履歴書 郵送 送付状。 履歴書を提出するときの送付状・添え状の書き方【テンプレート付き】|転職ならdoda(デューダ) |転職ならdoda(デューダ)

インターンシップの履歴書、郵送時は送付状を忘れずに

履歴書 郵送 送付状

Technique 添え状の書き方とサンプル【履歴書作成ガイド】 履歴書や職務経歴書などの書類を 企業へ郵送する場合には、あいさつ文である「添え状(送付状、送り状)」をつけるのがビジネスマナー です。 応募書類だけを入れて送りつけるのは、受け手である採用担当者の多くがマナー違反だと感じて心証が良くありません。 ビジネス文書としてフォーマット通りとするのが一般的ですから、気負わず用意しましょう。 ここでは添え状の書き方の基本ルールやマナー、サンプルをご紹介します。 また、ダウンロードして使える「添え状フォーマット」を用意しているので、ぜひ活用してください。 添え状の書き方 基本ルール 添え状(送付状、送り状)フォーマット(サンプル) サイズはA4で用意する 添え状はビジネス文書ですから、 A4サイズが基本 です。 1枚に必要事項をまとめます。 Wordで横書き、フォントは明朝体やゴシック体を使用するのが一般的です。 装飾もせず、ビジネス文書としてシンプルな書面としましょう。 ダウンロードできる添え状のフォーマットを用意していますので、ぜひ活用してください。 日付は西暦、和暦どちらでもかまいませんが他の書類と統一します。 省略せず、全て正式名称で記載します。 「住所」「氏名」は必ず、連絡先として「携帯番号」「メールアドレス」の記載があればより丁寧です。 ただし、記載しなくても問題ありません。 頭語と結語は組み合わせが決まっています。 さまざまな組み合わせがありますが「謹啓」「謹白」ではやや堅く、「前略」「草々」はビジネスシーンにふさわしくありません。 「拝啓」「敬具」と記載しましょう。 時候の挨拶とせずシンプルに 「貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」「貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます」 といった定型文で問題ありません。 最後は「以上」と記入 します。 志望動機や自己PRは書かなくてOK 添え状は「履歴書や職務経歴書といった応募書類を送りますので、よろしくお願い致します。 」という挨拶状です。 そのため、ビジネスマナーを守っていれば良く、 志望動機や自己PRを書いてアピールする必要はありません。 添え状の中のアピール文は読んでもらえない場合が多く、 要件を礼儀正しく伝えれば良い と考えましょう。 どうしても書きたい!という方は簡潔に記載 します。 長文だとマナーを知らないとして逆効果になりかねません ので、気を付けましょう。 企業へ持参する場合は、添え状は不要 履歴書を応募企業へ持参する場合には、添え状は必要ありません。 対面で渡せない場合に、あいさつ文や同封の書面について伝える役割を持つのが、添え状だからです。 面接官に直接手渡しする場合も同様に不要です。 ただし、添え状があったからといってマイナス評価にはなることもありません。 ここもあわせてチェック!.

次の

履歴書に送付状って必要?PCか手書きどちらがいいの?忘れてしまった場合の対処法も

履歴書 郵送 送付状

パートの履歴書を郵送するときの添え状は、ビジネスシーンでよく使われています(送付状またはカバーレターとも呼ばれます)。 企業への郵送書類やFAXの際に表紙ともなるような1枚です。 添える目的は、「差出人と受取人」「送る概要と枚数」が一目でわかるようにすることで、ビジネスマナーとも言えるものでしょう。 たった1枚のことですが、 企業側に「きちんとした人」だという好印象をもたらすことが効果があります 今回は、パートの履歴書を郵送するときの添え状の書き方と例文をご紹介します。 手書き・パソコンどちらでも問題ない 最近では、パソコンで作成する場合が増えており、受け取った側の印象としては添え状にそれほどこだわりを持つ企業担当者はほとんどいないので、どちらでも問題ないと言って良いでしょう。 履歴書は手書きかパソコンか、という悩みはありますが、添え状に関しては、企業側もわざわざ保管しておく人は珍しく、添え状の内容で何か選考するということもないので「どちらでも(採否に)影響することはほとんどない」と言えます。 なお、手書きには、 にじみやすい万年筆より、ボールペンがおすすめです。 もし間違えたら書き直しで、 修正液はNGだと覚えておきましょう。 履歴書にあわせて横書きで作る 横書き・縦書きもこだわることはありませんが、履歴書が横書きなので、それに合わせて横書きにしておくと違和感はないでしょう。 それよりも、 誤字脱字のない、丁寧な添え状にすることが大切です。 横書き・縦書き、どちらも用紙は白い無地のものを使用しますので、それを踏まえた書き方に注意しながら作成しましょう。 添え状の例文・書き方の注意点まとめ パソコンで添え状を作成する場合、履歴書などの同封書類と同じ大きさに統一しましょう。 大きさを揃えることで見栄えが良くなります。 なお、履歴書のサイズはB5かA4が一般的です。 以下の図の番号に沿って、それぞれの項目の書き方を解説します。 右上(宛名と揃えた位置)に履歴書を送付する年月日を「西暦か和暦」で記述します。 日付の下、もしくは用紙の一番下の右端に「住所・名前・電話番号」の順で書きます。 一般的なものは次のようなものです。 結びの挨拶の例 「何卒、履歴書をご高覧の上、面接の機会をいただければ幸いでございます。 」 「履歴書をご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ここに同封書類を記載し、最後に右下に「以上」と記載すれば送付状は完成です。 「以上」は「そこでこの書類が終わります」ということを明確にするための要素なので、忘れないように注意しましょう。 添え状はクリアファイルに入れて郵送する 一見、添え状を書くことは難しいことだと思うかもしれませんが、決まり事のパターンに従って仕上げてしまえば難しくはありません。 また、マナーとして、完成した添え状と履歴書は、 クリアファイルに入れて郵送しましょう。 これは、封筒に入れたものが何らかの郵送時の事情で破れたり汚れたりすることを避けるためです。 きれいな状態で届けることは担当者への配慮。 マナーでもありますので、無色透明のクリアファイルに入れて送付するようにしてください。 履歴書も手書きで書くほうがいい?.

次の

看護師転職の履歴書送付状!書き方と例文・ひな形

履歴書 郵送 送付状

このページのまとめ• ビジネスの世界では、書類を郵送する際に「送付状」を同封する• 送付状には書類を送った目的と、同封する書類の種類を伝える役割がある• 送付状には、「日付」「宛名」「差出人の連絡先」「本文」「記書き」を盛り込む• 送付状のサイズは他の書類と合わせ、送付状は一番上になるように封筒に入れる インターンの書類選考では応募書類を郵送することがありますが、その際のマナーをご存知ですか? 履歴書などの書類を送る時は、「送付状」を同封するのがビジネスの世界の決まりです。 企業の担当者に好印象を与えるためにも、送付状の必要性と書き方を学びましょう。 そもそも送付状とは? 送付状は「カバーレター」「添え状」ともいい、学生の方には馴染みがないかもしれませんが、ビジネスの場では当たり前に使われているものです。 書類を郵送する時に送付状を同封するのはマナーとされており、送付状には挨拶および、封筒に何の書類が入っているのか伝える役割を持っています。 場合によっては添え状で本編の補足をすることもあり、就活では簡単な志望動機を盛り込んで熱意を伝えるという人も。 ただ、自己PRや志望動機は本来、履歴書やESなどの書類に書き込むものなので、送付状では簡単に触れる程度にとどめましょう。 なお、送付状で希望条件等に触れるのは避けるべき。 送付状はあくまで挨拶状という意味合いなので、どうしても譲れない条件がある時は履歴書の本人希望欄に書き込みましょう。 送付状の内容 添え状には決まった形式はありませんが、一般的には以下の項目を盛り込みます。 日付 右上に投函する日付を記載します。 西暦・和暦のどちらでも構いませんが、履歴書やES内の表記と統一しましょう。 日付は書類を書いた日ではなく投函する日だという点に注意してください。 宛名 宛先の会社名、部署名、わかる場合は個人名を記入します。 会社名は「株式会社」を省いたり「(株)」と省略したりすることなく、正式名称とするのがマナー。 敬称は部署に宛てる時は「御中」、個人に宛てる時は「様」とします。 差出人の連絡先 大学名・学部名・学科名と、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記入します。 件名 「応募書類の送付につきまして」「応募書類送付の件」といった風に、内容がひと目でわかる件名をつけます。 本文 ビジネス上の手紙では頭語と結語に「拝啓」と「敬具」を使うのが一般的。 本文は「拝啓」から始め、時候の挨拶を書いた後に書類を送付する目的を記載しましょう。 ビジネスレターでは季節に関わらず使用できる、「貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などの文言が使われることが多くなります。 本文には応募先企業への思いを書き込んでも構いませんが、文章が長くなり過ぎないように気をつけてください。 本文を書き終えたら最後に「敬具」と入れるのを忘れないようにしましょう。 記書き 中央に「記」と書き、その下に箇条書きで同封した書類の種類を書いていきます。 全て書き終えたら、右下に「以上」と記入しましょう。 送付状の例文 以下に書き方の例をご紹介します。 com 応募書類の送付につきまして 拝啓 貴社におかれましてますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 この度、貴社の新卒採用に応募させていただきたく、下記の書類をお送りいたします。 何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・エントリーシート1枚 ・履歴書1枚 以上 ------------------------------------------------------------------------------------------- 送付状を作成する時の注意 送付状は同封する他の書類と同じ大きさだと担当者が扱いやすいため、履歴書と同じサイズの用紙を選ぶと良いでしょう。 書式は履歴書に合わせた横書きで、パソコンで作成するのが一般的です。 就活では何社もの企業に書類を郵送するので、テンプレートを作成しておくと便利です。 書類を入れる封筒は履歴書が折らずに入る角2サイズを選びましょう。 茶封筒はマナー違反というわけではありませんが、担当者によっては良くない印象を持つ人もるので白にするのが無難。 履歴書やESには個人情報が含まれるため、中が透けないつくりになっているものが良いでしょう。 全ての書類はクリアファイルに入れると雨濡れや折れが防止できて安心なので、新品で透明のクリアファイルを用意しましょう。 応募書類の書き方に疑問がある方、1人での就活が不安な方は、新卒支援に特化したエージェントであるキャリアチケットまでご相談ください。 キャリアチケットでは新卒の就活に詳しいアドバイザーが、応募書類の書き方から面接対策まで、就活の各過程を手厚くサポートいたします。 当サービスでは丁寧なカウンセリングをもとに適性やご希望に合った求人をご提案するので、1人では見つからなかった求人と出会えるかもしれません。 また、面接日程の調整といった企業とのやり取りも代行するため、効率的に選考を進められるのもメリットです。 サービスのご利用は全て無料なので、少しでも興味を持たれた方はアドバイザーと話をしてみませんか?.

次の