高校生 修学 旅行 お 小遣い。 【修学旅行のお金】高校の場合の費用とお小遣いの目安を調査!

【修学旅行のお金】高校の場合の費用とお小遣いの目安を調査!

高校生 修学 旅行 お 小遣い

秋の行事・イベント 2019. 05 2019. 06 Tsuyopon 修学旅行のお小遣い・使えるお金はいくら?小学校中学校高校別に徹底解説 修学旅行に行くお子さんに必ず持たせるもの、 それはお小遣いです。 修学旅行先では、お土産を買ったり食べ物を食べたりと、 色々な場面でお金が必要になってきます。 お小遣いが必要だとはわかっていても、いくらぐらい持っていけばいいかわからない人は多いのではないでしょうか? 持っていくお金が多すぎたら、無駄遣いをしてしまいそう。 かといって少なすぎても、買えるものが少なくなって不自由になってしまいます。 ちょうどいいお金を持たせるのはいがいと難しいのです! そこで今回は、 小学校と中学校と高校別に、• どのくらいのお金を持っていけばいいのか• 使えるお金は決まっているのか これらを詳しく紹介していきます。 修学旅行は学校でお小遣いの額は決まっている? 先生によって、生徒が使えるお金の上限は決まっているのでしょうか。 結論から言うと、学校によってそれぞれです。 お金の上限が決まっているところもあれば、決まっていないところもあります。 ちなみに、 小学校はお金の上限が決まっている場合が多く、逆に 高校は決まっていない場合が多いです。 このような傾向にある理由は、 小学生には大金を持たすのは危ないからです。 まだ金銭感覚があまりわからない小学生に大金を持たすと、何に使うかわからないですよね。 なので、小学校ではお金の上限が決まっている場合が多いです。 学校が定めるお金の上限はどのくらい? 学校側が生徒に定めるお金の上限は安い場合が多いです。 1泊2日でだいたい4000円くらいですね。 かなり安い金額ですが、このくらいが安心かもしれません。 安いといっても修学旅行なので、常に自由時間があるわけではありませんから、 意外とちょうどいい値段なのではないでしょうか? そしてこのように、 学校が持っていけるお金の上限を決めているのであれば問題ないですが、 上限が決まっていない場合は、 いったいどのくらいのお金を持たせればいいのかとても悩まれると思います。 次からは、小学校中学校高校別に持っていくお小遣いの• 実際に必要な額 をそれぞれ紹介していきます! 高校生の修学旅行のお小遣い・お金はいくら持って行かせる? 相場 高校生が修学旅行に持っていくお小遣いの相場は、 少し広いですが、だいたい2万円〜4万円になります。 少し相場が高くなる理由は、高校の修学旅行が長い場合が多いからです。 沖縄や北海道、さらには海外に行く場合があり、日数にすると 4泊5日くらいになります。 内訳 この2万〜4万円のお小遣いの内訳を説明します。 お土産• 飲み物• 交通費 です。 少し大まかな分け方ですが、このような内訳になります。 夕食や朝食はホテルが用意している場合が多いので、食事は昼ごはん代だけで済みそうです。 実際はどれくらい必要? 高校生が修学旅行に行くために必要なお小遣いは、 実際は2万円くらいあれば問題はないです。 もし遠い海外に行くのであればもう少し必要になりますが、 国内であれば2万円で大丈夫です。 高校生の修学旅行は、小学校や中学校と比べて自由行動の時間が多いので、 2万円以下になってくると少し足りなくなりかもしれません。 2万円を持たせてあげるとちょうどいいかもしれませんね。 高校生の旅行は日数も自由時間も長いので、お金に余裕をもたせたいですね! 中学生の修学旅行のお小遣い・お金はいくら持って行かせる? 相場 中学生のお小遣いの相場は、高校生より少し少なくなって、1万円〜2万円程度になります。 高校生よりは少ないと言っても、 中学生の旅行日数は2泊3日くらいなので、中学生が持つお金としては1万円や2万円は少し多いかもしれません。 でもあえて高額な金額を持たせることによって、 無駄遣いせず計画的にお金を使うことを学べるいい機会になると思います! 内訳 中学生の1〜2万円のお小遣いの内訳は、高校生の場合とほとんど変わらないです。 お土産• 飲み物• 交通費 これくらいに収まると思います。 内訳は同じでも高校生と比べて旅行日数が少ないので、持っていく金額は少なくなります。 実際はどれくらい必要? 2泊3日の活動費として、 1万円あれば足りないことはないです。 自由行動時間もそこまで多くはないので、お金を使う機会が限られます。 逆に、念のためにと2万も3万も持たせてしまうと、お金が余ってしまうかもしれません。 そうなると、お子さんが旅行から帰った後にゲームや漫画を買ってしまうということがおきかねませんからね。 なので、どうしても金額が心配な方は、 1万円+緊急用のお金を持たせることをお勧めします。 その時に必ずお子さんと、 「このお金は緊急用だから無駄遣いはしてはダメだよ」という内容のことを伝えておくといいかもしれません! 小学生の修学旅行のお小遣い・お金はいくら持って行かせる? 相場 小学生の修学旅行は、ほとんどの学校が 1泊2日の場合が多いです。 さらにこの1泊2日の活動のうち、ほとんどが社会見学などの団体行動になります。 なので、小学生に持たせるお小遣いの相場は大体 4000円〜5000円です。 内訳 旅行の日数も自由行動の時間も短いので、 お小遣いの使い道の9割が お土産で埋まります。 残りの1割りが、多少の飲み物や昼食などですね。 実際はどれくらい必要? 小学生が修学旅行に持っていくお小遣いは、ほとんどが学校側にすでに決められています。 学校側が決める金額はバラバラですが、大体2500円から3500円です。 金額が少ないのは、決められた少ないお金でやりくりする力を身につけてほしいという意図だと思うのですが、 どうしても心配な方は、学校が決めた金額+1000円くらいを持たせておくと安心だと思います。 お金を使いすぎる小学生はそこまでいないと思うので、合計4000円くらいあれば大丈夫です! 修学旅行のお小遣いに関する皆の声 修学旅行のお小遣いの相場や内訳などを説明してきました。 ここからは、 高校中学小学校の修学旅行のお小遣いに対するそれぞれの意見を紹介していきます。 みなさんが修学旅行のお小遣いに対してどのようなことを思っているかを知ることができるので、 お小遣いの額決めの参考にしてみてください。 高校生 はwwwwww つらwwww 高校の修学旅行で小遣い8000とかwwwwww — 神代フラン kouzirofuran この方は高校生のようですね。 修学旅行の日数によって相場は変わってくるのですが、 高校の修学旅行のお小遣いで8000円は少し安いかもしれませんね。 2泊3日は最低あるのが高校の修学旅行なので、学校側がこの値段を決めることはないと思います。 保護者の方に8000円と決められてしまったのなら、もう少し欲しいと頼んでみた方が良さそうです! がちなえた〜 修学旅行の小遣い10万から赤点の数だけ一万ずつ引いてくとか。 しかも携帯没収とか。 自分だって高校の時ばかだったしょやー。 — えのもとゆーと eyuuto1 赤点を取ると1万円もお小遣いから引かれるのはきついですね、、 でも逆に考えると、赤点を一つも取らなければ修学旅行に10万円を持っていくことができるということです! 勉強を頑張って、10万円を手にしましょう!! で、でたーwwwww高校の修学旅行の小遣いが中学校の時の小遣いより少ない奴〜〜wwwwwwww — ヤン=ミタ つかいません yanryuma 学校側と保護者のどちらが決めているかはわかりませんが、 中学校の修学旅行よりお小遣いが少なくなるのは辛いことです。 この記事で説明していますが、高校の修学旅行は中学校より日数が長いことがほとんどです。 なのでお小遣いも基本的に中学より大きの額が必要になります。 家事を手伝うなどして、多くのお小遣いを持っていけるといいですね!k 中学生 親になって初めて知った修学旅行費。 それに新しいTシャツとかあれこれ。 共稼ぎなら問題ないけど、平均的な家庭ならなかなかの出費。 月々のスマホも親と同じ値段だし、お小遣いに、公立でも数ヶ月は月8000円。 この記事で紹介しているお小遣いの相場よりは若干高いので、 修学旅行先がいいところなのかもしれませんね! 娘の中学の修学旅行写真を見てたら 新幹線の中で一万円札をトランプみたいに広げて写ってる男の子がいました。 修学旅行の小遣い8万て? — 葉 薊 haazami 中学校の修学旅行で8万円はとても高い額です! これだけの額を持っていけることはすごいことですが、多分あまります笑 中学の修学旅行は1〜2万円あれば全然足りるので、残りは貯金するのがベストですね。 八ツ橋がすごく好きで中学の時の修学旅行は小遣いが1万5千円のうち8千円は八ツ橋買ってたなぁ…謎の収集癖あったからお店の5個入りのやつとか全部買ってたわ… — きーち sakekiiiich 私も八つ橋が好きで、京都に行ったときは家族の分まで買ってきたりしていました。 八つ橋って意外と高いですよね。 でもこの方は8千円分も買っているので相当な八つ橋好きなんでしょう。 中学の修学旅行で1万5千円は困ることはない額ですが、 八つ橋で半分以上も使ってしまうと一気にきつくなりますね笑 小学生 先日、小学六年生の生徒二人が修学旅行のお土産を道場に買って来てくれました。 小学生の修学旅行は基本的にお小遣いが少ないので、 その中のお金でお土産を買ってきてくれたんだと思うと嬉しい気持ちになったでしょうね! おはよ~ございます。 こちらの方は、小学生のお孫さんが少ないお小遣いの方からお土産を買ってきてくれたようです。 自分たちのために買ってきてくれたということがとても嬉しい気持ちになりますね。 今の小学生の修学旅行はもう少し高いのでしょうか?とても気になりますね! まとめ いかがだったでしょうか? 修学旅行のお小遣いがもし学校に決められていない場合は、 今回の記事を参考にしてお小遣いの額を決めてみてください。 ここで紹介した額を持たせてあげればお子さんが不自由なく修学旅行を楽しむことができると思います。 この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

次の

中学校の修学旅行、旅費も小遣いも高額化

高校生 修学 旅行 お 小遣い

沖縄への修学旅行、お土産代も入れてお小遣いはいくら渡すか では、沖縄に2泊3日の修学旅行に行くと想定して、お小遣いを考えていきましょう。 まず、宿泊代と飛行機の代金は、既に学校に支払い済みかと思います。 そのかわり、自宅~空港までの往復の交通費が必要になりますね。 自宅がどこにあるのかにもよりますが、2000~3000円必要になる場合もあります。 次に、自由時間の時に使うお金について考えてみましょう。 まず昼食代、そして飲み物代やお菓子代が必要になります。 飲み物代やお菓子代は高価ではないので、それら全部合わせて2000円程度で良いでしょう。 昼食代は、お店によって金額が違うので、2000円くらい持って行った方がいいですね。 ちなみに、修学旅行の時、自分でお金を払って食事をするのは1回くらいです。 あとは、学校が指定した場所で、みんな揃って食べることがほとんどです。 (念のため、お子さんに確認しておいたほうがよいでしょう) 次に、お土産代について考えていきたいと思います。 お土産代は、何人にお土産を買うかによって、少し変わってきます。 家族にお土産を買うだけなら、1万円くらいあれば十分ではないでしょうか。 でも、人によっては、お土産をたくさん買うというケースもありますよね。 例えば、部活の先輩・後輩に買うこともあるかもしれません。 又、日頃お世話になっている人たちに買うこともあるかもしれません。 このように、お土産をたくさん買う場合は、1万5千~2万円くらい必要になります。 さて、今までお話したことを踏まえて、必要なお小遣いの合計金額を考えてみます。 少し余裕を持つとして、 2万5千円くらいが相場だと考えられます。 お土産をたくさん買わなければいけない場合は、 3万円くらいでしょう。 修学旅行のお小遣いって多めに渡すもの? さて、「修学旅行のお小遣いは多めに渡すべきかどうか」がお母さんたちの間でよく話題になります。 「何かあるといけないから」という気持ちから、多めに渡したくなりますよね。 ただ色々な意見を見てみると、「そこまで多めには渡さない」という意見が大半です。 もし 多めに渡したとしても、5千円程度というケースが多いようです。 その理由の1つは、 「なくしてしまう心配があるから」というものです。 修学旅行に行くと、楽しくなって、どうしても緊張感がゆるんでしまいますよね。 そうなると、大切なお金をなくしてしまうリスクも大きくなります。 もう1つ挙げられる理由は、 「限られたお金でやりくりさせるべき」というものです。 あまりにも多めにお金を渡してしまうと、計画を立てずにお金を使ってしまうこともあります。 それでは、お小遣いの大切さやありがたみはわかりませんよね。 修学旅行は、あくまで、学生としての勉強の一環として行くものです。 決して、「羽目を外して大金を使うこと」が目的ではありません。 そのことを念頭に置き、あえて、あまり多めに渡さないというお母さんが多いようです。 まとめ 高校生が沖縄へ修学旅行に行く時のお小遣いは、2万5千円程度が相場のようです。 どうしてもお土産を多めに買わなくてはいけない場合であっても、3万円以内です。 又、何かあった時のために、別口で5千円くらい多めに持たせるお母さんもいるようですね。 でも、極端に多額のお小遣いは渡していないという家庭がほとんどです。 お子さんも多めに持っていないと不安という心配性な子や、あればあるだけ使ってしまう子…など性格は様々ですので、一度話し合ってみるとよいでしょう。 そして、お小遣いがこのくらいの金額で十分なんだよ、ということを納得いくように説明してあげてくださいね^^.

次の

修学旅行の高校生のお小遣いはいくらぐらい?費用や予算内訳は? | 子育て・生活お役立ち百科事典

高校生 修学 旅行 お 小遣い

高校生としての一大イベント「修学旅行」が今年も近づいてきましたね。 私も高校2年生の秋に北海道から東京、沖縄まで修学旅行に行きましたが、同級生の仲の良い仲間達と行った出来事は物凄く楽しかったのを今でも覚えています。 京都の清水寺や東京ディズニーランド、美ら海水族館など、本当に見たり遊んだり友達と最高の旅行が出来た訳ですが、今は自分の子供たちが高校生になって修学旅行へ行く事へ・・・月日の流れを深々と感じます。 近年の 高校の 修学旅行の時期の確認や、親として用意してあげなければいけない持ち物、お小遣いの金額など色々と調べてみましたので参考にしてくださいね。 きっと、私達が高校生の時はそんなに気にしてなかった出発の時期や修学旅行に持っていく持ち物、お小遣いなど、両親が頑張って用意してく れた気持ちが、大人になった今ならわかります。 自分の子供達が最高の楽しい思い出を作れるように、持ち物やお小遣いなど必要な事柄を紹介していきますね。 高校の修学旅行の時期はいつごろ? 高校の修学旅行の 時期についてですが、高校の修学旅行の時期は一般的に公立高校の場合、9月や10月、11月の秋に集中して行われます。 学年としては2年生の2学期の辺りですね。 3年生になると大学受験が控えていますし、1年生では入学したばかりでさすがに早い事もありますので、高校2年生の秋に修学旅行が組み込まれています。 行き先も、日本国内がほとんどで、北海道や東京、京都、大阪、沖縄あたりがスタンダードです。 しかし、近年では治安の良い「海外」にプランを組む公立高校も増えています。 シンガポール、マレーシアなど隣国の治安が良い安全な国を選んでますね。 費用は国内であれば一人あたり10万円くらい、海外になればその3倍の30万円~くらいになるそうです。 私立の高校の場合だと時期の規定はなく、その学校によって違います。 学年も1年生の高校もあれば3年生で行く高校もあるので、入学している 高校に問い合せた方が良いでしょう。 また、行き先も「海外」が多いです。 オーストラリア、ニュージーランド、韓国、グアム、台湾、ハワイなど、その行き先は様々ですが、宿泊日数も多く費用は30万円以上になるケースが多いので、親の負担は相当なものになるそうです。 私の子供は公立高校で行き先が国内ですから10万円くらいの費用で済みますが、やはり私立高校の修学旅行となると、派手といいますか、お金がかかりますね。 修学旅行に行く学年になると、必ずその年の春くらいに「保護者説明会」なるものが学校で行われるので、参加して確認を取るようにしましょう。 また、保護者説明会は年間的な行事の説明や教職員、規約などの説明や紹介もあるので、詳しく修学旅行の説明が必要な場合には学校側にご連絡をとって確認してくださいね。 高校の修学旅行の「お小遣い」の金額や相場 高校の修学旅行の「 お小遣い」の金額や相場ですが、公立高校と私立高校でも違うんだろうな~と思ってたら、意外や意外!そんなに変わらないんですね。 調べてみたところ、親が子供に渡すお小遣いの金額の相場は15万円だそうです。 あくまでも相場なので、平均すると10万円~20万円の間が最も多いそうです。 私の時は10万円持って行きました・・・。 修学旅行の費用は親に出してもらいましたが、お小遣いは全て自分でアルバイトやお年玉で貯めた貯金から。 当時は10万円でも足りない・・・って事はなく、非常識な使い方をしなければ、全然余ります(笑)。 確か半分の5万円くらいは使わないで帰ってきましたね。 修学旅行で一番お金を使うのは「お土産」ですよね。 後は自由行動時の「食事」。 お土産も両親や兄弟は当然としても、後はどこまでの人に買うべきか?行く前から家族で話しておくと良いですよ。 親戚や近所、部活の仲間なんて範囲までお土産を買っていたら、いくらお金があっても足りません!餞別をもらった人には必要かもしれませんが、お土産はほどほどに区切りの良いところまでにしましょう。 近年は宿泊日数が1週間程度ある高校もありますし、自由行動するスケジュールや時間も長くあるので、やはり10万円以上はお小遣いを持たせてあげたいですね。 私は子供に15万円、お小遣いを持たせてあげようと思ってます。 高校の修学旅行の「持ち物」について 高校の修学旅行は高校生活の中で一度しかないビックイベントです! だからこそ、忘れ物なく必要な物をしっかりと持ち歩ける様に出発前から両親と協力しながら 持ち物をチェックする事を心がけたいものです。 お父さんやお母さんも、自分の子供がしっかりと準備しているか?忘れ物なくしっかりと持ち物をチェックしているか?気にかけてあげてくださいね。 せっかくの一大行事が準備不足や忘れ物のせいで台無しになったり、悲しい寂しい思い出にならない様に今回は「持ち物リスト」を用意してみました!是非、参考にしてくださいね。 絶対必要な持ち物 学生服 下着や部屋着(指定ジャージ含む)(宿泊分) バック・カバン お金(お小遣い) 学生証(身分証明書) 生徒手帳 修学旅行のしおり 筆記用具 保険証のコピー(*要確認) 身の回りに必要な持ち物 帽子 傘(折りたたみ傘・雨具) 歯ブラシ タオル ハンカチ ポケットテッシュ ブラシ・くし 便利な持ち物 洗濯物を入れるビニール袋など 乗り物の酔い止め カットバンや消毒液などの簡単な常備薬 生理用品(*女性の場合) トランプやUNO等のゲーム類 旅行の行き先のガイドブック 禁止されてなければ持っていきたい物 携帯電話 充電器 ipod タブレット デジカメ 3DSやPSPなどのゲーム機 ウォークマン 価格:1,110円(税込、送料別) まとめ 高校の修学旅行はこうして見ると公立高校や私立高校で多いに違いがあります。 行く時期も色々と違いますし、行き先も近年では海外を含めて様々な場所へのプランを立てている学校が多いです。 私の時代に「韓国」とか「シンガポール」とか「グアム」なんて考えも知ませんでしたが、今は国際感覚を養うため、勉強の一環として海外への修学旅行を行っている高校が目立つようになってきました。 国内の修学旅行に比べて海外の修学旅行は3倍ほど費用がかかります。 国内が平均10万程度ならば、海外は30万円ほどの予算を組んで各学校とも行き先を決定しています。 費用を払う親は大きな負担になりますが、大切な自分の子供の為に協力してあげなくてはなりません。 さらに、別途、お小遣いも渡すと思いますので、公立高校なら最低でも20万、私立高校や海外への修学旅行の学校であれば40万~50万くらいの費用がかかると、あらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。 高校の修学旅行って本当に楽しい最高の思い出になります。 親の協力なくして成り立たないイベント行事になるので、子供に素敵なメモリーを作ってあげれる様、バックアップしてあげてくださいね!.

次の