東北 学院 大学 鬼 仏。 小林 隆

偏差値だけでは測れない「旧帝大」の魅力~指定国立大学編~|THE世界大学ランキング 日本版

東北 学院 大学 鬼 仏

主要業績 Dynamics of a hybrid system of a brain neural network and an artificial nonlinear oscillator. [Biosystems,58, 2000 ,249-257] N. Katayama, M. Nakao, H. Saitoh, M. Yamamoto カルバコールにより賦活される海馬神経回路の時空間ダイナミクス. [生体医工学,42 4 , 2004 ,269-276] 片山統裕,菊池修,渡邊直樹,辛島彰洋,中尾光之 Thickness Controls Spatial Cooperation of Calcium-activated Dynamics in Neuronal Dendrite System. [IEICE Trans. Fundamentals,E80-A, 1997 ,197-205] N. Katayama, M. Nakao, Y. Mizutani and M. [Brain Research,595, 1992 ,249-255] Norihiro Katayama, Naofumi Tokutomi, Junich Nabekura and Norio Akaike A Quartet Neural System Model Orchestratng Sleep and Wakefulness mechanisms. Neurophysiol. ,95 9 , 2006 ] Yuichi Tamakawa, Akihiro Karashima, Yoshimasa Koyama, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao 1 神経電極 神経電極には、脳・神経細胞の活動を観測するための記録用電極と、その活動を制御するための刺激用電極があります。 これらの電極は、脳科学の研究だけでな く、てんかんなどの病気の診断や、パーキンソン病などの治療にも欠かせません。 最近話題になっている、ブレイン・マシン・インタフェース BMI の実用 化のカギを握るテクノロジーでもあります。 私たちは、最新の神経生理学や解剖学のデータに基づいて脳・神経細胞をモデル化し、コンピュータシミュレーションする技術を応用して、高機能な神経電極の設計と開発を行っています。 私たち は、BMIのための新しいディジタル信号処理アルゴリズムを開発するとともに、そのアルゴリズムをリアルタイムに実行するシステムの実装を行っています。 3 脳の情報処理メカニズム 脳の高度な情報処理能力は、その構成要素であるニューロンの機能に支えられていると考えられています。 従来の極端に単純化されたニューロンではなく、最近 の生理学的データに基づいたリアルなニューロンの姿をシミュレーションすることによって、脳の情報処理メカニズムに迫っていきます。

次の

鬼と仏の社長学

東北 学院 大学 鬼 仏

愛知県のレジャー・飲食産業「タイホウグループ」全10社社主。 宮城県塩釜市出身。 東北学院大学経済学部中退。 昭和28年京楽観光グループの山口食品有限会社に入社。 40年同社総括専務取締役就任。 翌年、中川区運河通にパチンコ店第一号を開店。 42年大宝観光株式会社を設立、社長就任。 45年京楽観光グループ総括専務取締役を退任し、大宝観光株式会社の事業を開始する。 46年名古屋市中村区に全国に先駆け、郊外型パチンコ店を展開、18店舗にわたるチェーン展開をするまでに育て上げる。 48年株式会社ダスキンとミスタードーナツ、ザ・どんのフランチャイズ契約を成立、1号店を金山にオープンし、3年連続世界一の売上を達成。 現在28店舗のチェーンを展開する。 そのほか、ピザハット、モスバーガー、ダスキンの愛知県内きってのフランチャイジーとして地域に根付いた活動を続けている。 平成18年度秋、藍綬褒章受章。 名古屋日韓親善協会副会長、全日本遊技事業協同組合連合会相談役、財団法人広げよう愛の輪運動基金副理事長、社会福祉法人AJU自立の家理事 後援会会長 、財団法人アジア刑政財団理事中部メセナ会会長、愛知県地域安全研究会副会長、ピザハット広告協議会副会長、財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団評議員など、数多くの役職をつとめている。 まず見開き2ページで一つずつの訓話が完結しているので、とても読みやすい形式になっています。 また、鬼と仏というと少し古臭いような言い回しに感じなくもなかったのですが、読みながら、これはどっちの話だろうと思うと、意外と新鮮でした。 上に立つ人になればなるほど、単に仕事ができるだけではいけないのだと思います。 やはり、高い人間性が求められます。 どんなにたくさん売上,利益を出しても、部下や社員に横柄な態度で接したり、ふんぞりかえって椅子に座っているのは見苦しいものです。 この社会で、みんなで、喜び合えるように、良くなっていこう。 そういう意志を常に持っていなければならないし、そこに社長としての喜びを感じられるような人であることが理想なのでしょう。 と感じました。

次の

東北大学有朋寮

東北 学院 大学 鬼 仏

教員の目が届きやすい少人数制の教育環境<東京大学> 東京大学の分野別ランキングを見ると、「教育リソース」「教育満足度」「教育成果」において、それぞれ2位、2位、1位と高い順位を獲得しています。 このうち「教育リソース」のスコアを押し上げている要素として、教員1人当たりの学生数があります。 2017年では、1・2年生の学生数約6,600人に対し、教員数は約490人で、教員1人あたりの学生数は約13. きめ細かい指導が期待できます。 さらに、ゼミや研究室に所属する前でも、教員とコミュニケーションを取りやすい環境が実現しています。 例えば、1年次必修の「初年次ゼミナール」は1クラス20人程度で、ほとんどの授業に大学院生のTA(ティーチング・アシスタント)がつきます。 学生は、クラスごとに教員が設定した課題に挑戦。 インタビュー、モノづくり、文献調査などを行い、プレゼンテーションや小論文の形で発表します。 受け身の授業スタイルではなく、自ら学ぶ姿勢を身に付けることが目的です。 「国際性」は54位ながら、「教育満足度」は2位で、外国人の学生・教員の比率はトップレベルではないものの、グローバル人材の育成には力を入れていることがわかります。 特に近年は、英語を使う授業を拡充させています。 論文執筆やディスカッションなどを英語で行う技術を学ぶALESS(理科生対象、2008年開講)、ALESA(文科生対象、2013年開講)、FLOW(全学生対象、2015年開講)は1年次の必修科目です。 2014年度にスタートしたGLP(Global Leadership Program)は、選抜された約100人の学生(主に3年生)が、地球規模の課題についてテーマ設定し、研究結果をプレゼンテーションする、実践的な科目です。 グローバル人材を育てる取り組みが充実<東北大学> 世界ランキングでは東京大学、京都大学にやや順位を離されている東北大学ですが、日本版ランキング2018では東京大学に次ぐ2位という結果になりました。 その要因として、「国際性」が3大学の中で最上位であること、日本版ランキングが特に注目する分野である「教育満足度」で高いスコアを得ていることが挙げられるでしょう。 「教育満足度」の基準には<グローバル人材の育成>があるため、「国際性」の結果と併せて考えると、世界に通用する人材の育成力に長けていると言えそうです。 海外の大学と交流する際の拠点は、世界16か所にある海外オフィスです。 学内の環境に目を向けると、外国人留学生を約2000人、外国人研究者を約2600人受け入れ、異文化交流を行うチャンスが豊富にあります。 国際学生寮である「ユニバーシティ・ハウス」は2018年10月までに新たに全6棟が建設され、旧施設と合わせて定員は日本人学生計841人、外国人学生計751人になる予定です。 教育のしくみの中でユニークなのが、「TGLプログラム」です。 プログラムの目的は、専門基礎力と、それを発揮してグローバルに活躍するための力を身に付けること。 学部やセンター等が提供する授業のうち、語学・コミュニケーション力、国際教養力、行動力を培う授業と、各種海外研修・留学プログラムにポイントが定められ、取得したポイント数に応じて「東北大学グローバルリーダー認定証」や「TGLプログラム修了証」を取得することができます。 海外研修・留学については、それらを経験した先輩がこれから留学に挑む後輩をサポートする「グローバルキャンパスサポーター」制度があり、海外に挑戦する後輩を助けています。 学びに向かう姿勢を身につけ社会で活躍<京都大学> 京都大学は、「教育成果」が2位タイと高いため、研究者や企業人事からの評判が良いことがわかります。 この評判を支えているものは何でしょうか。 京都大学の特徴の1つに、大学院進学率の高さが挙げられます。 2016年度卒業の学部生の大学院進学率は、東京大学の49. 9%、東北大学の55. 4%に対し、京都大学は58. 研究志向が強く、積極的に学びに向かう学生が多いことがうかがえます。 大学としても、大学院の門戸を広く保ち、学部生の入学定員2,823人に対し、大学院修士課程の入学定員は2,261人(いずれも2017年度)と、受け入れ体制が整っています。 さらに、2017年度の間接経費を含む科研費は、東大に次いで2位の135億円でした。 研究環境も非常に充実していると言えるでしょう。 こうした環境の中で培われた「学ぶ姿勢」が、研究者や企業の人事担当者に好印象を与えているのだと考えられます。 京都大学ならではの、「学ぶ姿勢」を身に付けるために設けられているのが、主に1年生が履修する授業「ILASセミナー」です。 5~25人程度のクラスで、問題を発見し解決するという学問のプロセスを体験します。 扱われるテーマは幅広く、2017年度は文理問わず、様々な領域の306科目が開講されました。 学生同士が議論し、教員の問いかけに答える中で、研究力の土台を築きます。 キャリアサポートルームがインターネット上で公開している「就職のしおり」には、学部、大学院ともに各年度の卒業生の就職先が公開されています。 大手企業や官公庁のほかに、中小企業の名前も多く挙がっていて、自分の意思でやりたいことや将来を追求していく学生を尊重する校風が表れています。

次の