桑田佳祐オリンピックソング。 桑田佳祐 民放 東京2020 応援ソング

桑田佳祐、東京オリンピック民放共同企画のテーマソングを担当

桑田佳祐オリンピックソング

が『東京オリンピック民放共同企画「一緒にやろう2020」』の応援ソングを担当することが、東京オリンピック開催までちょうど1年となった本日7月24日に発表された。 この企画は、史上初となる全国の民放各局がタッグを組んだビッグプロジェクト。 「一緒にやろう2020」をメインテーマに、サブテーマには「史上最も美しい五輪へ」を掲げ、「心も綺麗に、街も綺麗に」を目指して、視聴者参加型のさまざまな社会貢献企画を展開していく。 そして、このプロジェクトの共通番組が今後、制作・放送され、そのプロジェクトを応援するテーマソングを担当するアーティストとしてに白羽の矢が立ち、全会一致で決定したという。 曲は今後制作に入り、2020年の年明けごろ完成予定とのこと。 『東京オリンピック「一緒にやろう2020」民放・共同応援ソング』として、民放各局のオリンピック中継番組、関連番組の他、共同企画、社会貢献企画や、イベント等でも使用されていく。 40年以上にわたり、国立競技場の間近にあるビクタースタジオで数々の名曲を作り上げてきた桑田が、一体どんな曲でこの「一緒にやろう2020」プロジェクトを、そして東京オリンピックを盛り上げていくことになるのか、完成を楽しみに待とう。 桑田さんは、長きに渡り日本のミュージックシーンのトップを走り続け、日本の多くの人を勇気づける名曲をたくさん生んでこられました。 日本中が一つなって応援できる曲を作って頂くなら、桑田さんしかいない!と思いオファーさせて頂きました。 「一緒にやろう」の思いが伝わる素晴らしい曲ができることを今から楽しみにしております。 本当に私で良いのでしょうか? ですが、せっかくの大変ありがたいお話ですので、新国立競技場が目の前に見えるビクタースタジオにて、オリンピックが盛り上がるよう、なんとか老体に鞭打って頑張りたいと思います!よろしくお願いいたします。

次の

桑田佳祐が『東京オリンピック民放共同企画』のテーマソングを担当

桑田佳祐オリンピックソング

【オリンピック歴代テーマソング 各局の一覧】(夏季・冬季) NHK・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京の各局のオリンピック歴代テーマソング(夏季・冬季)をまとめてみました。 『try your emotion』 2006年トリノ 浜崎あゆみ『Born To Be…』 2010年バンクーバー 嵐『揺らせ、今を』 2014年ソチ 嵐『Road to Glory』 2018年平昌 嵐『白が舞う』 TBS歴代オリンピックテーマソング TBS夏季オリンピック歴代テーマソング 2000年シドニー モーニング娘。 『I WISH』 2004年アテネ SMAP『ススメ! 〜アテネバージョン〜』 2008年北京 SMAP『この瞬間、きっと夢じゃない』 2012年ロンドン SMAP『Moment』 2016年リオデジャネイロ SMAP『ありがとう』 TBS冬季オリンピック歴代テーマソング 1998年長野 TRF『Unite! The Night! 』 2002年ソルトレークシティ モーニング娘。 『そうだ! -Zip! Zap! Zipangu! -』 2008年北京 EXILE『Fly Away』 2012年ロンドン BRADBERRY ORCHESTRA feat. 【10位】「ススメ! 」SMAP:2004年アテネ(TBS) 2004年アテネオリンピックのSMAPが歌う「ススメ!」(TBSテーマソング)がランクイン。 SMAPはTBSの2004~2016年夏季と2014年の冬季のテーマソングを担当していました。 解散をしてしまい、2020年の東京のテーマソングは叶いませんが、「ススメ!」を聞くと当時を思い出し懐かしいですね。 【9位】「Moment 」SMAP:2014年ソチ(TBS) 9位もSMAPの曲がランクインです。 歌詞の内容が、選手の心情をよく表していると評判の曲でした。 【8位】「証」嵐:2012年ロンドン(日テレ) 8位は日テレのオリンピックテーマソングを多く担当する嵐の「証」です。 力強い歌詞で選手の背中を押してくれるような曲として印象に残っている人が多いようです。 【7位】「Hero」嵐:2004年アテネ(日テレ) 嵐の中で一番好きな曲にあげるファンも多い「Hero」が7位でした。 選手だけでなく、多くの人を勇気づけるような歌詞で素敵ですね。 【6位】「この瞬間、きっと夢じゃない」SMAP:2008年北京(TBS) 「この瞬間のための何千時間」という歌詞に感動した。 自然と涙が出る曲という感想が聞かれるSMAPの2008年北京五輪のテーマソング。 【5位】「GIFT」Mr. Children:2008年北京(NHK) オリンピックのテーマソングながら、勝者だけでなく敗者も讃えている曲として素晴らしいという意見がありました。 歌詞を噛みしめて聞くと、かなり深い意味が込められていることがわかりますね。 2020年の東京オリンピックは、日本を代表するバンドMr. Childrenでも良いのではないでしょうか。 それにしても、ジャニーズの人気は凄い(笑)。 【3位】「風が吹いている」いきものがかり:2012年ロンドン(NHK) 3位は、壮大なメロディと爽やかな歌詞で今でも人気の いきものがかりの「風が吹いている」。 力強い風が、選手の背中を押してくれるような曲ですね。 【2位】「熱くなれ」大黒摩季:1996年アトランタ(NHK) 1996年から、かなり年月がたっているのに2位にランクインする大黒摩季さんって凄い! この力強い歌詞とパワフルな歌声を聞くと、アラフォー世代は当時の情景が蘇りますね(笑)。 熱い闘志を掻き立ててくれる「熱くなれ」は、まさにオリンピックにふさわしい曲です。 【1位】「栄光の架け橋」ゆず:2004年アテネ(NHK) オリンピックの曲といえば、ゆずの「栄光の架橋」を挙げる人が多いのではないでしょうか。 私は、体操男子団体が28年ぶりに金メダルを獲得したことを思い出します。 令和になっても、歌い継がれる名曲がみごと1位に輝きました。 他候補としては、天皇陛下御在位三十年記念式典で歌を披露した 三浦大知さんや、開会式の演出を担当する椎名林檎さん、嵐、福山雅治さん、Mr. Children などの名前が挙げられています。 さて、どのアーティストがテーマソングを任されるのでしょうか。 オリンピックのテーマソングの発表は、NHKが3~4か月前に決定し、民放がそれに続くという感じですが、2020年は自国開催ということなので、もう少し早めに発表になるのではと思います。 民放各局のテーマソングを歌うアーティストはまだわかっていませんが、発表され次第随時、更新していきます。

次の

桑田佳祐 応援ソングがヤバい!東京五輪応援ソング、動画は?桑田以外にいない?

桑田佳祐オリンピックソング

どんな歌詞?気になる内容は?全歌詞 1月1日の新聞に掲載されていたという桑田佳祐さんが作詞された内容を調べてみました。 またアスリートたちのことだと思うのですが、栄光に満ちた孤独なHEROと夢追う人達みんなゴールを目指していてひとりじゃないんだよと。 そして最後のところは戦った相手であるライバルを称える歌なのかなと思いましたが、間違った解釈をしていたらすいません。 歌詞の奇跡に引っ張られたのか、桑田佳祐さんとMr. Childrenのコラボ曲「奇跡の地球」を聞きたくなりました(年がバレますね笑) 桑田さん SMILE〜晴れ渡る空のように〜 — みぽぽみぽ bonDbonT 桑田佳祐の起用理由は? 最近はライブでは相変わらずご活躍されていますが、以前ほど新譜を出されることも少なくなった桑田佳祐さん(サザンオールスターズでの活動含む)、他にどんな方が候補にいたのかなと思いきや、民放の五輪共同プロジェクトチーム全員一致で、桑田佳祐さんにオファーすることに決まったそうです。 理由としてはやっぱり過去の偉大な実績があり、日本がひとつになれる曲を作れるのはこの人しかいない!という感じだったんでしょうね。 桑田佳祐さんも、私でいいのでしょうか?と謙遜されていましたが、老体に鞭打って頑張りますとコメントされています。 気づけば桑田さんももう63歳!どんな曲に仕上がっているのか気になりますね。 CD販売や、動画はどこで見れる? 情報が発表され次第追加していきます。 過去の五輪応援ソングやテーマソング 応援ソングやテーマソングは、ハイライトとかダイジェストでよく使われるのもあるでしょうが、結構その大会とセットで覚えてるんですよね。 2018年の冬季平昌オリンピックではSEKAI NO OWARIの「サザンカ」が使われていて、日本勢の活躍もあってとても感動した記憶があります。 残念ながら動画としては残ってなかったんですが、2016年リオオリンピックの応援ソング、安室奈美恵さんの「HERO」と、2014年のソチオリンピックの応援ソング、コブクロの「今、咲き誇る花たちよ」が使われている動画があったので貼っておきますね。 うわー思い出して泣きそうになる・・・編集技術もすごいですよね。 桑田佳祐(サザンオールスターズ)のプロフィール 本名 桑田佳祐 読み くわた けいすけ 生年月日 1956年2月26日 年齢 63歳 出身地 神奈川県茅ヶ崎市 配偶者 原由子(サザンオールスターズ) 学歴 青山学院大学経営学部除籍 音楽で影響を受けた人物 ニール・ヤング、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニーなど サザンオールスターズのリードオフマンでもあり、ソロとバンド両方で活躍されています。 ボーカリスト別売上では歴代2位の6500万枚、 作曲家シングル売上でも歴代4位の3900万枚、 個人名義の売上でもシングル763万枚、アルバムでは587万枚以上と総売上1000万枚以上を叩き出す日本を代表するミュージシャンですね。 代表曲 奇跡の地球.

次の