治療法を医師が選択できるようにする。 、が「京」を用いて10万分子以上の大規模シミュレーションを実施することにより、メタンハイドレートが分解し、メタンが分離するメカニズムを解明することに成功したと発表。 、の横山央明准教授、海外特別研究員堀田英之らのチームが「京」を用いて、太陽内部の熱の対流構造を世界で最も細かく再現することに成功したと米天文学誌電子版に発表。 に米国チームが発表したものより6倍細かく、「メカニズムを解明し、太陽活動の変動を予測する第一歩になる」としている。 、とが度から「京」を利用し、発生時の内の建物の詳細な被害想定を行う研究を開始すると発表。 地質や地下水の分布などの地下の3次元地盤構造情報を基に、建物一棟一棟の構造を踏まえた詳細なシミュレーションを実施し、盆地内にある20万戸の建物1軒ずつの倒壊予測などを算出する。 シミュレーションには20億〜30億のケースを分析する必要があるため「京」を用いる。 、スパコンのランキングにて、1位を獲得。 理化学研究所、、、、の合同チームによるアルゴリズム最適化によって、前年3倍以上に高速化した。 、理化学研究所が、天気予報シミュレーションの高精度化を目指し、「京」を使って、10240個のアンサンブルで3週間分という世界最大規模の「全球大気のアンサンブルデータ同化」に成功。 とは、風や気温などの時間変化を物理学の法則に基づきコンピュータで計算して将来の大気の状態を予測するシミュレーションを、並行して複数実行し、同等に確からしい「パラレルワールド」を作り、この平均やばらつきから、確率的な天気予報を行うもの。 従来は100個程度以下のアンサンブル(パラレルワールドの数)を用いていたが、今回、これを世界最大規模の10240個に増やした。 、東京大学と富士通、製薬会社のが、「京」を活用して、の候補物質を作製することに成功したと発表。 「IT創薬」と呼ばれる方法で、高い治療効果が見込める薬を効率的に作る新たな技術として注目される。 、京都大学基礎物理学研究所の木内建太特任助教らのグループが「京」を用いた数値シミュレーションによって、連星中性子星の磁場増幅機構の解明に成功。 、東京大学地震研究所のグループが、「京」を用いて表層地盤の振動とその上の建物の揺れを組み合わせた世界初の都市震災シミュレーションに成功したと発表。 、スパコンの性能ランキングTOP500で前回、前々回と同じ4位。 、スパコンの総合性能を評価するコンテスト「HPC チャレンジ」において、「京」が4部門ある「クラス1」の2部門で1位を獲得し、残る2部門で2位となった。 さらに、同コンテストの「クラス2」では「パフォーマンス賞」に選ばれた。 11月20日、で開かれたスパコンの国際会議「SC14」で発表された、新提案のベンチマーク「HPCG」(High Performance Conjugate Gradients、conjugate gradients methods =。 を参照)2位となった。 粗行列の扱いが主になることから、密行列へのメモリアクセスが主に評価されがちだった従来のベンチマークとは逆に、疎なメモリアクセスやインターコネクトが重点的に評価されるようなベンチマークである。 業界メディアなどは『スパコンの実用性を評価する新たな計算速度ランキング』とか『スパコンの性能評価では、単純計算の速度を測る「TOP500」が有名だが、スパコンの性能の多様化により、近年、これに代わる評価手法の開発が求められており「HPCG」は産業利用などでの実際の計算に近い評価手法で、計算だけでなく、データの転送や保存なども含めた総合的な速度を競うもの。 』などといったような書き方をしている。 、、、ロンドンナノテクノロジーセンター()からなる研究チームが、「京」や東京大学のスーパーコンピュータ 「FX10」などを用い、従来に比べ2桁以上多くの原子数を扱える大規模な第一原理シミュレーション手法の開発に成功したと発表。 、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の三澤貴宏、今田正俊らのグループが、「京」を用い、計算機の中での超伝導を再現することに成功し、さらに超伝導が起きる仕組みも明らかにしたと「Nature Communications」に発表。 、独立行政法人海洋研究開発機構と東京大学大気海洋研究所の共同研究チームが、地球全体の雲の生成・消滅を詳細に計算できる全球雲システム解像モデル「NICAM」をスーパーコンピューター「京」で実行、シミュレーションし、約2週間先の台風発生予測が可能であることを実証したと発表。 、、、のグループが「京」を活用したシミュレーションで、超新星残骸衝撃波をはじめとする様々な天体衝撃波で高エネルギーの電子を効率よく生成することができるメカニズムを明らかにしたと発表。 アメリカの科学雑誌「」に掲載された。 、とがスーパーコンピューター「京」を使い、地震発生後約10分という短時間で、津波の浸水域を予測するシステムを開発したと発表。 、、、、、からなる研究グループが、スーパーコンピュータ「京」との「アテルイ」を使って、宇宙構造形成の大規模シミュレーションを実施。 成果は『』電子版に5月1日に掲載された。 宇宙初期から現在までの約138億年の間、ダークマターが作り出す宇宙の構造と、その進化過程を、従来よりも格段に良い精度で明らかにした。 、心臓の構造や機能の解説からシミュレーションの仕組みを説明し、「京」によって計算されたシミュレーションデータを正確に可視化した3DCG映像「マルチスケール・マルチフィジックス心臓シミュレータ」がSIGGRAPH 2015 BEST VISUALIZATION OR SIMULATIONを 受賞。 、が「京」を活用したタイヤ材料技術を2015年中に開発すると発表。 、名古屋大学の前山伸也らの研究グループが、「京」を用いた研究によって、核融合プラズマ中に存在する乱流間の相互作用のメカニズムを明らかにし、論文はアメリカの科学雑誌「」に掲載された。 、スパコンのランキングにて、4位を獲得。 、スパコンのランキングにて、1位を獲得。 、京都大学らのグループが「京」を用いて、の遺伝子異常の全貌を解明することに成功したと発表。 、2期連続でで世界第1位を獲得。 、内閣府が公表した報告書「南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動に関する報告書」の長周期地震動の計算に「京」が用いられた。 、理化学研究所が「京」の高精度電子状態計算によって、分子と高次分子の生成熱を世界最高の精度で理論予測したと発表。 、大学院理学研究科堀田英之特任助教らの国際チームが、「京」を使った超高解像度計算により、太陽活動11年周期を作るような大規模な磁場構造を生成・維持するメカニズムを世界で初めて解明したと発表。 本研究成果は、米科学誌『』(25 March 2016, VOL. 351)に掲載された。 、京都大学と東京大学の共同研究チームが「京」を利用し、がん細胞の遺伝子の特定領域に異常があると、体の免疫の攻撃力が低下するという仕組みの一端を解明したと発表。 本研究成果は、米科学誌『』 2016年5月24日電子版 に掲載された。 、理化学研究所、東京大学、九州大学、の共同研究グループが「京」を用いた超高解像度シミュレーションにより、気候変動に大きな影響を与える粒子状の大気汚染物質である「すす(黒色炭素)」の北極域への輸送メカニズムを解明したと発表。 すすは地球温暖化の原因の一つで、本研究成果により地球全体での高精度な気候変動予測につながる可能性がある。 、スパコンのランキングにて、5位を獲得。 、スパコンのランキングにて、1位を獲得。 3期連続の1位となる。 、スパコンランキングにおいてに抜かれ、2011年から維持していた国内1位の座から陥落した。 、この日発表されたTOP500において、TOP500(HPLベンチマーク)で7位、ベンチマークで1位、HPCGベンチマークで1位だった。 マスコミは『スーパーコンピューターの性能の世界ランキングのうち実用性を評価する指標「HPCG」について、「京」が初めて世界1位を獲得』 、『2016年下半期のスパコン性能ランキングで「京」は計算速度を競う「TOP500」で7位、ビッグデータの解析性能を競う「Graph500」で1位、アプリケーションを使う際の処理速度を競う「HPCG」で1位という結果となった』 などと報じた。 、「京」がGraph500において5期連続で世界1位を獲得。 、と東京大学大気海洋研究所の研究チームが地球温暖化が将来進むと、発達した台風の強風域が現代より拡大することを「京」を使ったシミュレーションで証明した。 同研究は米国気象学会が発行する気候学の専門誌「Journal of Climate」オンライン版に掲載された。 、理化学研究所が「京」を用いての新素材の候補を発見したと発表した。 、理化学研究所となどは気象衛星「」による雲の観測データを「京」に取り込み、台風の急速な発達や豪雨発生を高精度に予測する技術を開発したと発表した。 、理化学研究所と横浜市立大学などと共同でグループは、「京」を使って、細胞の膜にあるたんぱく質が薬剤を外に出す仕組みを解析したと発表。 、理化学研究所がスパコン「京」を使って、ヒトの脳全体シミュレーションを可能にするアルゴリズムを開発したと発表。 、「京」がで7期連続1位を獲得した。 、「京」がで8期連続1位を獲得した。 、「京」がで9期連続1位を獲得した。 、計算資源の共用を終了。 、シャットダウン。 、計算機や「京」と書かれた化粧パネル、CPU、メモリーなどが搭載されたシステムボードなどの「京」の部品が、、、、など全国の大学や科学館計13施設に寄贈されることになり、その贈呈式が理化学研究所計算科学研究センターで行われた。 費用 [ ] 2009年度の予定では、構築費は約1120億円(1020億円の国費と100億円の民間資金持出額) 、また運用費は年額80億円(電力代22-29億円、計算機等保守費23-32億円、運営費12. 6億円、その他保守費14-17億円)であった。 2012年9月の本格稼働後の報道では、京の開発費は総額1120億円で、うち665億円が富士通による演算装置の開発に投入され、富士通は演算装置の核となる半導体チップ開発用に三重工場に製造設備を新設した。 しかし京稼働後の富士通のスーパーコンピュータ新製品ではチップ生産は台湾メーカーに委託し、三重工場は売却予定で、今後は製造ではなく設計に専念する。 また開発過程の損失では、理研は撤退したNECに支払った70億円の返還を求めたが、民事調停による返還は2億円であった。 運用終了後の再利用についても検討されたが一式運用となると年間百億円、分割しての最小構成における運用であっても移送費や年間1億円の費用が掛かる事から断念した。 時期・用途・構成などは異なるが、他の主なスーパーコンピュータとの単純比較は下表の通り。 また日本の主要大学・公的研究機関の同予算は、事前評価が行われた2005年度時点で約260億円である。 議論 [ ] 「」および「」も参照 初期の議論 [ ] にのは、プロジェクトの目的が「世界一を取り返す」になっていること、「時代遅れ」のベクトル型を採用していること(最終的にはスカラ型になった)、巨額のプロジェクトが3社とされたことなどを背景に、「時代錯誤の大艦巨砲プロジェクトで効率が悪い」「スパコンの名を借りた公共事業」「『新たにCPUから作る』という計画が、を無視した愚かな発想」と批判した。 事業仕分けでの議論 [ ] 11月13日には「事業仕分け」で、当プロジェクトは「予算計上見送りに近い縮減」(事実上の凍結)と判定されたが、この際の両者の主な主張は以下であった。 側の配布資料• 高速・高精度シミュレーションによる科学技術の飛躍的進展(例:省エネ半導体の開発、ウイルス挙動解析で創薬)• 国家に必要な最先端IT技術の獲得(例:超微細半導体プロセスなど)• 気候変動問題解決への貢献(問題対策の立案に不可欠)• 産業競争力強化(経済効果 3. 4兆円、効果事例 8400億円、基本特許獲得 4300億円)• 評価者(仕分け人)側の評価コメント• 10スパコン開発が自己目的化している。 大事なのはスパコンを生かして、どのような政策効果を出していくか。 ハード(ウェア)の戦いではなく、ソフト(ウェア)の戦いをするべき。 科学技術の必要性、重要性は理解できるが、世界一のみを目指す時代ではない。 ベクトル、スカラの選択も、総括が不十分。 NEC(ベクトル型)の撤退理由も調査して見直しすべき。 スパコンの国家戦略を再構築すべき。 現状はスパコンの巨艦巨砲主義に陥っていないか。 日米共同なども模索すべき。 なお理化学研究所の平尾公彦副本部長(前東京大学副学長)は、「国民に夢を与える、あるいは世界一を取ることによって夢を与えることが、実は非常に大きなこのプロジェクトの一つの目的でもあります」と述べた。 事業仕分け後の議論 [ ] 事業仕分けを契機に、以下を含めた多数の発言や議論が行われた(直後の発言はを参照)。 などの専用計算機で有名な教授のは、「メモリバンド幅やネットワーク性能とか色々考えても、高々10Pflopsに1100億は2012年の数字としては高価にすぎる」、「性能当りで(コストが)高い、ということが日本の計算科学の将来に明らかな悪影響をもつ」と批判した。 汎用パーツを用いることにより、わずか3800万円でこれまで国内最速であった「2」を超える多体問題専用スパコンのを開発した長崎大工学部テニュアトラック助教のは、地球シミュレータや京速などの巨費を投じたスパコンの開発方針について「素直にいいとは言えない。 方向性が逆」と述べており、スパコン開発はコストパフォーマンスを重視して行われるべきとの見解を示した。 2009年12月18日、「仕分け人」でもあった東京大学教授のは、「国策スパコン自体には期待しているのだが、現状のスパコン事業のやり方には到底賛成しかねる」と発言した。 詳細 [ ] 度には、既に関連要素技術の先行研究開発が開始されており、それらは次の通り。 個別に構築されたシステム間の連携(効率とバランスの考慮) 一部は、既にや、、等で実現済み。 今後、国際連携に向けた国際標準化等の様々な課題解決に向けた実験や検証計画の方向性とコンセンサスの生成が必要。 アーキテクチャーの違うコンピュータ群を接続するための、共通ライブラリ等の構築 米国にて構築中のNLS等との間でも情報交換を進めている。 将来的には、三極全体で相互利用可能な環境を目指している。 ナノ材料の物理的特性を生かしたシミュレーションソフトウエアの開発。 、等の分野の学際連携 新半導体材料のみならず、生体機能分子や様々な産業用機能分子等の技術が望まれている。 なぜならば、これらの素材が新しい産業に与える影響が大きいためである。 2006〜度 次世代生命体統合シミュレーションの研究開発 次世代生命体統合シミュレーションとは、テーラメイド医療・等を実現するために、レベルからレベル、さらにはレベル、そして機能レベルに至るまでスケールの個々の要素から全体に至るまで人間系を最適に解析可能な総合シミュレーション基盤の研究開発を行う。 ゲノム工学からたんぱく質工学へ、さらにその先にある機能工学を目指した研究 ゲノム創薬や高度な外科手術(遠隔手術)、等を支援するソフトウエア開発。 さらには、人体の構成要素全体をシミュレーションする統合シミュレーション環境の構築。 各スケール毎に最適化された、境界解析手法、解析等を組み込んだ群と、それを活用するためのツール群 分野、エンジニアリング分野 、分野、分野等である。 この成果は、事業化も視野にいれて最終段階に向けて基礎研究が終わろうとしている。 2006〜度 次世代高精度・高分解能シミュレーションの開発 複数の現象が相互に影響しあうようなマルチスケール・マルチフィジックス現象 の解析を実現する効率的な計算手順を確立し、複雑な工業製品の設計・開発などの先端シミュレーション技術の開発が目的。 ・スケール、・スケール、ナノスケールからメートル・スケール、、・スケール、メガ・パーセクスケールまで、観測・観察データとの整合性を取るモデル計算手法の開発 理学・工学・医科学等の理科学全体の学際研究分野。 ナノ分野における最大の課題は、目的もしくは目標とする機能を得るために、どのような構造が一番望ましいのかを見つけるための試行錯誤を減らすためのシミュレーションである。 なぜならば、これまでこの分野においては、機能と構造の間のから見出すのではなく、(試行錯誤的)な方法によって新しい分子構造が見出されてきたためである。 や分野からの課題としては、現在進められているプロジェクトや重力波検出、さらには、次世代実証炉等における炉設計、分野においては、次世代の内部反応予測シミュレーション、分野における様々な可視化シミュレーション(具体的にはモデルの可視化等)、気象学的には中長期予報のためのシミュレーション分野の拡充等が要望として上がってきている。 宇宙航空分野においては、人工衛星の機能設計やにおけるシミュレーション、将来の月への建設、有人におけるリスクシミュレーション等の分野からの要望も生じている。 マルチスケール・マルチフィジックス現象とは、例えばのようにある閾値を超えた箇所において、それまで絶縁体であったものが、突然導体に変わる等の現象を指す。 自然現象では良く見られ、、、、などが例として挙げられる。 スカラ分散、ベクトル分散型にかかわらず、相互に接続されたシステム全体のデータ通信の最適化及び半導体設計・製造技術の確立 同期設計の場合、半導体の(パッケージを含めると)や半導体を乗せる基板の設計は、の速度に依存するクロック数を上げると、その大きさをより極小化しなければならないという問題があり、これを克服するために、の高速移動が可能な半導体の開発と光技術の活用等が求められている。 内部結合IP化による実効効率最適化方式 システム内部の機能要素にを与え、それぞれの機能要素のリソースをモニタリングすることによって、最適なジョブ分割を行いを機能要素 に送り込む技術の開発。 ダイナミックアルゴリズムやスタティックデータフロー技術の確立 やダイナミックIP等の技術が活用される予定。 低電力高速デバイス・回路技術・論理方式 将来予測される45nmプロセスの半導体を実現するために必要な技術開発を行うことが目的。 安定した3次元集積回路や45nmプロセスを達成するために必要とされる、半導体製造技術の確立 、 等の基礎的研究開発を進めることが重要であるとの認識から研究開発が進められている。 なお、一部の研究開発はCOEプログラムとして採択済み。 CPU・メモリ間光配線技術 将来予測されるや既存のコンピュータのCPUとメモリ間において、直接光結合を行うことによって、帯域損失の少ない高速の通信を可能にする光インターコネクション技術開発を行うことが目標。 PE内部に光インターコネクションを設けるための設計・製造技術の確立 コンピュータを小型化する事は、省電力性向上と高性能化を図るには必須であり、配線を減らすための光インターコネクション技術の研究開発が行われている。 5億を超えており、将来は3億から6億にも達する。 この時、半導体の温度がベース材料の融点に達する予測もある。 この過酷な条件を乗り越え、次世代の計算機技術である新たな素子製造基盤を確立するための超薄膜半導体デバイスや光量子デバイス、さらにはを含む新規デバイス構築技術の確立が目標とされる。 新規デバイス技術。 現在、有力視されているのは、高温超伝導、ポストシリコン。 量子コンピューターは、次次世代以降の確立予定 このテーマでは、現在進められているシミュレーション技術、半導体プロセス技術、高温超伝導技術等の多観点から研究開発を行い、超低消費電力デバイスの研究開発が行われる予定。 なお、薄膜や等で培われたやを観測できる等も活用する予定。 機能要素とは、及びローカルメモリを含めた機能単位のこと。 これを PE(Processor Element)と呼ぶ。 なお、GRAPEシリーズ、、等の設計で行われたローカルメモリを含まない純粋なPEも存在すれば、シリーズやのようなローカルメモリを含むPEも存在する。 (ローカルメモリ:CPU等に内蔵されたとは異なる一般的メモリのこと)• ポストシリコンとは、トランジスタやトランジスタなどのことを指す。 将来的は、高温超伝導素子等もあげられるが、周辺技術も含めて未完成のため、将来の課題となっている。 回路技術として同期・非同期混在設計などが挙げられている。 これらの回路技術とソフトウエア技術(コンパイラ等)を上手に組み合わせることが課題。 全体スケジュール [ ] 下表は2006年初頭時点の予定表である。 大規模ベクトル型と大規模スカラ型の混在に関しては技術的挑戦となるため、ベンダー間での調整が行われると思われる)のPE数を増やすことで、システムの強化を行う(数値風洞シミュレータと同じ手法)。 この頃までには新たな性能評価の指標値における議論が決するため、新基準に基づく性能評価を行う予定• 特定処理計算加速部とは、ある特定のアルゴリズムをハードウエアに置き換えることによって、演算効率を上げる仕組みのこと。 具体的には、計算要素をPE連鎖によるに置き換えることで、計算処理を加速させる計算処理装置のこと。 大規模計算処理部とは、これまで通りの大規模スカラ演算が可能な計算処理装置のこと。 よって、この部分に関しては、仮想ベクトル処理が行われる予定である。 逐次計算処理部とは、リアルタイム計算を可能にする計算処理装置のこと。 特に、ハードウエア・コンテキストスイッチ等の処理を高速化することによって、スカラ型計算の効率を高め、通常の計算処理を行う計算機構のこと。 ベクトル・スカラ混在型の場合には、計算部と10進計算部の結合型では例がある。 スーパーコンピュータ技術史にも記載があるように、スーパーコンピュータは、浮動小数点部を独立させ、計算サービスを行う専用プロセッサとして提供されてきた経緯から踏まえても普通のことである。 しかしながら、浮動小数点専用機単体として、ベクトル・スカラ混在型の設計は数多くの解決するべき課題に直面すると思われる(特にソフトウエア開発や相互システムを繋ぐネットワーク等に関して)。 アーキテクチャの異なるコンピュータを同期させるためには、マスタークロックを用いる方法が主流になると思われる。 また、システム間での協調システムとして、非同期設計技術が用いられるものと思われる。 以後はを参照。 ハードウェアの構成 [ ]• 全体構成• 全体で864ラックからなる。 ラック• 1ラックあたり102ノード。 1ノード、1CPU。 24枚のシステムボード• IO用システムボード• 磁気ディスク• CPU• SPARC 64 VIIIfx• 8コア、L2 6MBを共有• 2GHz• プロセスルールは45nm• 例えば、インテルだと、 E5-2650(2GHz)と同じ• 58W• メモリ• メモリコントローラはCPU内蔵• インターコネクトコントローラ• エンジンを4つ• 遅延は100ns• チップは312. 5MHzで動作• OSは• ファイルシステムは Lustre• PRIMEHPC FX10 [ ] の一般販売商品は PRIMEHPC FX10で、2011年に販売開始、1月より出荷。 京との比較で、値段据え置きで、CPUの性能が2倍弱速くなった。 ラック• 96ノード• 価格は50ラック程度で50〜70億円。 1CPUあたり100万円強。 CPU• SPARC64 IXfx• 16コア• 650GHzまたは1. 848GHz• 211. 2GFLOPSまたは236. 544GFLOPS• 110W• メモリ• 1CPUあたり32GBまたは64GB• その他 [ ] 収容建屋・設備 [ ] 建屋は、計算機棟・研究棟、熱源機械棟、特高施設棟の4棟からなり、設計は、施工はで2010年に竣工。 計算機・研究棟は1体構成となっており、1. 建屋 棟 計算機棟 研究棟 熱源機械棟 特高施設棟 構造 鉄骨 地上6階地下1階 鉄骨 地上3階地下1階 RC 地上2階 Rc 地上2階 建築面積 1800m 2 4300m 2 1900m 2 200m 2 周辺の変化 [ ] 2011年、計算科学機構の最寄駅にあたるの「ポートアイランド南駅」(開業)が、「」に改称された。 脚注 [ ]• 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所、富士通 プレスリリース• 2011年6月20日閲覧。 2014年6月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年11月14日閲覧。 読売新聞. 2013年6月18日. の2013年6月25日時点におけるアーカイブ。 2013年6月18日閲覧。 2015年7月13日. の2015年7月14日時点におけるアーカイブ。 2015年7月15日閲覧。 理化学研究所、2011年• 理化学研究所、2012年• 2013年11月22日. の2013年11月23日時点におけるアーカイブ。 2013年11月23日閲覧。 理化学研究所、2011年• 理化学研究所、2012年• 2014年6月25日. 2014年6月29日閲覧。 IT Leaders. 2018年11月15日. 2018年11月22日閲覧。 「」『』、2018年11月14日。 2018年11月22日閲覧。 www. kobe-np. 神戸新聞社 2019年7月29日. 2019年8月3日閲覧。 、NHKnewsweb,2019年8月30日• 、日経 xTECH、2019年5月23日 17時5分。 文部科学省. 2010年1月20日閲覧。 文部科学省 2005年8月. 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所 2005年8月. 2010年1月20日閲覧。 文部科学省 2005年10月. 2010年1月20日閲覧。 文部科学省 2006年10月. 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所 2006年9月. 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所 2007年3月28日. 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所 2007年4月9日. 2010年1月20日閲覧。 理化学研究所 2007年9月. 2010年1月20日閲覧。 マイコミジャーナル. 2009年3月12日. 2010年1月22日閲覧。 読売新聞. 2009年5月13日. 2010年1月22日閲覧。 [ ]• 日本電気 2009年5月14日. 2010年1月22日閲覧。 ITmedia. 2009年5月15日. 2010年1月22日閲覧。 理化学研究所 2009年7月17日. 2010年1月20日閲覧。 文部科学省 2009年7月. 2010年1月26日閲覧。 Takumi Maruyama 2009. PDF. Proceedings of Hot Chips 21. IEEE Computer Society. Yuichiro Ajima et al. 2009. Computer IEEE Computer Society 42 11 : 36-40. SankeiBiz. 2010年7月27日. の2010年11月2日時点におけるアーカイブ。 2010年7月27日閲覧。 文部科学省 2009年7月22日. 2013年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年1月20日閲覧。 ITmedia. 2009年11月13日. 2010年1月22日閲覧。 朝日新聞. 2009年11月13日. の2009年11月16日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 産経新聞. 2009年11月17日. の2009年11月20日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 朝日新聞. 2009年11月20日. の2013年4月25日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 ITmedia. 2009年11月25日. 2009年11月27日閲覧。 読売新聞. 2009年11月25日. の2009年11月28日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 時事通信. 2009年11月17日. 2009年11月17日閲覧。 [ ]• 産経新聞. 2009年11月22日. の2010年11月10日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 文部科学省 2009年12月9日. 2010年1月26日閲覧。 ITPro. 2009年12月10日. 2010年1月22日閲覧。 読売新聞. 2009年12月16日. 2010年1月22日閲覧。 [ ]• 時事通信. 2009年12月16日. 2010年1月22日閲覧。 [ ]• 理化学研究所 2010年2月2日. 2010年2月3日閲覧。 理化学研究所 2010年2月22日. 2010年2月22日閲覧。 理化学研究所 2010年6月21日. 2010年6月22日閲覧。 理化学研究所 2010年9月9日. 2010年11月30日閲覧。 文部科学省 2010年2月17日. 2013年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年2月20日閲覧。 文部科学省 2010年2月20日. 2013年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年3月2日閲覧。 理化学研究所 2010年4月12日. 2010年4月12日閲覧。 理化学研究所 2010年7月5日. 2010年7月6日閲覧。 文部科学省 2010年4月28日. 2010年4月29日閲覧。 文部科学省 2010年4月22日. 2010年4月29日閲覧。 文部科学省 2010年5月27日. 2010年6月2日閲覧。 理化学研究所 2010年7月1日. 2010年10月2日閲覧。 文部科学省 2010年7月28日. 2010年10月2日閲覧。 文部科学省 2010年9月28日. 2010年10月13日閲覧。 PC Watch. 2010年9月29日. 2010年10月2日閲覧。 産経新聞. 2010年10月1日. の2010年10月4日時点におけるアーカイブ。 2010年10月2日閲覧。 日本経済新聞. 2010年10月2日. 2010年10月2日閲覧。 - 理化学研究所(2011年11月2日発表、2011年11月2日閲覧)• [ ]• 読売新聞. 2012年6月4日. の2012年9月18日時点におけるアーカイブ。 2012年6月25日閲覧。 文部科学省 2012年9月4日. 2013年1月4日閲覧。 :理化学研究所• 産経新聞. 2012年9月28日. の2013年5月1日時点におけるアーカイブ。 2012年9月28日閲覧。 2013年6月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月19日閲覧。 2013年9月20日. の2013年11月3日時点におけるアーカイブ。 2013年11月2日閲覧。 2013年10月29日. 2013年11月2日閲覧。 2013年11月18日. 2013年11月23日閲覧。 2013年11月19日. の2013年12月1日時点におけるアーカイブ。 2013年12月1日閲覧。 2013年12月6日. の2013年12月14日時点におけるアーカイブ。 2013年12月14日閲覧。 2013年12月6日. の2013年12月14日時点におけるアーカイブ。 2013年12月14日閲覧。 2014年2月3日. 2014年5月6日閲覧。 2014年3月7日. 2014年3月15日閲覧。 2014年4月11日. の2014年4月12日時点におけるアーカイブ。 2014年4月12日閲覧。 2014年5月1日. の2014年5月6日時点におけるアーカイブ。 2014年5月6日閲覧。 2014年5月3日. 2014年5月6日閲覧。 2014年5月1日. の2014年5月6日時点におけるアーカイブ。 2014年5月6日閲覧。 理化学研究所 広報活動• 2014年8月7日. の2014年8月17日時点におけるアーカイブ。 2014年8月17日閲覧。 京都大学 2014年9月1日. 2014年9月23日閲覧。 2014年9月9日. の2014年9月22日時点におけるアーカイブ。 2014年9月23日閲覧。 2014年11月11日. 2014年11月15日閲覧。 2014年11月17日. の2014年11月18日時点におけるアーカイブ。 2014年11月18日閲覧。 インターネットコム. 2014年11月20日. 2014年11月22日閲覧。 2014年11月21日. の2014年11月21日時点におけるアーカイブ。 2014年11月22日閲覧。 インターネットコム. 2014年12月10日. 2014年12月11日閲覧。 2014年12月25日. 2014年12月27日閲覧。 2015年1月20日. 2015年2月7日閲覧。 2015年3月3日. 2015年4月2日閲覧。 2015年3月4日. の2015年3月8日時点におけるアーカイブ。 2015年3月8日閲覧。 2015年5月7日. 2015年6月21日閲覧。 2015年7月6日. 2015年7月12日閲覧。 2015年7月10日. 2015年7月12日閲覧。 2015年10月23日. 2015年10月25日閲覧。 2016年3月16日. 2016年3月20日閲覧。 2016年3月28日. 2016年3月29日閲覧。 2016年5月23日. 2016年6月5日閲覧。 2016年6月1日. 2016年6月8日閲覧。 2016年6月20日. 2016年7月4日閲覧。 2016年7月14日. 2016年7月16日閲覧。 2016年7月13日. 2016年7月16日閲覧。 2016年11月16日. 2017年1月7日閲覧。 2016年11月16日. 2017年2月10日閲覧。 2017年9月14日. 2017年10月14日閲覧。 2017年9月14日. 2017年10月14日閲覧。 2018年1月18日. 2018年1月20日閲覧。 2018年3月19日. 2018年3月26日閲覧。 2018年4月1日. 2018年4月10日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 2019年8月11日. 2019年9月3日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信社 2019年8月16日. 2019年9月3日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 2019年8月30日. 2019年9月3日閲覧。 47NEWS. 共同通信社 2019年8月30日. 2019年9月3日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2019年8月30日. 2019年9月3日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 2019年11月5日. 2020年2月4日閲覧。 文部科学省. 2010年1月20日閲覧。 文部科学省. 2010年1月20日閲覧。 東京工業大学学術国際情報センター. 2010年6月16日閲覧。 文部科学省. 2010年1月20日閲覧。 池田信夫 2007年11月13日. livedoorBlog. 2009年12月2日閲覧。 池田信夫 2007年11月23日. livedoorBlog. 2009年12月22日閲覧。 IT Plus. 2009年11月27日. の2010年1月10日時点におけるアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 内閣府 2009年12月21日. 2013年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 牧野淳一郎 2009年11月17日. 2011年10月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年1月22日閲覧。 西日本新聞. 2009年11月27日. 2010年1月22日閲覧。 [ ]• ITPro. 2009年12月25日. 2010年1月22日閲覧。 文部科学省. 2010年1月20日閲覧。 大林組. 2019年8月29日閲覧。 世界最速スパコン「京」を支える最先端建築テクノロジー• 2019年8月29日閲覧。 2019年8月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [ ]• 記録 先代: 2. 566 ペタFLOPS 2011年6月 — 2012年6月 2連覇 記録:10. 51 ペタ 次代: 16. 325 ペタFLOPS 先代: 15363 ギガTEPS 2014年6月 — 現行 記録:17977 ギガTEPS 次代: (現行) :.

次の

京ばあむを食べました!味・食感を口コミレポ~値段や賞味期限のまとめ

京 ば あむ 値段

台湾から京都へ。 世界で最も魅力的な観光都市に選ばれた京都。 とりわけ中華圏から多くの観光客が訪れるようになり、京都のお土産店では、ワーキングホリデー制度を活用した、台湾人の存在価値が日増しに高まっている。 京都土産を代表する存在の「おたべ」のお菓子。 代表銘菓の「粒あん入り生八つ橋おたべ」や「こたべ」をはじめ、美味しさはもちろん、上品で京都らしく、パッケージも可愛い様々な商品に、多くの外国人観光客が惹かれている。 清水寺の参道にあり、来客の8割を外国人が占めるという「京ばあむ清水坂店」で、ワーキングホリデー生の徐崇銘さんが活躍中だ。 「サービス業は未経験で不安もありましたが、すごく丁寧に教えてくださるので安心できました。 京都人は裏と表があるイメージだったけど、そんなことないみたい(笑)。 」清水寺と並ぶ観光名所の嵐山の店舗では、呉依萍さんが勤務している。 「京都は歴史的な街並みが本当にきれい。 喫煙所の指定もあって、衛生的にも優れています。 京都で働けることは大きな喜びです。 」と満足している。 2人ともに、日本一の観光都市京都で、京都人もこよなく愛するおたべのお菓子を販売できることに誇りを感じている。 京町家ケーキ 760円(税別) もっちり抹茶の生八つ橋に、ふんわり抹茶ケーキと、濃厚な黒豆あん入り抹茶チョコをサンドしました。 京ばあむ 3. 5㎝厚 1,080円(税別) 「しっとりふんわりの抹茶と豆乳の生地を幾重にも焼き上げ、周りに抹茶のフォンダン(糖衣)をコーティングした、台湾にはない特別なお菓子」と、徐君もイチ押しです。 京茶の葉合わせ 詰合せ16枚入り 1,730円(税別) 茶の葉をかたどり薄く焼き上げたラングドシャ生地は、京都宇治「森半」茶葉と京都産の豆乳を合わせました。 香り高いお茶の香りと、豆乳のまろやかな旨味がお口の中で広がります。 京ばあむ清水坂店勤務 徐崇銘さん 日本の懐メロで覚えた日本語が役立ってます!台湾からの旅行客に、おすすめの京都の名所をどんどん教えたいです! おたべ嵐山良弥店勤務 呉依萍さん 「京ばあむ」や「京町家ケーキ」は、抹茶が効いていて、甘さも控えめなので台湾の人に人気です! 京都は日本の都市の中でも一番観光客の多い街ですが、観光として中国語での対応が充分ではありません。 京都を本当の意味での観光都市にするべく、京都の名店で一緒に働いてみませんか? あなたの京都ライフを我らがサポートします! 今、あなたのチカラを京都は求めています! 日本での住宅、保険、自転車などを用意します。 募集条件 ・ できる限りワーキングホリデー資格保持者 ・ すべての応募者に台湾にて面接を行います。 ・ 台湾での日本展催事で短期間(2~5日間)働いていただきます。 そこで日本語能力、販売能力、笑顔を確認させていただきます。 ご興味のある方は まで履歴書を日本語で提出下さい。 募集会社:.

次の

洋菓子ぎをんさかい

京 ば あむ 値段

項 目 ノード数 金 額 (1ノード・時間あたり) Aシステム. 基本料金 1~8ノード 75円 並列割引料金. 9~12ノード. 基本料金 1~8ノード 1,800円 並列割引料金. 9~12ノード. 1ノード増につき120円減額 13ノード以上 1,200円 Bシステム 2,400円 Fシステム(GPU非搭載) 基本料金 1ノード 9,000円 並列割引料金 2~18ノード 1ノード増につき240円減額 19ノード以上 4,800円 Fシステム(GPU搭載) 9,000円 Hシステム 基本料金 1ノード 1,800円 並列割引料金 2~5ノード 1ノード増につき120円減額 6ノード以上 1,200円 Vシステム 7,200円 Wシステム 14,400円 Xシステム 7,200円 月単位 利用期間の単位は、利用当月の1日から末日までの1か月とする。 別途、専用フロントエンドサーバの契約を必須とする。 月の途中からの利用でも、1か月分の全額課金とする。 インターネット高速ファイル転送サーバ 無償 トライアルユース制度 利用開始から 10,000円分を課金対象外として無料でお使いいただける制度です。 (申請不要) 自社開発アプリケーションのポーティング(パラメーター設定、チューニング等)やベンチマーク計算の実施(自社アプリ、フリー、商用アプリ)等ご自由にお使いください。 ご利用可能期間 利用開始初年度内のみ有効です。 ご利用頂ける利用形態 従量利用を対象とし、上限10,000円(消費税抜き)分のノード・時間の利用迄とする。 賛助会員特典について FOCUSスパコン利用料金のうち、賛助会員として以下の特典が受けられます。 公益財団法人計算科学振興財団賛助会員については、をご覧ください。 1.FOCUSスパコン利用料充当 1口・1課題あたり利用料11万円(税込)分充当いただけます。 利用料金の請求 FOCUSスパコン利用料金は、各種利用料金を合算後、消費税を加算します。 請求書は、利用月の末日締めで、翌月初旬に送付します。 お振込は、利用月の翌々月末までに財団指定口座へお願いします。 商用アプリの利用料金の支払いは、各アプリケーションベンダーより利用料金が請求されます。 請求書(ハガキ)の見方 請求書は圧着ハガキ形式でお送りしております。 請求書の見方は以下をご参照ください。

次の