ドラえもん パラレル 西遊 記。 リンレイ(のび太のパラレル西遊記) (りんれい)とは【ピクシブ百科事典】

ドラえもん のび太のパラレル西遊記

ドラえもん パラレル 西遊 記

は「本物のにそっくりな人物が役をやるべき」と言い、タイムマシンで1350年前の中国 唐 へとに会いに行く。 唐で自分そっくりのを見かけ、助けた少年にと間違えられたは「本物のは僕そっくりだ!」と、、しずかちゃんに報告する。 実在しないが存在して、しかもにそっくりなんてあり得ないと確信していると。 2人はに「もし嘘だったらの道具使い放題」という約束をさせる。 4人とは唐へと行くも、は見つからない。 勝手な約束をしたことを知りは怒る。 体験型ゲームのヒーローマシンという道具でをに変身させ、たちを騙そうとするも失敗してしまう。 本物のを見せられなかったためたちはの道具使い放題の権利を手に入れ上機嫌でに帰宅する。 しかし、戻ってきた日本は妖怪に支配されている世界に変わってしまっていた。 唐の世界でヒーローマシンを使用した際のトラブルで妖怪がのさばってしまったことがわかり、元の世界に戻すには妖怪回収しなければいけない。 、しずかちゃん、、の5人はヒーローマシンで、、、に変身。 妖怪の狙いである本物のを守りつつ妖怪回収していく。 の道具のせい!? は自分にそっくりだと言い張るは、達と嘘だったらの道具使い放題という約束をしてしまいます。 結局、に変装がバレてしまいの道具使い放題の権利を与えてしまうことになりました。 の悲劇はこれだけではありませんでした。 これが今回の敵! 妖怪たちはゲームのストーリー上、をやっつける 食べる ことをプログラムされていました。 本物のが実在する唐の時代でゲームをオープンしてしまった。 その他の敵である も出ていってしまっている。 敵を求めて妖怪たちは現実世界に飛び出てしまったというのです。 を倒しても妖怪は止まらず、人間世界を支配。 そのために戻ったたちの世界もおかしくなっています。 歴史が変わってしまいました。 過去の映画では、の道具でよその世界に繋がる、遊びに行く、ことはあっても、敵は現地の悪がメインでした。 現地の揉め事に巻き込まれる系のお話が多かった。 の道具の妖怪が直接の敵になるというのは珍しく感じます。 未来の道具で現れた敵が歴史も変えています。 欠陥品だと言われても仕方ないです。 ただ、妖怪が出て来てしまった理由がを狙ってということにも妙に納得してしまいます。 もし、本物のがいる時代と場所で使わなければ妖怪は出てこなかったかもしれない。 唐の時代、の近く、にして離れてしまった。 不運が重なった結果なので、きっと開発者にも予期せぬ事態だったでしょう。 無事に解決したけれども、未来警察にバレたらが罪に問われる可能性もあるほどの重大事件ですよね。 ホラーでトラウマ! 映像がおどろおどろしく見える。 子供のころはパラレルは怖くて仕方なかったなーと懐かしくも思います。 何より怖いシーンは夕食の場面でしょう。 パパの新聞越しの影。 角が……角が……。 パラレルは映画の中でも特にご飯が美味しそうに見える。 のに、唐揚げはカエルとヘビ。 そしてママの 「パパの好物トカゲのスープ」 と言いながら、トカゲが浸かったスープを食卓に並べるシーンはトラウマになった子供たちは多いはず! ママの喋り方もちょっとゆっくり丁寧に言っているだけなのですが妙に怖く感じたものです。 の魔界大冒険 のに次ぐ怖いシーンです。 次の日になり、の劇の練習中。 のお話がおかしいと気づくたち4人です。 それを訴えるも くんに「どんなお話だって人間は最後にほろびるんだよ」と言われてしまいます。 くんが言うからこそ世界がおかしいと決定的になり、くんまでおかしくなるなんてとの不安からの先生の妖怪変身で絶望という流れが怖い。 映画が始まったばかりの元の世界では春なので桜が咲いていたはずなのに、妖怪に支配された世界は葉が落ちた木々が目立ちます。 常に曇りで暗く、霧がかっている。 コウモリが多い。 怖いけれど映画のなかでもパラレルは大好きな作品で、何回も見ては何回も怖がっていた記憶があります。 謎の少年 のお供として旅をする少年。 その正体は妖怪でを捕らえるためのスパイだった!!! 視聴者側からだとは怪しいと思う描写も多いですが、迷っているのも感じます。 の手引きで本物のは妖怪に拐われ、ヒーローマシンでに変身していたしずかちゃんも拐われてしまいます。 たちとは三蔵さまとしずかちゃん救出のため、妖怪の根城である火焔山へ。 火焔山は炎に包まれ、炎を消すにはの持つ扇で扇ぐしかありません。 立ち往生していると、が火のなかに入り口を発見。 そこから突入する!ここで挿入歌「君がいるから」!素晴らしい。 ワクワクが止まらなくなります。 個人的に「君がいるから」は映画好きな曲ベスト3に入ります。 トラップが多いのにの助言で順調に進みます。 不思議に思うたちですが疑ってはいない様子。 最後にはたちだけ落とし穴におとされ捕まってしまいますが、のせいではない。 はさまとたちとの交流で自分のしていることに葛藤していました。 を捕まえるのには関わりましたが、たちと火焔山に一緒 突入したのはさまを助けたいからだったはず。 妖怪のボスにが食べられそうな危機一髪な状況で、ドラミちゃんが派手なタイムマシンで助けにきてくれます。 はドラミちゃんを観世音菩薩さまと勘違いしていたのにクスッと笑いました。 タイムマシンのライトがいかにもそんな感じだったからかな? その前のが「 太った青だぬきから」とから食べるのを決めたのも、今回はちょっと笑いました。 のピンチに申し訳ないけど、青いタヌキってまずそう……。 、が倒れるもは2人の子供・であることが発覚。 全ての妖怪はが倒したの死で 機能を失い、崩れゆく城を脱出した外から眺め泣くと慰める。 泣けちゃいます。 自分は妖怪で両親の言うことに強く反対も出来ない、裏切れない。 なんだか 鉄人兵団のリルルを思い出しました。 妖怪でもまだ子供で、悪人な両親でもにとっては大切な家族です。 この辺りは大人ないまだからこそ、特に涙してしまうシーンです。 は! 妖怪は無害になりはと旅を続けることになりました。 はに感謝「ありがとうございます悟空さま」と。 自分は本物のではないと告げようとするも、 が「お前はだよ!」 と言うシーン。 はずっとがやりたかったんです。 劇の配役でも、ヒーローマシンでの変身も。 でもであることにふて腐れていて、になったを認めていなかったのです。 それが最後に 「が」だと認めたのがだということに説得力があります。 きっとさまとはこの後も長い長い旅をするのでしょう。 そのなかで今回の出来事を広め、のお話がとして伝わったのでしょう。 本物のは だったのです。 以上、映画『 のパラレル』 たまこ の感想でした!.

次の

映画【映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記】感想

ドラえもん パラレル 西遊 記

パラレル西遊記 ドラえもん とは? その前にあなたはパラレル西遊記 ドラえもん のアニメ動画をどこで観れるか探しているかもしれないので、先にお伝えしておきます。 私はアマゾンプライムビデオで観ました。 アマゾンプライムビデオでは、見放題です(他のドラえもん作品もあります)。 ドラえもん のび太のパラレル西遊記(ドラえもん のびたのパラレルさいゆうき)• 映画シリーズ第9作• キャッチコピー:のび太たちの新しい冒険は、孫悟空や猪八戒が大暴れする「西遊記」世界で始まる! 公開日:1988年3月12日• 上映時間:90分 個人的には、挿入歌・エンディングの『君がいるから』が特に好きです。 パラレル西遊記 ドラえもん を視聴した感想 恐怖的な演出が多くホラー要素が強い作品なので、トラウマ映画と言われるほど、正直、こわいです。 でも、西遊記をモチーフにした冒険アニメで、バトルがメインの作品ですし、物語の展開も良く、面白いです。 内容は、のび太が西遊記の時代に行き、孫悟空として活躍する、タイムマシンで過去に行って帰ってきたら現代が大変なことになっていたので、みんなで元の世界を取り戻すという話です。 ただ、自分たちが原因で起こったことを、自分たちで解決するのは微妙でした。 そして、 パラレル西遊記は『危険が危ない!』のセリフでも有名です。 本当に言ってました。 元に戻ったママに会うエンドロールは良く、母親がテーマのようにも感じました。 恋愛要素が好きな私にとって、しずかちゃんがのび太に抱きつくシーンがあってドキドキしました。 それに、二人で話す良い雰囲気なシーンも良かったです。 見どころとしては、のび太の孫悟空としての活躍ですが、のび太としずかちゃんにも注目です。 パラレル西遊記 ドラえもん はあなたにおすすめ?• 冒険作品が好き• パラレルワールド作品が好き• こわい作品が好き 映画ドラえもんシリーズの中では、特に恐怖的な演出が多くホラー要素が強い作品なので、怖いです。 なので、小さい子供には向きませんが、ドラえもん好きなら正直、観ないのはもったいないと思うほどの作品です。 面白い作品なので、観たことない場合でも観たことある場合でも、ぜひご覧ください。 おわりに 今回はパラレル西遊記 ドラえもん について紹介しました。 アマゾンプライムビデオでは、見放題です(他のドラえもん作品もあります)。 30代の男でクーと言います。 動画配信サービスでアニメを観るのが趣味です。 最近の投稿• 2020年8月5日• 2020年7月25日• 2020年7月24日• 2020年7月18日• 2020年7月16日• 2020年7月11日• 2020年7月9日• 2020年7月4日• 2020年7月2日• 2020年6月28日 アーカイブ• 11 カテゴリー• 320• 157• 5 管理人厳選おすすめアニメ 名前順.

次の

映画【映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記】感想

ドラえもん パラレル 西遊 記

『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』ってどんな映画?あらすじは? 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』は、1988年公開のアニメ映画。 監督は芝山努。 主演は大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也、肝付兼太。 あらすじとしては、「西遊記を新入生歓迎会で演じることになったのび太だったが、のび太は村人役になり、孫悟空役が良かったと不満。 昔に戻って本物の孫悟空を見つける!と息巻くのび太が昔の中国で見たものは、自分そっくりな孫悟空だった」という物語である。 新入生歓迎の演劇をすることになり、のび太が案を出した「西遊記」に決定する。 しかし、のび太は孫悟空役ではなく、ただの村人役だった。 のび太は「実際の孫悟空にあってきて、もし孫悟空が自分にそっくりだったら孫悟空役をやらせて」と頼み、のび太はタイムマシンで7世紀頃の中国へと向かう。 中国の砂漠についたのび太は、すぐに筋斗雲に乗ったのび太そっくりの孫悟空らしき人物を発見する。 と同時に、砂漠で倒れた三蔵法師らしき人物を発見するが、その人物は三蔵法師ではなく、旅人のような少年だった。 のび太は水を飲ませてやると、その少年は「また助けてもらいましたね」とのび太に礼を言う。 のび太は不思議に思ったが、とにかく孫悟空を発見したことをみんなに伝えるべく、現在へと戻ってくるが…。 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』は、ラストに若干不満が残るアニメ映画だった というわけで『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』を観終わった。 まず最初の感想としては、 「ラストに若干不満が残るアニメ映画だなぁ」 という感じである。 全体を通してみると、これぞドラえもん映画!というぐらい夢に溢れたストーリーになっている。 「パラレル」とは名がついているものの、現実世界と架空世界の生物が入り混じる…という、なかなかに不思議な構造である。 また結果的には「パラレル」的に収拾したので面白かったのだが、ラストに若干の不満が残る。 それは、ドラミちゃんが助けにくる…という点だ。 いや、おそらく解釈的にはドラミちゃんがやってくることを想像できないことはない。 例えば未来世界で、兄であるドラえもんが急に消えたとなれば、 「なぜ消えたのか」 という原因を調査し、その原因が7世紀にゲーム世界からやってきた牛魔王に食べられた…とあれば、タイムマシンでドラミちゃんがやってくることも容易に想像がつく。 しかし、『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』だけをみると、わかりやすすぎるご都合主義なのが微妙である。 ドラミちゃんが助けにくるなら、なんとなく伏線でもあって欲しいものだが…。 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』の良い点 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』の良い点は、ドラえもん特有の世界観にあるだろう。 過去にいき、三蔵法師と実際に対面する…なんて、かなり夢のある世界だろう。 また、芝山努監督というのもありつつ、リズム感よくストーリーが進んでいくのも良い。 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』の悪い点 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』の悪い点は、前述のようにドラミちゃんが助けにくるところだろう。 助けにくるならくるで伏線を張っておいて欲しかったし、いきなり登場しても「なんで?」と疑問しか出てこない。 それまでのストーリー展開が面白かっただけに、ドラミちゃんの唐突な登場で勢いが削がれた感がもったいない。 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』を総合評価するなら? 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』を総合評価するなら、星5中の星4評価である。 全体としてみるなら好印象な映画である。 前述のようなドラミちゃん登場がもう少し工夫されていれば、文句なしの星5である…が。 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』はどんな人にオススメ? 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』は、ドラえもん映画が好きな人におすすめしておこう。 ただ、小さなお子さんには若干のトラウマ的表現があるかもしれないので、そこら辺は注意である。 終わりに 『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』についてレビューしてきた。 特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。

次の