奈良建設 倒産。 奈良スポーツ(株) : 東京商工リサーチ

倒産速報

奈良建設 倒産

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 基準に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ( 2015年8月) 村本建設株式会社 Muramoto Corporation 株式会社 市場情報 非上場 本社所在地 〒543-0002 四丁目5-26 本店所在地 〒635-0822 大字平尾11-1 設立 (41年) 創業 事業内容 代表者 資本金 4億8000万円 売上高 単独: 687億円() 純利益 23億9200万円(2019年05月31日時点) 純資産 283億1300万円(2019年05月31日時点) 総資産 481億4200万円(2019年05月31日時点) 従業員数 単独: 720人(現在) 決算期 5月 主要株主 (88. 1%) (9. 9%) その他(2. 0%) 外部リンク 村本建設(むらもとけんせつ)は、に本社を置く 、の、「」のひとつ。 歴史 [ ] に 村本組として当時の(後の)平尾で創業し、登記上はその後も広陵町に本社が置かれている。 バブル期に関連会社などを通して行なった不動産投資に失敗し 、に5千億円超の負債を抱えてした。 負債総額については5900億円ともいわれ、当時はの先例を超えた史上最高額の倒産と報じられた。 倒産までは典型的な同族会社であり 、村本家関係者が上位の役職を占め、未上場ながら業界20位代にあたる3千億円程度の年間完工高を持っていた。 再建後の社長の決定権はが持っているが、倒産当時は社長の息子にして東京支店長として営業に携わっていた村本吉弘が、管財人と社員から推されて社長に就任した。 の手続き中、いったんは19年かけて債務を返済する更生計画が立てられたが、に分社化による繰り上げ返済を行なう計画案が認可され、同年には債務返済にあたる更生会社の 村本資産管理を分割した。 沿革 [ ]• 、村本組として創業(、現在の村本建設株式会社に商号を変更)。 、大阪支店開設• 、東京支店開設• 、名古屋支店開設• 、九州支店開設• 、中国支店および東北支店開設• 、札幌支店開設• 、開始申立て• 、大阪支店がISO9001の認証取得• 、東京支店、奈良本店、名古屋支店がISO9001の認証取得• 、中国支店、九州支店、東北支店がISO9001の認証取得• 、奈良本店がISO14001認証取得• 、終結• 、フィリピン共和国「スービック経済特区」に MURAMOTO SUBIC PHILIPPINES CORPORATION設立• 、本社移転 会社更生手続 [ ]• 、会社更生手続きを申請。 負債総額は、同社の200倍を超す5,900億円。 当時、戦後最大の負債総額であった。 12月にに基づいて大阪地裁が認可した会社更生計画は自主再建を基本方針とし、新資本金20億円のうち14億3000万円は、一般社員、役員ら1,051人が新たに出資し、一般更生債権を持っていた、などの金融機関が総額5億7000万円分の代物弁済を受ける形で株式を保有した。 、会社更生手続き終了。 事業所 [ ]• 本社=大阪、東京• 本店=奈良(登記上の本社)• 支店=仙台、東京、横浜、千葉、名古屋、大阪、広島、福岡• 営業所=札幌、盛岡、福島、埼玉、西東京、三重、京都、神戸、和歌山、奈良、熊本、沖縄 事件 [ ]• - の公共工事を巡る汚職事件で、元部長がなどで執行猶予付き有罪判決を受ける。 - 5月期までの3年間で計約5000万円の所得隠しがより指摘され、重加算税を含む約2000万円の追徴税を納付した。 主な施工実績(JVを含む) [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年3月)• されています。 ( 2018年3月) 行政庁舎等 [ ]• 庁舎新別館• 総合福祉会館• 文化センター(ペガサスホール) - 1993年施工 博物館・体育館等 [ ]• 商業ビル [ ]• ウエステ垂水(西地区再開発ビル)• ホテル棟、会議センター• 市街地再開発事業 [ ]• JR周辺地区市街地再開発• JR北市街地再開発事業• JR南第3地区桜口再開発事業 地下鉄 [ ]• (福岡市地下鉄)• Osaka Metro 水道施設等 [ ]• 雨水ポンプ場 - 1991年〜993年施工• 簡易水道施設 大学施設 [ ]• 登美ケ丘キャンパス• 学生寮• 総合研究棟• 総合教育棟• 家政研究実験棟• 国際交流会館• 戸山キャンパス図書館• 大学会館• 管理本館• 志学館 その他の学校施設 [ ]• 格技場 - 1966年施工、2010年修理• 病院等 [ ]• など 関連会社 [ ] (日本国内)• (海外)• () 脚注 [ ]• 村本建設. 2015年8月2日閲覧。 朝日新聞・朝刊・奈良: p. 2004年6月2日. "約5千億円の負債を抱えて93年に倒産し、会社更生中だった村本建設(本社・大阪市、登記上の本店は広陵町)が新たな一歩を踏み出した。 1日付で、事業に専念する「村本建設」と、債務を返済する更生会社「村本資産管理」に分割され、… 村本建設は1908年、「村本組」として同町で創業。 県内の公共事業や民間工事の受注で強さを発揮し、中堅ゼネコンに成長した。 バブル期にマンションやゴルフ場の投資に失敗。 95年に19年間で債務を返済する更生計画が決まったが、今年3月に2社に分割して繰り上げ返済する変更計画案が認可された。 " - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 朝日新聞・夕刊: p. 2009年3月17日. "中堅ゼネコン「村本建設」(大阪市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、07年5月期までの3年間で約2億円の所得隠しを指摘された。 「地元対策」などの名目の支出が経費と認められなかったとされる。... 信用調査会社によると、同社は93年、5千億円超の負債を抱えて倒産したが、会社更生手続きを経て04年に再出発。 08年5月期の売り上げは614億円。 " - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 朝日新聞・朝刊: p. 1993年11月2日 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• プレジデントビジョン 2005年6月13日. 2018年3月27日閲覧。 脇阪嘉明 1993年11月15日. 週刊アエラ: p. 19 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• WEST 2016年10月18日. 2018年3月15日閲覧。 朝日新聞・朝刊: p. 1996年5月16日 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 朝日新聞・朝刊・奈良. 1993年11月10日. "北葛城郡上牧町は、… 会社更生法の適用を申請中の村本建設が総工費約三十九億円で建設を請け負って十月三日にオープンした町文化センター「ペガサスホール」について、... " - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 「菰野町図書館」『近代建築』第62巻第4号、、2008年4月、 138-139頁、。 朝日新聞・朝刊・奈良. 1993年11月13日. "同市西町では、一級河川の高田川が天井川であるため、… 市は約四億八千万円をかけて一九九一、九二年の二カ年継続事業で水中ポンプ二台を設置した排水ポンプ場を建設。 引き続き今年度、… 場内整備に約二千万円をかけて取り組んでいた。 事業はいずれも村本建設が請け負っていた。 " - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 朝日新聞・朝刊・奈良: p. 2009年4月2日 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧• 朝日新聞・朝刊・奈良: p. 2010年10月22日. "県立王寺工業高校(王寺町)の格技場で見つかった施工不良 … 県は21日、1966年に施工した村本建設(広陵町)に注意書を渡した。 … 時効のために契約上の責任は問えないものの、… 同社が自費で補修工事にあたる予定。 " - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 村本吉弘社長への2005年のインタビュー• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

倒産速報

奈良建設 倒産

監督委員には北岡秀晃弁護士(奈良市高天町19-1 奈良今西ビル4階、古都の風法律事務所、電話0742-20-0510)が選任されている。 当社は、奈良県中央卸売市場の冷蔵冷凍倉庫運営を手掛ける奈良市場冷蔵(株)(大和郡山市)の事業引き継ぎと冷凍米飯事業への進出を目的に2015年(平成27年)5月に設立した。 2017年には、京奈和自動車道五條北IC近くに総額約36億円を投じ、営業冷凍倉庫を併設した奈良県最大級の冷凍食品工場を建設。 倉庫では大手食品メーカー商品の保管を担うほか、最新鋭の機械設備を導入した冷凍食品工場では大手飲食チェーンや食品メーカーからのOEM品を中心として、チャーハン、おにぎり、エビピラフ、そばめし、チキンライスなどの冷凍米飯を製造。 ビジネスモデルのほか、雇用確保の観点からも注目を集めていた。 しかし、度重なる機械設備の不具合により量産化には至らず、2018年12月期の年売上高は約11億円にとどまり、営業損益段階からの赤字が続くなど事業計画に大きな狂いが生じていた。 このため、金融機関との協議により借入金の返済猶予を受ける一方、経費削減やビジネスモデルの見直し、代表交代などの組織改革などに取り組んでいた。 また、2019年9月以降は大手外食チェーンとの協業にも取り組んでいたが、業績の本格回復には至らず、資金繰りも限界に達し自主再建を断念。 今回の措置となった。 負債は約50億円。 お詫びして訂正致します.

次の

奈良スポーツ(株) : 東京商工リサーチ

奈良建設 倒産

ここ10年の大手や上場のゼネコン倒産をまとめてみると。 村本建設 2. 多田建設 3. 東海興業 4. 大都工業 5. 淺川組 6. 日本国土開発 7. 冨士工 8. 青木建設 9. 佐藤工業 10. 日産建設 11. 藤木工務店 12. 大日本土木 13. 古久根建設 14. 大和建設 15. 森本組 16. 大木建設 17. 佐藤秀 18. 環境建設(旧:石原建設) 19. 日東みらい建設(旧:日東大都工業) 20. 松村組 21. 勝村建設 22. スルガコーポレーション(旧:駿河建設) 23. 真柄建設 24. 三平建設 何と24社。 ここ10年で上場ゼネコンの半分が潰れたことになる。 東京や大阪創業で、スーパーゼネコン(清水、鹿島、大林、竹中)と 競争しなければならなかった所はやむ負えないかもしれないが、 村本、淺川、大日本、真柄は、創業県で最大の地場ゼネコンだったのに潰れてしまった。 それぞれの県を引っ張ってきた大手地銀(南都、紀陽、大垣共立、北國)は、 地元最大のゼネコンさえも首を切る。 関西御三家と言われた(鴻池、銭高、松村)の一角も潰れた。 ちなみに淺沼と森本は奈良県創業なので御三家ではない。 建設業界は3Kならぬ3Iですな。 各都道府県の地場ゼネコンの苦戦ぶりをまとめてみた。 おのおの、県内を飛び出して、全国展開していたが失敗した。 北海道 :道内最大手だった地崎工業が、地場ゼネコンの岩田建設に吸収された。 いまや道県内最大手の地位を、伊藤組土建に譲り渡した。 岩手 :東北最大手だった高弥建設が倒産。 新潟 :田中角栄が築き上げた土建王国だが、大手の福田組(上場)、植木組(上場)、 本間組、加賀田組に次ぐクラスだった吉原組が倒産。 いくら何でも、地方都市に上場ゼネコンは2社もいらない。 群馬 :福田赳夫、中曽根康弘が築き上げた土建王国だが、大手の佐田建設(上場)、 井上工業(上場)ともに危ない。 大株主が同じになり、将来合併するかも。 ここも、いくら何でも、地方都市に上場ゼネコンは2社もいらない。 山梨 :金丸信が築き上げた土建王国だが、県内最大手の早野組に次ぐクラスだった 長田組土木とコミヤマ工業が倒産。 埼玉 :県内最大手の埼玉建興と同クラスだった松栄建設が倒産。 東京 :墨田区最大手の坂田建設が倒産。 台東区最大手の三平建設が倒産。 神奈川 :県内最大手の馬淵建設に次ぐクラスだった奈良建設と駿河建設(上場)が倒産。 長野 :県内最大手の北野建設(上場)、守谷商会(上場)に次ぐクラスだった 長野建設が倒産。 ここも、いくら何でも、地方都市に上場ゼネコンは2社もいらない。 岐阜 :県内最大手だった大日本土木(上場)が倒産。 石川 :県内最大手だった真柄建設(上場)が倒産。 奈良 :県内最大手だった村本建設と森本組(上場)がともに倒産。 奈良県創業の上場ゼネコンは、他に淺沼組と奥村組があり、 いくら何でも県内に大手ゼネコンが多過ぎ。 和歌山 :県内最大手だった淺川組(上場)が倒産。 兵庫 :県内最大手だった新井組(上場)が鴻池組に吸収された。 ナンバー2だったイチケンも、今やダイエーに見放された。 徳島 :県内最大手だった姫野組とナンバー2だった岡田組がともに倒産。 以上、各都道府県の名士だった最大手ゼネコンの苦戦ぶりをまとめてみたが、 同じ地方の地場ゼネコンでも、いまだ全国展開しながら頑張っているところもある(下記)。 いずれも県内にとどまらず、東京に支店を構えて、首都圏でも頑張っている。 今後どうなるか・・・? 茨城 :株木建設、鈴縫工業(上場) 福井 :村中建設 静岡 :木内建設 滋賀 :平和奥田(上場しているが今月上場廃止) 岡山 :大本組(上場)、アイサワ工業 広島 :増岡組 大分 :さとうベネック、梅林建設 佐賀 :松尾建設 宮崎 :志多組• ゼネコンの苦戦ぶりに比べて、デベは気楽なもんです。 だた、デベは事業主なので、倒産すると、 請け負っていた工事の手形が紙切れとなり、 体力の無いゼネコンは、下請けと共に吹っ飛びます。 でも、ここ10年を振り返っても、倒産したのは、 年間1000戸以上供給していた大手では、 ・ジャネラスコーポレーション(旧:地産トーカン) ・セザール ・日本新都市開発 ・朝日建物 ・ゼファー ぐらいで、あとは ・レイコフ ・グレイス ・アジャックス ・東洋ホーム ・第一住創 ・日本ブレスト ・興大 ・グローバルファンディックス とか小さいとこばかり。 コスモスイニシア(旧:リクルートコスモス)やダイア建設も、 株主は変わったが、しぶとく生き残ってる。 ここにきて世の中はまた不景気だが、潰れるのはゼネコンだけで、 デベはのらりくらりと生き延びる気がする。

次の