フォード シェルビー。 フォード「マスタング・シェルビーGT500でのニュルアタックは行わない」。その理由を考えてみる

マスタング シェルビーGT350 V8 5.2L 6MT(愛知)の中古車詳細

フォード シェルビー

キャロル・シェルビー 基本情報 フルネーム キャロル・ホール・シェルビー 国籍 出身地 同・ 生年月日 1923-01-11 没年月日 2012-05-10 (89歳没) での経歴 活動時期 1958-1959 所属チーム '58 '59 出走回数 8 タイトル 0 優勝回数 0 表彰台 3位以内 回数 0 通算獲得ポイント 0 0 0 最終戦 キャロル・シェルビー( Caroll Hall Shelby 、 - )は、出身の1950年代後半に活躍した元レーシングドライバーである。 レース引退後はレーシングカーデザイナーとして後世に残る名車を数々創り上げた。 2012年5月10日、で死去。 89歳没。 レーサーとしての経歴 [ ] 初期の経歴 [ ] にあるウッドロー・ウィルソンを卒業後、に入隊。 まで飛行教官やなどをしていた。 除隊後場を経営するが、友人に誘われアマチュアレースに参戦し優勝してしまう。 この勝利がきっかけとなり、プロの道へ進むこととなる。 F1参戦・ルマン優勝 [ ] 1958年、第6戦フランスグランプリ()でスクーデリアチェントロ・マセラティよりF1デビュー、予選17位、決勝リタイヤ。 第7戦()で予選15位、3周遅れながら初完走。 第10戦イタリアグランプリ()でリタイヤしたものの、チームメイトで同郷のとマシンをシェアして4位でゴール、マシンシェアのためポイントは半分の1. 5点を獲得、これが生涯最初で最後のポイント獲得となった。 この年は4レースに参戦した。 1959年、第3戦()よりで参戦、予選10位、決勝リタイヤ。 同チームよりに参戦し優勝した。 第5戦イギリスグランプリ()で自身予選最高位の6位となるも決勝リタイヤ。 第8戦イタリアグランプリ()のレースを最後に引退。 予選19位、決勝10位。 カーデザイナーとしての経歴 [ ] フォード時代 [ ] でレーサーを引退後、を設立。 イギリスののシャシーをベースに製260エンジンを搭載したを設計し、イギリスとアメリカで発売した。 シェルビーは289エンジンでのを取得し、をはじめとしたGTレースに参戦を開始した。 にはでル・マンGTクラス優勝。 1965年にはFIA GT選手権を取得した。 同年エンジンを427に変更し、ホモロゲーション取得のためにロードゴーイングバージョン・427SCが製作された。 一方で当時買収を目論見失敗に終わっていたフォードは、ル・マンでフェラーリを打ち負かすためを走らせていたが1964年、1965年と連続して全車リタイヤの憂き目にあっていた。 終了後、シェルビーアメリカンによるリメイクがおこなわれ、Mk. IIとなったGT40は、翌で1-3位までを独占。 その後Mk. IVに進化して、、と4連覇を達成した。 こうした過程で当時フォードの副社長であったと親密な関係にあったキャロル・シェルビーは、若者に人気のあったのレースバージョンであるやを製作するなど、ますますフォードとの関係を深めていった。 クライスラー時代 [ ] アイアコッカがフォードを解雇されの社長に就任すると、フォードとキャロル・シェルビーの関係も困難な様相を見せ始めた。 シェルビーはクライスラーのなかでも、とりわけブランド車のモディファイを手がけるようになる。 ベースとなったのはサブコンパクトの、(このチャージャーはシャーシこそオムニと共有だがボディースタイルはまったく異なっており、スポーティである)、チャージャーをベースによりスポーティで高級感を出した、ミッドサイズのスポーティセダン、チャージャーが生産終了したあと後継車で登場したがベース車となっていた。 その集大成がである。 脚注 [ ] [].

次の

マスタング シェルビーGT350 V8 5.2L 6MT(愛知)の中古車詳細

フォード シェルビー

【最新情報】新型シェルビーマスタングGT500が公開 新型シェルビー マスタングGT500 2019年1月14日、北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)にて、新型マスタング シェルビーGT500が公開されました。 北米での発売は2019年後半となる見込みです。 新型マスタング シェルビーGT500は、GT350に搭載されている、スーパーチャージャーつき5. 2L V8エンジンを採用。 改良版や新しい電動パワーステアリングなどの効果で、パフォーマンスを向上させています。 また、オプションの「カーボンファイバー・トラックパッケージ」では、20インチのカーボン製ホイールと調整式リアウイングが搭載されます。 ただし、軽量化のため後席が省かれ2人乗りになるということです。 シェルビー マスタングの歴史 キャロル・シェルビー氏 元レーサーのキャロル・シェルビー シェルビー マスタングの育ての親ともいえるキャロル・シェルビーは、1950年代のF1ドライバーとして活躍し、ル・マン24時間耐久レースで優勝経験もある優れたレーシングドライバー。 36歳のときに心臓病の悪化が原因でレースを退きました。 しかし、その翌年にはレーシングコンストラクターとカーデザインを務める、「シェルビー・アメリカン社」を設立しレーシングカーの製作を開始。 キャロル率いるシェルビー・アメリカン社は、ACコブラやシェルビー・デイトナでル・マンを制した後、フォードのレース活動を請負います。 チューナーとしてのシェルビー シェルビーがチューニングを手がけた途端、それまで悪戦続きだったフォードチームのGT40はル・マン24時間耐久レースで4連覇する快挙を達成しました。 その経緯から親しい間柄となっていた、フォード副社長でありマスタングの生みの親であるリー・アイアコッカに依頼され、シェルビーはマスタングのレースバージョンを製作。 これが1965年に誕生した初代シェルビー マスタングGT350です。 シェルビー マスタングの誕生と衰退 初代シェルビー マスタングGT350 1965年 クラブレースSCCA(Sports Car Club of America)に出場させるべく開発された初代シェルビー マスタング GT350は、レースに出場するためのホモロゲーションモデルとして100台が製作されました。 シェルビーによってチューンされたマスタングは、徹底した軽量化をおこなったボディに、ハイチューンのV8 エンジンと、レース用とLSDを搭載。 レースでは好成績をおさめるものの、軽量化のために快適装備を一切取り払われたシェルビー マスタングは乗用には向かず、翌年にはレースパーツをオプション化して販売するに至ります。 過熱化するパワーウォーズ その後は、ホモロゲーションモデルであると同時にハイパワーロードカーとして人気を博し、マスタングのモデルチェンジ毎にシェルビー・マスタングを製作。 シェルビー・マスタングはハイパワーV8エンジンを搭載した、1960年代のアメリカンマッスルを代表する車になりました。 しかし、1970年代に入るとベトナム戦争や第一次オイルショックの影響、排ガス規制の強化によって大排気量高エンジンを搭載したは淘汰され、シェルビー マスタングの開発は中止されることになりました。 35年ぶりに復活したシェルビー マスタング シェルビー GT500 2007年 パブリック・ドメイン 出典 : フォードは設立100周年を迎え、社内では往年の名車を復活させる動きが活発になります。 フォードGTやサンダーバードとともに、2005年に登場した6代目マスタングには、シェルビーモデルの復活が決定しました。 製作はシェルビー・アメリカン社ではなく、フォードの特殊車両を扱うフォードSVT(スペシャル・ビークル・チーム) が担当。 基礎設計やセッティングにはキャロル・シェルビー自身がアドバイザーとして加わり、2007年に登場した「フォード シェルビー GT500」は、実に35年ぶりに復活したシェルビー マスタングになりました。 アメリカンV8マッスルカーの象徴 その後はマスタングがモデルチェンジする度に、ハイチューンバージョンとしてシェルビー マスタングを投入。 なかでも「Super Snake」と呼ばれるモデルは、シェルビー・アメリカン社に持ち込まれ、シェルビーによって手作業でチューニングされる特別モデル。 その価格は市販されるシェルビー マスタングの2倍にもなり、700〜800のありあまるパワーと、それを抑えこむセッティングが施された最強のシェルビー マスタングです。 キャロル・シェルビーは2012年5月に89歳でレーシングカーに捧げた人生に幕を閉じ、現在のシェルビー・アメリカン社はキャロルの弟子たちによって運営されています。 キャロル・シェルビーが育ててきたシェルビー マスタングは、これからもアメリカンV8の象徴として君臨し続けるでしょう。 エンジンは最高309の4. 7L V8 289キュービックエンジンを搭載し、レース用のとLSDが装備され、快適装備の一切が取り去られました。 GT350はストリートチューン、GT350Rはドラッグレース向けの車両として製作され、両車の違いは安全装備の有無だけです。 レース装備はオプションで用意されていました。 GT350Hは、レンタカー専用モデルで、黒のボディカラーに金色のストライプがイメージカラーです。 より快適性が重視された設計になりました。 排気量7. 0L V8エンジンを搭載したGT500は最高355をマーク。 GT350との違いはエンジンのみです。 GT350のエンジンはさらにチューニングを進めた4. 9L V8エンジンに換装され、GT500にも若干の改良が施されが向上しています。 GT500KRの「KR」は「キング・オブ・ロード」の略で、GT500以上のパフォーマンスが与えられたシェルビー マスタング。 さらにチューニングが進められた7. 0L V8エンジンに、高性能やLSDが装備されます。 しかし、ベトナム戦争による社会情勢悪化や第一次オイルショックの影響で、このモデルを最後にシェルビー マスタングの開発が中止されることになりました。 第3世代|洗練されたハイチューンドモデル 2007 シェルビー GT500 フォード シェルビー GT500 2007年 2005年に登場した6代目フォード マスタングをベースとしてシェルビー GT500を発売しました。 ただし、製作はシェルビーではなくフォードSVT(スペシャル・ビークル・チーム)です。 復活したフォードGTやサンダーバードとともに、初代マスタングをモチーフとしてデザインされた6代目マスタングに、ハイチューニングとシェルビー マスタングの名前を与えて2007年に復活させました。 搭載エンジンは5. 4L V8エンジンをスーパーチャージャーで過給し、最高は500オーバーをマーク。 とコンバーチブルボディが用意されます。 GT500「Super Snake」は、GT500を850馬力までパワーアップし、その高出力に耐える各部のチューニングをハンドメイドで施す特別オーダーモデルです。 2LのV8エンジンを搭載し、最大は526を発揮。 GT350Rのほうは足回りを締め上げられ、軽量化が施されたサーキット仕様。 エンジン出力は534馬力まで引き上げられています。 GT350「Super Snake」は、・ブレーキ・内外装・吸排気などのいたるところに手が加えられ、高性能スーパーチャージャーによって750馬力オーバーまでパワーアップしています。 フォードに関する記事はこちらから.

次の

マスタング シェルビーGT350 V8 5.2L 6MT(愛知)の中古車詳細

フォード シェルビー

監督は、主演はとが務めた。 本作は批評家から高く評価されており、特にベールの演技は称賛を集めている。 あらすじ [ ] レーシングドライバーのは、で優勝する栄光に輝いたが、そこからほどなく心臓病のためにキャリアを終える。 引退後は自らの理想のスポーツカーを作るためにを設立し、多数のセレブリティを顧客に抱え、経営者兼カーデザイナーとして成功したが、心の中ではレースを渇望していた。 イギリス人レーサーのは、の終結後を除隊すると、家族とともにアメリカへ移住し、自動車整備工場を経営しながらレースに参戦していた。 レーサーのマイルズが整備する車は一般人には扱いにくい品質になり、マイルズ自身の偏屈な性格もあいまって経営はラクではなかったが、純粋に車を愛するマイルズは妻のモリーと息子のピーターから敬愛され睦まじい家庭を築いていた。 あるレースの現場でマイルズと出会ったシェルビーは、会話の流れからマイルズを挑発してしまい、怒ったマイルズからスパナを投げつけられる。 しかしレースでは、マイルズは巧みなレース運びを見せ、そして冷静な判断と果敢な追い抜きで最終周回にトップを奪い優勝。 シェルビーは、観戦している自分と同じタイミングで同じ判断をしたマイルズの優秀さを認め、投げつけられたスパナを持ち帰ると、オフィスにそれを飾った。 一方、レースには優勝したマイルズだが、税金の滞納から整備工場を差し押さえられてしまう。 レーサーとしてももう若くない40代半ばの年齢もあり、家の差し押さえまでは避けるために、レースをやめて地道に働くとモリーに告げる。 、アメリカの巨大自動車メーカーであるを率いる ()会長は、会社の現状に飽き足らずさらなる成長のアイディアを募る。 30代にして早くもフォードの副社長兼総支配人にまで昇ったは、これから自動車を新たに買い始めることになる層に訴求するため、従来のフォードのブランドイメージを一新することを考える。 そして導いた策は、を4連覇し全世界的なあこがれのブランドとなっているにもかかわらず、経営危機に陥っていたイタリアの自動車メーカー、の買収であった。 意気揚々とのフェラーリ本社を訪れたアイアコッカを出迎えた創業者のは、「市販車部門はフォードが株の過半数を持つが、レース部門のはフェラーリが支配する」という条件を吟味し検討する。 しかし、「仮にフォードがレース参戦に反対の立場となった場合はレースから撤退する」という内容は、スポーツカー生産よりもレースへの参加に至上の価値を置くエンツォにとって論外であり、土壇場でフォードの提案を破談にしたばかりか、その裏では同時にのに対してフォードをダシに使った売却話を進めていたのだった。 エンツォはアイアコッカに対し、「醜い車を量産してろ!重役たちは間抜け!ヘンリー二世は所詮二世。 には遠く及ばない」と言い放つ。 フェラーリの買収には失敗したアイアコッカだが、ヘンリー二世への報告では悪びれずにエンツォの言葉をそのまま伝え、激怒したヘンリー二世は「フォードの優秀なエンジニアを結集し、社の総力をあげてでフェラーリを打ち負かしてやる」と決意する。 ヨーロッパのレースをブランドイメージ向上に利用することに必ずしも乗り気でなかったヘンリー二世を心変わりさせたのはアイアコッカにとって目論見通りであった。 レースに勝つためには経験豊かな監督とドライバーが必要になると心得ているアイアコッカは、ビジネスを通して関係の深いシェルビーに、レースに参戦するためのマシン開発を依頼し、レースへの情熱の冷めないシェルビーはこれを快諾。 シェルビーは開発を担当するテストドライバーとして迷わずマイルズに誘いの声をかける。 すでにレースから身を引くことを決めていたマイルズは、「わずか90日で王者フェラーリを負かすマシンを作る」という野心的プロジェクトには大いに気を惹かれるが、フォードのような巨大組織が自らレースに参加すれば、会社のあちこちから要らぬ横槍が入ってうまくいかないだろうと懐疑を抱く。 シェルビーはル・マン参戦の発表会にマイルズを招待しそこで参加するかどうか決めてくれと言うが、そこは着飾ったフォードの重役が居並び、ル・マン参戦と並ぶフォードの新機軸の目玉であるの発表会を兼ねる、マイルズにとっては居心地の悪い場所だった。 展示されている自動車に興味津々で乗り込もうとしたピーターに「手を触れないように」と注意した上級副社長のレオ・ビーブに対し、マイルズはフォード車に対するありったけの悪罵を浴びせると、シェルビーのスピーチの途中で帰宅してしまう。 それでもマイルズを諦められないシェルビーは、イギリスから空輸されてきたばかりのの試乗にマイルズを誘い出す。 ハンドルを握ったマイルズは、解決すべき問題を山のように抱えているが速さは間違いないマシンの素質に心を動かされる。 フォードから提案された報酬の額も経済的に苦しいマイルズには魅力的であった。 そして、レーサーとしての自分を何より愛している妻と息子の存在が後押しとなり、マイルズはシェルビーと手を組みレースの世界に戻ることを決めた。 2人を中心としてGT40の開発は進むが、24時間壊れずに走り切るレースカーを準備するにはあまりに時間が足りなかった。 そのような状況であればこそ、マシンのことを最も良く知るマイルズをレース本番で走らせるのは当然とシェルビーは考えていたが、フォードは「ル・マンではマイルズを走らせない」と決定する。 若年層に清新な格好良さをアピールしたいフォードにとって、レースの花形であるドライバーが粗野な40代のマイルズというのは全くそのイメージに合致しないものであった。 純粋にレースに優勝するためには無用の判断が降りてくるというマイルズの心配が最悪のかたちで的中してしまったが、自らの無力を詫びるシェルビーにマイルズは「最大の不安要素であるギアボックスに十分注意しろ」と告げ、アメリカの工場でモリーとともにラジオでレースの様子を聞く。 果たしてレースでは、コースレコードをたびたび更新するなどGT40の速さが明らかになる一方で、マイルズの予想通りギアボックスが壊れ、5連覇を達成したフェラーリに対し、フォードは全車リタイアという惨敗を喫してしまう。 ヘンリー二世に対し敗戦の報告を行うためにフォード本社を訪れたシェルビーは、敗因を率直に、会長と現場の間に何十人もの人間が入り込んで情報伝達を阻害し様々な部署から横槍が入るフォードの体制だと直言し、会長は本気でル・マンに勝つ気があるのかと迫った。 ヘンリー二世はそれに応え、プロジェクトを自らの直轄として指揮系統をシンプルかつ明確にし、再度シェルビーに仕事を任せる。 ル・マンへの再挑戦のためにマイルズの家を訪問するシェルビーだが、その都合の良い態度に怒るマイルズとの間で喧嘩が始まる。 だが、2人の本音はやはり共闘にあることを、喧嘩を見守るモリーは理解していた。 再起した2人の力でGT40の開発は加速し、ブレーキには大きな不安を抱えるもののその他は順調に進化していく。 一方で、現場には最高責任者として、2人とはなにかと折り合いの悪いビーブが送り込まれてきた。 「レース中のエンジンの回転数に至るまで全部自分が決める」というビーブの指揮のもとで思うようなレース運びを妨げられる2人だが、時にビーブを無視してエンジンを全開にし、には、という大レースを立て続けに勝ち、ついにマイルズを擁してに臨む。 ヘンリー二世とエンツォも見守る中、王者フェラーリと挑戦者フォードの、24時間の長く過酷な戦いの火蓋が切られた。 - ()• - (): 破天荒なイギリス人レーサー。 - ()• モリー・マイルズ - (): マイルズの妻。 () - ()• レオ・ビーブ - (): フォード・モーターの副社長。 ピーター・マイルズ - (): マイルズの息子。 - ()()• () - ()• () - : フォード・モーターのチーフエンジニア。 チャーリー・アガピオウ - ()• - ジャン・フランコ・トルディ• - ()• - フランチェスコ・バウコ• () - ジョー・ウィリアムソン: フォード・モーターのエンジニア。 - ()• フランコ・ゴッツィ - ()• グレンジャー - 製作 [ ] 5月27日、マイケル・マン監督がル・マン耐久レースにおけるフェラーリとフォードの競争を題材にした映画の製作に着手したと報じられた。 10月、降板したマン監督の代わりにが監督を務めることになり、がキャロル・シェルビー役に起用された。 その際、『 Go Like Hell』という仮タイトルが発表された。 12月18日、がケン・マイルズ役に起用されたとの報道があった。 2月、本作の企画が再始動することになり、ジェームズ・マンゴールドが監督に起用された。 5月23日、マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ノア・ジュープ、カトリーナ・バルフの出演が決まったと報じられた。 6月12日、ジョン・バーンサルが本作に出演するとの報道があった。 7月、ジャック・マクマレン、ジョー・ウィリアムソン、トレイシー・レッツが起用された。 同月30日、本作のが始まった。 8月、JJ・フィールドがキャスト入りした。 2019年1月11日、マルコ・ベルトラミが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた。 公開・マーケティング [ ] 2019年6月2日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 8月30日、本作はでプレミア上映された。 9月9日、で本作の上映が行われた。 当初、本作は2019年6月28日に全米公開される予定だったが 、後に公開日は同年11月15日に延期された。 興行収入 [ ] 本作は『』及び『』と同じ週に封切られ、公開初週末に2200万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを大きく上回るものとなった。 2019年11月15日、本作は全米3528館で公開され、公開初週末に3147万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から絶賛されている。 71点となっている。 サイト側によるアメリカの批評家の見解の要約は「『フォードvsフェラーリ』は目の肥えたレース映画ファンが期待しているであろう全ての要素を盛り込んでいる。 それでいながら、同作は観客の心を掴む人間ドラマを十分に展開しているため、カーレースにそれほど興奮しないものでも満足できる作品になっている。 」となっている。 受賞 [ ] では4部門(作品、音響編集、録音、編集)にノミネートされ、その内、とを受賞した。 本作までモータースポーツを取り扱った作品が作品賞にノミネートしたことはなく、本作が初のノミネートになる。 今作から作品の発売元がからに変更された。 出典 [ ]• 映画ナタリー 2019年10月2日. 2019年10月4日閲覧。 com. 2019年11月20日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年11月20日閲覧。 The Numbers. 2020年1月13日閲覧。 Entertainment Weekly 2019年8月30日. 2019年9月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2020年6月10日. 2020年6月10日閲覧。 The Guardian 2011年5月27日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2013年10月23日. 2019年9月6日閲覧。 Hollywood Reporter 2013年12月18日. 2019年9月6日閲覧。 Variety 2018年2月5日. 2019年9月6日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年5月23日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年6月12日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年7月20日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年7月23日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年7月25日. 2019年9月6日閲覧。 PursueNews 2018年7月9日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年8月2日. 2019年9月6日閲覧。 Film Music Reporter 2019年1月11日. 2019年9月6日閲覧。 YouTube 2019年6月2日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2019年8月29日. 2019年9月6日閲覧。 Variety 2019年7月23日. 2019年9月6日閲覧。 Deadline. com 2018年6月22日. 2019年9月6日閲覧。 Hollywood Reporter 2019年2月23日. 2019年9月6日閲覧。 Box Office Mojo 2019年11月14日. 2019年11月20日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年11月20日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年12月1日閲覧。 Metacritic. 2019年12月1日閲覧。 Deadline. com 2019年11月17日. 2019年12月1日閲覧。 ディズニー公式. 2020年3月17日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - プレイリスト.

次の