この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん。 【Chrome】「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の対処法

PC/スマホで【この接続ではプライバシーが保護されません】が出る時の対処

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

現象の起こった状況 グーグルでアップルのー登録ページにアクセスしようとすると 「この接続ではプライバシーが保護されません」がでて、ページが表示されないという現象が起こった。 おいおいまじか。 プライバシーが保護されないってなんだよ よく見ると攻撃者が〜とか不正に取得〜などハッキングされかかっているかのような警告が出てくるではないか。 ビビるワァ! 試しにで開いてみる。 「識別情報を検証できません」とでた。 原因としては接続エラーによるものらしいが、深くは分からず。 とにかくハッキングされているわけじゃないのでOKと判断。 ハッキングなんて(心当たりがなければ)そうそうないのに、すげー怖がるのは映画の見過ぎか。 自分がやった解決方法 どうやらが本当に失効しているみたいなので繋いでもよさそうだ。 左下の詳細設定から(安全ではない)とついたURLから本来のページへアクセスできる。 (危ない)より(安全ではない)の方がマシと判断していいのか? 日本語って難しい。 今回はこの1回で解決したのでここまで。 本当解消しただけ。 根本的に治すには• のアップデートをして最新バージョンにする• を改めて発行しなおす かなーと思いました。 あとはその場しのぎにしかならんので、安全を確認して自己責任でやるしかない。 あとがき 初めて文字を隠す黒塗り画像を作ってみて役所気分を味わえました。 罪悪感半端ないねこれ。 よくやるよ。 nitrokonb.

次の

Windows+Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」となる場合の対処: 小粋空間

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

【エラーメッセージ】 この接続ではプライバシーが保護されません 攻撃者が、sy0. jp 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 jp 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 プライバシー ポリシー 【エラー画面2】詳細情報の内容 この接続ではプライバシーが保護されません 攻撃者が、 sy0. jp 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 セキュリティで保護されたページに戻る詳細情報を表示しない このサーバーが sy0. jp であることを確認できませんでした。 このサーバーのセキュリティ証明書は、ご使用のパソコンのオペレーティング システムによって信頼されているものではありません。 原因として、設定が不適切であるか、悪意のあるユーザーが接続を妨害していることが考えられます。 Internet Explorerのエラー画面 セキュリティで保護されたページに戻る 詳細情報を表示しない このサーバーが sy0. jp であることを確認できませんでした。 セキュリティ証明書の有効期限が昨日付けで切れています。 原因として、設定が不適切であるか、悪意のあるユーザーが接続を妨害していることが考えられます。 パソコンの時計は現在 2017年6月28日水曜日に設定されています。 この時刻が正しくない場合は、システムの時計を修正して、このページを更新してください。 詳細 SY0. JP にアクセスする(安全ではありません) この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。 この Web ページで提示されたセキュリティ証明書は、有効期限が切れているかまだ有効ではありません。 セキュリティ証明書の問題によって、詐欺や、お使いのコンピューターからサーバーに送信される情報を盗み取る意図が示唆されている場合があります。 このページを閉じて、この Web サイトの閲覧を続行しないことを推奨します。 リンクをクリックしてこのページが表示された場合は、アドレス バーにある Web サイトのアドレスを見て、目的のサイトであるか確めてください。 example. 詳細については、Internet Explorer ヘルプの「証明書のエラー」を参照してください。 【対応】 レンタルサーバーのSSL証明書を更新する 今回の場合は、期限切れのため新規登録する 【対策】 期限切れをクラウドカレンダーなどに登録 リマインダー(備忘通知)機能を利用.

次の

接続エラーを解決する

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

現象の起こった状況 グーグルでアップルのー登録ページにアクセスしようとすると 「この接続ではプライバシーが保護されません」がでて、ページが表示されないという現象が起こった。 おいおいまじか。 プライバシーが保護されないってなんだよ よく見ると攻撃者が〜とか不正に取得〜などハッキングされかかっているかのような警告が出てくるではないか。 ビビるワァ! 試しにで開いてみる。 「識別情報を検証できません」とでた。 原因としては接続エラーによるものらしいが、深くは分からず。 とにかくハッキングされているわけじゃないのでOKと判断。 ハッキングなんて(心当たりがなければ)そうそうないのに、すげー怖がるのは映画の見過ぎか。 自分がやった解決方法 どうやらが本当に失効しているみたいなので繋いでもよさそうだ。 左下の詳細設定から(安全ではない)とついたURLから本来のページへアクセスできる。 (危ない)より(安全ではない)の方がマシと判断していいのか? 日本語って難しい。 今回はこの1回で解決したのでここまで。 本当解消しただけ。 根本的に治すには• のアップデートをして最新バージョンにする• を改めて発行しなおす かなーと思いました。 あとはその場しのぎにしかならんので、安全を確認して自己責任でやるしかない。 あとがき 初めて文字を隠す黒塗り画像を作ってみて役所気分を味わえました。 罪悪感半端ないねこれ。 よくやるよ。 nitrokonb.

次の