ニュース 7。 NHK上原光紀アナ、衝撃の“尻揉みデート”報道…早くも『ニュース7』降板も取り沙汰

よろしくお願いします 瀧川剛史

ニュース 7

4月から平日のキャスターを担当しています、瀧川剛史です。 これまで京都、沖縄で勤務し、東京では「おはよう日本」や「正午のニュース」のほか、 緊急報道や特設ニュースなどを担当してきました。 多くの皆さんにご覧いただいている「ニュース7」を担当する責任の大きさに、 正直、とても緊張しています。 夜7時、NHK にチャンネルを合わせていただいた皆様の貴重な時間をお預かりする以上、 「見てよかった」「またあすも見たい」 そう思っていただけるようにすることが、私の役目だと思います。 主役は、あくまでも一つ一つのニュースです。 私は視聴者の皆さんのために何かできるかに集中するつもりです。 素朴な疑問を番組作りに生かす、 伝えたいこと、伝えなければならないことを、とことん大切にする。 そんなことを大切に、日々丁寧に向き合っていきたいと思います。 新年度初日は、新元号「令和」を伝えるニュースから始まりました。 いよいよ新しい時代がやってきます。 この春は、時代の転換点に立ち会う高揚感を皆さんと共有する機会が多くなりそうです。 では、夜7時にお会いしましょう!.

次の

NHKニュース7

ニュース 7

16日発売の「フラッシュ」(光文社)は、今月から『ニュース7』(NHK)サブキャスターを務めている 上原光紀アナウンサーの熱愛を報じている。 記事によれば、上原は『ニュース7』の初週放送を無事終えた週末の某日夜、都内の繁華街の路上で男性と落ち合い、頭をなでられて笑顔に。 そして身を寄せ合いながら歩く間、男性にお尻を揉まれたり、腰に手を回されたりしていたという。 記事には、ステーキ店で並んで座り顔を近づけ会話する写真も掲載されており、2人が親密な関係であることがうかがえる。 「上原アナは慶應義塾大学体育会の出身ということもあり、スポーツを担当することが多かったのですが、2~3年ほど前から視聴者の間でジワジワと人気が高まり、今回『ニュース7』のサブキャスターに抜擢されることになりました。 同番組はNHKの看板番組であり、これまでも桑子真帆アナや鈴木奈穂子アナなど、まさに将来NHKのエースになることを期待された人材が登用されてきました。 「上原アナといえば、過去に活躍したNHKの女子アナとは明らかにタイプが違い、その美貌や色気がネットで話題になることも多いですが、どうやら上原アナ本人は、天然キャラからなのか、自分が週刊誌からマークされるほど世間から注目される存在だという感覚がないようなんです。 上原アナ自身もあれだけのオーラを放ち、今回一緒に撮られた相手男性は身長2m以上もあるイケメンとくれば、2人で連れ立って歩いていれば目立たないわけがありません。 さらに『フラッシュ』の直撃取材に対して上原は交際を否定していますが、記事の写真を見る限り、誰がどう見ても恋人同士とわかるほどイチャついており、深夜とはいえ、ちょっと脇が甘いですよね」 そんな上原アナの今後について、別のテレビ局関係者は語る。 局内では『自覚が足りない』『危なっかしい』ということで、早くも9月の改編期のタイミングでの降板もあり得るんじゃないかという声も出ていますよ」 多くの上原ファンを悲しませないためにも、私生活面ではもう少し自重を心掛けてほしいものだ。 (文=編集部).

次の

NHK新キャスター~ニュース7・おはよう日本・歴史秘話ヒストリア・逆転人生など続々

ニュース 7

16日発売の「フラッシュ」(光文社)は、今月から『ニュース7』(NHK)サブキャスターを務めている 上原光紀アナウンサーの熱愛を報じている。 記事によれば、上原は『ニュース7』の初週放送を無事終えた週末の某日夜、都内の繁華街の路上で男性と落ち合い、頭をなでられて笑顔に。 そして身を寄せ合いながら歩く間、男性にお尻を揉まれたり、腰に手を回されたりしていたという。 記事には、ステーキ店で並んで座り顔を近づけ会話する写真も掲載されており、2人が親密な関係であることがうかがえる。 「上原アナは慶應義塾大学体育会の出身ということもあり、スポーツを担当することが多かったのですが、2~3年ほど前から視聴者の間でジワジワと人気が高まり、今回『ニュース7』のサブキャスターに抜擢されることになりました。 同番組はNHKの看板番組であり、これまでも桑子真帆アナや鈴木奈穂子アナなど、まさに将来NHKのエースになることを期待された人材が登用されてきました。 「上原アナといえば、過去に活躍したNHKの女子アナとは明らかにタイプが違い、その美貌や色気がネットで話題になることも多いですが、どうやら上原アナ本人は、天然キャラからなのか、自分が週刊誌からマークされるほど世間から注目される存在だという感覚がないようなんです。 上原アナ自身もあれだけのオーラを放ち、今回一緒に撮られた相手男性は身長2m以上もあるイケメンとくれば、2人で連れ立って歩いていれば目立たないわけがありません。 さらに『フラッシュ』の直撃取材に対して上原は交際を否定していますが、記事の写真を見る限り、誰がどう見ても恋人同士とわかるほどイチャついており、深夜とはいえ、ちょっと脇が甘いですよね」 そんな上原アナの今後について、別のテレビ局関係者は語る。 局内では『自覚が足りない』『危なっかしい』ということで、早くも9月の改編期のタイミングでの降板もあり得るんじゃないかという声も出ていますよ」 多くの上原ファンを悲しませないためにも、私生活面ではもう少し自重を心掛けてほしいものだ。 (文=編集部).

次の