幽霊塔。 幽麗塔

ネタバレ感想『幽麗塔』は本格的なサスペンス漫画だ!白い影による恐ろしい犯行とは?【3行で分かるあらすじ】

幽霊塔

乱歩によってリライトされたことで有名な黒岩涙香の「幽霊塔」については、以前にこちらの記事に書きました。 そのため、この三作品を比較すると、伝言ゲームがうまく行った点、途切れてしまった点などいろいろと発見があります。 今回の記事では、そのあたりの面白い部分をいくつかご紹介しましょう。 (記事の都合上、全面的にネタバレします) 登場人物と物語の舞台さて、この物語については乱歩版「幽霊塔」以外は読んだことがない、という方も多いのではないでしょうか。 細かい話に入る前に、それぞれの登場人物や舞台などをご紹介しましょう。 涙香版「幽霊塔」は、「翻案」とは言っても「灰色の女」の物語をほぼ忠実になぞっており、「翻訳」といって差し支えない仕上がりです。 ただし、登場人物名は一部を除いてほぼ和名となっています。 これは、舞台を日本に置き換えたわけではなく、翻訳小説を読み慣れない明治の日本人読者に対する工夫です。 作品の舞台はイギリスのままですので、名前は和風であっても、みなイギリス人として描かれています。 一方、乱歩版「幽霊塔」は思い切って舞台を日本の長崎近郊へと移しています。 登場人物も全て日本人となっており、それぞれ涙香版よりさらに自然な和名がつけられています。 乱歩版 涙香版 灰色の女(中島賢二訳) 北川光雄 丸部道九郎 テレンス・ダークモア 野末秋子 松谷秀子 コンスエロ・ホープ 児玉丈太郎 丸部朝雄 ウィルフレッド・アモリー卿 三浦栄子 浦谷浦子(お浦) ポーラ・ウィン 和田ぎん子 輪田お夏 フローレンス・ヘインズ 黒川弁護士 権田時介 トーマス・ゴードン 肥田夏子 虎井夫人 ミス・トレイル 森村刑事 森主水 マーランド 芦屋暁斎 ポール・レペル ポール・レペル ダークモアが道九郎、ポーラがお浦、ゴードンが権田、ミス・トレイルが虎井夫人、マーランドが森主水と、涙香調の変換が冴えています。 ポール・レペルのみ、涙香版では和名ではありませんが、この人物はイギリス人ではなく、パリ在住のユダヤ人という設定です。 (イギリス人から見て)外国人であることを強調するため、名前をそのままにしているのかな、という気もします。 幽霊塔涙香版「幽霊塔」の前書きには、原作は「ベンヂスン夫人のファントムタワー」と書かれており、この記述がその後100年におよぶ混乱のもととなったわけですが、それでは本当の原作「灰色の女」では、この建物はどのように呼ばれていたのでしょうか。 それは「恐怖の館(The House of Fear)」です。 原作の第一章の章題でもあります。 建物に対する「幽霊塔」という呼称は、これまた涙香調の翻訳と言えるでしょう。 狐猿 こえん乱歩版に登場する肥田夏子は肩に一匹のサルを乗せて登場します。 作中では重要な小道具となります。 ところが、涙香版の虎井夫人が連れているのはサルではなく「 狐猿 こえん」という謎の動物で、文中では以下のように説明されています。 狐猿とは狐と猿に似た印度の野猫で、木へも登り、地をも馳け、鳥をも蛇をも捕って食う動物だが何うかすると人に懐ついて家の中へ飼って置かれると、兼ねて聞いた事はある 正直、無茶苦茶な説明で、いったいどんな動物なのかサッパリわけがわかりません。 実を言えば、筆者が「灰色の女」を読んだときの最大の興味は「 狐猿 こえんの正体はなんぞや?」という点だったのですが、これが驚いたことに「マングース」でした。 論創社から刊行された中島賢二訳『灰色の女』では、以下のように描写されています。 奇妙な女のかたわらで、見たことのない小さな獣が走ったり跳ねたりしていたが、私はそれを一目見ただけで激しい嫌悪感に襲われた。 それはネズミのような小さな頭をして、紡錘型の尾を持ち、短い薄茶色の毛で被われていた。 その獣の躰は、先に鋭い爪の生えている細くて小さい脚の割には、不釣り合いなほど丸々と太っていた。 マングースというと、筆者などは、むかし東海地方でしきりにCMが放映されていた「香嵐渓ヘビセンター」の「マングース対コブラショー」が真っ先に頭に浮かびますが、日本の在来種ではないため、明治の人びとはこんな動物を知りません。 涙香が「 狐猿 こえん」と訳したのは、このような事情からでしょう。 原作にはない「印度の野猫」云々の説明も、マングースの説明としてはそれほど大外れではなく、おそらくは「マングースとは何か?」を調べた上で、このような記述をしたのではないかと思われます。 乱歩も、この 狐猿 こえんの存在は気になったのではなかろうかと思いますが、原典に当たることもできず、やむを得ず、単なる「サル」としたのでしょう。 実際のところ、物語の進行上、この動物はサルでも全く問題ありません。 呪文幽霊塔の秘密を解く鍵である呪文も、原作から変遷します。 涙香版は漢文の難解な詩となっていますが、原作はわりと平易な単語で綴られた問答形式になっており、それほど難しい文章でありません。 以下にそれぞれ原文を引用します。 「灰色の女」 涙香版「幽霊塔」(青空文庫より) 明珠百斛 めいしゅひゃっこく 王錫嘉福 おうしかふく 妖 偸奪 ようこんとうだつ 夜水竜哭 やすいりょうこく 言探湖底 げんたんこてい 家珍還 かちんかんとく 逆焔仍熾 ぎゃくえんじょうし 深蔵諸屋 しんぞうしょおく 鐘鳴緑揺 しょうめいりょくよう 微光閃 びこうせんよく 載升載降 さいしょうさいこう 階廊迂曲 かいろううきょく 神秘攸在 しんぴしゅうざい 黙披図 もくひとろく 乱歩版「幽霊塔」 世の中が静かになったら、わが子孫は財宝を取り出さなければならぬ。 鐘が鳴るのを待て。 緑が動くのを待て、そして、まず上がらなければならぬ。 次に下らなければならぬ。 そこに神秘の迷路がある。 委細は心して絵図を見よ。 乱歩版の呪文は作中では、つたない英文で書かれたものを主人公が訳したということになっていますが、こうして並べてみると、「灰色の女」に書かれた問答を直接訳したと言っても差し支えないくらい、要点をきちんと押さえています。 涙香の書いた難解な呪文から、よくぞここまで元へ戻せたものだと、感心したポイントです。 後日譚原作では、後日譚はなく、主人公とヒロインとが結ばれるところで幕を閉じます。 しかし、涙香は数ページの後日譚をつけ加えました。 原作でも別の箇所で記述されていることをまとめている内容もあれば、涙香が独自に書き加えた内容もあります。 乱歩もこの部分は踏襲し、おおむね涙香版と同じ内容の後日譚を書き加えています。 灰色の服さて、原作はタイトルにも現れているとおり、ヒロインはほとんどのシーンで灰色の服を着て登場します。 この服の色にはどんな意味が込められているのか? これが、原作の最後に明かされるヒロインの出生の秘密と絡む、物語の重要な要素となっています。 涙香版でもこの設定は引き継がれ、主人公は常に「日陰色」の服を身にまといます。 初登場シーンでは以下のように記述されています。 併し地図よりも猶目に付いたは、美人の身 姿 なり だ、着物は高価な物では無い、不断着には違い無いが、肩から裳まで薄い灰色の無地だ、灰色は鼠色の一種で日影色とも云い、縁喜の能く無い色だと信じられて居て、殊に年の若い婦人などは之を厭がる、其の厭がるのを何故に着けて居るだろうと是も怪しさの一つに成った 「縁喜の能く無い色」云々の記述は、原作にはなく、当時の日本人にとって特に珍しくなかったであろう灰色の服が、この物語においていかに重要であるかをしきりに強調しようとする意図がうかがえます。 ところが、原作のタイトルを知らない乱歩にとっては、ここは重要なポイントとは考えられませんでした。 このため、ヒロインは初登場の時点では「地味な和服」を着ていますが、それ以降は服装に関しては特別な描写は見られません。 これは、乱歩版において、終盤の展開が大きく改変されていることにもつながります。 原作(および涙香版)では、恋敵の弁護士に、ヒロインと関係を断つよう約束させれた主人公は、最後までその約束を守ります。 しかし、ヒロインの意外な出生の秘密が明かされ、それを聞いた弁護士は自ら身を引いて、ヒロインを主人公へ譲ることを宣言します。 ヒロインの無実については、弁護士がすでに証拠を持っているため、主人公はそれを聞くだけです。 ところが、乱歩は「灰色の服」を重視しなかったため、ヒロインの神秘性が原作よりも若干薄まり、出生の秘密もバッサリ省略しています。 このため、主人公と弁護士とのヒロインを賭けた勝負では、主人公自らがヒロインの無実の証拠をつかみ、弁護士との約束を反故にするという展開しています。 このような展開とするため、原作とは異なり、終盤に元婚約者(三浦栄子)を登場させ、その口から事件の真相を語らせます。 さらに原作では、主人公の叔父がヒロインと初めて対面したときに失神した本当の理由が、ラストに至って初めて明らかになるという趣向でしたが、上記の改変の結果、乱歩版ではそれは失われることになってしまいました。 また主人公の負っている「使命」も乱歩版では単に自己の冤罪を雪ぐだけとなってしまい、原作ほどの迫力はありません。 原作(および涙香版)での出生の秘密をめぐる展開は、たしかに大時代的ではありますが、「灰色の女」というタイトルの意味が浮かび上がってくるという点では感動的でもあり、乱歩が省略してしまったのは残念に思います。 原題を乱歩がもし知っていたとしたら、このような改変がされたかどうか? ただ、一方でこれこそが乱歩らしい終わり方だとも考えられます。 乱歩作品に共通する弱点なのですが、例えば「パノラマ島奇談」のように、壮大な幻想世界を描きながら、最後には探偵が登場して「事件」として謎解きしてしまうという、ロマンチシズムを貫き通せない面があります。 「幽霊塔」のリライトにおいても、いつも通りの癖が出てしまった、とも考えられます。 なお、論創社『灰色の女』の訳者あとがきで中島賢二氏はウィルキー・コリンズ「白衣の女」(岩波文庫版は中島氏の訳)との類似点を指摘していますが、たしかに詳細に検証すればオマージュと言うべき点がいろいろ出てきそうです。 関連記事: 関連書籍(リンク先は全てAmazon).

次の

漫画の最終回『ネタバレ』【ひどい】『幽麗塔』耽美ミステリーの名を借りたLGBTの問題提起!

幽霊塔

[|] 作品データ 分類: NDC 913 作品について: 叔父の命を受け、丸部道九郎が訪れた屋敷は、過去の忌まわしい事件の数々より幽霊塔と呼ばれていた。 殺人のあった時計台直下の室、彼は絶世の美人、松谷秀子を知る。 不可解な行動を重ねる怪美人、彼女が立ち去った後、一輪の薔薇と共に残された咒語、「鐘鳴緑揺」の意味は?「アノ家へ入らっしゃれば、迚も活きては返られません」謎を追い養蟲園へ向う主人公。 「全く悪魔の世界だよ、悪魔が人間を弄ぶのだ」幽霊塔の屋敷で次々と起る異様な事件。 錯綜したプロット、さまざまに仕組まれた犯罪、時を越えた人間模様が、幽霊塔の精密な機械装置を舞台に、結末へ向かい収斂して行く。 江戸川乱歩が心酔し自らも翻案を挑んだ、涙香ロマン代表作の一つ。 「万朝報」明治三十二年(1899年)八月十日 ~ 翌三十三年三月九日 訳載『幽霊塔』前編、後編、続編(三冊)、扶桑堂、明治三十四年(1901年)刊行。 原作は序文に"The Phantom Tower" Mrs. Bendison とあるが、これは他誌が原作より結末を暴露できないようにするための虚偽であったと言われる。 実際は "A Woman in Grey" 1898年 C. Williamson 1869-1933 の翻案らしい。 Williamson の"A Woman in Grey" については、に詳しい情報があります。 その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。 (青空文庫) 作家データ 分類: 著者 作家名: 作家名読み: くろいわ るいこう ローマ字表記: Kuroiwa, Ruiko 生年: 1862-11-20 没年: 1920-10-06 人物について: 1862-1920 本名は周六。 ジャーナリスト、翻訳家、文筆家。 高知県生まれ。 大坂英語学校に学んだのち17歳で上京。 文筆による政治活動を経、24歳「絵入自由新聞」主筆、のち「都新聞」主筆、同紙に次々と翻訳小説を連載し好評を博したが、交代となった新社長と意見が衝突し退社。 退社仲間と共に30歳(1892年)「万朝報《よろずちょうほう》」を創刊。 新聞経営のかたわら同紙に『鉄仮面』『巖窟王』『噫無情』など翻訳小説を発表し続ける一方、社会面に著名人の妾調査など掲載し「三面記事」の語源ともなる。 また、人文関連の著書には『小野小町論』『天人論』などがある。 「」 底本データ 底本: 別冊・幻影城 黒岩涙香 幽霊塔・無惨・紳士のゆくえ 出版社: 幻影城 初版発行日: 1977(昭和52)年12月25日 底本の親本: 「幽霊塔」前編、後編、続編 出版社: 扶桑堂 初版発行日: 1901(明治34)年 工作員データ 入力: 地田尚 校正: かとうかおり ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日 テキストファイル ルビあり zip JIS X 0208/ShiftJIS 242728 1999-11-05 2012-07-23 エキスパンドブックファイル なし JIS X 0208/ShiftJIS 727156 1999-11-05 2000-07-17 XHTMLファイル なし JIS X 0208/ShiftJIS 604390 2005-12-08 2012-07-23.

次の

図書カード:幽霊塔

幽霊塔

(リンク先はいずれもAmazon) 黒岩涙香が活躍した明治時代には、海外文学を日本へ紹介する際に「翻案」という手法がメインでした。 現在のように原文を忠実に日本語へと置き換えるのではなく、日本人に馴染みやすいよう、人名や地名を改め、ストーリーも読みやすい形に改変していました。 涙香は数多くの海外文学を翻案したことで知られ、「モンテ・クリスト伯」を翻案した「巖窟王」、「レ・ミゼラブル」を翻案した「噫無情(ああ、むじょう)」が特に有名です。 「幽霊塔」もそのような翻案の一つです。 ところが、この「幽霊塔」は、どんな作品を原作としているのか、ずっと謎でした。 涙香版「幽霊塔」のまえがきには原作は「ベンヂスン夫人のファントムタワー」と書かれています。 ところが、日本中のマニアが探したにも関わらず、このような作家・作品は、どこにも見当たらなかったのです。 涙香の「幽霊塔」をリライトした乱歩も、自作解説で「原作はどうもよくわからない」「これほど面白い小説が(中略)記録にも残っていないのは、まことに不思議というほかはない」と記しています。 その後、何十年にもわたって、この原作を巡ってはさまざまな説が唱えられましたが、ようやく動きが見えたのは80年代に入ってからです。 大正時代に浅草で上映された映画のあらすじが「幽霊塔」に酷似していることが発見され、その原作であるウィリアムスンの「灰色の女」という小説こそが原作ではないかとわかったのです。 (話はそれますが、映画のチラシにも「涙香『幽霊塔』の原作」という一文があったそうです。 しかし、文学関係者が散々調べてわからなかったことが、なぜ映画配給会社にわかったのか、それはそれで謎です。 原作の版権を管理しているエージェントにはわかっていた、ということなのでしょうか。 そもそも涙香が正規に翻訳権を得ていたのかどうかもわかりませんが) 2008-02 (リンク先はAmazon) 今や、「灰色の女」の翻訳も出ていますので、本編以上に劇的な、この原作探しの話など、すでに昔話になりました。 しかし、この一件は、涙香・乱歩の名とともに永遠に語り継がれることだろうと思います。 なお、このあたりの経緯は「灰色の女」の巻末解説にてミステリ作家の小森健太朗氏が詳しく書いています。 実はこの小森氏こそが、「Woman in Grey」を古書で探し出した、最大の功労者なのです。 なお、「灰色の女」の訳者は、岩波文庫でコリンズ「白衣の女」を訳している中島賢二氏です。 ちなみに昨年、宮﨑駿の「カリオストロの城」は乱歩の「幽霊塔」をモチーフにしている、ということで、宮﨑監督のイラスト解説付きの単行本が刊行され、大いに話題になりました。 「幽霊塔」に注目が集まっているタイミングで、「涙香迷宮」によって、黒岩涙香にもスポットが当たる。 「幽霊塔」のファンとしては、嬉しい出来事が続いています。

次の